ハンバーグ激戦区、渋谷エリアで存在感をしめす実力派3軒

ハンバーグ激戦区、渋谷エリアで存在感をしめす実力派3軒

2017/05/09

老舗、メキメキ知名度をあげてきた実力店、そして新規店が入り交じったハンバーグ激戦区エリアの渋谷。そして、大きなハンバーグブームを巻き起こす、火付け役店が誕生するのもここ渋谷だという。ハンバーグブロガーの五島さん厳選! 絶対に食べるべき渋谷のハンバーグ店を取材しました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【渋谷のお店を選んだのは】

五島鉄平さん

五島鉄平さん

ハンバーグ測量士

ハンバーグマニアからも一目置かれる、渋谷の実力店

1.山本のハンバーグ 渋谷食堂
2.ま~さんの家 渋谷本店
3.東京トンテキ 渋谷店

都内を中心に約800店舗、2500食のハンバーグを食べ歩いたというハンバーグマニア、五島鉄平さんによると、渋谷は老舗店から話題の新店まで、マニアもうなるハンバーグ激選区なのだとか。渋谷に来たら絶対に食べるべき、五島さんが厳選する実力派3店をご紹介します!

五島さん(ハンバーグ測量士)
五島さん(ハンバーグ測量士)
「渋谷でハンバーグといえば、ハンバーグ専門店を世に知らしめた『ハンバーグレストラン GOLD RUSH』の存在が大きいですよね。ハンバーグブームなど関係ナシに、30年以上前から渋谷で営業していますから。そんな老舗もあれば、マニアも驚く絶品ハンバーグを開発した『山本のハンバーグ』『キッチン ハセガワ』が、“渋谷ハンバーグ”の新しい流れを作っているのが現状です。さらに昨年は『三浦のハンバーグ』が渋谷に進出。どうなるかと思いましたが、しっかり人気店になっています。渋谷は僕らのようなマニアでも心躍るハンバーグ店が多いんです。今回はそんな渋谷のハンバーグ界を牽引していくだろう、3店をセレクトしました」
渋谷・神泉に店舗を構える「キッチン ハセガワ」の「デミグラスソースハンバーグ(レギュラーサイズ200g)」(980円)。“飲めるデミグラス”が人を呼び、現在は行列必至のハンバーグ店へと成長

1.山本のハンバーグ 渋谷食堂

\渋谷ハンバーグの代表格!/

昨年6月に渋谷警察署の裏手の場所へ移転。それまでの店名「俺のハンバーグ山本」から変更して現在の屋号に
濃厚なオランデーズがかかる「山本のハンバーグ(180g)」(1780円)。独創的でごちそう感もありながら、テイストはとにかく優しい

お母さんが作る温かみのある家庭料理がイメージというこちらのハンバーグ。「屋号と同じ『山本のハンバーグ』に使用する黒毛和牛の牛ひき肉はじめ、素材一品一品に妥協を許さず、味も見た目も完成度が高いんです」と、五島さんも太鼓判を押す。

口に含むとふんわりした食感が印象的で、洗練された仕上がりながらも、気持ちはほっこり。専門店ならではの味わいの中に、母の味を思い起こさせるマジックには驚くばかりだ。

「心が行き届いた接客にも自信があります。これも料理をよりおいしくいたくための僕たちのお店に欠かせない“味”」と、代表の山本昇平さん
「宮城県登米産ひとめぼれ特別栽培米」を使用したごはん、みそ汁付き。ランチタイムには農家直送野菜のサラダも付く。さらに、季節の野菜をミックスした月替わりの一口サイズの自家製野菜ジュースを無料サービス

こちらの店では、ハンバーグのメニューにあわせて3~5種類のパテを使い分けている。食べごたえを感じられる粗びきパテ、柔らかくジューシーさを演出する細びきパテ、豚肉のパテや鳥軟骨肉のパテなど、食感や仕上がりもまったく違うタイプのハンバーグができあがるのだという。

数種のパテを使い分けるため、厨房の負担は正直大きい。だが、そんな忙しさをおくびにもださない心のこもった接客もやっぱり温かいのだ。

「渋谷食堂」は全24席。「恵比寿本店」をはじめ、都内各所に8店舗を展開している。各店によってメニューやコンセプトが少しずつ違うので巡ってみよう!

山本のハンバーグ 渋谷食堂
住所:東京都渋谷区渋谷3-6-18 第4矢木ビル1F
電話:03-6427-3221
アクセス:渋谷駅東口から徒歩約4分
営業時間:月~金11:00~22:30(LO22:00)、土日祝11:00~22:30(LO22:00)
※2017年1月から営業時間が変更されています。
※1日休まず営業しています。
※食材の品切れ等で営業時間を短縮する場合があります。
休み:基本的に無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.ま~さんの家 渋谷本店

\スプーンで食べるハンバーグ!/

「ま~さんハンバーグ(200g)」(1278円・税別)。スプーンがパテに吸い込まれていくよう!

「あまりの肉の柔らかさに面食らいますよ!」と、ハンバーグブロガーの五島さんも驚くのは、石垣牛100%を細びきした「ま~さんハンバーグ」。パテの柔らかさゆえ、ナイフやフォークを使う必要がない。なんとスプーンで食べられる新感覚のハンバーグなのだ。ハンバーグにかける特製のスパイシーソースに絡めて食べると「まるでカレーを食べているみたい!」なんて感嘆の声をあげる人も多い。

とろとろの肉感を出すために、高温&短時間で素早く焼きあげる
ハンバーグなのにカレーのようと表現される、その肉の柔らかい口どけを体感してほしい。ちなみに屋号の“ま~さん”とは沖縄の言葉でおいしいの意

同店のハンバーグは、すべて石垣牛を使用。石垣牛は、赤身が強く、身がしまり、甘味があるのがの特徴だそうで、チェダー&モッツアレラの2種のチーズをトッピングしたクリーミーな「Wチーズハンバーグ(180g)」(1380円・税別)も人気が高い。また、最高ランクの石垣牛で作られる「石垣の塩ハンバーグ(150g)」(1580円・税別)を数量限定で提供することも。現在は上質な石垣牛の入荷が少ないため、不定期メニューになっているが、タイミング良くめぐり会えたら、迷わず注文しよう!

ランチ時は、お目当てのハンバーグに男女問わずにぎわう
地下店舗。渋谷の喧騒を忘れ、ハンバーグに集中しよう

ま〜さんの家 渋谷本店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-23-11 B1F
電話: 03-3496-1129
アクセス:渋谷駅3aから徒歩約4分
営業時間:平日ランチ11:30~16:00(土日祝~15:00)、ディナー16:00~23:00(LO22:30)
休み:年中無休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.東京トンテキ 渋谷店

\豚100%のハンバーグ!/

「トンバーグ」(単品850円)、ご飯、みそ汁、お新香の付いた「トンバーグ定食」(1050円)
渋谷ヒカリエから徒歩1分のビル2階に位置し、歩道橋からも店舗が見える。なんとなく気になっていた人も多いのでは

看板メニューはトンテキ(豚のステーキ)。ハンバーグ店ではないにもかかわらず、マニアをもうならせる豚100%のハンバーグ「トンバーグ」が、ここにはある! 牛7、豚3の割合がごく一般的なハンバーグ。豚100%を使用したハンバーグは、ふっくら肉厚な見た目に反してあっさりした食感でガツガツいける。ご飯との相性も言わずもがな。

低温ラードにひたして、じっくり火を通すと旨味がアップ!

「トンバーグ定食」のソースはパンチの効いたトンテキソース、甘めのオニオンステーキソースの2種からお好みで選べる。また、「チーズトンバーグ定食」もあり、こちらはトンテキソースのみ。「豚肉に混ざった玉ねぎのシャキシャキの食感がたまらないんです。山盛りキャベツもあっという間にぺろり」(ハンバーグブロガー・五島さん)

300gの大ボリューム。下家淳一店長の奥さんの実家で豚ハンバーグが家庭料理として日常的に作られていたことから軽い気持ちでメニュー化。今や固定ファンの多い人気の一品に
広々としたキッチンを囲むように座席を配置。忙しなく動く料理人たちのライブ感を楽しみながら

取材・文=中田宗孝、撮影=幡原裕治、神保達也


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載