3代続く高瀬川沿いの名店で出合う京の家庭料理

特集

全国ご当地グルメ(京都府編)

2016/03/18

3代続く高瀬川沿いの名店で出合う京の家庭料理

格式高い京料理もいいけれど、ぬくもりある家庭料理もぜひ味わってみたいもの。そんな時にぜひ試したいのが、京都の家庭で普段から作られている総菜「おばんざい」だ。四季折々の食材を使った料理からは、母の優しさが感じられる。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

3代続く高瀬川沿いの名店で出合う京の家庭料理

「めなみ」の文字が控えめに入ったのれんをくぐると、大きな鉢に盛り付けられた季節の総菜が並ぶ、白木のカウンターが目に飛び込んでくる。京都の家庭料理「おばんざい」の店でよく見かけるこの光景。実は「めなみ」が発祥だともいわれている。

初代女将(おかみ)である浪さんが、単身赴任のサラリーマンや大学生向けに、焼鳥とおばんざいの店を開いたのは1939(昭和14)年。店名も、女の浪さんの店であることから「めなみ」と名付けた。

切り盛りするのが女将一人なため、前もって作り置いたいくつかの料理をカウンターに器ごと並べ、注文が入ると小皿に取り分けて客に提供するというスタイルが定着したのだとか。その伝統は3代目女将にも受け継がれ、今も常時10種類ほどの料理がカウンターにずらりと並ぶ。

3代目女将が出迎えてくれるカウンター席は全8席

昆布とカツオで丁寧にとったダシをたっぷりと

店のメニューはどれも「今の京都の人が家庭で食べているような料理」を基本に作られたものばかり。

そのため京都ではおなじみの油揚げを使った料理の代表格「なっぱとお揚げのたいたん」や、地元野菜に玉みそと呼ばれる白味噌ベースの調味料を合わせた「いかと九条葱 てっぱい」など、どこかほっとするような懐かしいメニューが中心だ。こうした料理には、昆布とカツオで丁寧にとったダシをたっぷり使うのがこだわりなんだとか。

ちなみに「たいたん」とは「炊いたもの=煮物」、「てっぱい」は「ぬた」のこと。

「なっぱとお揚げのたいたん」(432円)と「いかと九条葱 てっぱい」(756円)は通年メニュー。染め付けなどの器にもこだわりあり

ほかにも「パクチーと林檎のサラダ」や「生ゆばの春巻き」「牛テール煮込み」など時代の変化を取り入れた和食以外の新メニューも加わり、ラインアップは約80種類ほど。女性客からは「野菜のお料理が多くてうれしい」との声が上がるという、15種類以上がそろう野菜料理の多さも特徴。

70年来変わらず料理の入った大鉢が並ぶ店には、穏やかでのんびりとした雰囲気が漂い、常連客からも「ここ来たらなんだか安心するわ」と言われることがあるのだそう。

一方で、一品からでも注文できる気楽さも手伝って、多くの観光客の人気も集めている。

川沿いに立つビルの1Fで、外観は町家風

※掲載の内容は2016年3月時点の情報に基づきます。
※2019年5月に店舗(住所、電話番号、営業時間など)、メニュー、料金などの一部情報を更新しました。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES