偏愛すぎるプロに聞く、エアプランツの正しい愛で方

特集

毎日が気持ちいい! グリーンのある生活。

2017/05/07

偏愛すぎるプロに聞く、エアプランツの正しい愛で方

土がなくても育つことで人気のエアプランツ(=ティランジア)。不器用さんでもOKといわれるこの植物を専門に扱うショップ「SPECIES NURSERY(スピーシーズ ナーサリー)」の藤川史雄さんに、その魅力と栽培のコツを教えてもらいました。さらに初心者向けの品種のレコメンドも!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

今回お話を伺ったのはこの方

藤川史雄さん

藤川史雄さん

SPECIES NURSERY 代表

エアプランツって何? まずは壮大な温室へ!

藤川さんの秘密の温室は、神奈川県足柄上郡に

新生活が板についてきた方もそうでない方も、どうもこんにちは。ライターの船橋麻貴(鬼独身・32歳・非リア充)と申します。今回は、エアプランツなどを栽培している神奈川県足柄上郡の温室から失礼します。

最近流行中のあのエアプランツ。名前は聞いたことあれども、「一体なに物?」って感じのあいつのことです。なんでも、岩石や樹木などに着生して育ち、葉から水を吸収するから土も不要な植物こそがこのエアプランツのことだそう。正式名称はティランジアというのだとか(以下、ティランジアと呼びます)。

そんな特徴から編集担当曰く、ズボラな私にもピッタリだというではありませんか。だとしたら30歳を越えて、これまで無縁だったグリーンに興味がわいてきたアラサー女に、もってこいの植物ではありませんか。さらに言えば、ひとり暮らし4年目にしてグリーンがひとつもない部屋に取り入れるべきじゃありませんか。

ティランジアや多肉植物がズラリと並ぶ

というわけで、ティランジアに魅せられた「SPECIES NURSERY(スピーシーズナーサリー)」の藤川史雄さんの元へ。

ティランジア、みんな枯らしてしまっている…!?

強面(失礼!)な藤川さんにドギマギ

「早速、ハウス内を見てみます?」と現れた藤川さん。職人さんのような厳しめの顔つきにびくびくしながら、いざ温室の中へ。するとそこは、ティランジアや多肉植物がぎっしり!

藤川さんの温室は、初めて目にする品種がいっぱい!
刺々しくも繊細な出で立ちに、テンションがぐんとアップする

見たこともない色合いや形にドキドキしながら、こう質問を投げかけてみます。「初心者でも育てられますか?」

藤川さん
藤川さん
実はね、ティランジアは枯らす人が多い植物なんですよ。簡単だと言われていることもあって部屋に飾っておけば育つと思われがちで、植物としてしっかりと“栽培”してくれないんです…。ティランジアは、元々中米や南米に生えるもの。だから今の人の住居環境に合わせて育てることは、負担をかけてしまうことになるんです。そんなこともあって、土が必要な観葉植物とかより大変だったりして…(苦笑)。

うそやん、うそやん、うそですやーんっ!!! 聞いていた話と違いますやーんっ。
「私、かなりだらしない人間なんですよ、絶対に向いてないや…」と落ち込んでいたら、藤川さんはにっこりしながら諭してくれます。

藤川さん
藤川さん
だけど、大丈夫です! ティランジアを育てるのは、野生動物を飼育する感覚と同じなんです。だから最初は、インテリアとして飾らずに“栽培”してみるといいですよ。そうすると楽しくなってどんどんハマりますから。
ティランジアのアレコレを聞くと優しく教えてくれる藤川さん。強面って言ってゴメンナサイ!

ティランジアの話をすると、どんどん優しい表情になっていく藤川さん。それを見ていたら、もっともっとこの植物のことを知りたくなってしまいます。

ワガママだからかわいいティランジア

藤川さんのティランジアを見る眼差しは、恋人を見つめるそれと同じ

藤川さんに聞けば、ティランジアは原種で700種以上あるそう。では、どうやって愛でるのが正解?

藤川さん
藤川さん
土だけでなく水も不要なんて言われることもあるティランジアですが、本当は水も太陽の光も大好きなんです。日光に関しては、屋外の落葉樹の下の日当たりを参考にするといいですね。冬は日光の当たるところ、夏は窓辺の日差しのような“明るい日陰”に置いてあげるのがベスト。

水は、半月くらいあげなくても耐えられますが、あげられるなら毎日あげてほしい。霧吹きなどで吹きかけるのではなくて、ジョーロの水くらいジャーっと葉っぱにかけてOKです。

そしてずっと家の中で飾っておくのではなく、冬以外は屋外で育てるのが最良で、外の風に当ててあげると喜びますよ。だけど、強すぎる陽ざしを嫌うのでご注意を。

ティランジアを育てるには、やわらかい陽ざし、たっぷりの水、心地いい風がキーポイントだそう。部屋の中で枯らしてしまうことが多いというティランジアも、こうしたしっかりとした環境下に置けば、多肉植物並みに放っておいてもOK。私のようなズボラな人でも大丈夫だそう(ヨカッタヨカッタ~)!

妖艶な美しさにゾクゾクするんです

幼いころから昆虫や植物が大好きだったという藤川さん。ティランジアに出会って以来、20年以上も愛してやまないその魅力って?

藤川さん
藤川さん
普通の植物と違って葉っぱから水を吸収するし、何よりも見たこともない独特な形や花の色にゾクゾクしませんか(ニヤリ)? そんな植物を育てられるなんて、最高としか言いようがないんですよ。
植物はしゃべれないから正解がわからない。そこが大好きだという藤川さん
藤川さん
藤川さん
まだまだわからないことや新しい発見がいっぱいあって、ティランジアを育てるのは難しい。だけどそれこそが面白いし、自然界のすさまじさを感じずにはいられません。

そんな神々しい植物が愛おしくて愛おしくて…。栽培と販売を生業にしていながらも、手放すのが惜しくてたまらないんです。毎日違った表情を見せてくれるから、できることなら自分の手元に置いて見守っていたくて(笑)。

止まらぬエアプランツ愛。おすすめ9選をご紹介!

藤川さんのティランジア愛は本物

ティランジア愛を語る藤川さんの表情が素敵すぎて必死にシャッターを押していると、「僕はいいからこの植物たちを撮ってあげて~」と、続々と運ばれてくるティランジア。その数、実に9つ。ということで、藤川さんのおすすめをコメントとともに一挙にご紹介します。

①ティランジア・アエラントス(学名:Tillandsia aeranthos)

ブラジル原産のティランジア・アエラントス
藤川さん
藤川さん
暑さにも寒さにも強くて育てやすいから初心者向け。毎年きれいな花を咲かせますよ。

②ティランジア・ベルゲリ(学名:Tillandsia bergeri)

原産国は、アルゼンチン
藤川さん
藤川さん
マイナス5℃まで耐えられ、暑さにも強い丈夫なティランジアだから入門にもってこい。温暖な地域では、樹木に着生させるのがおすすめです。

③ティランジア・ブレンネリ(学名:Tillandsia brenneri)

エクアドルが原産地
藤川さん
藤川さん
葉の溝に貯めた水で育つタンクタイプ。葉についた斑点が怪しげで素敵でしょ? 夏場はやや暑がるので、中~上級者向けです。

④ティランジア・フクシー・グラシリス(学名:Tillandsia fuchsii f.gracilis)

銀白色の細い葉が魅力的。ウニのような見た目もかわいい!
藤川さん
藤川さん
針のような繊細な見た目にも関わらず丈夫な品種です。花茎を伸ばして紫色の花を咲かせます。

⑤ティランジア・テクトルム(学名:Tillandsia tectorum)

ふわふわの白い産毛が愛おしい…!
藤川さん
藤川さん
真っ白な毛に覆われていてインパクト大。乾燥に強いのでかなり放っておける植物です。ただ、水のあげすぎはNGなのでご注意を。

⑥ティランジア・イオナンタ・ドルイド(学名:Tillandsia ionantha ‘Druid’)

⑦ティランジア・イオナンタ・メキシカンフォーム(学名:Tillandsia ionantha<Mexican form>)

手のひらでおさまる小さいサイズ感もグッド!
藤川さん
藤川さん
熱帯魚会でいうグッピーみたいな、栽培しやすい入門種。ドルイドが黄色、メキシカンフォームが赤色です。どちらもかわいい花を咲かせてくれますよ。

⑧ティランジア・カプトメドゥーサエ(学名:Tillandsia caput-medusae)

花の色味も葉のうねりも怪しげ。そこに魅せられてしまう
藤川さん
藤川さん
メデューサの頭という意味を持つティランジア。あのギリシャ神話に出てくる蛇の頭を持つメデューサのことで、妖艶な美しさがありますよね。比較的手に入りやすく、花付きもよいので、初心者の方にもピッタリです。

⑨ティランジア・フネブリス(学名:Tillandsia funebris)

花は5mmくらいの小ささ。ささやかだけど、たくましさすら感じられる
藤川さん
藤川さん
小型だけど成長はゆっくり。小さな小さなこげ茶色の花が咲きます。こげ茶の花って、そうそうない。そんなところに惹きつけられてしまいますね。

手放すのが寂しいという藤川さんのティランジアは、植物展・蘭展などのイベントや、園芸専門店などで購入ができます。

そんな藤川さんのティランジア愛を引き継いで、部屋に飾るだけでない、育てる楽しみを見出しせば、生活がより豊かで楽しいものに変化するに違いありません!

愛さえあればズボラでもきっと大丈夫(なはず)。

SPECIES NURSERY (スピーシーズ ナーサリー)
TEL:090-7728-5979(10:00~18:00)
※温室の見学や直売は行っていません

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・文・撮影/船橋麻貴

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES