“日本のカルチエ・ラタン”神保町・御茶ノ水の名喫茶店を訪ねる

特集

恋するノスタルジック喫茶ー4/13は“喫茶店の日”ー

2017/04/13

“日本のカルチエ・ラタン”神保町・御茶ノ水の名喫茶店を訪ねる

古書店や学校など、多くの文化的な施設が立ち並ぶことから「日本のカルチエ・ラタン」とも称される神保町・御茶ノ水エリア。文化を育む街を支える数々の名喫茶店を巡る旅にでかけよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

文化あるところに名喫茶あり

数多くの古書店や、大学、楽器店などがひしめく文化の街、神保町・御茶ノ水界隈。古本探しの途中で休憩する本の虫や、仲間と語らう学生やミュージシャンの卵など、さまざまな人々の憩いの場としてこの街になくてはならないのが喫茶店だ。いまや日本の文化財とも言える存在感あふれる名店を編集部がセレクト。1日で何軒も回るのもよし、腰を据えてじっくり味わうもよしの、純喫茶好き御用達の魅力的な6店を紹介する。

「神保町 ラドリオ」の店内に掲示される、昭和54年(1979年)の神保町駅周辺の地図。「神保町 ラドリオ」と「神田伯剌西爾」ももちろん記載されている

神保町・御茶ノ水の名喫茶はこちら!

1.神保町 ラドリオ(神保町駅)
2.トロワバグ(神保町駅)
3.神田伯剌西爾(神保町駅)
4.古瀬戸珈琲店 駿河台下店(御茶ノ水駅)
5.コーヒーパーラーヒルトップ(御茶ノ水駅)
6.自家焙煎珈琲みじんこ(御茶ノ水駅・湯島駅)


1.神保町 ラドリオ(神保町駅)

赤い椅子が印象的な店内はイギリスのパブのような雰囲気

ウィンナーコーヒー日本発祥の店

神保町の表通りの靖国通りから、一本裏手に入った路地にある「神保町 ラドリオ」。スペイン語で「レンガ」を意味する店名の通り、重厚なレンガ造りの老舗で、日本で最初に「ウィンナーコーヒー」を提供したことでも知られている。

濃厚なホイップクリームをのせた「ウィンナーコーヒー」(480円)
店主・池本奈美さん
店主・池本奈美さん
コーヒーにホイップクリームをのせた「ウィンナーコーヒー」(480円)は、おしゃべりに夢中になって時間がたっても、コーヒーが冷めにくいという意味もあるそうです。冷たい飲み物はプラス100円でアイスのフロートにもできますよ。
ちょっぴり大人味のコーヒーゼリー(580円)も人気
池本さん
池本さん
スイーツのおすすめは「コーヒーゼリー」(580円)です。フレッシュクリームにブランデーをほんの少し垂らしてあるので、大人好みの味に仕上がっています。
路地裏のレンガの建物が目印
池本さん
池本さん
神保町は歴史のある魅力的な喫茶店が多いですが、残念なことに減りつつあるのも事実。神保町 ラドリオはこの建物がある限り続けていけたらうれしいですね。

ラドリオ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.トロワバグ(神保町駅)

階段を降りて店に入るとシックで華やかな空間が

丁寧な手仕事をカップに凝縮

オールドビーンズを使ったハンドドリップコーヒーを提供する「トロワバグ」。店名はフランス語で「3つの輪」という意味で、2代目オーナー三輪徳子さんのお母様である初代オーナーが、自分の名字からとったものなのだとか。

コーヒーだけでなく、ワインも楽しめる

ワインショップ「カーヴ・トロワバグ」も併設しており、グラスワインを楽しめるのも特徴だ。

店主・三輪徳子さん
店主・三輪徳子さん
喫茶店と並行して、このエリアはワインショップが少ないので、家庭で楽しめる気軽な価格帯のワインを厳選して販売しています。もちろんグラスワインも用意しているので、お店で飲みながら選んでもらうこともできます。
豆やネルの状態を見極めながら丁寧に抽出する
三輪さん
三輪さん
もちろんメインはコーヒーです(笑)。コーヒー豆もドリップ用のネルも生き物。日々コンディションが変わるので、様子を見ながらご機嫌をとるようにドリップしますが、きれいに泡立ってうまく立てられると私の気持ちも健やかになります。その時その時の瞬間に手先から生まれたものがお客様の口に入るってすごいこと。ハウスブレンドの「トロワブレンド」(550円)は酸味が柔らかいので、「初めてコーヒーをおいしいと思った」とおっしゃっていただくこともあるのでうれしいですね。
店舗は地下一階だが入りやすい雰囲気
三輪さん
三輪さん
喫茶店は飲食だけでなく、新しい文化や芸術にも触れられる場所であってほしい。そういう思いから、ワインや落語など、幅広い分野のイベントをすることも。5月までは大河ドラマ「おんな城主直虎」の題字を手掛けた書家のMaaya Wakasugi氏の個展を開催しています。神保町界隈も変化していますが、きちんと歴史が積み重なっています。ささやかですが、新しい文化を発信できるのも喫茶店の醍醐味ですね。

トロワバグ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.神田伯剌西爾(神保町駅)

シックで落ち着いた店内には、囲炉裏のあるスペースも

こだわりコーヒーをスイーツとセットで

厳選した高品質なコーヒーの生豆を、昔ながらの直火式で焙煎し、煎りたて・挽きたて・淹れたてのコーヒーを楽しめる「神田伯剌西爾(伯剌西爾=ブラジル)」

焙煎したコーヒー豆は小売もしてくれる
店長・竹内さん
店長・竹内さん
こだわりのストレートコーヒーを数多く提供していますが、初めての方でもわかりやすいようブレンドコーヒーを550円で用意。苦味の効いた「神田ぶれんど」、ほどよい酸味の「亜米利加ぶれんど」、濃厚な香りの「仏蘭西ぶれんど」、「冷やしぶれんど」の4種類があります。
カウンター席ならご主人のハンドドリップの技を間近にすることができる
「コニャックショコラ」(450円)とコーヒーはセットで850円(紅茶セットは900円)
竹内さん
竹内さん
コーヒーによく合うスイーツもぜひ楽しんでください。最高級のチョコレートを使った「コニャックショコラ」(450円、コーヒーとセットで850円)は、ガナッシュクリームにバニラビーンズと洋酒のコニャックで香りをつけているので、コーヒーにもよく合いますよ。

神田伯刺西爾

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

4.古瀬戸珈琲店 駿河台下店(御茶ノ水駅)

カウンター内のカップは実際に使うことができる

自分好みのコーヒーを探す愉しみ

神保町駅と御茶ノ水駅の中間点の「駿河台下交差点」の近くにある「古瀬戸珈琲店」。炭火で丁寧に焙煎した豆だけを使ったコーヒーを、カウンター席なら、壁一面に並ぶおよそ250以上のコーヒーカップの中から好みの物を選んで飲むことができる。神保町にある「ギャラリー珈琲店古瀬戸」は姉妹店。

壁一面に飾られたカップを眺めているだけでも楽しくなる
店長・伊藤孝保さん
店長・伊藤孝保さん
当店で使うコーヒー豆は、炭火の遠赤外線でじっくり焙煎されもの。一般よりやや深煎りなので、苦味が強く出る傾向があります。最近は浅煎りのコーヒーが増えているようですが、こればっかりは好みの問題なので、どっちが良いとか悪いとかいうことはないですけどね(笑)。
炭火で焙煎した豆は、ペーパーフィルターを使ったハンドドリップで抽出される
伊藤さん
伊藤さん
どれを飲もうか迷っているとよく相談されますが、ブレンドコーヒーには苦味重視の「古瀬戸ブレンド」と、やや酸味の効いた「駿河台下ブレンド」の2種類(各540円)を用意しているので、まずはこの2つを飲み比べてはいかがでしょうか。
ローマにあるカフェグレコのカップをチョイス
伊藤さん
伊藤さん
自分の好みが大体わかったら、より個性的なストレートコーヒーを試してもいいですね。日替わりでストレートコーヒーをブレンドと同じ540円で出しているので、一期一会でその日のストレートを試すのもありです。まあ、コーヒーはあくまでも嗜好品なので、自由に楽しめばそれでいいんですけどね(笑)。

古瀬戸珈琲店 駿河台下店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

5.コーヒーパーラーヒルトップ(御茶ノ水駅)

明るい店内はいつも宿泊客やビジターでにぎわっている

水出しコーヒーのクリアな味わいを楽しむ

御茶ノ水のランドマーク「山の上ホテル」の地下一階にあるカフェ「コーヒーパーラーヒルトップ」。地下と言っても坂道に面したガラス窓からは明るい日差しが降り注ぐ、都会のオアシスのような空間となっている。

水出しコーヒーは手作りスイーツにもよく合う味わい深さだ
支配人・伊藤さん
支配人・伊藤さん
当店でお出ししているコーヒー(ホット、アイスとも700円)は、12時間かけてじっくり抽出される水出し式を採用しています。
水出しコーヒーを抽出する器具は店内にある
伊藤さん
伊藤さん
水出しコーヒーは味わいが濃厚ですが、雑味が少なくクリアで口当たりが柔らかいのが特徴です。味わいが常に一定するよう、水に氷を加えて温度を調整しています。ホテル内で手作りされるスイーツ(600円)とセットでしたら1140円とお得になっています。
池波正太郎氏の肉筆画を間近で見ることができる
伊藤さん
伊藤さん
店内に飾られる絵は、すべて作家の池波正太郎さんの作品。池波さんには生前、当ホテルをご贔屓にしていただきましたが、いまでも池波さんを慕ったファンの方がよくいらっしゃいます。

コーヒーパーラーヒルトップ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

6.自家焙煎珈琲みじんこ(御茶ノ水駅・湯島駅)

スタイリッシュさと落ち着きを兼ね備えた店内

純喫茶の次世代正常進化系

「昔ながらの日本の喫茶店を現代の感覚でアレンジした」という「自家焙煎珈琲みじんこ」。御茶ノ水駅と湯島駅のちょうど中間あたりの静かなエリアにあるが、いつも店内は男女問わず大勢の喫茶ファンでにぎわっている。

熱伝導性に優れた銅板を使って焼き上げられる「ホットケーキ」(650円)
店長・鈴木一宏さん
店長・鈴木一宏さん
メニューの美味しさや、おしゃれ感に加え、居心地の良さも喫茶店には不可欠ですよね。ですから、シンプルだけど、クオリティのしっかりした奥行きのある店を目指しています。コーヒーに使用している生豆は、ポテンシャルが際立ったスペシャルティコーヒーのみを厳選。とくに、産地や農園をはじめ、精製方法などが明確にトレースできる物だけを選んでいます。
銅板でじっくりと焼き上げられる「ホットケーキ」(650円)はふわふわで香りも抜群
鈴木さん
鈴木さん
14時以降に入店された方限定でのご提供になりますが、ホットケーキなどの温かいスイーツもおすすめです。オーダーを受けてから焼き始めるので20分程度お時間をいただきますが、できたては格別のおいしさですよ!
湯島天神に通じる静かな通りにある「みじんこ」
鈴木さん
鈴木さん
期間限定で提供してきた「鉄板フレンチトースト」もご好評いただきましたが、それに変わる夏向けのメニューも準備していますので期待してほしいですね。

自家焙煎珈琲みじんこ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


神保町・御茶ノ水エリアには、今回紹介した以外にも魅力的な喫茶店が数多く存在する。お気に入りに通い詰めるもよし、街歩きをしながら新しい店を探すのもまたよし。巡礼のしがいのある「喫茶の街」を自由気ままに楽しみたい。


取材メモ/文化の香りが色濃い街の喫茶店は、古本を片手に長居したくなる名店ばかりでした。

取材・撮影・文=杉山元洋

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES