築地ブロガーつきじろうが推す築地市場内で訪れるべき名店5選

特集

ぜったい外さない築地グルメ2017

2017/04/18

築地ブロガーつきじろうが推す築地市場内で訪れるべき名店5選

築地市場内で、一般来場者が買い物や飲食が楽しめる唯一のエリアが「魚がし横丁」。間口の狭い店が軒を連ねる一角は昭和の雰囲気が漂い、東京にいながら旅情を誘われる。が、いざ入る店を決めるとなるとハードルが高い。築地に詳しいブロガー・つきじろうさんに、オススメのお店を教えてもらった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\教えてくれたのは/

つきじろう氏

つきじろう氏

ブロガー

海鮮丼から定食までそろう、魚河岸横丁の懐深さ

「魚がし横丁」の店のドアは年季が入っているぶん、初めて開く者には緊張を強いる。しかし心配ご無用、つきじろうさんによれば「素直にオススメを聞けばいいんです」。心のドアも開いて飛び込めば、店主も親切に迎えてくれるとのことだ。まずはつきじろうさんオススメの5軒をのぞいてみよう。

1.「うなぎ 米花」

大トロ&アワビの海鮮丼

つきじろうさん
つきじろうさん
築地に初めて来て、海鮮丼を食べたい!という方におすすめです。店に立つジローさんも、とてもいい方ですよ」
日替わり海鮮丼2500円。文章で触れた以外にも、赤貝、いくら、かに、マグロ赤身なども入る。ネタは日替わりだ

酢飯が見えないほどぎっしりと盛り込まれた海鮮ネタの数々。それはまるで色鮮やかにきらめく宝箱のようで、食べてしまうのがもったいないくらいだ。この日の大トロは青森県・大間のもので、厚みは2.5cm。しかも2枚、鎮座している。箸にずっしりと感じる重さだ。

この大トロの厚み。濃厚でありながら、後味さっぱりの脂のうまみがたまらない

その大トロと同じくらい存在感を放つのがアワビ。幅8cmと、こちらも巨大だ。ボタン海老も実に立派な身ぶり。この“海鮮三天王”に圧倒され、どうしても存在感が薄くなってしまうが、柔らかいタコやホタテの食感にも、うっとりしてしまう。春の旬味、きびなごもうれしい。このおもてなしで2500円は、実に良心的な価格設定だ。

店を切り盛りするジローさん。快活な人柄で、お客に親しまれている
カウンター席のみの店内。近隣の会社のビジネスパーソンも朝食を食べにやってくる

「築地で商売しているのだから、新鮮、うまいは当たり前。値段に見合った、いやそれ以上の味を提供しないといけない」と、朝から威勢良く店を切り盛りする米花次郎さん(通称:ジローさん)。これぞ慶応元年(1865年)日本橋で創業、築地で90年以上の老舗の矜持だろう。

お店は築地市場内8号館にある

「築地に初めて来た人が何を頼めばいいか迷ってしまうって話をよく聞くけど、素直に『おすすめはなんですか?』と聞いてくれればいい。知ったかぶりは一番、よくないから」。頼りがいのあるジローさんを慕って、朝は出勤前のビジネスパーソンもカウンターを囲む。もちろん紀州備長炭でふっくら焼き上げる「鰻重」3500円もおすすめだ。

うなぎ 米花

住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号館
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約3分、築地駅1出口から徒歩約9分、東銀座駅6出口から徒歩約10分
電話番号:03-3541-5670
営業時間:6:30~売り切れ次第閉店
休日:日曜、祝日、市場定休日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.「天房」

山盛りマグロに店主の愛情が

つきじろうさん
つきじろうさん
「築地ならではのおいしさとコスパを求めるなら『まぐろ定食』です。江戸前らしい天ぷらの小鉢もついて、お値段1000円は場内としては超オススメです
まぐろ定食1000円。この日の天ぷらはえび、キス、海苔、シシトウ

鮮度抜群のネタ、ふっくらながらもさっくりと歯離れがいい衣、コク深い天つゆで人気の天ぷら店。が、いつの間にか客の間で人気メニューに上り詰めたのが、この定食だ。山盛りマグロと天ぷらがついて1000円とは、これまた破格のおもてなし。

店主の鈴木訓夫さん。20年前に、以前あった天ぷら屋を受け継いで営業している

「お客さんでお酒のアテが欲しいという人がいて、マグロのぶつ切りを出し始めたんです。そしたら今度は、ご飯とみそ汁をつけようか、って話になって。そうなると、うちは天ぷら屋なんだから、天ぷらの小鉢もつけなきゃということに」。そう話す店主の鈴木訓夫さん。赤身はインドマグロで脂はさっぱりしながらも、力強い味わいだ。

鈴木さんのおすすめのネタを盛り込んだ「本日の天丼」1200円も人気だ

「『1000円で、このマグロの量はすごいですね』って、お客さんに言われたりするけど、なんか年々、増量している気がするんだよねぇ(笑)」。そう言ってはにかむ、鈴木さん。和食店で経験を積んだあと、およそ20年前に、この地で自店を持った。「築地の雰囲気が好き。仕事していて楽しいからね」。そんな鈴木さんの築地への愛が、マグロ盛りの気前良さに表れているのかもしれない。

天房

住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場内 6号館
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約3分、築地駅1出口から徒歩約9分、東銀座駅6出口から徒歩約10分
電話番号:03-3547-6766
営業時間:7:00~14:00
定休日:日曜、祝日、市場定休日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.「岩佐寿し」

つきじろうさん
つきじろうさん
旬の貝の握り寿司セットがおすすめです」
貝づくし3600円。粒の大きいアサリ汁も付く

開業は1990年と比較的新しいが、親戚が市場内で6代に渡って鮮魚の仲卸を営む。ゆえに上質で鮮度のいい寿司ネタが入手可能。足の早いとされる貝をふんだんに使ったにぎりや巻物を通年で提供できるのも、その仕入れルートがあってこそだ。

左奥から時計回りに、つぶ貝、アオヤギ、ほっき、赤貝のヒモときゅうりの巻物、小柱の軍艦巻き、たいら貝、みる貝、赤貝。まさしく「貝づくし」だ

「うちの貝は鮮度がいいので、火を通さずに、そのまま握っているんですよ」と、店を切り盛りする、おかみの岩田美佐繪さん。潔く素材の味を信じて提供しているから、つぶ貝は素直なコリコリ食感、赤貝も磯の香りを含みながら、ふっくらと身質は柔らかい。貝の味わいのバリエーションを思う存分、堪能できる一品だ。

本家が鮮魚店なので、マグロや白身などもいいものが手に入る。職人さんも気さくなので、オススメを聞いてみよう。シャリは3種の米をブレンドしたもの
おかみの岩田美佐繪さん。きっぷのいい接客ぶりが光る

「寿司ダネを多く扱う鮮魚店で私が目利きして選ぶので、うちの魚はどれも上質なものばかり」。そう言って笑う美佐繪さんは市場内で他にも食堂を営む、近隣では知れた名物おかみ。お客を楽しませながらも、テキパキ店内を働き回る。おかみさんとの会話を楽しみながら寿司を頬張れば、ああ築地に来たんだなぁという感慨は、いつにも増して深くなっていく。

最近は海外からの来場客も多い。混雑していても、おかみさんがテキパキと案内してくれるため、待ち時間が少なく済むこともある

岩佐寿し

住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場内 1号館
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約3分、築地駅1出口から徒歩約9分、東銀座駅6出口から徒歩約10分
電話番号:03-3544-1755
営業時間:5:30~14:30(土曜は〜15:00)
定休日:日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

4.「とんかつ八千代」

鮮度抜群、油のコクもおいしいフライ

つきじろうさん
つきじろうさん
「揚げ油にラードやヘットなどを使った、昔ながらの『がっつり手ごたえのあるスタミナ系』のフライです」
来訪者に特に人気があるC定食1600円。左からアジ、車エビ、ホタテのフライ。いずれもジューシーなのは、素材の鮮度がいいからだ

香ばしいフライを片手に、みそ汁やご飯をかき込むお客たち。昔ながらの定食屋の雰囲気は、築地市場内にあることで、より郷愁をもって訪れた者の目に映る。新鮮な魚ダネが手に入るため、料理の道50年以上、店主の石塚英明さんが確かな目利きで選ぶ魚介系フライは特に人気のメニューだ。

店主の石塚英明さん。日本料理店での修行経験があるため、魚を見る目はピカイチだ

フライの魚は寿司屋が使うのと同じ、上質なものを使っています。パン粉も良いものを取り寄せて、細部まで手を抜くことはしません」。市場内で仕事をする以上、いい加減な料理を出すことはできない、と店主の石塚さんは話す。

サラダ油にラードとヘットを足して火を通す、昔ながらの揚げ方。かめば口内に、懐かしい味わいがただよう。衣がサクサクしながらも、身はふんわりと仕上がったフライ。料理人である石塚さんの目利きと技術が凝縮されている。

市場で働く人の定食屋であるが、最近は評判を聞きつけて遠方からやって来る人も多い
混雑している時間帯もあるので、並んで待つ場合はドアのメニューを見て、オーダーする料理を決めよう

とんかつ八千代

住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場内 6号館
アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約3分、築地駅1出口から徒歩約9分、東銀座駅6出口から徒歩約10分
電話番号:03-3547-6762
営業時間:5:00~13:00
定休日:日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

5.「やじ満」

粒の大きさに感嘆!あさりラーメン

つきじろうさん
つきじろうさん
「忙しく市場で働く人たちが日常的に通う、本当の意味で築地らしい店です」
「あさりラーメン」(1150円)とジャンボシュウマイ半人前(300円)。ラーメンは塩ベースのスープ。シュウマイは1個60gの具が詰まったボリューム感

昭和23年にラーメン屋として創業。現当主の3代目・谷島 栄さんのお父さんの代に品数を増やし、豚の生姜焼きなど定食も提供するように。その先代が開発したメニュー、あさりラーメンは4月〜9月のみの限定だが、毎年この味を楽しみに来訪するお客も多い。ラーメンがゆで上がるのを待つあいだ、こちらも人気のジャンボシュウマイを注文したい。半人前(2個)からオーダー可能だ。

店の回転がいいため、常に活気にあふれた厨房

「あさりは必ず国産のもの、たいていは浜名湖の肉厚のものを使っています。あと仕入れても粒が小さいときは、あさりラーメン自体をオンメニューしないことも多いんです」。3代目・谷島 栄さんはそう話す。「やっぱり親父が作ってきた味を、しっかり守っていかないといけないから。恥ずかしいことはできない」。

またこちらのお店は野菜がおいしいことでも有名だ。多少、値段が張っても、良質なものを仕入れて使っている。シャキシャキの野菜と、接客担当・栄さんのお母さんの柔らかな笑顔を目当てに、常連客が足繁く通うという。

栄さんのお母さんの優しい、笑顔の接客に癒やされる人も多い
場内において、働く人の食堂のような存在。中華を中心に、定食メニューも提供する

やじ満

アクセス:築地市場駅A1出口から徒歩約1分、築地駅1出口から徒歩約7分、東銀座駅6出口から徒歩約9分
電話番号:03-3541-0729
営業時間:4:30~13:00
定休日:日曜、祝日、市場休業日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/築地に来たらやっぱり海鮮丼だと思っていた。もちろんそれも感動の美味しさだったが、市場で働く人たちが普段親しんでいる定食もまた格別の旨さだった。築地のごちそうは人それぞれ。だからまた、ここを訪れたいと思った。

取材・文/岡野孝次 写真/原 幹和


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES