サラダボウルで“朝ベジ”! パワーチャージできる新店3選

特集

新年度、「朝ごはん」で一日をはじめよう

2017/04/03

サラダボウルで“朝ベジ”! パワーチャージできる新店3選

たくさんの種類の野菜が一度に取れるサラダボウル。野菜不足解消はもちろん、ダイエットにも取り入れて毎日の朝食をヘルシーに。今トレンドのサラダボウルが朝から食べられる都内のお店3軒をご紹介します!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

パワーチャージするならこの3店! お店で手軽に朝ベジしちゃおう

サラダボウルといえば、アメリカ発の人気なフードトレンド。栄養価の高い野菜や穀物が一度にたくさん取れて、おなかもいっぱいになり、さらになんといってもローカロリー。普段野菜を食べる機会が少ない方、ダイエットをしている方にピッタリのメニューだ。

日本でも話題沸騰中なことから、都内でさまざまなお店が出店。それぞれ独自のメニューを展開している。巷では、ヘルスコンシャスな人々の間で朝食を野菜中心にする活動 “朝ベジ”も流行っていたり。InstagramをはじめSNSでも野菜をたっぷり使ったサラダボウルメニューの投稿はよく見かけるようになった。

1日の最初の食事を、カラフルでボリューミーなサラダボウルで始めたら、きっと日中もパワフルに過ごせるはず。

\紹介するのはこちらの3店!/

1. Mr. FARMER 駒沢オリンピック公園店(駒沢大学駅)
2. Cafe Apartment 183(祖師ヶ谷大蔵駅)
3. RF1 NEWoMan新宿店(新宿駅)


1.Mr.FARMER駒沢オリンピック公園店(2017年3月OPEN)

テイクアウトメニューも充実!

晴れた日はテラス席で食事も可能。公園内にあるだけあって、客層は運動帰りの人も多い

おいしい野菜をもっと気軽に食べてもらいたいという願いを込めて展開している『Mr. FARMER』の最新店は3月にオープンしたばかり。なんと朝7時から営業している。アーリーモーニングメニューを準備しテイクアウトももちろん可能。

広い店内は135席あり、ファミリーや子連れでも安心

店内にはデトックスウォーターのサーバーもあり、提供する水にもこだわっている。

1番人気の「FARMER’s COBB サラダ オーガニックアガベドレッシング 」(1450円 /税抜)※朝食時(9:00~11:00は1250円/税抜)

さまざまな材料がサラダに入っているので多様な味を楽しめる。使用されている食材は全国各地の約100軒もの契約農家から届くもの。野菜の70%は農家との直接取引で仕入れている。

その他タンパク質も豊富にとれるようCOBBサラダは栄養バランスにも配慮。ひと皿で食事として成り立つよう考えられたメニューは納得のボリュームだ。また、甘酸っぱいアガベシロップを使ったドレッシングとの相性も抜群。

店内では近隣地域の住民との関わりを大切にし、日々野菜を身近に感じられるようなファミリーイベントも開催している
モーニングメニューも充実。(写真奥:クロワッサンエッグサンド グリーンサラダ添え 890円/税抜。9:00~11:00、手前:スコーン500円/税抜。コーヒーor紅茶つき。7:00~9:00)

7時から9時の「Early Bird」と名付けられたメニューは、野菜がとれる朝限定メニュー。新鮮な野菜を毎日朝から食べてほしいというお店の願いが込められている。

サラダボウルに使用されている野菜はアスパラ、菜の花などミネラル豊富なものも。野菜のパワーで元気に朝からチャージ!

2.Cafe Apartment 183(2016年9月OPEN)

高級フレンチ風のサラダボウルはいかが?

マンションの住民の方にとって、セカンドエントランスとリビングを兼ねた店舗となっている

祖師ヶ谷大蔵に2016年9月30日にオープンした『Cafe Apartment 183』。マンションの1階にあることから住民が朝食を食べに来ることも。また、近辺に病院もあることから、要望に応じてアレルギー対応も可能だ。

オシャレで広い店内には、テーブル席の他にカウンター席も用意。1人でも利用しやすい

本店は朝から野菜をおなかいっぱいたべてもらいたいということで朝食メニューを展開。同建物のマンション住民にはケータリングも行っていて、自分で作らずとも気軽に朝から野菜を摂取できる。

モーニングメニューの「新鮮野菜のサラダボウル」。コーヒーがついて、750円

ハウス栽培のサラダ菜や、グリーンカールが使用され、トップにはさまざまな野菜のマリネがのっている。人参と玉ねぎのドレッシングを使用し、酸味を利かせたサラダボウルだ。

キャロットラペは、レモン汁とオリーブオイルで人参独特の甘みを引き出す。ほかにもエリンギ、赤キャベツ、ズッキーニ、ナス、トマトのマリネなど、豊富な野菜がフレンチ風味に味付けされたユニークな朝ベジメニューとなっている。テイクアウトも可能。野菜をたっぷり使ったヨーロピアンなサラダを召し上がれ。

森 健一シェフはフランスでの修行を経て日本に帰国。同カフェのメニュー考案を行っている

3.RF1 NeWoMan新宿店(2016年4月OPEN)

駅ナカ便利なテイクアウト専門店

JR新宿駅の改札内にあり、通勤・通学の途中にサッと立ち寄れる

1日平均350万人が利用する巨大ターミナル新宿駅構内にある「RF1 NeWoMan新宿店」では、スピーディにテイクアウトができることがウリ。

50g以上で希望の量に合わせて量り売りしてくれるので、さまざまな種類のサラダを少しずつ楽しむことができる

サラダは、それぞれおいしく食べられるようドレッシングも素材に合わせて独自に開発。お客様にはその時々の旬のものを食べてほしいという願いから、季節や旬に合わせてこまめに素材やメニューが変わる点も素晴らしい。

上から時計回りに、「さびないカラダに緑黄色野菜のサラダ」、「鉄分たっぷり2.3mg 島豆腐とひじきのサラダ」、「ミネラルチャージ 緑の30品目のサラダ」、「たっぷり海の幸の美味サラダ」

1番人気は「緑の30品目のサラダ」。今の時期のレタスは、おもに茨城県と静岡県のものを使用。その時々でおいしいものを食べて欲しいという願いから“産地リレー”というものを実施している。天候に左右されやすい葉野菜を安定して確保。契約農家とのやりとりを日々行い、ひとつのサラダに複数の種類の葉野菜を使用している。材料へのこだわりがおいしさにつながる。

「島豆腐とひじきのサラダ」に使用されている島豆腐は沖縄県製造のもの。ひじきや枝豆との相性も良く和風テイストに。

「たっぷり海の幸の美味サラダ」は、ヤリイカのコリコリした食感がたまらない一品。緑黄色野菜のサラダは付属のシーザードレッシングをかけて食べると酸味がやみつきになり、一度食べると止まらない。

駅ナカなのでサッと買ってサッと持って帰られるのがうれしい

野菜から食べるベジタブルファーストの習慣は、朝のパワーチャージに必須。通勤・通学の忙しい時間帯に急いでいてもすぐ買える利便性を生かそう。※商品内容は取材時のもの

取材メモ/さまざまなスタイルで楽しめる朝のサラダボウル。種類も豊富なので好みのものを見つけて試してみては。朝から野菜を取り入れて健康的な生活習慣を送ろう!

取材・文・撮影=佐藤優子 (リベルタ)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES