大崎町に行くなら必食、職人技が光る魅惑の天津飯。

大崎町に行くなら必食、職人技が光る魅惑の天津飯。

2021/01/12

創業10年目となる2020年に鹿屋からオーナーの地元である大崎町に移転し、新たなスタートを切った中華料理店『珀虎(びゃっこ)』。高校卒業以降、中華一筋、20年以上この道を極めたオーナーが作り出す料理は、どれもシンプルながら確かな味わいで、多くの人を虜にしています。

LEAP

LEAP

芸術的な見た目と食感。職人技が光る魅惑のとろとろ具合。

そんな『珀虎』の“天津飯”は、なんといってもとろとろっとしたたまごが特徴。スプーンを通すだけで、その感触が伝わります。一口頬張れば、たまごのとろとろ具合もさることながら、人参やきくらげ、自家製チャーシューの切れ端といった具材が楽しい食感を生み出します。また、子供でも食べやすい味にしたという甘酢の餡に、さらに食欲を掻き立てられること間違いなしです。

天津飯(680円)

直径13~14cmはありそうなそのボリュームに圧倒される天津飯。ミニサイズ(480円)もあるので、女性や少食の人でも安心。ほかプラス380円で定食のご飯を天津飯に変更可能
とろとろ食感の秘訣は、オーナーの長年の勘。表面に軽く火を通す感覚でこの食感を作り出すというが、素人には真似のできない職人芸
『珀虎』の様々な料理に使われる手作りの鶏がらスープ。天津飯もこのスープをベースにタレや餡が作られる、まさに味の決め手

「特別な食材は使ってないんです」という言葉こそ、美味しく美しい天津飯がオーナーの熟練技によって生み出されている何よりの証拠です。琥珀色の餡に照らされて、より一層黄金に輝いて見えるたまご。中華の職人が作り出す芸術作品がここにはありました。

移転オープンから数カ月にして、すでに地元の人々の憩いの場として愛されている。お客さんとつかず離れずの距離感も居心地がいい
真っ赤な外観が目印。看板メニューの一つ・酸辣湯麺(サンラータンメン)のほか、本格的な中華料理が豊富にそろう
LEAP

LEAP

2020年12月20日発売号

みんな大好きたまご料理特集「しあわせのたまご」。話題の新しいホテル・宿の紹介、平日限定のペア宿泊券、半額利用ゴルフガイドなど

この記事を書いたライター情報

LEAP

LEAP

鹿児島でいかに豊かに生きるかをテーマに、食べる・買う・旅するを中心に、厳選した情報を紹介する情報誌。本物志向の読者をターゲットにした、大人のためのコラム・エッセイも連載中。誌名の「LEAP」は、鹿児島に古くから伝わる『泣こかい 飛ぼかい 泣こよか ひっとべ』にちなんでつけたもの。

LEAP が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載