東京で生アジフライが食べたくなったときに覚えておきたい3軒

特集

覚えておきたい、絶品・魚料理の店

2017/05/15

東京で生アジフライが食べたくなったときに覚えておきたい3軒

アジフライを出す店は多いが「生アジフライ」となると、意外と提供する店は少ない。刺身でも食べられるアジを、あえてフライに。「それって、もったいなくないですか?」と問えば、「おいしいから仕方がないでしょ!」と店主の言葉。絶品アジフライを体感しに、ぜひこの3軒に足を運ぼう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

刺身でもいけるアジだからこそ、揚げてもおいしい!

鮮度のいい魚を、刺身でいただく口福。しかし新鮮な魚は、やはり火を通してもおいしかった。それを体感するのにもってこいなのが、生アジフライだろう。

刺身でも食べられるアジを仕入れてさばき、揚げる。鮮度が光るからこそ、生アジフライはおいしい
生でも食べられるアジを揚げるからこそ、火の通し方は料理人によって千差万別だ

生で食べられるアジを、あえて加熱する。刺身愛好家なら「それってもったいない」と思う人もいるかもしれない。しかし揚げてこそおいしい、というのも事実。しかもそう数は多くない生アジフライの名店に、いま“魚ラバーズ”たちが、足繁く通い詰めているのだ。

\絶品生アジフライが楽しめる3軒/

1.「多古菊」(渋谷駅)
2.「うら八」(八丁堀駅)
3. 「日本酒バル Chintara」(渋谷駅)

1.「多古菊」(渋谷駅)

身と骨を分けて揚げるから、どちらもおいしく

渋谷マークシティふもとの昔ながらの飲み屋街で、45年の長きに渡って、飲兵衛たちに愛される大衆居酒屋。もとはよく味のしみたおでんで名が知れていたが、3年ほど前にオーナーが「新たな名物料理を作ろう」と生アジフライを始めた。たちまち評判となり、今では店で1、2を争う人気メニューに。

生アジフライ(700円・税抜)

ビールもいいが、レモンサワー(270円・税抜)と合わせていただくのがおすすめ。19時まではタイムサービスで、なんとレモンサワー(200円・税抜)に

\ここがおいしさの秘密/
「身と骨を別々に揚げて食感を楽しむ」

身はふっくらと、骨はカリカリに。別々にして揚げるのがこだわり

多古菊のアジフライの最大の特徴は、身と骨を別々に揚げること。もともと生でも食べられる魚だから、身にはあまり火は通さず、ふっくらした仕上がりに。逆に骨は食感を楽しんでもらうべく、よく揚げる。

中村光伸さん
中村光伸さん
「アジを1尾フライにしますが、身と骨は分けて揚げます。うちはアジを刺身やたたきでも提供するので、その日のうちに使い切ってしまう。鮮度の良さを、フライでも楽しんでください」
アジ1尾をフライにして提供。荒い生パン粉をまぶして、ふっくらと揚がったアジの身。やはりソースとも好相性だ
カリカリに揚がっているから、骨までいただける。これを肴に日本酒をあおるのも一興だ
マネージャーの中村光伸さん。アジをはじめ魚介類は、付き合いの長い築地の仲買人から、日々仕入れている。ちなみに「アジフライにはしょうゆ派」とのこと

おでんだけでなく、刺身に牛スジ煮、焼鳥など。お酒も含め、いずれも手頃な値段で、また心にしみるおいしさだ。店内はほぼ毎日19時頃には満席に。店員さんの和気あいあいとしたやりとりや接客も、酔い心地に気持ちよく、常連さんが幸せそうに飲んでいる姿も印象的だ。

カウンター席や長テーブルの席などが並ぶ。奥が座敷になっている
創業45年。遠方からわざわざ、この店を目指す常連客も多い

多古菊

住所:東京都渋谷区道玄坂1-6-2 渋谷ファイブビル 1F
アクセス:渋谷駅井の頭線西口出口から徒歩約1分(道案内)路線 渋谷駅井の頭線中央改札出口(南側)出口から徒歩約1分
渋谷駅5(南側)出口から徒歩約2分
電話番号:03-3461-8866
営業時間 17:00~23:00(L.O)
休み:年末年始

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.「うら八」(八丁堀駅)

黄金アジのうま味を、ぎゅっと閉じ込めて

「八丁堀の路地裏に立地する」のが店名の由来というこちらは、開店して10年あまり。釣りが大好きという代表の溝口直城さんが、料理長の菅野さんと編み出す魚介の皿と創作料理が酒に合う、と界隈では評判だ。そんなお店のランチの看板メニューが「黄金アジフライ定食」。売り切れることもあるほどの人気ぶりだ。

黄金アジフライ定食(890円)

アジフライは夜のメニューにはない。ランチ限定の品だ

\ここがおいしさの秘密/
「黄金アジのうま味をフライで凝縮」

生パン粉をつけて、しっかり揚げる。よく火を通すことで、黄金アジのうま味が凝縮される。お米も宮城産のひとめぼれを使用している

フライに使うのは、千葉県・保田港で水揚げされる「黄金アジ」

「回遊せずに一箇所に留まる性質があるので、餌が豊富で、脂のりがいいんです」と溝口さんは話す。刺身でも食べられるアジだが、しっかり揚げて身の中にうま味を閉じ込めるように調理する。

料理長の菅野さん
料理長の菅野さん
「揚げる前に薄塩して、しっかり水分も抜きます。パン粉も専門店のものを使用して、衣でしっかりアジのうま味を包み込むように揚げていきます」
ソースも、栃木県佐野市の地ソース「マドロス ウスターソース」を取り寄せるこだわりよう。「いろいろ探して、これがいちばん合うと思ったんです」と溝口さん。まろやかな味わいだ
左が代表の溝口直城さんが、右が料理長の菅野さん

ぎゅっとうま味が凝縮された絶品アジフライ。これを肴にビールを飲みたいとのリクエストは多いそうだが、残念ながら夜のグランドメニューにはない。「ランチでしか出さないから、ぜいたくな感じがしていいと思うんですよね」と、はにかむ溝口さん。夜も気の利いた魚介料理が並ぶので、昼だけとは言わず、足を運んでみたい。

気安い雰囲気で、のんびりくつろげる店内
八丁堀駅近くの路地裏に店はある

うら八

住所:東京都中央区八丁堀2-19-11 木下ビル1F
アクセス:
八丁堀(東京都)駅B1出口から徒歩約2分
八丁堀(東京都)駅A5出口から徒歩約2分
宝町(東京都)駅A8出口から徒歩約4分
電話番号:03-3555-7666
営業時間:月~金曜11:30~14:00(L.O.13:30) 、17:30~24:00(L.O.22:30)
定休日:土曜、日曜、祝日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3. 「日本酒バル Chintara」(渋谷駅)

店主の魚への思いが生む、理想の食感

刺身に天ぷら、焼き物に煮物。幅広い料理を提供する日本酒バルだが、品書きに目を通せば、魚介系メニューが充実していることは、一目瞭然だ。中でも店主の神田彰さんが「渋谷で一番おいしい」と自負するのが、アジフライ。これを食べるためだけに足を運ぶ常連さんもいるという、人気メニューだ。

アジフライ1尾(600円・税抜)※写真は2尾

合わせる日本酒は、シンプルでどんな料理とも合う「綿屋」(グラス650円・税抜)を

\ここがおいしさの秘密/
「揚げる直前にさばく!」

魚料理に長けた、店主・神田彰さんの的確な調理法がおいしさの秘密。アジはなるべく揚げる前にさばいて、パン粉付けするように心がけている

「魚をさばいて料理しているときが、いちばん楽しいんです」。笑顔で話す神田彰さん。麻布十番の老舗魚料理店「魚可津」などで腕を磨き、2年前から店長を勤めている。そんな神田さん、アジフライ作りで身上としているのは、素材感を生かすことだという。

神田彰さん
神田彰さん
毎日築地から届く、刺身でも食べられる魚を使っているので、揚げすぎないように気をつけます。粗めの生パン粉を使って、表面はカリッと中はふわっと仕上げます。
店長の神田彰さん。ちなみにランチも、魚介の定食を8種ほど提供。まさしく魚をさばき、おいしく仕上げる日々だ
ソースは鹿児島のしょうゆメーカー「サクラカネヨ」が作る『第3のソース』を取り寄せている。和の中濃ソースといった趣きで、すっきりした味わいが印象的だ

カウンター席があり、また日本酒もグラス550円(税抜)からそろうため、確かにアジフライだけフラッと食べにくるにも、気安い雰囲気ではある。しかし魚の目利きと調理に秀でた神田さんの料理を堪能しないのは、あまりにもったいない。あれこれつまんで楽しんで帰るのがベターだ。

カウンターもある店内。サクッと飲んでいくお客もいる
渋谷百軒店エリアに立地する

日本酒バル Chintara

住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-3 1F
アクセス:
渋谷駅1出口から徒歩約3分
渋谷駅井の頭線西口出口から徒歩約4分
渋谷駅井の頭線中央改札出口(北側)出口から徒歩約5分
電話番号:03-6427-8183

営業時間:
月~木曜 11:30~15:00 (L.O14:30)、17:30~24:00 (L.O23:00)
金曜 11:30~15:00 (L.O14:30)、17:30~27:00 (L.O26:00)
土曜16:00~24:00 (L.O23:00)
日曜16:00~22:00 (L.O21:00)

休み:なし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/「生で食べられるアジを、どうしてフライにするの?」。刺身ラバーズな私は、いつもそう思っていた。しかし今回の取材を通して、あえて揚げるから贅沢なんだという店主たちの主張に納得した。うまいものはうまい。やっぱり、これが結論だ。

取材・文/岡野孝次 撮影/原 幹和

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES