器と食の関わりを広める。神戸・六甲「モリス」がおもしろい

2017/08/31

器と食の関わりを広める。神戸・六甲「モリス」がおもしろい

六甲の駅前にある築49年のハイツにある「モリス」。店主の森脇今日子さんはギャラリーを営んでいた母親の影響を受けてこの世界に。幼い頃から器に触れていた森脇さんの目利きは相当なもの。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

盛り付ける料理が想像できる器とは?

神戸・六甲の古いハイツに佇む「モリス」。「流行りとは関係なく、盛り付ける料理が想像できるような器を集めました」と、現在は約20名弱の作家が手掛けた上質な作品を販売する。奥には喫茶スペースが設けられており、店に置かれている器が、そこで実際に使えるのも面白い。そんな良店の魅力に迫ってみた。

備前の伝統的な焼き方を踏襲する伊勢﨑紳の麺鉢(5000円)。登り窯によって焼き湿られた色合いは、素朴でいて力強さが伝わってくる。果物や野菜を盛り付けても美しく映える

奥には喫茶スペースを設け、自家製のケーキ紅茶などをサーブ。店に置かれている器が、そこで実際に使えるのも魅力だ。また定期的に展覧会や食事会も企画。過去には惜しまれつつ閉店した伝説の名店「大坊珈琲店」を招いたコーヒーイベントを開催したことも。ハイツの小さな一室から、器と食の新しい楽しみ方を街に広める。

湯呑みや茶碗といった生活に密着したプロダクト。作家を問わずアイテム毎に並べている
井山三希子のプレート(各3800円)。柔らかな白とパキッとした黒を半磁器によって表現
清朝時代末期ちりれんげ(2100円〜)。絵付けの美しさが主張された小ぶりのれんげ
モリス
Yahoo!ロコMORIS
住所
兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-11メゾン六甲202

地図を見る

アクセス
六甲駅[出口3]から徒歩約0分
六甲道駅[北口]から徒歩約8分
新在家駅[出口]から徒歩約15分
営業時間
水~日 11:00~18:00
定休日
毎週月曜日、毎週火曜日、不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

COMEPASS -コンパス-

COMEPASS -コンパス-

関西のとっておき新発見を毎日

大阪・京都・神戸を中心に「関西」にまつわるファッション・グルメ・遊びを毎日配信するWEBマガジンです。

この記事を書いたライター情報

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

関西の「おしゃれ・暮らし・遊び方」を毎日配信するWEBマガジン。20年以上、関西のユースカルチャーを牽引してきた雑誌『カジカジ』のプロデュースにより発信される情報は、どこよりもディープでフレッシュなものばかりです。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI- が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES