福井県鯖江の「大福あんぱん」は30年以上愛されるご当地パン!

福井県鯖江の「大福あんぱん」は30年以上愛されるご当地パン!

2021/01/23

東京・池袋の東武百貨店で全国各地の人気パンが集合した「パン祭り」で、会場奥の一角になんだか幸福になれそうなパンを発見!福井県のご当地パン「大福あんぱん」です。有名な「木村屋」の暖簾分けのお店「ヨーロッパンキムラヤ」の生み出した、日本と欧州のハイブリッドなご当地パンを紹介します!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「木村屋」の暖簾分けで創業した「ヨーロッパンキムラヤ」

東京のパンメーカー「木村屋總本店」で修業した初代が暖簾分けで、福井県鯖江市にて1927年(昭和2年)に創業した老舗パン店「ヨーロッパンキムラヤ」。

初代は、あんぱんやフランスパンなどをいち早く福井で広め、約25年前から自然発酵種(ルヴァン リキッド)のパン作りにも取り組んだりと、当時、時代の先をゆき、東京の雰囲気が味わえるハイカラなパン屋さんとして評判だったそうです。

初代の東京・木村屋の技術を礎に、芸術家肌で探究心旺盛な二代目が学んだヨーロッパの伝統や最新の流行を取り入れて、「パンの中に夢や希望を包み、幸せをお届けする」という想いでオリジナリティに富んだパンを創作しています。

誕生秘話に涙「大福あんぱん」

催事に登場していたのは、30年以上も愛され続ける幸せのパン「大福あんぱん」(251円・税込)。

大福あんぱん(251円・税込)

その誕生は、二代目が、パリに住む大福好きの友人を驚かせようと、その友人のお母さんが持たせてくれた大福をパンの中に隠して持っていったのが始まりとのこと。

大福は柔らかく母のぬくもりがあり、それが1番伝わる方法として、パリで幸せの象徴とされるブリオッシュの生地で包み焼き上げたそうで、涙を誘う温かな誕生秘話です・・・。

大福をキムラヤ特製ブリオッシュ生地で包んでいます

そんな母の想いを感じるようにズンっと重い「大福あんぱん」。大福をキムラヤ特製ブリオッシュ生地で包み、こんもりとした形をしています。

卵が濃くフワフワのブリオッシュ生地

卵が濃くフワフワのブリオッシュ生地で、ただの大福入りあんぱんではないですね!

電子レンジで温めるとより風味が増します

中の大福は、北海道産小豆の粒餡が奥深い甘みがして、お餅は米どころで有名な北陸産のおいしいもち米で、これだけでも食べたい立派な大福!

ちょっと工夫して、お店の方のアドバイス通り、電子レンジで約20~30秒温めてみることに!

餅がトロ〜っととろけます

もちもちの餅がトロ〜っととろけて伸びも良く、パン生地からあふれんばかり!

予想外の相性の良さ

小豆餡はさらにほっくりとしていて、ブリオッシュ生地のバターと卵の洋風な味わいが、和と洋を上手に結んでます!これは予想外の相性の良さ!

ブリオッシュ生地ならではの優雅さが新しい

洋風のあんぱんもありますが、ブリオッシュ生地ならではの優雅さが新しい!日本とフランスが融合した豊かさと幸せに包み込まれました。

催事やアンテナショップで幸せになるパンをゲット

日本のメディアやパンの専門誌、『センスがいいね!と褒められる芸能人手土産&差し入れグランプリ』などで紹介されるだけでなく、海外メディアでも注目されている「大福あんぱん」。今回のような催事や東京都内にある福井県のアンテナショップ(青山店「ふくい南青山291」・銀座店「食の國 福井館」)、オンラインでも購入可能とのこと。

おやつや手土産にぴったり

日本を飛び越えパリへも広がるヨーロッパンキムラヤの夢をのせた、縁起の良いパンをおやつや手土産にして、幸せの輪を広げてはいかがでしょう。

[All photos by kurisencho]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載