人気ラーメン店の4店舗目『竹内ススル』の超濃厚鶏そばが旨い!

人気ラーメン店の4店舗目『竹内ススル』の超濃厚鶏そばが旨い!

2021/01/22

名古屋・今池に、人気ラーメン店「鶏そば啜る」の4店舗目となる『竹内ススル』がオープンしました。鶏の旨味がたっぷり詰まった濃厚でクリーミーな“泡系スープ”の鶏白湯とレアチャーシューが絶品です。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

名古屋の今池に“泡系スープ”の鶏そば『竹内ススル』がオープン

地下鉄東山線「今池駅」より徒歩1分、焼鳥の「とり鉄」跡地にオープン

名古屋の「今池駅」の交差点からすぐの場所に、“泡系スープ”の鶏そばが食べられる『竹内ススル』がオープンしました。丸の内の人気ラーメン店「鶏そば啜る」で修行した店主が開店したということで、すでにラーメン好きの間では話題となっています。

カウンター12席の店内。ランチ時には待ちになることも
コロナ対策として、ひと席ごとにアクリルパーテーションを設置

店内はカウンター席のみで、ベージュカラーをベースとした明るく清潔感漂う雰囲気。
全席に飛沫感染防止用のアクリルパーテーションを設置し、卓上には手指消毒剤を完備するなど感染症対策も万全です。またスタッフの体調管理やマスク着用を徹底し、カウンターや椅子など定期的に除菌を行っています。

“泡系スープ”にこだわる『竹内ススル』 の美味しさの秘訣

「鶏そば啜る」の“泡系スープ”を引き継ぐ『竹内ススル』で食べられる、こだわりの「鶏そば」。
一口食べたらヤミツキになる美味しさの秘訣は、スープや麺に対するこだわりだけに留まりません。

店主の都築慧さん。「鶏そば啜る」で修行後、『竹内ススル』を開店

名古屋・丸の内にある人気ラーメン店「鶏そば啜る」で修行した後に『竹内ススル』をオープンさせた店主の都築さん。
ふわふわと泡立つ“泡系スープ”が特徴の進化系ラーメンは、濃厚な鶏の旨味がたっぷりです。
「骨から出た濃厚なスープは、凝縮した鶏の美味しさが詰まっています。泡立てることで麺との絡みも良くなります。クリーミーでシュワっとした口当たりのスープと、コシの強い自家製麺の組み合わせをぜひ味わってください」と都築さんはお話ししてくれました。

鶏の旨味を余すところなく絞り出したスープは、超濃厚なのに全くクセを感じさせない

「鶏そば」に使用されるスープは、国産の鶏ガラを強火で8時間炊き込んだ鶏白湯スープ。ここまでしっかり白濁するのは長時間強い火力で炊き込むためだそう。アクを丁寧に取って作るスープは、雑味を全く感じさせないトロトロで濃厚な味わいです。

1杯1杯、ハンドミキサーでふわっと泡立てる“泡系スープ”

そして「鶏そば」のふわふわの泡の正体は、超濃厚鶏白湯スープをハンドミキサーで細かく泡立てたもの。泡立てることで、まろやかなスープがさらにまろやかになり口当たりの良さが抜群に。ふわっと泡立てたスープは、旨味に立体感があり麺との絡みも最高です。

同じ鶏のスープとは思えないほど澄んだ清湯スープは「中華そば」に使用

中華そばに使用するスープは、こちらも国産の鶏ガラを使用。白濁した白湯スープと違う点は、ゆっくり弱火でコトコト煮込むという点。こちらも丁寧にアクを取り除き、澄んだ透明のスープに仕上げます。
本店の「鶏そば啜る」では、この清湯スープにハマグリの出汁をプラスしているそうですが、『竹内ススル』では帆立の出汁をプラス。コクと旨味を徹底的に抽出し、あっさりとしながらも魚介の深みを引き立てたパンチのある味わいに仕上げています。

豚肩ロースを真空低音調理した、見た目も美しい特製レアチャーシュー

そして『竹内ススル』のラーメンの特徴でもあるピンク色が美しい特製レアチャーシューは、豚の旨味がしっかり味わえる自信作。しっとりとした食感で、噛むたびに美味しさがじゅんわりと口の中に広がります。

ラーメンに使用する特製醤油タレは、コク深い甘辛さが特徴

厳選された3種類の醤油をベースにブレンドした特製醤油タレは、みりんや酒を加え口当たりの良い甘辛風味に仕上げています。「鶏そば」や「中華そば」のスープにプラスすることで、味を引き締めコク深さを引き立てます。

「鶏そば啜る」で作る自家製麺を毎日取り寄せる

讃岐うどんで使われる小麦粉を使用した自家製麺は、もっちりとしていて、しっかりとしたコシが特徴です。うどんの麺を作る工程に欠かせない“練る”をいう作業を行うことで、独特の歯応えのある麺ができるそう。小麦の風味をほんのり感じるツルツルと喉越しの良い口当たりの麺は、白湯スープにも清湯スープにもピッタリです。

必食!レアチャーシュー×泡系スープの名物「鶏そば」

ということで、ここ『竹内ススル』で食べられる鶏の旨味がたっぷり詰まったクリーミーなスープの「鶏そば」がこちらです。

ふわっと泡立ったスープの「鶏そば 全のせ」(950円/税込)

濃厚でクリーミーなスープは、しっかりと鶏の旨味を感じさせつつ、ふんわりと泡状にすることでくどさを感じさせません。やや平たい中太麺にスープがしっかりと絡み合い、極上の美味しさを奏でます。
大判のチャーシュー、シャキシャキの九条ネギ、海苔の風味も加わり、後引く美味しさ!素材の旨味が凝縮したスープは、濃厚ながらもふわっと軽い口当たりなので飲み干せてしまうほどです。

「鶏そば」を食べたらこちらもぜひお試しあれ

そして『竹内ススル』の看板メニュー「鶏そば」の美味しさを体験したら、次に楽しむべきラーメンがこちらです。

名古屋といえばこれ!「夜限定 台湾まぜそば 追い飯付き」(850円/税込)

旨辛のミンチが全粒粉入り極太麺に絡み合う、こちらもクセになる味わいの「台湾まぜそば」。本店の「鶏そば 啜る」にはない『竹内ススル』でしか食べることのできないメニューです。
ニラ、ネギ、海苔、台湾ミンチ、卵黄、魚粉、ニンニク、ブラックペッパーとパンチたっぷりの具材がたっぷりのった麺は、ガッツリ食べたいときにオススメ。
卓上にあるお酢やラー油を加えて味変を楽しみ、最後は残ったタレにご飯を入れ追い飯まで堪能して。

鶏清湯と帆立出汁のダブルスープ「鶏中華そば 全のせ」(950円/税込)

たっぷり鶏の旨味が溶け出した清湯スープに、風味豊かな帆立の出汁をプラスしたダブルスープの「鶏中華そば」は、いわゆる昔ながらの中華そばとは違い、あっさりとした味わいながらもパンチのあるスープに仕上げています。
スッキリとした深みのあるスープに、もちもちの麺が絡み合う、絶妙なバランスの一杯です。

帆立の味をより際立たせた「塩中華そば 全のせ」(950円/税込)

国産の上質な塩を使用した塩ダレをプラスしたホッとする味わいながらも旨味がたっぷりの一杯。
鶏と帆立の美味しさを良いとこ取りしたスッキリ+コク旨の味わいは、何度食べても飽きのこないテッパンの美味しさです。

鶏の旨味がたっぷり詰まった濃厚でクリーミーな“泡系スープ”の『竹内ススル』の「鶏そば」。濃厚でありながらもふんわりと軽い口当たりのラーメンは食べる価値大アリ!そのふわっとした新感覚のスープに、もっちりコシのある麺、そしてピンク色の美しいレアチャーシューの美味しさをぜひ体感ください。

取材・文/石川蘭 撮影/森澤直人

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載