プロが仕入れた鮮魚を秘伝のタレに漬けた千葉の「おっけ丼」

特集

全国ご当地グルメ(千葉県編)

2016/05/08

プロが仕入れた鮮魚を秘伝のタレに漬けた千葉の「おっけ丼」

親子3代にわたってこの地で漁業に携わってきた千葉県鴨川市の「カネシチ水産」。魚介の加工、販売も行っているというこの店では、漁師町の伝統料理「おっけ丼」がロングセラーに。潮の香りがする港町で食べる「おっけ丼」は格別だ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

アツアツのお茶をかければ魚のダシがじゅわっとにじむ

千葉県鴨川市にある地魚料理の店「カネシチ水産」のソウルフードは、「おっけ丼」(1296円)だ。地元で「まご茶漬け」としても親しまれているおっけ丼は、古くから船頭たちが作ってきた料理。昔は船頭を「おっけ」と呼んだことから、カネシチ水産ではこの名前で販売している。

おっけ丼のダシはお茶をかけた瞬間に出るので、「魚に熱が入らないうちに早めに召し上がってください」とのこと

醤油ダレに漬けた新鮮な魚を、たっぷりの白髪ネギと一緒にご飯にのせ、熱々のお茶をかける。漬け魚は常時3~6種類ほどが用意されており、好みで選べるのもうれしい。ブリ、アジ、タイなどはほぼ通年味わえる。

まご茶漬けにはダシ汁をかける店が多いが、「カネシチ水産」のおっけ丼はあえて緑茶を使う。「お茶の渋味と、お茶をかけた時に自然と出てくる魚のダシがとても合うんです」と3代目の青木征一郎さん。

もともと漁師たちがかけていたのは、緑茶だったそう。つまり、一番魚を知る人が食べている鉄板レシピなのだ。「たまにそのまま味見をされる方がいらっしゃいますが、お茶を入れてちょうどになるように濃いめの味付けになっています。ぜひお茶をかけてお召し上がりください」。

店内はテーブル席とカウンターで50席ある。ほかに、60席ほどの宴会場も(要予約)

新鮮魚介が丸ごとお手ごろ価格で! 煮魚や干物などのおみやげも

「カネシチ水産」は、魚介の販売・加工の店としてスタートしている。魚のことを知り尽くした職人が手がけた食堂だから、魚のおいしさを100%引き出せるのだ。

店内には港から揚がったばかりの新鮮な魚や、干物や煮魚、塩辛などの加工品がずらりと並ぶ。季節ごとにアワビや伊勢エビの値下げイベントを開催するなど、市場から直で仕入れている漁業店舗ならではのサービスが満載だ。

食堂の隣では鮮魚やおみやげの干物などを売っている販売コーナーが。市場のように鮮魚が並ぶ様は壮観!

「市場といえば早朝と思われがちですが、このあたりは昼ごろに終わる市もあります。ちょうどお昼時に食堂を訪ねれば、卸したての魚を使った料理を召し上がっていただけます」と青木さん。

また、宴会用の舟盛りや皿盛りも受け付けているが、舟盛りは時間がかかるので数時間前までに予約するのが確実だ。販売コーナーの目玉は、「船上活け締め」だ。

船上で活け締めにされた魚には「船上活〆」のタグが付けて売られている。活け締めは手間がかかり仕入れ値も高くなるが、その分、確実においしいという。たまにはちょっと贅沢をして、目ききが選んだ至高の味を試してみよう。

※掲載の内容は2016年5月時点の情報に基づきます。
※2019年5月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES