大戸屋に国産牛と酒粕を使った冬にぴったりの“土鍋定食”が登場

大戸屋に国産牛と酒粕を使った冬にぴったりの“土鍋定食”が登場

2021/01/08

定食屋チェーンの大戸屋が1月8日(金)から「大戸屋特製 国産牛のすき鍋定食」と、「4種の野菜と和出汁の酒粕鍋定食」を販売。寒いこの時期に食べたくなる2つの土鍋定食を紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

国産牛、銘酒「真澄」の酒粕を使用

1月8日(金)に、2種の土鍋定食を販売開始。「大戸屋特製 国産牛のすき鍋定食」は、脂ののった国産牛とたっぷりの具材を、出汁(だし)を効かせた自家製の割り下で煮込んでいる。黒毛和牛を限定で仕入れており、1万食限定での特別販売だ。「4種の野菜と和出汁の酒粕鍋定食」は、銘酒「真澄」の酒粕を出汁と合わせ、野菜と豚肉をコク深くまろやかな味わいに仕上げている。

「大戸屋特製 国産牛のすき鍋定食」1280円(1/8発売)

牛肉と豆腐、ねぎ、えのき、しめじ、白菜を煮込んでいる
PR販促担当の三浦さん
PR販促担当の三浦さん
「厳選仕入れした、国産牛を使用した大戸屋特製のすき鍋です。店内で仕込んだ割り下で煮込み、仕上げています。出汁の効いた、程よい甘さの味付けにご飯がすすむ一品で、お肉、野菜を生たまごに絡めて食べると、まろやかな味わいを楽しめます。味付けはもちろん、素材にもこだわった大戸屋特製のすき鍋をぜひご賞味ください」

「4種の野菜と和出汁の酒粕鍋定食」990円(1/8発売)

酒粕を合わせた出汁で豚肉、豆腐、ねぎ、にんじん、白菜、ほうれん草を煮込んでいる
PR販促担当の三浦さん
PR販促担当の三浦さん
「長野県・宮坂醸造の銘酒『真澄』の酒粕を、店内でひいた出汁と合わせて仕上げた、新感覚の土鍋メニューです。コク深くまろやかな味わいのスープは、野菜・豚肉はもちろん、ご飯との相性も抜群。体の芯から温まる寒い時季にぴったりのメニューです。なお、『大戸屋特製 国産牛のすき鍋定食』、『4種の野菜と和出汁の酒粕鍋定食』の2商品の収益の中から、1食あたり20円を、認定NPO法人カタリバへ寄付させていただきます」

牛肉のうまみが口いっぱいに広がる「大戸屋特製 国産牛すき鍋定食」と、銘酒の酒粕を使った新感覚の「4種の野菜と和出汁の酒粕鍋定食」。ますます寒さが厳しくなってくるこの時季に、ぜいたくな土鍋定食であたたまろう!

※価格はすべて税込表記です。一部店舗では販売していません

【商品等の問い合わせ】
大戸屋お客様相談室 0120-72-0108

取材・文/田口裕(エンターバンク)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載