お土産にも使える!築地で最強の「ご飯の友」を探してみた

特集

ぜったい外さない築地グルメ2017

2017/04/18

お土産にも使える!築地で最強の「ご飯の友」を探してみた

せっかく早起きして遊びに来たのだから、築地の美味を自宅の食卓に持ち帰りたい!そう思った編集部がたどり着いたのが、みんな大好き、白飯に合うおかず。人気ブロガー・つきじろうさん、そして今回の特集で足繁く築地に通ったライターO、編集部Sが、おすすめの「ご飯のお友」を紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

今回ご紹介する築地発「ご飯の友」は、こちら

左上から時計回りに「鳩屋海苔店」の魚河岸ペッパー、「田所食品」で購入した醤油いくら、「江戸一」の一口ほたて、「秋山商店 築地店」で販売する「しそ漬け梅干し」

築地を歩いていると、生鮮食品の店に混ざって、海苔や魚卵の専門店、全国の珍味を取り扱うショップなど、これはご飯に合いそうだという一品を扱う場所が次々と目に止まる。全国から良質の食材が集まる街だから、日常の食事に使える白飯の友を見つけて帰りたい。ということで、最強の助っ人としてブロガーのつきじろうさんに協力を要請。つきじろうさんのご飯の友とともに、特集担当ライターOと編集部Sのオススメをご紹介しよう。

\築地のことはこの人に聞け!/

つきじろう氏

つきじろう氏

ブロガー

1. 「田所食品」販売の醤油いくら(1300円/150g)

このサイズで、味も折り紙付き

つきじろうさん
つきじろうさん
「なにしろよく通る場所にお店があるものだから、つい通りすがりに買ってしまうんですよね(笑)。手ごろなサイズで、おいしさも間違いなしです
いくらは北海道噴火湾(内浦湾)産のもの。粒のサイズも程よい大きさ

うちは正真正銘の鮭のいくら。マスの卵を使ったりはしません。それでこの値段は、築地でもなかなかないと思います」と田所食品専務の田所 悟さん。北海道の信頼する業者から毎秋、トン単位で購入。しっかり商品管理して、ここ築地で通年販売する。「いくらを漬け込む白醤油から醸造するくらい、しっかりと商品作りしている業者です。北海道の噴火湾でベストな時期に収穫されたいくらを使っているから、この柔らかいプチプチ食感になります」。

150gで1300円とお値打ちなので、どっさりとご飯にのせて食べたくなる。かんでも口の中に皮が残らないので、シンプルに白飯で楽しむのがおすすめだ

白飯にのせると、すっきりした白醤油のほんのりとした甘味といくらの磯の香りが、ご飯を進める。「漬け込みの醤油が適量なので、ドリップがほとんど出ません。粒の中に、いくらの旨みが凝縮されたままなんです」。チラシ寿司や海鮮丼にも使えそうだが、田所さんのオススメは鮭フレークにいくらを混ぜ込んで食す、親子丼だ。

人通りの多い新大橋通りに面している

こちらは昭和1967年創業の魚卵の専門店。「網走産の秋鮭のすじこもおすすめですよ」。店は新大橋通りに面しているので、築地に足を運んだ際には軒先をのぞいて、海の幸を食卓に取り入れたい。

【友達データ】
セレブ度 ★★★★☆
夜ご飯の友度 ★★★☆☆
築地のおみやげ度 ★★★★☆

田所食品

住所:東京都中央区築地 4-9-11
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約2分
築地駅1出口から徒歩約3分
東銀座駅6出口から徒歩約5分
電話番号:03-3541-7754
営業時間 6:00~15:00
定休日:日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2. 「秋山商店 築地店 つきじ味喜多会」販売のしそ漬け梅干し(540円/100g)

自然の酸味、塩気が魅力です

つきじろうさん
つきじろうさん
「身内が梅干し好きなのですが、味にうるさくて化学調味料を使ったものなどは『変な味がする』と言って食べないんです。このお店なら!と安心して買えるのは心強いですね
紀州産の高級梅を漬け込む。和歌山の業者から仕入れている

「梅干しは5種類取り扱いがありますが、この『しそ漬け梅干し』が一番、人気があります。粒が大きいのに皮が薄いから、梅の果肉がたっぷりなんです」。これぞ贅沢な梅干し、とスタッフの小野寺 貢さんが太鼓判を押す商品だ。

このきめ細かな果肉。皮が薄いため、ジューシーな味わいが口に広がる

「製造元の和歌山の業者では、化学調味料は一切、使っていません。だからこその自然な塩気。酸っぱすぎず、辛すぎず。まさしく、ちょうどいい“塩梅(あんばい)”なんです」。自然の酸味は朝食、目覚めの一椀にこそ最適だろう。ご飯にのせてかき込めば、爽やかな味わいが身体に染み込んでいく。

「築地KYビル」1F入口のすぐ脇にある店舗

「焼酎のお湯割りに、この梅干しを使う方も多いんです」と小野寺さん。「秋山商店 築地店 つきじ味喜多会」は全国の名産品を扱うセレクトショップ。ふきみそやザーサイも、ご飯の友として人気が高いという。築地四丁目交差点に面したビルに立地するため駅から近く、交通至便だ。

【友達データ】
ヘルシー度 ★★★★☆
朝ご飯の友度 ★★★★☆
さっぱりシンプル度 ★★★★☆

秋山商店 築地店 つきじ味喜多会

住所:東京都中央区築地4-7-5 築地KYビル1F
アクセス:築地駅2出口から徒歩約2分、東銀座駅6出口から徒歩約4分、築地市場駅A1出口から徒歩約4分
電話番号:03-3541-1840
営業時間:7:00〜15:00
定休日:日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.「江戸一」の一口ほたて(300円/70g)

「醤油の味でご飯がすすむ」

ライターO
ライターO
「甘辛いおかずは苦手だったけど、この佃煮は一味違う。砂糖の甘みが逆に醤油の香気を引き立てていて、ご飯が進むこと進むこと。煮詰めているのに、しっかりほたての味わいがするのも素晴らしいです」
ほたての貝柱がたっぷり入る。ひも付きで、食感に変化があって楽しい

1914年、煮豆の製造から始まった江戸一。現社長の飯田一雅さんで四代目、創業から100年を経た今では、煮豆と佃煮の製造・卸・販売会社として営業する。店頭での一番人気が、この一口ほたて。「ほたての旨味、香りまで堪能できると好評をいただいています。また食感の柔らかさも人気の秘密です」と、営業部・課長で場外市場東通りの本店にて接客を担当する中川直美さんはいう。

貝柱も立派な大きさ。ご飯にも合うが、日本酒の肴としても最適だ

「江戸一の佃煮は、おかずとしてご飯の名脇役であることを鑑みて作られています。もちろんそのまま食べてもおいしいように、です」。そのために品質、旨味の濃さ、貝なら粒の大きさなどを吟味して素材を選んでいる。佃煮ごとに専用のタレがあり、継ぎ足しで使っているそうだ。

左から生姜あさり(300円/75g)、たらこ(300円/70g)、ほたて昆布(300円/90g)

その継ぎ足しのタレも、具材によって2種類の醤油の配合を変える仕事の細かさ。種類豊富に佃煮や煮豆がそろうので、自分の希望を伝えて、じっくり商品選びをしてみたい。

築地東通りにある本店。常に観光客で賑わっている

【友達データ】
老舗度 ★★★★☆
種類の豊富度 ★★★★☆
和のおもむき度 ★★★☆☆

江戸一本店

住所:東京都中央区築地4-13-4 (本店)
アクセス:築地駅1出口から徒歩約4分、築地市場駅A1出口から徒歩約5分、東銀座駅6出口から徒歩約6分
電話番号:03-3543-5225
営業時間:8:00~14:00
定休日:日曜、祝日、市場休業日(中通り店はお正月以外無休)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

4.鳩屋海苔店の「魚河岸ペッパー」(1箱880円)

ピリ辛の味わいでクセになる

担当編集S
担当編集S
「海苔なのに、ごはんに巻くとピラフのような味がする。不思議な味わいのトリコになりました。韓国海苔とは少し違う、辛い風味がクセになる味わいです
魚河岸ペッパーは8箱入り。和の外観から、訪日外国人の需要も高いとか

鳩屋海苔店は1938年に創業した築地の乾海苔問屋。現社長の三代目・鵜飼友義さんが店を切り盛りするようになってから、有明産など日本全国の海苔だけでなく、ドライフルーツやナッツも販売するように。威勢のいい声を張り上げる鵜飼さんを中心に、若いスタッフがチャキチャキと動き回る活気の良さにひかれ、足繁く通う人も多い。

シワが寄った海苔なので、ご飯を巻きやすい。コショウのきいた味わいは、和というより洋のご飯のおもむき

8年前に販売をスタートした「魚河岸ペッパー」も、みるみるうちに人気商品になった。「韓国のりと同じように見えますが、コショウを効かせているのが特徴です」とスタッフの中島智昭さん。そのままご飯に巻いてもおいしいが、海苔をくだいてかけると、ふりかけのような味わいにもなる。「ラーメンの上にのせるのも人気なんですよ」。

若いスタッフが丁寧に商品説明をしてくれる

他にも海苔の佃煮「黒炊き」がおすすめと話す中島さん。とにかくなんでも相談しやすい雰囲気なので、いろいろ聞いて、自分に合った「MY海苔」を見つけてみよう。

【友達データ】
和洋折衷度 ★★★☆☆
アレンジ度 ★★★★☆
ポータブル度 ★★★★☆

鳩屋海苔店本店

住所:東京都中央区築地4-14-16
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約4分、築地駅1出口から徒歩約4分、東銀座駅6出口から徒歩約6分
電話番号:03-3541-5523
営業時間:7:00~14:00(市場休業日は8:30〜)
定休日:無休(年末年始休みあり)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

築地の美味を自宅の食卓へ!!

取材メモ/築地を歩いていると、たくさんの乾物屋や海苔店、佃煮屋や珍味の店を発見した。しかも、どの店も大賑わい。海鮮だけでない懐の深さ。さらなる築地の魅力に触れた気がした。

取材・文/岡野孝次 写真/原 幹和


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES