【まとめ】徳島を味わおう!生しいたけキャンペーン⑨

【まとめ】徳島を味わおう!生しいたけキャンペーン⑨

2021/01/13

海、山、川。雄大な自然に恵まれた徳島県には、地元においしい食材を使った魅力あふれる料理がたくさんあります。今回、徳島県内の阿波ふうど繁盛店では「生しいたけ」を用いたメニューキャンペーンを実施中。期間は1月15日(金)〜1月31日(日)まで。

あわわ

あわわ

旬や ていじ/美馬市脇町

徳島しいたけグラタン

400円※キャンペーン期間特別価格(通常620円)

笠の部分をお皿に見立てたアイデア料理。覆い被せるように盛られた自家製のマカロニグラタンの中には、細かくカットしたしいたけの軸が入っていて、こちらが食感のアクセントになっている。手前にあしらわれているソースはハニーマスタード。全体の味わいを損なうことなく酸味が付加され、より大人の味わいに!

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

農家レストラン 風和里/美馬市穴吹町

風和里定食※一部メニューとして

1,300円

ぷりっとした肉質のしいたけは天ぷらや肉詰めとしてメインにもなり、茶碗蒸しにしても旨みをさらに高めてくれる名脇役。レストラン前にある畑で採れた野菜や「世界農業遺産」に認定されたここ渕名地区の野菜など、その日揃える食材に合わせた料理で発揮される高いポテンシャルを味わってみて。

食べられる時間/営業時間内

Link Point SAIRAI再来(サイライ)/美馬市脇町

明太子ねぎじゃこチーズ焼き※前日までに要予約

650円

人気メニュー[絶品! しいたけ明太マヨ焼き]をアレンジ! お酒がどんどん進みそうな、濃厚な一品が登場したよ。しいたけの笠の内側には、混ぜ合わせた明太子と自家製マヨネーズをたっぷりと。その上に、パン粉やねぎ、和田島産のちりめんじゃこ、チーズをのせてオーブンで焼き上げた。しいたけのうまみも具材のコクも存分に味わおう。

食べられる時間/営業時間内
テイクアウト/可

つるぎの宿 岩戸/美馬郡つるぎ町

一人鍋

宿泊料金に含まれる

鶏肉、豚肉、ホタテ、白菜、えのき、しめじ、にらなど、とにかく具だくさんなしょうゆベースの寄せ鍋。こちらにわかめとしいたけもプラスし、キャンペーン期間中の宿泊者に夕食の一品として振る舞う。写真ではごはんと鍋しか映っていないが、実際に提供される際は、このほかにも数種類のおかずが付く。宿泊者に提供される。

貞光ゆうゆう館/美馬郡つるぎ町

ゆうゆう御膳

2,800円(税抜)

徳島県の旬の食材を多く取り入れた豪華なランチメニュー。刺身や川魚の焼き物など魅力的な一品が続くなか、特に目を引く阿波尾鶏の鉄板焼きだ。一人用の鉄板の上で温められた肉やしいたけなどを甘口のたれにつけていただくのだが、これが無性にごはんがほしくなる味わい。汁物は地域特産の半田そうめんで、こちらに鳴門わかめが加わる。

食べられる時間/11:00〜17:00

日刊あわわ

日刊あわわ

地元タウン誌がグルメ・イベントなど、お役立ち情報を毎日配信

1981年創刊の徳島のタウン誌あわわが企画運営するDailyWebMagazine『日刊あわわ』。40年の雑誌編集ノウハウで編集者独自の視点・切り口で今、知りたい徳島の情報をデイリーでお届け!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載