大人も子どももはしゃいじゃう!徳島市末広『だがしやSaBo』

大人も子どももはしゃいじゃう!徳島市末広『だがしやSaBo』

2020/11/22

2020年9月、徳島市末広に新しいお店が。『だがしやSaBo(サボ)』、なんとそこはなんだか懐かしい雰囲気の駄菓子屋さん! 子どもたちはもちろん、大人もワクワクが止まらない場所になること間違いなし。駄菓子だけでなく、フードメニューも充実していて通いたくなるお店です。

あわわ

あわわ

だがしやSaBo/徳島市末広

あじのある「だがしや」の看板

2020年9月、徳島市末広に新しいお店が登場! その名も『だがしやSaBo』。懐かしき駄菓子屋さんの雰囲気です。

店内
駄菓子がズラリ!
テンションがあがります!

店内には色とりどりの駄菓子! めちゃくちゃテンションが上がります!

おもちゃ
くじびきも

おもちゃやくじびきもあります。なつかしい~

店長・・・?

こちらが店長のSaBoさん。

大人が来ると必ず「なつかしい~」という声が上がる場所。しかし、令和の子どもたちにとっては真新しい場所。

SaBoさんは「子どもが安心して集まれて、親が安心して送り出せる。そういう場所にしたい」という想いで、だがしやさんをオープンすることにしたのだそう。

子どもたちにわかりやすく伝えるための工夫も

子どもたちの財布って1円玉でパンパンだったりするんですって。ここではどんなに列ができていても、できるだけお釣りの小銭を少ない枚数で渡せるようにうながしたり、買い物袋持ってきてねと伝えたり、くじ引きにムキになっている子をやめさせたり。

今の大人が近所のだがしやさんで自然と学んできた買い物の仕方やお金の使い方。そういう大切なことを子ども自身が学べるようにスタッフが手助けしてくれる様子は、まさに昔通っただがし屋さんそのもの。

屋台フードもいろいろあるよ

フードメニューも充実

からあげ、あげたこ、チュロス、ソフトクリームなど気軽なフードメニューもいろいろあります。

[カラドリ]

[カラドリ](400円)。ドリンクの上にからあげの器がのっかって、ストローでドリンクを飲みながらからあげも食べられる、というすごアイテム。[ポテドリ](350円)、[タコドリ](400円)、チュロス&ドリンク(300円)もあり。

近日登場予定!

こちらは近日登場予定のだがしパフェシリーズ。

[パチパチパニックパフェ]

こちらは[パチパチパニックパフェ]。だがしのナタデココゼリー、チーズケーキ、ブルーベリーヨーグルトソフトなどを重ねて、口の中で弾けるぱちぱちパニックをトッピング!

[どらチョコパフェ]

こちらは[どらチョコパフェ]。クランチ、タピオカ、チョコケーキ、バニラソフト、どらチョコと食感も多彩。チョコ好きはぜひ!

[きなこ棒パフェ]
だがしやさんならではのメニューで作ってるよ

[きなこ棒パフェ]。抹茶ソフト、白玉、きな粉などのあいだにきなこ棒、トッピングにもきなこ棒。和風好きにぜひ。

おや、こんなところに自由帳
こんなんあったらいいな、というメニューはお店にある自由帳に書いておくと採用されるかも

手づくりの裏庭もあるよ

くつろいでね

購入しただがしやフードを食べながらおしゃべりしたり、遊んだり。子どもたちの秘密基地みたいな場所になっている裏庭はなんと手づくり。隠れ家みたいな場所だから、芝生の上で寝っ転がってくつろぐ子どもたちもいますよ。

ちなみにキッチンの壁とかお店の内装もほとんどが手づくりだそう。

ぜひ訪れてみてくださいね!

日刊あわわ

日刊あわわ

地元タウン誌がグルメ・イベントなど、お役立ち情報を毎日配信

1981年創刊の徳島のタウン誌あわわが企画運営するDailyWebMagazine『日刊あわわ』。40年の雑誌編集ノウハウで編集者独自の視点・切り口で今、知りたい徳島の情報をデイリーでお届け!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載