福岡グルメで絶対ハズせない「ゴマサバ」の名店3軒

特集

覚えておきたい、絶品・魚料理の店

2017/05/15

福岡グルメで絶対ハズせない「ゴマサバ」の名店3軒

福岡の郷土料理「ゴマサバ」は、新鮮なサバの刺身を醤油ダレとゴマであえ、ネギ、ワサビなどの薬味を添えたもの。足が早いサバは全国的に酢ジメや塩焼きで楽しむことが多いが、鮮度特級の状態で入る福岡では生サバが食べられてきた。切り方、タレの味、絡め方も店の個性が出るゴマサバを食べ比べよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

感動モノのうまさ! 福岡ではゴマサバを食べんしゃい!

博多ラーメンモツ鍋水炊きなど、福岡を訪れた際に食べるべき福岡グルメはたくさんあるが、なかでもゴマサバは、新鮮な生サバが手に入るココでしかなかなか食べられない、まさにご当地グルメ。

真サバを刺身にして、各店趣向を凝らすタレと絡めたもので、サバの心地よい弾力と脂の甘み、タレの味わいが絶品ハーモニーを醸す。一度食べるとあまりのうまさにドハマり必至。全国的にも「料理がうまい」と評判の福岡グルメの真随はゴマサバを食すれば存分に体感できるだろう。

\福岡人のソウルフード・ゴマサバ/

長浜鮮魚市場と隣り合う「おきよ食堂」のゴマサバ

\地元の方の推薦文はこちら!/

モリカ

モリカ

グルメライター

グルメライター・モリカ
グルメライター・モリカ
玄海灘をはじめ、長崎県の対馬・五島など、良質な真サバが捕れる漁場が近く、新鮮なサバが半日と経たずに手に入ることが、福岡にゴマサバ文化が深く根付いている第一の理由。角がピッと立って、ツルンとなめらかな口当たり。噛めばむちっとした弾力があって、脂の甘味がじんわり染み出します。九州で食べる新鮮な生サバならではのおいしさではないでしょうか。

\地元民推薦! ゴマサバがうまい3店/
1.Toc-Toc  港本店(大濠公園駅)
2.おきよ食堂(長浜)
3.しらすくじら 博多駅前店(博多駅)

1.Toc-Toc(トクトク) 港本店

“漬け”“かけ”の2種のタレが
サバの豊潤な脂とねっとり絡む

福岡で鮮魚をウリにした居酒屋であれば、ほとんどの店でゴマサバを楽しむことができるが、なかでも地元民に呼び声が高いのが「Toc-Toc(トクトク)港本店」

場所は繁華街天神よりタクシーで10分圏内の福岡市・港。目の前が海という立地で、いかにもうまい海鮮料理を食べさせてくれそうな佇まいである。同店のゴマサバは、長浜鮮魚市場から仕入れた玄界灘の真サバを主に使用。より食感を立たせるため身を厚めに切り、“漬け”“かけ”の2種の自家製ダレで味をつけるのが特徴だ。

玄界灘の真サバは脂がのり絶品。そのほか、長崎五島海域の生サバなども福岡で食べられる
店長の寺田洋人さん
店長の寺田洋人さん
真サバのなかでも、身がふくよかで“ガッシリ”としたものを厳選。玄界灘の荒波にもまれたサバは身が締まり脂のノリも抜群です。さばいた後、まずは醤油、ミリン、酒のタレに漬け込みます。そのままでも十分うまいですが、ウチはさらに、黒ゴマ&白ゴマ入りのゴマダレをかけるのがこだわり。醤油の甘さとゴマの香ばしさ、サバの上質な脂のうまさが調和しバリうま! ですよ。
身が“焼けないよう”サバを手際よくさばき、骨を抜き、皮を剥ぐ
厚めに切ったサバを醤油、ミリン、酒で作る自家製ダレに漬け込む

\ここがポイント!/
「2種類の自家製ダレでじっくり漬ける」

「Toc-Toc(トクトク)港本店」では、醤油ダレに漬けたサバに、ねっとりとしたゴマだれを仕上げにかけるのが特徴
ゴマザバ900円。サバの脂の甘みとゴマのコクが絡みまさに口福! 焼酎や日本酒にも合う

ゴマサバは、店の看板メニューである「刺し盛り」の一品としても入っている。刺し盛りのなかのゴマサバのあまりのうまさに、追加で単品で注文する客が多い。

刺し盛り1人前1240円。ゴマサバのほか、マグロ、タイ、アジ、カツオの炙りなど天然モノ約8種が盛られる
店内は掘りごたつのテーブル、カウンターが中心。個室も備える
福岡市・港にある隠れ家的鮮魚居酒屋

「Toc-Toc 港本店」のゴマサバは、より心地よい弾力が楽しめるよう厚めに切った身、2種の自家製ダレがうまさの肝。

刺し盛りにもゴマサバが入っているので、まずはさまざまな玄界灘の鮮魚刺とともに味わってみて、気に入ったら量の多い単品ゴマサバを注文するのもオススメ。

Yahoo!ロコToc-Toc 港本店
住所
福岡県福岡市中央区港2-11-2

地図を見る

アクセス
大濠公園駅[4]から徒歩約6分
唐人町駅[4]から徒歩約14分
赤坂(福岡県)駅[2]から徒歩約17分
電話
092-741-5232
営業時間
18:00〜翌1:00(LO)、 日曜・祝日17:00〜翌1:00(LO)※売切れ次第終了
定休日
月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.おきよ食堂

鮮魚市場内の安旨食堂
ゴマサバ定食を味わう

ゴマサバは酒のアテとしてだけでなく、白飯ともテッパンコンビ。定食でガッツリといきたい時は「おきよ食堂」をオススメしたい。福岡市・長浜の鮮魚市場と隣接する市場会館1階にあり、新鮮な魚を使う“市場メシ”を求めて地元民、観光客が集う大衆食堂だ。

ゴマサバ定食は昼700円、夜はサバの量が増えて850円
板前の飯田清孝さん。食べやすいように骨を丁寧に取り除く。「仕入れによりサバがない時は、ゴマブリやゴマダイをご賞味ください」
「おきよ食堂」のタレは、刺身醤油、ゴマ、ミリン、酒、昆布ダシなどで作る。海鮮丼などにも使える万能ダレで、土産用も店内で販売している

「おきよ食堂」のゴマサバ定食は、まずはそのまま味わい、次ぎは丼に。そしてシメはゴマサバ茶漬けで楽しめるのが魅力。

\ここがポイント!/
「セルフで作るゴマサバのお茶漬け」

こちらのお店ではゴマサバ定食を頼めば、茶漬けも楽しめる。店の一角にお茶コーナーがあるのでセルフで作ろう
タイのあら炊きもうまっ!
早朝6時から営業し、市場関係者の利用も多い
創業1947(昭和22)年。鮮魚市場と共に歴史を刻んできた老舗

ゴマサバは単品注文もできるが、ぜひ定食で味わってもらいたい。まずはゴマサバのみを堪能、次に白飯にのせて丼に、シメは茶漬けでかきこもう。白飯のおかわりも自由なのでおなかいっぱいになれる。

Yahoo!ロコおきよ食堂
住所
福岡県福岡市中央区長浜3丁目11-3 市場会館1F

地図を見る

アクセス
赤坂(福岡県)駅[5]から徒歩約8分
天神駅[1]から徒歩約13分
大濠公園駅[4]から徒歩約16分
電話
092-711-6303
営業時間
7:00~14:00、18:00~21:30(L.O.)
定休日
毎月第1日曜日、毎月第3日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.しらすくじら 博多駅前店

JR博多駅直結で使い勝手◎
ゴマサバをアテにちょい飲み

福岡に着いたらすぐにゴマサバが食べたい! また、帰りの電車までの時間にサクッと楽しみたい、という方にはJR博多駅と直結する商業施設デイトスアネックス2階の「しらすくじら 博多駅前店」へどうぞ。

福岡の有名鮮魚居酒屋「磯貝」の系列店。地魚を割安で食べられるとあって、観光客ほかサラリーマンやOLでも連日にぎわっている。

ゴマサバ590円。飲みきり焼酎は芋、麦、米、蕎麦があり、各300ml 680円
店長の小金丸浩さん。食感が引き立つ絶妙の厚さでサバを切り分ける
店長の黄金丸浩さん
店長の黄金丸浩さん
ゴマサバはウチの看板メニュー。玄界灘のサバをメインに、鮮度のいいサバを厳選しているのはもちろんですが、オリジナリティを出すためタレにこだわっています。うまくち醤油、刺身醤油、酒、ミリンに、ペースト状にしたゴマを加えるのがポイント。甘さのある濃厚なタレがサバの刺身に絡んでクセになるおいしさですよ。

\ここがポイント!/
「甘口なタレがお酒によく合う!」

九州の醤油にゴマペーストを加えた程よいとろみのあるタレ。お酒との相性も抜群だ
くじら5種盛り 1290円も人気メニュー
店内は150席と広々
ちょい飲み処としても便利

「しらすくじら 博多駅前店」のゴマサバは、ゴマペースト入りの醤油ダレが特徴。甘くて濃厚な味わいにお酒がススム!

JR博多駅と直結する好立地なので、福岡観光でゴマサバを食べ忘れた時にも帰りにサクッとよって堪能できる。

Yahoo!ロコしらすくじら 博多駅前店
住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 デイトスアネックス 2F

地図を見る

アクセス
博多駅[13]から徒歩約0分
博多駅[筑紫口]から徒歩約1分
祇園(福岡県)駅[5]から徒歩約10分
電話
092-433-7575
営業時間
11:00~23:00(LO22:30)
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・文=上村敏行 撮影=戸高慶一郎

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES