【まとめ】徳島を味わおう!生しいたけキャンペーン⑤

【まとめ】徳島を味わおう!生しいたけキャンペーン⑤

2021/01/13

海、山、川。雄大な自然に恵まれた徳島県には、地元においしい食材を使った魅力あふれる料理がたくさんあります。今回、徳島県内の阿波ふうど繁盛店では「生しいたけ」を用いたメニューキャンペーンを実施中。期間は1月15日(金)〜1月31日(日)まで。

あわわ

あわわ

日本料理 藍彩/徳島市寺島本町西

しいたけの二味揚げ

1,000円(税・サ込)

職人の繊細な技術が垣間見える一品。はものすり身を加えることでしっとりとさせたまぐろ真薯(しんじょ)をしいたけの笠のうえに。これにパン粉をつけてからっと揚げているから、表面はさくっと、中はジューシーに仕上がり、うまみは口の中に運ばれるまで閉じ込められている。もみじおろしとともに旨だしにつけて、さあ召し上がれ。

食べられる時間/営業時間内

酒と飯のひら井 徳島店/徳島市寺島本町東

しいたけの天ぷら

480円

「余計なことはしない」。県外から赴任したばかりの店長は、しいたけそのものにポテンシャルの高さを感じ、一般的な工程で天ぷらを揚げる。あえて付け加える点といえば、塩。海陽町産の藻塩を添えて提供しており、相乗効果で旨みの引き上げを狙う。シンプルなのに口へ運ぶたびに、空腹中枢がグサグサと刺激される1品だ。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

朝昼ときどき晩ごはん Door!/徳島市寺島本町東

肉厚しいたけのガーリックバターいため定食

750円〜※ごはんサイズによって金額が異なる※ドリンクは+150〜200円

しいたけが主役になれる、そんな日がついにきた! 「徳島のしいたけの軸のおいしさも楽しんでもらいたい」と、しいたけ6本をまるっと使ってバター炒めに(サイズによって使用本数は異なる)。しいたけのもつ旨みを引き立てるように、味付けはバター、ほんの少しのガーリックとしょうゆ。ごはんがススむ味付けだから、今日はごはん大にしときませんか?

食べられる時間/営業時間内※売切次第終了

酒とめし 酒場ダン/徳島市寺島本町西

肉厚しいたけのチーズ焼き

748円

厳選された肉厚のしいたけを女性にもおいしく食べてほしいと考案されたのがこのメニュー。アツアツのとろけるチーズのコクと一口食べるとジュワっと広がるしいたけの旨みが絶妙のコラボレーション。シンプルだけど奥深い味わいに何回も頼みたくなっちゃう。お酒のおともにもピッタリ。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

自然食品店 ぱんぷきん/徳島市佐古五番町

阿波ふうどランチ ベジしいたけバーガー

1,200円

揚げたしいたけの笠をバンズ代わりにして、ハンバーグをサンド。ハンバーグには大豆ミート、玉ねぎ、れんこんを使用。さらに卵を使わないマヨネーズ、フライドガーリック、ソースを合わせていて、ヘルシーで食欲を刺激する一品に仕上がっている。あ、ちなみにこのバーガーは主菜なので、おかずとして召し上がれ♡ 小鉢2品、玄米のほか、店内飲食の場合は汁物付き。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

中国四川料理 あらき/徳島市南田宮

モンゴウイカと生しいたけのオイスターソース炒めセット

1,300円

提供とともに運ばれてきたオイスターソースの芳醇な香りについゴクリと喉が鳴る。ぷりぷり食感のしいたけと、軽く揚げた香ばしいモンゴウイカ。シャキシャキの青菜やれんこんがトロッとしたオイスターソースに絡まった熱々のひと皿だ。具材をたっぷりご飯の上にのせて、やけどに注意しながら、かきこむのもグッド!

食べられる時間/営業時間内

四川中華 ながを/徳島市庄町

しいたけと肉団子の甘酢唐辛子炒め

1,000円※キャンペーン価格(通常1,300円)

素揚げしたしいたけと肉団子に甘酢ダレを合わせ、一味唐辛子でピリっとアクセント。しいたけをほんの少し加熱することで、食べたときに歯ごたえとみずみずしさが損なわれないように工夫している。ごはんと一緒に食べればおかわり必至。ビールにも合うので、おつまみの一品としても試してもらいたい。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可(事前予約)

日刊あわわ

日刊あわわ

地元タウン誌がグルメ・イベントなど、お役立ち情報を毎日配信

1981年創刊の徳島のタウン誌あわわが企画運営するDailyWebMagazine『日刊あわわ』。40年の雑誌編集ノウハウで編集者独自の視点・切り口で今、知りたい徳島の情報をデイリーでお届け!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載