原宿の新カリスマゆうたろうと行く!カワイイおいしい原宿グルメ

特集

散策のおともに! 表参道・原宿グルメガイド

2017/05/01

原宿の新カリスマゆうたろうと行く!カワイイおいしい原宿グルメ

まるで女の子のようなビジュアルで“かわいすぎるショップ店員”として一躍注目を浴び、いまやタレントやモデルとしても活躍するゆうたろう君。イマドキの原宿を代表するトレンドリーダーとして大人気の彼が、「原宿に来たなら、ここはマスト!」と太鼓判を押す、今注目のグルメスポットを案内。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

フォトジェニックな空間と、こだわりグルメと。原宿系モデルたちが今注目するのは、こんなカフェ!

原宿の古着ショップのカリスマ店員として、アイドル並みの人気を持つゆうたろう君。華奢(きゃしゃ)な見た目ゆえあまり飲食のイメージがないけれど、「実は食いしん坊!」という意外な一面が。「オンもオフも、ほとんど原宿にいる」という彼に、今気になっている店、そして日々愛用している店をヒアリング。キーワードは“フォトジェニックさ”と“きちんとおいしいグルメ”の両立。かいわいのショップ店員や原宿系モデルたちも通う、今注目のカフェはここ!

\原宿代表・ゆうたろう君って?/

原宿の古着店「サントニブンノイチ」の看板スタッフ。TV番組「マツコ会議」に偶然登場し「天使すぎる美少年」として話題に。タレント&モデル活動のほか、今年は舞台にも初挑戦。大ブレイクの予感が漂う18歳

\ゆうたろう君注目の原宿カフェ3選/

1:CAFE HONEY MI HONEY
2:cafe Hohokam
3:bio ojiyan cafe 原宿本店


1:CAFE HONEY MI HONEY

店前に設置されたバスストップ風の看板もキュートで、原宿を訪れる女の子たちの撮影スポットになっている様子。ゆうたろう君のこの日の洋服(私服!)ともベストマッチ

ゆうたろう君と一緒にまず訪れたのは、デザイナー簑島三佳さんが手がける“大人が着るかわいい服”をコンセプトとした人気アパレルブランド「HONEY MI HONEY(ハニーミーハニー)」。店内には、買い物の後に一服できる小さなカフェ(予約制)が併設されており、ブランドの世界観にぴったりのスイーツ&ドリンクがスタンバイ。キュートな見た目ながら、可能な限りオーガニック&無添加にこだわるなど、ちゃんと体に優しいのも人気の秘密だ。

ショップ&カフェはビル2階に。「ずっと気になっていて、一度来てみたかったお店!」と、ポーカーフェイスながら興奮気味のゆうたろう君。自身が勤める古着ショップのお客さんから何度もウワサを聞いていたのだとか
入店するや一面に広がるパステルピンクの世界にびっくり! 今年2月にリニューアルしご覧の通りのガーリー空間になったとか。「僕が働いている古着店もポップな内装なので、こういう空間は逆に落ち着きます(笑)」
まずはショップ内をしばし探検。店内はエリアによって楽しい空間コンセプトが設定されており、カフェコーナーはレトロでガーリーな「モーテル」がテーマ。まず目に入るのは、ホテルのレセプション風のレジカウンター
店奥で異彩を放つこちらの物販コーナーは、白色のタイルに、シャワーヘッド、そしてシャワーカーテンと、まるでバスルームそのもの! 細部まで遊びのきいたデザインはサスガ
ゆうたろう君、大きなピンクのコーヒーカップを発見! アパレルエリアは「テーマパーク」をイメージしたユニークな内装。実はこのコーヒーカップ、実際に遊園地で使われていたものを譲り受けたのだとか!
物販エリアではしゃいだあとは、いよいよ併設のカフェへ。なんとソファやテーブルまで徹底的にピンク! 「何度か写真で見たことはあったけど想像以上!」。ちなみに写真撮影はカフェスペースのみOK

同店のランチタイムは12〜16時で、トマトソースやホワイトソースなど3種のソースから選べる「オーガニックホットサンド」は、サラダ・スープ付きで1000円(税抜・ドリンクセットは1200円)。毎日焼き上げる自家製ブレッドを使用した「オーガニックツナメルト」も同価格。

さっそく気になるメニューをチェック。外国の昔の新聞みたいな質感がキュート。ランチタイムメニューとスイーツ&ドリンクメニューでひとしきり悩んで、この日は一番人気だというスムージーをまずオーダーすることに
「ストロベリーミルクスムージー」650円(税抜)が登場。カップに施された唇のデザインがかわいい! 「インスタでも気になっていた唇カップ! たしかに写真を撮りたくなる気持ちが分かる〜」
飲んでみる。オーガニックのイチゴと、店で手作りしているストロベリージャムがポイントのスムージーは「ほどよい甘さで僕好み! 見た目だけでなく、材料や製法にもきっちりこだわっていてイイですね」
続いて、かわいすぎるマフィンが登場。体にやさしい植物性素材のみを使ったヴィーガンスイーツで有名な「DAUGHTER BOUTIQUE」の名物マフィンに、店オリジナルのデコレーションを施した人気メニュー
「ヴィーガンマフィン」400円(税抜・ストロベリーホイップ付き+100円)。一見すると、かなり甘そうな見た目だけれど……
「うん! これも甘すぎなくて、しっとりした生地が絶妙」と、お気に召した様子。「爽やかなスムージーとヴィーガンマフィンの組み合わせは、これからの季節にオススメかも」
「はいどうぞ、あーん!」と、サービスショットで〆。「外観から店内、メニューにいたるまで、見た目も中身もこだわり抜かれていて尊敬!」とショップ店員らしい感想も。「原宿観光に来る友達にもオススメしたい!」

ゆったりと世界観に浸ってもらうため、カフェ利用は完全予約制(1ドリンク制・1時間入れ替え)だけど、ドリンクメニューなら予約なしでテイクアウトOK。ゴールデンウィーク(4/29〜5/7)限定の「フレンチトーストサンデー」600円(税抜)や「フローズンココア」650円(税抜)をテイクアウトして、原宿の街歩きのお供にするのもイチオシだ。

CAFE HONEY MI HONEY

住所:東京都渋谷区神宮前6-2-6原宿あかねビル2F
アクセス:東京メトロ明治神宮前〈原宿〉駅「7番出口」から徒歩3分
電話:03-6427-4272
営業時間:12:00〜20:00
定休日:無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2:cafe Hohokam

原宿の喧騒から逃れられるほっこりくつろげる空間。「古着ショップのスタッフに偶然連れてきてもらって、ここのハンバーガーを食べてハマった!」とゆうたろう君。それ以降、約週1とハイペースで来店しているとか

ゆうたろう君に連れられ、次にたどり着いたのは、裏原宿の小道に建つビルの2階という、隠れ家的な立地にたたずむ「cafe Hohokam(ホホカム)」。明治神宮前にあるカリスマ的ハンバーガーショップ「THE GREAT BURGER」プロデュースによるハンバーガーメニューが名物で、「砂漠の中のMOTEL」をイメージしたというネイティブアメリカンテイストのインテリアに囲まれながら、ゆったりと美食時間を過ごせるダイニングカフェだ。

「薄暗いほうが落ち着くから(笑)」と普段は店内スペースを利用していると言うが、この日はせっかくの快晴ゆえ、人気のウッドデッキのテラス席へ。サボテンが並ぶ“砂漠系”のテラスは、原宿の異空間!
ゆうたろう君がいつも注文しているのが「ダブルチーズバーガー」フレンチフライ付き1630円(税抜)。パティは2枚、チェダーチーズは3枚仕立てでご覧のボリューム。特製の天然酵母パンを使ったバンズともマッチ
今日はちょっぴり欲張って、特大サイズの「クリームソーダ」650円(税抜)も一緒にオーダー。シュワシュワのメロンソーダの上に濃厚なソフトクリームがたっぷりのったデザートドリンクは春夏にぴったり!
待ちきれずに「では、いただきま〜す!」。天使すぎる顔がうっかり崩れてしまうほど大口で、夢中で大好物にかぶりつく
「う〜ん、やっぱりおいしい!」と至福の表情。「もともとチーズが好きなので、濃厚チェダーチーズの3枚づかいがたまりません。パテにチーズが絡みついていますよ!」
全部平らげて満腹満足! 「何人かで来る時は、ひとり1つずつハンバーガーをオーダーするほかに、コブサラダも頼んでみんなでシェアしたりしています」

28種類そろうハンバーガーメニュー以外にシェイクなども人気なので、ドリンク休憩にも重宝。立地も雰囲気も、そしてヤミツキになる絶品グルメもそろった秘密のカフェ。原宿散策の一服はここで決まり!

cafe Hohokam

住所:東京都渋谷区神宮前3-22-14 オリックス神宮前3丁目ビルB棟2F
アクセス:東京メトロ明治神宮前〈原宿〉駅「6番出口」から徒歩5分
電話:03-5775-5708
営業時間:11:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日:なし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3:bio ojiyan cafe 原宿本店

アンティークの家具がところどころに配されたレトロな店内。キャットストリートを臨めるウッドデッキのテラス席もある

3軒目に紹介するのは、原宿キャットストリート沿いにある「bio ojiyan cafe」。雑貨店のようなウッディーな空間で、バリエーション豊富な特製おじやが食べられるユニークなカフェだ。なんと今年でオープン18年目で、長きにわたって原宿キッズや周囲のショップスタッフのおなかを満たしてきた、原宿の“隠れた名物カフェ”的存在。

ゆうたろう君
ゆうたろう君
多いときは週に3回くらい行っていたこともあるお気に入りのお店です。店長やスタッフとも仲が良く、おじやもとてもおいしいし、行くといつもリラックスできる!
看板メニューのおじやは、サイズとフレーバー、トッピングの組み合わせをお好みでセレクトできるスタイル
ゆうたろう君
ゆうたろう君
僕のオススメは、Mサイズのキーマカレーフレーバーに、チャーシューとネギをトッピングしたおじや(上写真)。この組み合わせなら880円(税抜)
特製カツオ出汁で1杯1杯じっくり作るおじやは染み入るおいしさ。出汁本来の味を楽しむなら「おろし生姜」や「ゆず生姜」のフレーバーもオススメだ。すべてのおじやに、タコウィンナーと揚げパン、海苔が付く
「温玉とクルトンのシーザーサラダ」800円(税抜)も、ゆうたろう君イチオシ
ゆうたろう君
ゆうたろう君
サラッと食べたい昼どきには、シーザーサラダとオレンジジュースという組み合わせでオーダーすることもあります

おじやのトッピングは、ゆうたろう君が好物だという「チャーシューとネギ」以外にも、「釜揚げしらすと香味野菜」や「納豆とキムチ」「ツナと明太子」など種類豊富。その日の気分でフレーバーとトッピングを変えれば、毎日でも通いたくなるほど様々な味わいが楽しめる。

おじやのほかにも「チキン南蛮定食」1000円(税抜)や、こちらもゆうたろう君おすすめの「炙りチャーシューとネギ丼」1200円(税抜)など定食や丼物も充実。原宿でオシャレに和風ごはんを楽しむなら、もってこいのカフェだ。

bio ojiyan cafe 原宿本店

住所:東京都渋谷区神宮前4-26-28 矢内ビル1F
アクセス:東京メトロ明治神宮前〈原宿〉駅「6番出口」から徒歩5分
電話:03-3746-5990
営業時間:11:00〜20:00
定休日:火曜

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


人通りの多い原宿だからこそ、ゆっくりくつろげる環境は必須。癒やしのステキ空間を備えた、カワイイ&おいしいグルメスポットはぜひチェックしておきたい。

ヴィーガンスイーツに、ハンバーガーに、おじや。用途や気分に合わせて、それぞれ異なる原宿の味をぜひ楽しんでください!

\ゆうたろう君・最新情報!/
なんと5月にライブミュージカルに出演決定! チケット一般発売中!
「Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES Ⅱ-Thousand XVⅡ~
日程:2017年5月11日(木)~13日(土)
劇場:品川プリンスホテル ステラボール
公演に関するお問い合わせ:03-3715-5624(ネルケプランニング)

取材メモ/勝手な想像で「お菓子が主食」というイメージを抱いていたゆうたろう君。いわく、実はスイーツは甘すぎないほうが好みで、しかも、白飯も肉も大好物だという食いしん坊! だからこそ、今回紹介した3軒は、ゆうたろう君の大本命。ほっぺにソースを付けながらおいしそうに頬張るゆうたろう君を見て「やっぱり天使や……」と、かたわらで静かに萌えていた編集Jなのでした。

構成・取材・文=乾純子(Roaster)、撮影=栗原大輔(Roaster)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES