横浜あっさりラーメン★鶏の旨味がダイレクトに味わえる一杯

特集

横浜で食べたい至極の“あっさり系”ラーメン

2017/04/20

横浜あっさりラーメン★鶏の旨味がダイレクトに味わえる一杯

店名通り「鶏」の旨味にこだわり、究極のラーメンを作る「鶏喰」。ミシュランガイド2015ではビブグルマンを獲得するなど、その勢いは止まらない! 今回は一番人気のラーメン「味玉鶏の醤油」の動画を撮影してきたので、記事の最後をチェックしてね!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

瞳 Hitomi

瞳 Hitomi

グルメ動画リポーター

鶏のイラストがかわいい外観

横浜市営地下鉄吉野町駅3番口から1分もかからない場所に2012年にオープンをした『らーめん 鶏喰(とりっく)〜TRICK〜』。屋号の由来は、“鶏を食らう”っていう意味と、店主が昔働いていたお店の2階がトリックアートミュージアムだったことなんですって。

明るくアットホームな店内

店内はカウンター席とテーブル席を完備。店内のカラーは「白」と「赤」で統一されていて、とても清潔感があるわね。

味玉鶏の醤油(900円)

主なメニューは、大きく分けて3種類。初めて来た人にオススメな「鶏の醤油」、カツオが後を引き癖になる「鶏と鰹の醤油」、そしてリピート率が高い「塩」。中でも今回いただく、この「味玉鶏の醤油」はお店の一番人気! どんなラーメンなのかしら?

店主の西垣昇さん

こちらが店主の西垣昇(にしがき のぼる)さん。料理の専門学校を卒業後にイタリアンを5年経験し、接客業をやってみたいとアクセサリーのショップ店員に転職。さらには横浜の中華街で“しゅうまい”をメインにした飲食店と、ラーメンとは全然関係ない人生を過ごしていたの。

そんな西垣さんがラーメン店を始めようと思った理由は、もちろんラーメンが大好きだったこともあるけど、ラーメン屋さんのカウンターがお客様との距離が近いということ。接客も料理を作るのも好きな西垣さんは、その2つが備わったラーメン屋さんを始めようと思ったんですって!

人気の秘密を店主の西垣さんに質問してみたわ。

--このラーメンが生まれたきっかけは?

店主・西垣さん
店主・西垣さん
「実はお店をオープンするにあたって、店名を先に決めたんです。『鶏喰』という名前をつけたからには、豚や牛ではなく、鶏のラーメンを作りたいと思い、現在のラーメンにたどり着きました」
ラーメンの丼にも鶏のイラストが施されている

--「味玉鶏の醤油」のポイントは?

店主・西垣さん
店主・西垣さん
「スープ、醤油ダレ、鶏油のバランスをとても大事にしています。スープがうまくいっても、ほかの醤油ダレや鶏油とのバランスが崩れてしまうとおいしくなくなってしまいます」

そのほか、こだわり抜いたラーメンの詳細については、記事の最後の動画をチェックしてね!

特製醤油ダレ

--このラーメンを食べたことがない方へアピールを!

店主・西垣さん
店主・西垣さん
「居心地よく、ラーメンをおいしく食べていただけるように、スタッフ一同笑顔でお待ちしております!」

お待たせしました! 大人気の「味玉鶏の醤油」を動画で撮影してきたので、ご覧あれ!

らーめん 鶏喰 ~TRICK~
住所:神奈川県横浜市南区吉野町4-20
アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン「吉野町」駅3番出口より徒歩1分
電話:045-341-0509
営業時間:(昼)11:00~14:00 (夜)18:00~21:00
     ※土日は11:00~15:00
定休日:月曜日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES