焙煎したてのコーヒーを自宅で。鴨島『レイジーコーヒーベース』

焙煎したてのコーヒーを自宅で。鴨島『レイジーコーヒーベース』

2021/01/15

2020年12月、吉野川市鴨島町に新しく登場したお店『LAZY COFFEE BASE(レイジーコーヒーベース)』は、焙煎仕立ての珈琲豆を購入することができるお店です。自分好みの味を探して楽しんでみてくださいね。店内では珈琲とともに軽食もいただけますよ。

あわわ

あわわ

LAZY COFFEE BASE(レイジーコーヒーベース)/吉野川市鴨島町

おうち時間が増えている今、自宅で飲むコーヒーにもこだわりたいですよね。吉野川市鴨島町にオープンした『LAZY COFFEE BASE(レイジーコーヒーベース)』は、焙煎仕立ての珈琲豆を購入することができるお店です。

LAZY COFFEE BASE(レイジーコーヒーベース)
店内
お店の中央の棚にはコーヒーの生豆

12種類のシングルオリジンと3種類のブレンド。好きな豆を選び、それを好きな焙煎度合いで焼いてもらえます。わからなければおすすめの焙煎度でオーダーしてみてくださいね。

1度に焼けるのは200グラムまで、という小型の焙煎機
店主の佐藤さん

「焙煎してから3日くらいで風味が落ち着いてきます。味の変化も楽しんでもらえたら」と店主の佐藤さん。

豆によっても焙煎度によっても全く異なるコーヒーの味わい。酸味や苦み、飲みやすさなど、好みを探りながら自分だけの味を見つけられる、というわけ!

カウンター席もあり

また店内でもコーヒーと軽食を楽しむことができます。

コーヒーは500円~
[牛100%パティのハンバーガー]

コーヒーと一緒に楽しみたいホットサンドやトーストなどもスタンバイしていますよ。写真は[牛100%パティのハンバーガー](630円)。ドリンクはテイクアウトもOK。

イートインやテイクアウトで自分好みの珈琲を堪能してみてくださいね。

日刊あわわ

日刊あわわ

地元タウン誌がグルメ・イベントなど、お役立ち情報を毎日配信

1981年創刊の徳島のタウン誌あわわが企画運営するDailyWebMagazine『日刊あわわ』。40年の雑誌編集ノウハウで編集者独自の視点・切り口で今、知りたい徳島の情報をデイリーでお届け!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載