女子会におすすめのタイ料理・新宿「パクチービレッジ」

2017/05/21

女子会におすすめのタイ料理・新宿「パクチービレッジ」

「Pak-chee Village(パクチービレッジ)」は、その名のとおり、パクチーモリモリのタイ料理がいただける屋台風酒場。豊富なメニューはフードからドリンクまでパクチー三昧。オープンから半年ですが、パクチー好きの通称「パクチスト」の間で早くも話題になっています。

ことりっぷ

ことりっぷ

まずはパクチーのおいしさをダイレクトに味わって

一番人気は、直球勝負の「THE パクチーサラダ」(レギュラー1490円、ハーフ1166円)。来店した人がほぼ全員注文するというテッパンメニューです。モリモリのパクチーにネギの辛みとナッツの食感がアクセント。中央には特に強い香りが楽しめる茎と根がグラスで添えられています。

玉ねぎベースのドレッシングは、スイートチリソースの控えめな甘さがパクチーと相性抜群。箸が止まらないおいしさです。

かわいいバケツに盛られた「パク盛り」

さらにパクチストの心を鷲掴みにしているメニューが「パク盛り」。なんと1人162円で追加のパクチーがおかわり自由! 平均5〜6回、十数回もおかわりする猛者もいるんだとか。

味わい深いスープが素材を引き立てるしゃぶしゃぶ鍋

「しゃぶしゃぶ鍋(スペシャル)」のトムヤムとアジアン薬膳のハーフ&ハーフ

季節で変わるボリュームたっぷりの鍋もおすすめ。この春はさっぱりいただけるしゃぶしゃぶ鍋が登場します。辛さと旨みが絶妙に絡み合うトムヤムや、八角やクコの実、レモングラスなどのエキスがたっぷりのアジアン薬膳、シャープな辛さがクセになる青とうがらし、まろやかな口当たりの豆乳の4種類からスープが選べ、ハーフ&ハーフも可能です。

スタンダード(1382円)でもラム肉と野菜が盛りだくさんですが、スペシャル(2030円)になるとラム肉と豚肉をメインに魚介や水餃子などもプラスされてとっても豪華。パクチーをたっぷりトッピングして召し上がれ。

主役級の存在感を放つジューシーな青とうがらし

「まるごと青とうがらしのフリット」(432円)はマイルドな辛みで食べやすい

実はこちらのお店でパクチーとともにプッシュしているのが、青とうがらし「まるごと青とうがらしのフリット」は肉厚の青唐辛子のピクルスをサクッとフライに。体の内側からじわじわくる程よい辛さとお酢の酸味で、タイやアジア諸国のビールが進みます。

このほか、「鶏皮の青とうがらしポン酢」(432円)など、これから暖かくなる季節に恋しくなるピリ辛メニューが満載です。

カジュアルな雰囲気で女子会にも最適

店内はタイ屋台のようでありながら、掘りごたつやソファ席があるくつろげる雰囲気。インテリアもかわいいので女子会にもぴったりです。

さわやかにパクチーが香る「パクチーラッシー」

小皿料理は324円〜とリーズナブルなので、いろいろな種類を少しずつ食べられるのも女子好み。「パクチーラッシー」や「フレッシュパクチーモヒート」(各734円)などユニークなドリンクも多いので、気の合う仲間とワイワイしたいですね。

女性客ながほとんどなのだそう。新宿の夜景を一望する窓際の席も人気

おいしいだけでなく、その高いデトックス効果から美容と健康に良いといわれるスーパーフード、パクチー。「パクチービレッジ」の趣向を凝らした料理の数々で、おいしく楽しくお腹と心を満たしていってくださいね。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES