築地場外市場でまんぷく散歩。絶品テイクアウト5選

特集

ぜったい外さない築地グルメ2017

2017/04/18

築地場外市場でまんぷく散歩。絶品テイクアウト5選

料理人が買い出しに来る、業務用の街だった築地場外市場。今では日本人に加え、インバウンドの波で外国人観光客が押し寄せ、より開かれた場になっている。そこで築地のおいしさをさらに広めようと、場外の老舗が力を入れるのが、テイクアウトの一品。手頃な値段なので、ぜひハシゴして楽しんでみたい。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【ご紹介するのはこの5軒】

1.「築地山長」の串玉
2.「幸軒売店」のシュウマイ
3.「気まぐれ屋」のタマゴサンド
4.「築地 佃權 門跡橋工房」のベーコンチーズ
5.「茂助だんご 場外2号店」の茂助だんご

気軽につまんで、場外市場でおいしい散策

場外まんぷく散歩を楽しむのは、築地をきちんと巡るのは初めてという「純粋カフェ・ラッテ」の森ふうかさん。ロケの日はあいにくの雨降りだが、早朝は人通りが少なく、ゆっくりと街を回れた

とにかく海鮮、お寿司のイメージが強い築地。場外市場にも、ゆっくり座って海の幸を楽しめる店はある。しかし意外とおいしいと言われているのが、海鮮以外のテイクアウト。老舗、名店も手頃な値段で提供しているので、思い思いのものをつまみながら、場外の小道を散策してみたい

1.「築地山長」の串玉

老舗の味をたったの100円で

職人が玉子を調理する様子。道に面したブースで焼いているので、お客も眺めることができる

新鮮な魚介を求めてやって来る寿司職人が多いため、場外市場では昔から、玉子焼きの需要も大きい。こちら「築地山長」は1949年に創業、現在社長の松江國雄さんで三代目。厳選した養鶏場から毎朝届く新鮮な朝採り卵を丁寧に手割り、鰹節だけで採っただしに砂糖、塩、本直し(甘みの強いみりんに焼酎を混ぜたもの)を加え、熟練の職人が丁寧に焼き上げている

串玉100円。大根おろしを添えてくれる

山長が長年守り続けてきた味を気軽に味わってほしいと、名物「山長 玉子焼」を食べやすいサイズに、テイクアウトとして販売し始めたのが7年ほど前。今では「串玉」と名付けられたその商品を買うために、長蛇の列ができることも。100円というお手頃な価格で老舗の味を楽しめると好評だ。

100円、1スティックで老舗の味を楽しめる。人気なので、休日は行列に並ぶことも覚悟しよう
「できたてのふわふわ食感がいいですね」。だしの効いた玉子焼の優しい食感に、感動する森さん
穴子、海老、蟹肉入りなど、さまざまな玉子焼きを販売している。山長玉子焼は1本650円。3分の1サイズ250円

築地山長

住所:東京都中央区築地4-10-10
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約3分、築地駅1出口から徒歩約4分、東銀座駅6出口から徒歩約6分
電話番号:03-3248-6002
営業時間:6:00~15:30
定休日:無休(年末年始休みあり)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.「幸軒売店」のシュウマイ

豚肉・玉ねぎのうまみたっぷり

売店を切り盛りする江尻嘉晴さん。10時半を過ぎると、店前に長い行列ができることがある

昭和25年創業の「幸軒」は、スープが醤油ベースの「ラーメン」や「チャーハン」など、昔ながらの大衆中華の味わいが人気。市場に買い出しに訪れる料理人の間でも好評だ。そんな評判店の名物がシュウマイ。本店の近くにある売店でテイクアウトすることができる。

「シュウマイ」は1個150円。2個を買って、シェアして食べる人が多いとか

売店を取り仕切る江尻義晴さんは元・料理人。食材の買い付けで築地へ通ううちに、幸軒の味わいに魅せられ、前職を退いたあと、こちらの店を手伝うことになったのだとか。毎日、本店のスタッフとシュウマイを手作りし、多いときは約800個を販売する。「ソースをかけて食べるのもおいしいですよ」。70歳を過ぎてもなお元気、ニコニコ接客の江尻さんの姿を眺めながら(お店が空いているときは会話も楽しみながら)、イートインスペースでシュウマイを頬張るのがいい。

「お肉がたくさん入っているのに、後味がさっぱりしています」。バランスのとれた味わいに驚く森さん
豚ひき肉と一緒に、玉ねぎをふんだんに使っているため、後味は軽い。備え付けのウスターソースをつけて食べると、また変わった味わいに

幸軒売店

住所:東京都中央区築地4-13-15
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約3分、築地駅1出口から徒歩約4分、東銀座駅6出口から徒歩約6分
電話番号 03-3545-5602
営業時間 6:00~14:30
定休日 日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.「気まぐれ屋」のタマゴサンド

築地の胃袋を満たすポケットサンド

ボリュームをつけるため、耳は残したまま。挟むのではく、1枚の食パンで具材を折りたたんで完成する。タマゴサンド140円

築地場外市場の北西の外れに位置し観光客は少ないが、代わりにターレットトラックが往来し、活気ある雰囲気。「『気まぐれ屋』っていう名前なんだから、いつ開いていつ閉まるか、分からない店なんだよ」。謙遜する店主の松原雄二郎さん。そう言いながらも、市場が開いている日は大抵、5時から軒先にあかりを点し、できたてのサンドイッチやおにぎりを提供、魚河岸で働く人たちの胃袋を満たしている。

場内から仕入れる玉子をたっぷりと。パンもその日に焼いたものがお店に届く

「気まぐれ屋」のサンドイッチの特徴は、具材を挟まず、1枚の食パンで包んでしまうことだ。これにラップして販売するが、こうすることで忙しい築地の人たちは、作業着のポケットに入れたまま、サンドイッチを持ち運べる。またおなかがいっぱいになるように、とパンの耳もつけたままだ。

店主の松原雄二郎さん。実は本職は床屋さん。9時からはおかみさんと店番を代わり、併設された店舗で、魚河岸の人たちの髪を整えている
「パンが柔らかいです。ボリュームはあるけどおいしいから、ぺろっと平らげてしまえそうです」と森さん
魚河岸の人たちの中には、松原さんのサンドイッチをポケットに入れて持ち運び、思い思いの時間に食べる人も多いとか。「私もマネしてみました」と森さん

サンドイッチの具材は、場内、場外から仕入れているため、素材の鮮度は折り紙つき。専門店から仕入れる鶏肉を使った「チキンかつ」、となりの店から仕入れるという「エビかつ」も人気のメニューだ。通称「ポケットサンド」を片手に、築地を散策してみよう。

気まぐれ屋

住所:東京都中央区築地6-21-6
アクセス:築地駅1出口から徒歩約5分、築地市場駅A1出口から徒歩約6分、東銀座駅6出口から徒歩約7分
電話番号:03-3541-8602
営業時間 5:00~10:00
定休日:日曜、祝日、市場定休日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

築地場外をあちこち歩いていると、いろんな風景に出会える。「最近は外国のお客さんも多いよ」とお店の人も話していたように、アジア系の人を中心にいろんな国からの来場者が。そんな人たちに目を向けながら市場の小道に迷い込むと、東京、いや日本ではないどこかにトリップしたような感覚になる。ラビリンスを巡るような楽しさも、場外散策の楽しみの一つだ。

「観光地に来たみたいで楽しい」と話す森さん

4.「築地 佃權 門跡橋工房」のベーコンチーズ

練り物のおいしさ再発見

「佃權 門跡橋工房」の看板娘のおふたり。笑顔でニコニコの接客がうれしい

「水産練り製品」と聞いて、かまぼこやはんぺんを連想する人は多いだろう。しかしひとり暮らしの学生やビジネスパーソンで、毎日買っている、という人はそう多くないのではないだろうか。そんな水産練り製品のおいしさを再発見させてくれるのが、「佃權」のフィンガーフード「ベーコンチーズ」。串に刺して持ち歩ける、まさしく新感覚の練り物だ。

ベーコンチーズ210円。ベーコンで練り物と玉ねぎ、チーズが包んである

ベーコンチーズを頬張れば「練り物って、こんなにおいしかったの?」と驚くことだろう。ベーコンとチーズのボリューム、巻き込んである玉ねぎの甘みにほっこりするが、それに負けないくらい白身のすり身の旨味の濃さ、甘さに感激する。お店でひとつひとつ丁寧に揚げているから、できたてのおいしさもまた格別。同じく通年でテイクアウトできるあつあつの「おでん」を買っていこうか、はたまた「練り物の詰め合わせ」をお土産に、と気移りしてしまう。

「私、実はもともと練り物が好きなんです。このベーコンチーズも本当においしいですね」と森さん
他にも「ねぎ天」など数種類がテイクアウト可能
気に入ったら、ぜひ自宅用に練り物を買ってみよう

江戸時代に築地近くの佃島での白魚漁から創業し、約140年前からは水産練り製品を製造、販売するようになった老舗・佃權。ベーコンチーズの味わいを通して、温故知新、昔からある日本の美味を再発見させてくれるお店だ。

築地 佃權 門跡橋工房

住所:東京都中央区築地4-12-5
アクセス:築地駅1出口から徒歩約3分、築地市場駅A1出口から徒歩約5分、東銀座駅6出口から徒歩約6分
電話番号:03-3542-0180
営業時間:6:00~15:30
定休日:日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

5.「茂助だんご 場外2号店」の茂助だんご

老舗の和スイーツでちょっと一服

イートインでいただける茂助だんごは、1皿2本で350円。こしあんと醤油の焼きだんごをチョイスしたが、他に草もちとつぶあんもある

場外市場でさまざまな美味を堪能したところで、ちょっと一服、甘いものでもと思ったときに最適なのが、昨年オープンした「茂助だんご 場外2号店」。ゆったりとしたイートインスペースで、歩き疲れた足を休めることも。他の「茂助だんご」店舗では味わうことのできない「あんみつ」や「おしるこ」もいただけるが、創業1898年の老舗が誇る代表作「茂助だんご」はぜひ、味わってみたい。

場外のにぎやかさから一転、落ち着いた雰囲気のイートインスペースは絶好の写真スポット。「うちは自由に写真を撮ってもらって構いません」と店長の武田修二さん
「歩き疲れたあとのスイーツって、いいですよね。だんごなら、ちょこっとだけ食べて、友達とシェアすることもできます」と森さん

「茂助だんごもいいですが、草もちもおいしいですよ」と店長の武田修二さん。聞けば、かのマツコ・デラックスがロケで「茂助だんご」を訪れた際に絶賛し、その後は飛ぶように売れたのだとか。ヨモギの味がしっかりとしながらも、甘さ控えめで上品さもただよう一品。甘いものが苦手という人でも食べられそうな味わいは、お土産に最適といえよう。

店頭には「茂助だんご」が誇るロングセラー商品から季節商品まで、幅広いアイテムが陳列されている
店長の武田修二さん。「街歩きに疲れたら、ぜひ、一服しに来てください」

茂助だんご 場外2号店

住所:東京都中央区築地4-12-6 シングネット・ドゥ 1F
アクセス:築地駅1出口から徒歩約4分、築地市場駅A1出口から徒歩約4分、東銀座駅6出口から徒歩約6分
電話番号:03-6228-4900
営業時間:6:00~15:00
定休日:水曜日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

「路地にお店が密集している感じも面白いですね」と森さん

「築地=海鮮を食べに行くところって思っていたけれど、今回、イメージが変わりました。フィンガーフードだとあれこれ試せて、ちょうど女の子のお腹にも良いサイズだし。友達とふたりで、また遊びに来たいです」。築地の新たな楽しみ方を知ったと話す、森ふうかさん。寿司や海鮮だけではない築地を体験しに、あなたもふらっと、場外市場を散策してみてはどうだろうか。

\本日のまんぷく散歩コース/

取材メモ/仕事が立て込むと、ついジャンクフード中心の食生活になる私。今回、玉子焼や練り物など、古き良き日本の食を再発見した。今度、忙しくて徹夜になったときは、開けた朝、築地に出かけてみたい。あの味、あの笑顔に出会いに、だ。ほっこりして、また次の日からの活力にしよう。

取材・文/岡野孝次 写真/片山 拓


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES