【まとめ】徳島を味わおう!阿波尾鶏キャンペーン15

【まとめ】徳島を味わおう!阿波尾鶏キャンペーン15

2020/11/21

海、山、川。雄大な自然に恵まれた徳島県には、地元においしい食材を使った魅力あふれる料理がたくさんあります。今回、徳島県内の阿波ふうど繁盛店では「阿波尾鶏」を用いたメニューキャンペーンを実施中。期間は11月13日(金)〜11月29日(日)まで。

あわわ

あわわ

みかも喫茶/三好郡東みよし町

阿波尾鶏のトマトドリア※ランチセットの1品として提供

1,150円

にし阿波の野菜の甘みと阿波尾鶏のうま味が絶妙な一品。自家製のトマトソースと、手間暇かけて仕込んだホワイトソースがまろやかでやさしい味わいを感じさせてくれる。ご飯には三加茂の雑穀米を使用。世界農業遺産認定地の傾斜地農法で育てた野菜がたっぷり入ったサラダやスープも付きなのもうれしい。

食べられる時間/11:00〜14:00

珈琲館おおぼけ/三好市山城町

阿波尾鶏のチキンカレー

850円

みんなが大好きなカレーに阿波尾鶏をプラス。ポイントはそのジューシーさ! 塩麹に漬けこんでから焼くことで、やわらかく仕上がった肉を食べやすいひと口サイズにカットしつつ、ふんだんに盛り込んだ。マイルドな味わいなので、年齢を問わず食べられるよ。添えられたじゃがいもやにんじん、いんげん豆の素揚げによって彩りも鮮やか。

食べられる時間/営業時間内

旅の宿 奥祖谷/三好市東祖谷

阿波尾鶏の入ったひらら焼き

1人前2,500円〜(税抜)

阿波尾鶏や祖谷地区の特産品のあめご、ごうしゅいも、岩豆腐、手づくりのこんにゃくなどが入った郷土料理。味噌ベースのスープに阿波尾鶏とあめごのダシが加わり、甘くコクのある味わいに。隠し味の山椒が香り、旨みをより引き立てる。あめごの塩焼き、地元でとれた雑穀米を使ったおにぎり、小鉢付きで、祖谷の魅力を堪能できる。

食べられる時間/営業時間内※前日までに要予約

酒と串焼 home/三好市池田町

阿波尾鶏の薪焼き

1,000円

「珍しいメニューを出したい」と店長の思いから誕生したのは、炭火焼きではなく、炭の上に薪を置いて焼いた“薪焼き”。薪が燻製のような役割を果たし、阿波尾鶏と薪の燻製香に食欲がそそられる。阿波尾鶏本来の味と薪の香りを満喫してもらうため、味付けは塩のみ。塩と薪で阿波尾鶏のうま味が引き出された逸品だ。

食べられる時間/営業時間内

和の宿 ホテル祖谷温泉/三好市池田町

Aランチ(阿波尾鶏の唐揚げ)

1,500円

普段から提供していて、若い年代に人気のメニューをパワーアップ! 阿波ふうど・阿波尾鶏キャンペーン期間限定で、唐揚げを増量したよ。衣はカリッとしていて、中はしっとりとやわらかい食感。食べた人の心をグッと掴む一皿だ。そのほか、祖谷蕎麦や汁物、小鉢2品、ごはんがセットになっている食べ応え満点のランチをぜひご賞味あれ。

食べられる時間/営業時間内

日刊あわわ

日刊あわわ

地元タウン誌がグルメ・イベントなど、お役立ち情報を毎日配信

1981年創刊の徳島のタウン誌あわわが企画運営するDailyWebMagazine『日刊あわわ』。40年の雑誌編集ノウハウで編集者独自の視点・切り口で今、知りたい徳島の情報をデイリーでお届け!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載