【まとめ】徳島を味わおう!生しいたけキャンペーン②

【まとめ】徳島を味わおう!生しいたけキャンペーン②

2021/01/13

海、山、川。雄大な自然に恵まれた徳島県には、地元においしい食材を使った魅力あふれる料理がたくさんあります。今回、徳島県内の阿波ふうど繁盛店では「生しいたけ」を用いたメニューキャンペーンを実施中。期間は1月15日(金)〜1月31日(日)まで。

あわわ

あわわ

osanpo kitchen café/徳島市住吉

豚スライス椎茸包み焼

950円

週替りで登場するメインの中でも、ファンの多い肉巻き。年齢や性別を問わず魅了する一皿のポイントは味付けにあり。コクのある割下醤油にしょうがをきかせた照り焼き風味で、ごはんとの相性はバツグン! 豚肉で巻いた生しいたけ、にんじん、エリンギの織りなす食感のハーモニーも心地よい。

食べられる時間/11:30〜14:30(売切次第終了)

居酒屋とくさん/徳島市寺島本町西

しいたけと豆腐の揚げ出し

500円(税抜)

見た瞬間、さっくり揚がっていると実感するほど、白い衣が美しい! 素材の味を邪魔しないよう片栗粉で薄めにつけた衣をまとったしいたけを揚げ、ぎゅっとうまみを閉じ込めた。かつおだしベースの天だしに浸せば、噛んだ瞬間に口の中でうまみとだしが広がっていく…。ビールや日本酒と合わせて、じっくりといただきたい。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

日本料理 茜也/徳島市富田町

阿波しいたけのはさみ揚げ 生姜のお出汁で

520円(税抜)

プリプリ食感を残すように包丁でたたいた小松島産の足赤えび、阿波牛と豚の合い挽き肉の2つの味わいが楽しめる挟み揚げ。しいたけの香りをふわっと感じたら、それぞれの素材の旨さが追従して味覚を刺激してくれる。だしから感じるしょうがの爽やかな辛味もアクセント。単品オーダーだけでなくコースに組み入れることも可能。

食べられる時間/営業時間内

さかなや道場 徳島駅前店/徳島市寺島本町西

生しいたけと蓮根の肉詰め天ぷら

490円(税抜)

徳島産生しいたけを使った6種類あるメニューの中でも、一番ボリューミー。鶏ミンチを蓮根としいたけで挟み、天ぷらに。鶏の旨みがしいたけにも蓮根にも染み渡って、おいしさはグーンと増す。蓮根のホクホク、しっとりとしたしいたけ、上下で違った食感が楽しい。すだちを搾ってさっぱりも良し、抹茶塩でいただくも良し。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

阿波観光ホテル レストランや満母も/徳島市一番町

しいたけの和風コキール※椀物、ごはん、漬物、デザート付

1,000円

本来コキールは魚介や野菜をホワイトソースであえてから貝殻(もしくは貝型の皿)に移し、オーブンで焼き上げる料理。こちらではあら叩きえびのすり身としいたけを合わせたものや鯛の切り身を具材を盛り込むことで、クリーミーな味わいのなかにも和のテイストが感じられる。椀物、ごはん、漬物、デザートが付く。

食べられる時間/営業時間内

徳島 魚一番 新/徳島市一番町

しいたけの海老しんじょう揚げ

750円(税抜)

えびのぷりっとした食感を残すようにすり身にし、しいたけと衣で包んで油の中へ。しいたけの風味にえびの味わいが加わって、両者がバランス良く交わった豊かな一品へと仕上げる。さらに味わいを引き立てるすだち醤油をかけていただけば、口の中が徳島らしさでいっぱいに。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

徳島グランヴィリオホテル レストラン阿波/徳島市万代町

生しいたけの天ぷらと焼き物マリネの3種盛り

1,000円

天火(オーブン)でシンプルに焼いて、衣をまとわせて天ぷらで。そしてオリーブオイルとビネガーと合わせてマリネに。和と洋、どの舞台でも主役になれる生しいたけの魅力をストレートに味わってほしいと考えられた一皿。お好みで塩を加えて召し上がれ。

食べられる時間/18:00〜21:00ラストオーダー

日刊あわわ

日刊あわわ

地元タウン誌がグルメ・イベントなど、お役立ち情報を毎日配信

1981年創刊の徳島のタウン誌あわわが企画運営するDailyWebMagazine『日刊あわわ』。40年の雑誌編集ノウハウで編集者独自の視点・切り口で今、知りたい徳島の情報をデイリーでお届け!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載