高原で1日満喫!「山梨・さくらんぼ狩り&ブッフェ」バスツアー

特集

食べて遊んで! バスツアーのススメ。

2017/05/22

高原で1日満喫!「山梨・さくらんぼ狩り&ブッフェ」バスツアー

週末のおでかけに、ちょっと遠出をしようと考えているなら、シーズンまっただなかのさくらんぼ狩りはいかがだろうか。バスで行くさくらんぼ狩りツアーなら、周辺の名所や観光地をまわることもできて一石二鳥! 今回はHISのバスツアーに参加して、高原散策とさくらんぼ狩りを堪能してきた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

楽しいイベントがもりだくさん! 清里高原さくらんぼ狩りツアー

貴重な休日。朝から晩までいろいろなことを楽しみたいし、どうせならおいしいものも食べたい! そんなわがままな願いをかなえるもの。それがバスツアーなのだ。

朝から遠出ができて、周辺の名所や観光地めぐりもできて、おいしいものがたくさん食べられる。そんなお得な、山梨県・清里高原散策とさくらんぼ狩りのツアーに参加してきた。

当日はあいにくの雨。雨にも負けず楽しんできます! はやくさくらんぼを食べたい!

ツアーのみどころはこちら!

1.標高1,200メートルにある高原リゾート
2.高原列車で車窓からの景色を楽しむ
3.新鮮な高原野菜に舌鼓を打つランチブッフェ
4.お土産に自家製チーズケーキを!
5.さくらんぼ狩りは食べ比べが楽しい!

約11時間。朝から存分に楽しめる! ※金額・滞在時間は日程により異なります

1.標高1,200メートルにある高原リゾート「清泉寮」

取材当日はあいにくの雨。天気には恵まれなかったものの、イベント盛りだくさんのツアーに出発前から心が躍る。朝8時、新宿駅周辺からHISの青いバスに乗り込み、いよいよバスツアーのスタートだ! 

まずは、約2時間半のバスの旅。車窓の風景が変わっていくのを楽しみつつ、山梨県の清里高原を目指す。

清泉寮の全景。右の胸像は、戦後の清泉寮の再建に尽力したポール・ラッシュ博士

そして到着したのは標高1200メートルにある高原リゾート「清泉寮」。清泉寮は、1938年に設立されたキリスト教の修養施設である。

晴れた日の様子。目の前に広がる雄大な自然は圧巻!(ペイレスイメージズ/アフロ)

この日は残念ながら霧がかかってしまったが、高原ならではの澄んだ空気と開放感は格別。晴れている日には、富士山を眺めながら足湯につかることもできるんだとか。

湯気が立ち込める清泉の足湯。晴れた日につかるのはとっても気持ちよさそう!

施設内のショップには、アクセサリーやぬいぐるみなど魅力的なアイテムがたっぷり! まだまだツアーは序盤ではあるが、添乗員さんの「ここにしかないものばかりだから、ほしいと思ったら買っておいた方がいいですよ!」という言葉に、さっそくお土産を物色してしまった。

施設内のセレクトショップにはかわいらしいアクセサリーや雑貨がたくさん。見ているだけでも楽しい!
高原ならでは(?)のお土産、小動物のぬいぐるみも

そして、清泉寮に来たら絶対はずせないのが、ジャージーミルクを使ったソフトクリーム! ひとくち食べるとミルクの濃厚なおいしさが口の中にひんやりと広ががる。

大人気のソフトクリームはひとつ400円

この日は天気が悪く屋内になってしまったが、晴れているときは外のベンチで目の前の美しい景色を眺めながら食べることができる

2.高原列車に乗って車窓からの景色を楽しむ

高原の雄大な景色を楽しんだら、続いて向かうのは「高原列車」と呼ばれる小海線が走る清里駅。この清里駅は、JRの駅のなかで、2番目に高い標高にある

SL模型が目印の清里駅。真っ白い駅舎が絵になる

ここからは、しばしバスとお別れ。真っ白い駅舎から、高原列車に乗り込んだ。

実際に乗った高原列車。色合いやさびの加減が雰囲気のある車体

目的地は、清里駅よりさらに高い場所に位置する野辺山駅。もちろん、JRのなかで一番標高が高い駅!

高原列車は山の中を進んでいく。車窓の景色を眺めていると、雨もなかなか風情を感じる

山のなかをどんどん進んでいくと、左手の景色が一瞬ぱっとひらける瞬間が来る。そこにあるのは「JR鉄道最高地点 一、三七五m」と書かれた標識。この地点が、駅も線路もすべて含めて、JRのなかで一番高い場所なんだとか。

JR鉄道最高地点。一瞬なので見逃さないように注意!

3.新鮮な高原野菜に舌鼓を打つランチブッフェ

野辺山駅に到着すると、先回りしていたバスに乗り込んで、昼食場所であるサンメドウズ清里へと向った。

色とりどりの料理が並んでいて目にも楽しい!
ステーキはシェフが目の前で焼いてくれる

いただくのは、新鮮な高原野菜やその場で焼きあげるステーキをはじめ、さまざまな料理が楽しめるランチブッフェ。さらに山梨産ワインも飲み放題!

メニューの種類が多くてあれもこれも食べたくなってしまう

和も洋も、いろいろな味を楽しめて大満足。とくに野菜のフレッシュさが格別で、東京では食べられないおいしさかもしれない。

新鮮な高原野菜がずらり
そのまま食べても野菜そのもの甘さが感じられてとてもおいしかった!

さくらんぼ狩りを控えているので、おなかのすきまを残しておきたいところだが、つい食べすぎてしまった…。

4.お土産に八ヶ岳の牛乳を使った自家製チーズケーキを!

ランチのあとは八ヶ岳チーズケーキ工房へ。八ヶ岳の牧場で採れた新鮮な牛乳で作った自家製チーズケーキをお土産として買って帰ることができる。

お土産として買って帰れるチーズケーキは試食もさせていただいた
たくさんの商品があるので「どれがおすすめですか?」と聞くと、お店の方が親切に教えてくれた

チーズケーキは配送も受け付けてくれるので、家族や友だちへの贈り物にするのもいいかも!

チーズの種類も豊富。真ん中のユニークな形のチーズはモッツァレラチーズを熟成させた「カチョカバロ」。焼いて食べるのがおすすめだそうだ

ほかにも、いろいろな種類のチーズやデザートがたくさん。お土産用のチーズたちと、帰りのバスのなかで食べるためのカマンベールチーズどら焼きを購入。

5.メインイベントさくらんぼ狩りは食べ比べが楽しい!

そしていよいよ、メインイベントであるさくらんぼ狩りへ! 訪れたのは山梨市にあるのざわ農園(日程により農園が異なる場合あり)。ビニールハウスのなかには所狭しとさくらんぼの木が生えていた

広いビニールハウスのなかにさくらんぼの木が生い茂っている
つやつやと輝く実がとってもおいしそう!

さくらんぼは、茎からではなく実の部分だけをとるのがルール。真っ赤に輝く実をぷちっともいだら、そのままお口へイン。

実を引っ張ると、ぷちっと茎から離れる
高いところになっている実は脚立を使ってとってもOK!

かむと甘酸っぱい果汁がじわっとあふれてくる。佐藤錦高砂紅さやかなど、いろいろな種類のさくらんぼをその場で食べ比べてみるのも楽しみのひとつ! 口のなかがずっとさくらんぼのおいしさで満たされて、至福のひとときであった。

【まとめ】思い出に残ること間違いなしのもりだくさんな1日

さくらんぼ狩りを終えて、今回のツアーの全行程が終了。2時間ほどバスに揺られ、夜7時に新宿まで戻ってきた。メインイベントのさくらんぼ狩りはもちろん、高原のすがすがしい景色おいしいランチ列車の車窓まで楽しめてもりだくさんな1日。

帰ってきました!すっかり夜

楽しい思い出のひとつになること間違いなしのさくらんぼ狩りバスツアー、カップルや友だち同士でぜひ出かけてみてほしい!

このツアーでまわったスポット

清泉寮

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

野辺山駅

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

清里テラス

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

八ヶ岳チーズケーキ工房

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/さくらんぼ狩りだけでなく、清里高原散策や列車の旅まで楽しめた今回のバスツアー。もりだくさんなプランにずっとワクワクし通しでした!

取材・文=近藤世菜 撮影=大滝洋之(BrightLogg,inc.)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES