1杯のコーヒーと旅する昭和の文化遺産「純喫茶」の世界

特集

恋するノスタルジック喫茶ー4/13は“喫茶店の日”ー

2017/04/13

1杯のコーヒーと旅する昭和の文化遺産「純喫茶」の世界

飲み物や軽食を気軽に楽しめる喫茶店。めまぐるしく変化する喫茶文化の流れのなか、再び脚光を浴びているのが昭和の文化を色濃く残す「純喫茶」だ。「日本独自の文化財」とも言える、個性的で味わい深い世界の魅力を、1700軒以上の純喫茶を訪れた喫茶店ラバーの難波里奈さんに伺った。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\案内人はこの人/

難波里奈さん

難波里奈さん

東京喫茶店研究所二代目所長

再評価される日本の文化遺産

仕事の合間に休憩したり、友だちや恋人と語り明かしたり、はたまた家族でくつろいだり。街角にある喫茶店は自宅とも職場とも違った、心を開放できる「サードプレイス(第3の居場所)」の代表格だ。

特に高度経済成長期に隆盛を極めた「純喫茶」と呼ばれるスタイルの店は、個性的でレトロな雰囲気や、注文から提供まで人の手で行うフルサービスで、今も国内外の喫茶ファンを魅了している。

そこで今回は、「おすすめの純喫茶と言えばここ」と難波さんが語る、神田の「珈琲専門店エース」で、古くて新しい純喫茶の世界へと誘ってもらった。

純喫茶の名店「エース」は、「内装」「メニュー」、そして「人」のすべてが調和している

\純喫茶店を楽しむ3つのポイント!/

1.贅沢なインテリアを楽しむ
2.こだわりドリンク&フード
3.マスターの人柄に触れる


1.贅沢なインテリアを楽しむ

レトロ・モダンな店内。創業46年の歴史が育んだ唯一無二の空間だ

「珈琲専門店エース」は、地元・神田で生まれ育った清水英勝さん・徹夫さん兄弟が営む、1971年創業の老舗純喫茶。神田界隈のビジネスマンはもちろん、性別や世代を問わず全国の純喫茶ファンに愛されている。

——難波さんが純喫茶に通い初めたきっかけは?

難波里奈さん(以下、難波さん)
難波里奈さん(以下、難波さん)
幼いころから、長い時を経た古い物に愛着があって、身につける物もレトロな古着を選ぶようになりました。そういった服装に合うように、部屋も昭和の時代に使われていた雑貨や家具で満たしていましたが、インテリアは洋服を着替えるように気軽に変化を楽しむことは難しくて。そんなある日、コーヒーを楽しむために訪れた純喫茶こそ、自分のファッションや好みにしっくりなじむ空間だと気がついたんです。
レトロな「エース」の店内はすみずみまで掃除が行き届いている

——最初は純喫茶のインテリアにはまったわけですね。

難波さん
難波さん
時を経て味わいを増した老舗純喫茶の佇まいは、一軒として同じではありません。自分のお気に入りを探し、その日の気分や着こなしに合ったお店にいるだけで、幸せな気持ちになれます。
清水英勝さん(以下、英勝さん)
清水英勝さん(以下、英勝さん)
今日の難波さんのスタイルはウチの雰囲気にぴったりですね。
「エース」を営む清水英勝さん(兄)と徹夫さん(弟)兄弟。いつも笑顔を絶やさない名物マスターだ
難波さん
難波さん
ありがとうございます! 純喫茶の建築や内装は、現在では作ることが難しいような贅沢な物が多いそうです。特にここ「エース」は、歴史があるのにすごくキレイで落ち着くんです。
清水徹夫さん(以下、徹夫さん)
清水徹夫さん(以下、徹夫さん)
今年で46周年ですが、大掛かりな改装はしたことがないんです。壁紙や床は自分たちで定期的に張り替えているせいか、古くても清潔感が保てるのかもしれません。掃除にもこだわります。調度品のデザインが良くても、掃除が行き届いてないと台無しですから。
難波さん
難波さん
ご自身たちでリフォームまでしてしまうとは驚きです。
手書きのインフォメーションボード。店内を見回しているだけでコーヒーの知識もぐんぐん伸びる
英勝さん
英勝さん
店のインフォメーションやメニューも全部手書きです。手書き文字には活字にない温かみがあると思うんです。
徹夫さん
徹夫さん
うちは改装費用を節約する分、手間と時間は惜しみなくかけてるよね(笑)。神田はビジネス街なので勤め人のお客様が多かったですが、団塊の世代が定年を迎えた数年前から若い方が急に増えました。土曜日は遠方から来てくださる方もいるので嬉しいですね。

2.こだわりドリンク&フード

「珈琲専門店」と銘打つだけあってコーヒーの種類は大充実。メニューはもちろん手書きだ
コーヒーは注文ごとにサイフォンで丁寧に抽出される
淹れたてのコーヒーの香りは格別
難波さん
難波さん
純喫茶の楽しみはレトロな空間だけではありません。丁寧に淹れられたコーヒーや、手作りのフードメニューを、お手ごろ価格で楽しめるのが嬉しいんです。インテリアを楽しむために何軒もの純喫茶をめぐるうちに、飲み物はもちろん、フードにもそれぞれの店独自のこだわりのあるおいしいメニューがあることに気がついたんです。その代表が「エース」の「のりトースト」(170円)です。
シンプルな食材だけで作ったとは思えない不思議な味わいの「のりトースト」(170円)
英勝さん
英勝さん
中学生のころに母親が作ってくれた「海苔弁」をヒントにしたもので、開店初日から提供している定番メニューです。
難波さん
難波さん
170円とはお値打ちですよね。普通のトースト(220円)より安いのも不思議です。
フードメニューを眺めているだけで楽しい
英勝さん
英勝さん
「トーストより安いのにおいしいんだろうか?」と、何が出てくるのかわからない期待と不安を楽しんでもらおうというわけ。一種の心理作戦なんです(笑)。
徹夫さん
徹夫さん
食パンを醤油とバターで味付けして、焼き海苔を挟んだだけ。平凡な4つの食材のみとは思えないインパクトのある味わいで、コーヒーにもよく合うんです
醤油をかけた8枚切りのパンに焼海苔を乗せ、トースターで焼いてバターを塗るだけというシンプルさ
難波さん
難波さん
確か隠し味も使ってないんですよね。
英勝さん
英勝さん
4つの食材以外は何も入れてません。味が複雑になると、主役の海苔の香りが弱くなってしまうんです。
難波さん
難波さん
創業と同時に提供を始めた定番フードですが、味は全く変えていないそうですね。
英勝さん
英勝さん
46年前から食べ続けてくれている方もいらっしゃいますし、20年ぶりに来てくれた常連さんも変わらない味だと懐かしがってくれる。歳を重ねて、子どもやお孫さんを連れて来てくれるようなお客様の期待を裏切らず、「いつ来ても変わらないな」と、安心して味わってほしいんです。
クリームトースト(手前:270円)と、ドーナッツ(奥:230円)も必食!
徹夫さん
徹夫さん
もう一つの人気メニューが、乳脂肪分の高い生クリームを贅沢に使ったクリームトースト(270円)。のりトーストを食べた後に、デザート代わりに頼む方も。クリームの質が高い分、溶けやすいのでクリームトーストだけはテイクアウトできませんが、その他のトーストはコーヒーとセットでお持ち帰りもできます。
難波さん
難波さん
素材はシンプルですが、手作りならではの味わいを楽しめるフードメニューが充実している店は本当に魅力的。のりトースト、クリームトーストのほかにも、個人的にはドーナッツ(230円)がおすすめです。シナモンシュガーの香りと、真ん中にのったバターの風味がお気に入りです。

3.マスターの人柄に触れる

手すきのマスターに話しかけてみると思わぬエピソードが聞けるかも

——セルフ式のコーヒーショップとは時間の流れ方が違うようです。

難波さん
難波さん
忙しい現代の生活に適応したチェーン店が増えるのは、ある意味自然です。ただ、自分の時間を大切に過ごすには純喫茶がおすすめです。最初はインテリアがきっかけで興味を持った純喫茶ですが、何軒も通ううちに個性的なメニューの魅力に夢中になり、今ではその店のマスターに会いに行くのが楽しみになりました。純喫茶の一番魅力は“そこに集う人”なのかもしれないですね。
英勝さん
英勝さん
それは嬉しいお言葉ですね。
難波さん
難波さん
例えば知らない土地の純喫茶に入って、まだ名前も知らないマスターとの一期一会の会話も楽しいものです。コーヒー1杯の料金で、これだけの充実感を味わえる場所はそうありません。100の店には100のマスターのこだわりが凝縮されています。おだやかな空間でおいしいものを味わいながら、「活ける昭和博物館」としてこれからもずっと純喫茶を楽しんでいきたいですね。

インテリア、メニュー、人の魅力が一体となることで、ゆったり落ち着いた雰囲気を醸し出す純喫茶。自分の街でも、知らない街でも、自分だけのお気に入りを見つけてはいかがだろうか。


珈琲専門店エース

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/「のりトースト」はおなじみの食材だけを使っているにも関わらず、想像を超えるおいしさでした。まだ未食の方はぜひ!

取材・文=杉山元洋/撮影=神保達也

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES