伝統の味を東京で! 京都発祥の「まっくろ生醤油ラーメン」

特集

地方発信のラーメンが食べたい! Part2

2017/10/17

伝統の味を東京で! 京都発祥の「まっくろ生醤油ラーメン」

秋葉原にお店を構える「新福菜館」。京都から東京に進出し大人気のお店で、アイドル・松永一舞ちゃんが突撃食リポート。さらに厨房にお邪魔して調理シーンを動画で撮影! 果たして人気の秘密は何なのか? 

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\私が食べました/

松永一舞(まつなが いぶき)

松永一舞(まつなが いぶき)

タレント

JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分のところにある、こちらが「新福菜館(しんぷくさいかん)」!

看板には店名とともにしっかりと京都と書かれている
清潔感のある店内にはカウンターはなくテーブルで食べる

このお店の大人気メニューは、「中華そば」700円!

中華そばを頼みトッピングを決め焼きめしを追加するのが王道
真っ黒いスープと山盛りのねぎが特徴

さっそく、店長・籔 禎久(やぶ よしひさ)さんにこのラーメンについて色々とお話を聞いてみましょう。

東京で店を出しても京都風にこだわる店長の籔さん

ーーこのラーメンの生い立ちを教えてください。

店長・籔さん
店長・籔さん
「京都っていうとやたら薄味っていうイメージがあるけど実際はそんなことはないですよ。しかもうちは昭和13年に京都の屋台から始まったお店なんです。そして出来た時から変わらない真っ黒い醤油のスープでその味を今でも守り続けている。それだけですよ。だから東京じゃなくてどこにお店を出したとしても京都の本店の味を貫いていくんですよ」

では、このラーメンの秘密はどこにあるのか? 厨房での調理の様子を、動画で撮影させていただきました!

ーー「京都のしょう油」について、もう少し詳しく教えてください。

店長・籔さん
店長・籔さん
「うちでは京都から届く醤油が全ての料理の基本なんです。チャーシューを煮込む時も使うし、焼きめしを作る時もこの醤油を使うんです。だから、うちの焼きめしは結構色が黒いんです。でも、食べていただくとわかりますが、中華そば同様味はさっぱりしていておいしく召し上がっていただけると自信を持っています」
京都のしょう油を使っているため焼きめしも黒い

ーーこの料理をまだ食べたことのない方へアピールをお願いします!

店長・籔さん
店長・籔さん
「東京で味わえる京都発祥・新福菜館のラーメンです。真っ黒いスープをまず見た目で楽しんで、それからスープを飲んでみてそのギャップと深い味わいを楽しんでほしいです。お待ちしています」
中華そばだけでなく焼きめしも食べちゃいました

ーーそしてリポーターの一舞ちゃんは!

一舞ちゃん
一舞ちゃん
「京都の醤油のみで色をつけているというスープには誰でも最初は驚くと思います。でも食べ進めるとこれがクセになってしまうんですよね。ラーメンを堪能した帰り際に、店員さんが『おおきに〜』と言ってくれた。あ〜この感じが京都なんだなぁって思いうれしくなりました。聞けば、必ずお客さんに言うそうです。さすが京都ですね」

新福菜館

住所:東京都千代田区神田和泉町1-3-17 1F
電話番号:03-5835-0209
アクセス:JR秋葉原駅・昭和通り口から徒歩5分
営業時間:11:00~15:00(LO 14:30)、17:00〜23:00(LO 22:30)
備考:定休日なし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES