ジワジワくる!「おたる水族館」自由すぎるペンギンショーが話題

特集

そうだ、水族館へ行こう!

2017/05/03

ジワジワくる!「おたる水族館」自由すぎるペンギンショーが話題

「言うことを聞かないペンギンショーがかわいすぎる!」 と注目を集めている水族館があります。北海道の「おたる水族館」では、ペンギンをはじめ、イルカやアザラシ、トドなど海獣たちをのびのび飼育展示しており、観に来た人々の笑いを誘います。そんな「おたる水族館」の人気の秘密に迫りました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

指示どおりに行動することだけがショーじゃない!?

\おたる水族館はココがすごい!/

1.自由すぎるペンギンショー
2.ブサカワ!フウセンウオの赤ちゃん
3.トド、アザラシだってフリーダム
4.“日本一○○”を誇る水族館

おたる水族館へは、小樽駅からバスで25分くらい。大きく分けて本館・イルカスタジアム・海獣公園の3つで構成されています

食欲はあるがやる気はない。
ショーにカモメやカラスも乱入!

水中では優雅に泳ぐペンギンたちですが……

「自由すぎて笑える!」「グダグダなのがむしろかわいい(笑)」とSNSなどをきっかけに話題になっている、おたる水族館のペンギンショー。
まずはそのショーの一部をご覧ください(最後はカモメに餌を横取りされるシーンも!)。

一体どうしてこんなショーが生まれたのか、おたる水族館の学芸員・古賀崇さんに聞きました。

——“ペンギンたちのやる気次第”なショーが生まれたのには、どういったいきさつがあったのでしょう?

古賀さん
古賀さん
元々はきっちりとショーをしていたんですが、それをするためにはある程度、餌の量を制限して、トレーニングをしていかなければいけない。ただ、そうすることで、ペンギンたちも体調を崩すことが多かったんです。ですので、20数年くらい前から、体調管理と繁殖に主眼を置いてちゃんと餌をあげましょうと。で、餌を食べると当然、お腹いっぱいになるので言うことを聞かないんです(笑)。そこで、それを逆手にとって、話術でそれを面白いショーにできないかと始めたんです。

——ショーには、ペンギンの餌を狙うカモメやカラスも参加して迫力がありますね。

古賀さん
古賀さん
入ってくるものはしょうがないので(笑)。基本的なショーの流れはあるんですが、そのときどき、アドリブで「あれ? 白い鳥さんが混ざっていますね〜」などと全体の動きを見ながらみんな楽しくやっています。
豪快に餌をかっさらうカモメ。呆然とするペンギンの哀愁がなんとも……(ペンギンショーの動画より)
HPには、「ペンギンは指示に従うことは滅多にありませんので、ときどき種目をこなすと、我々トレーナーも驚愕します。まさに貴重な一瞬に出会った気がします」とも

まるでポニョ?
フウセンウオの赤ちゃんにも注目

主にオホーツク海の水深90〜150mに生息しているフウセンウオ。こちらはおたる水族館で生まれました

——フウセンウオの赤ちゃんの動画も290万回以上再生されたりと話題になりました。

古賀さん
古賀さん
実はあの動画は、裏の飼育スペースで繁殖の記録用に撮影したものなんです。反響が大きく、来館者数も1月からの前年比で1万人くらい増えています。
ダンゴウオの仲間なばかりに“団子状態”になることも。角度によって目の色も変わってとてもキレイです
こちらは写真が横なんじゃなくて、水槽の側面に腹びれの吸盤で器用にくっついた赤いフウセンウオ。環境によって体の色が変わりますが、まだその生態は謎に包まれているんだとか

トド、アザラシ、セイウチ……
そして水族館自体がフリーダム

輪投げも器用にこなしドヤ顔がかわいいアザラシのマコ

——北海道の大自然と地形を利用した「海獣公園」もおたる水族館の魅力だと思います。

古賀さん
古賀さん
海獣公園に面した海岸線は、国定公園にも指定されていて、その海を仕切っただけの豪快なプールにトドやアザラシたちは暮らしています。ただ、吹きさらしのため、冬は雪が降れば積もったままですし、波が高くなるとアザラシたちは波にさらわれてしまうので、越冬プールに引っ越したりしています。
目の前に広がる海と地形をそのまま利用した海獣公園。手作りの看板もかわいい
水族館の敷地になぜか突然、羊が! こちらも立派な「社員」なんです
“職場”には、「労働条件通知書」が掲示。報酬は「生えている草好きなだけ」、休憩時間は「好きな時に好きなだけ」など“超ホワイト”企業として話題に

——その一方で、自ら柵を乗り越えてやって来た“野生のトド”もいると聞きました。

古賀さん
古賀さん
ごくまれになんですけれど、20〜25年くらいの間に3頭くらい入って来ましたね。今いるのはオスのソユン(アイヌ語で「外の〜」という意味)で、トドプールのボスをやっています。
おたる水族館では、野生のトドが自ら柵を乗り越えてやってくる個体もいるそうです
間近で見られるトドショー。トレーナーと比べるとその大きさがわかります
けっこうこわい……けれどその性格はおとなしいそうです

ショーの自主練をする? イルカたち

バンドウイルカのショーもペンギンショーに負けず人気です!

——とてもおおらかなおたる水族館の海獣たちですが、ショーの自主練をするイルカの噂も聞きました。

古賀さん
古賀さん
ショーがすべて終わって、後片付けをしている最中に、チラッと様子を伺ったら、全員並んで一斉にスタートして、ジャンプを2、3回やってみたりとか、腹ばいで泳いだりというのを見たことはあります。イルカたち自身の中にも、うまくいかなかったときとか褒められたときを感じているんですね。なので、「やってみようか」という感じで、呼吸を合わせてやるということはあるんです。実際のところは彼らに聞いて見ないとわからないですけれど(笑)。
重力をものともしないイルカのロッキー(その体重は300kg!)
息の合ったパフォーマンスは自主練もあってこそ?
イルカスタジアムの地下にも観覧スペースが。2回目はこちらからショーを楽しむのもオススメです!

フリーダムなだけじゃない、
“日本一○○”を誇るおたる水族館

珍しい生き物が勢揃いのマリンギャラリーには、流氷の天使、「クリオネ」も。ひらひらと泳ぐ姿は見ていて飽きません

現在、約250種類・5000点前後の魚や海獣を飼育展示しているおたる水族館は、「日本一○○」な面も実はたくさんあります。複数でのネズミイルカ(現在、出産予定のため展示はお休み中)がいるのはおたる水族館だけ。ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、ワモンアザラシ、アゴヒゲアザラシと4種類のアザラシを50頭以上飼育展示という数字もダントツで日本一。さらにワモンアザラシの繁殖に世界で初めて成功し、ゼニガタアザラシとゴマフアザラシの国内最長寿記録(2016年8月時点)も持っているんです。そう、面白いだけじゃなく、実際にすごい水族館なのです!

タッチエリア「さわってEzone(えーぞーん)」では、北海道の海で生きている生物たちに触れる事ができます。こちらはミズダコ。思ったよりも吸盤は優しく吸い付きます
「日本一冷たいタッチプール」には、ニチリンヒトデが。水温は真冬の小樽の海と同じ約3度!
ガラ・ルファ(通称:ドクターフィッシュ)は古い角質を食べてくれる。とてもくすぐったいです
古賀さん
古賀さん
ちょうど北海道は、この5月が爽やかな季節。かわいらしい動物たちがお待ちしておりますので、ぜひお越しいただければと思います。

おたる水族館

住所:北海道小樽市祝津3丁目303番地
電話:0134-33-1400
通常営業期間:2017年3月18日(土)〜11月26日(日)
通常営業時間:2017年3月18日(土)〜10月15日(日)9:00〜17:00/10月16日(月)〜11月26日(日)9:00〜16:00(入館はいずれも閉館の30分前まで)
休業:期間中は休まず営業
入館料金:大人1400円(個人)・1300円(一般団体)/小人530円(個人)・470円(一般団体)/幼児(3歳以上)210円(個人・一般団体とも)
詳細は、http://otaru-aq.jp/

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/海獣たちのショーは同じものは2つとなく、その都度、変化し、発見があるのがこの水族館の魅力。北海道を訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

撮影/克 取材・文/Yahoo!ライフマガジン編集部

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES