犬養裕美子のお墨付き! 中目黒「オー・コアン・ドゥ・フ―」

特集

6月の連載記事まとめ

2017/06/28

犬養裕美子のお墨付き! 中目黒「オー・コアン・ドゥ・フ―」

“アナログレストラン”はレストランジャーナリスト犬養裕美子が選ぶ「いい店」。作り手がその場できちんと料理をしていること。小さくても居心地のいい空間とサービス、かつ良心的な値段。つまり人の手、手間をかけた「アナログ」で「アナ場」な店。第29回は中目黒<オー・コアン・ドゥ・フ―>だ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

日本人の胃と心を満足させるフレンチを

山口潤シェフとマダムの沙知子さんが横浜から中目黒に移転してきて6年。当初は、出てきたのはいいけれど、店をやっていけるのか不安ばっかりだったという。しかし、その心配はすぐに消えた。横浜時代のお客様がわざわざ通ってくれ、新天地でもジワジワとファンを増していった。

中目黒駅から徒歩3分。商店街から少し路地に入った飲食店が集まった一画
店名の意味は“暖炉(温かい空間)”

さらに評判が広まり、いつの間にか“予約が取れないレストラン”になっていった。理由は明白だ。移転を決めた時点で、彼らのスタイルはすでに支持されていたのだから、変わらないことが何よりも大切だった。そのスタイルとは……。とにかくボリュームが半端じゃない!

パリのマレ地区にありそうなシックなレストラン。テラス席だったところが店内と常時つながり、広くて落ち着いた印象に

「前菜ですでにおなかいっぱいで、そこにメインが登場すると、みなさん目を丸くする。それでも最後まで召し上がって“苦しい~”って。何だか申し訳ないような、気の毒なような……」とサービス担当の沙知子さん。

そんな様子に、シェフとお客様双方の意地比べのように見えて、思わず苦笑してしまうこともあるという。それでなくても多めの肉や魚にくわえて、旬の野菜をたっぷりと添えるのだ。見た目も食べごたえも十二分

前菜、旬の魚介と新玉ネギのムース トマトのコンソメジュレ仕立て
旬の魚介はホタルイカ、ウニ、ホタテ、サクラマス。新玉ネギのムースは、季節ごとに枝豆、トマト、カリフラワーに変身

「自分も最近は量をたくさん食べられなくなってきたから、残す人の気持ちがわかってきました」と苦笑いのシェフ。残す=おいしくない、というメッセージのように思われるのではと、日本人は料理を残すことをとても気にする。出されたものをキレイに食べ終えてこそ、おなかも気持ちもすっきり満足するからだ

「『今日は食べるぞ!』という方、『量は控えめに』という方。最後までおいしく食べ終えていただきたいので、要望があればおっしゃってください。シェフもできる限り答えてくれますから」と沙知子さん。

山口潤シェフと沙知子さん。シェフは日本で修業後、2000年に渡仏。ブルゴーニュなどを周り、帰国。数店のシェフを務め2011年独立。沙知子さんは、フレンチ数軒で修業後、横浜の店をシェフとともに任せられる

意外にもシェフのお得意は魚料理

現在は昼も夜もプリフィクス(コースを構成する料理を数種類のメニューの中から自分で選べるもの)とおまかせのコースのみ。

昼のプリフィクスは前菜、鮮魚料理、メイン、デザート、食後の飲み物もついて3500円。シェフおまかせの特選コースは5000円。

プリフィクスの料理はすべて黒板に書かれている

夜のプリフィクスはアミューズ、前菜、季節の一皿、取材、デザート、食後の飲み物で5000円、季節のフルコース6800円、シェフおまかせの特選コースは8500円。(消費税別、夜はこれにチャージ代500円)。

プリフィクスのチョイスが前菜、メインとも6~8品と充実しているので、選ぶ楽しさはアラカルトと変わらない

前菜、ホワイトアスパラガスと燻製(くんせい)サーモン 温泉卵添え。春から初夏にかけて欠かせない野菜。ソースはシェリーヴィネガーと鶏のフォン(コースにプラス1000円)

「シェフのお得意は?」と聞くと「実は魚なんです。食べるのも作るのも、魚が好きですね」。これは意外! メインには牛、豚、羊、鶏、鴨(かも)などさまざまな肉料理が5~6種もある。

魚は1種類だが、前菜には季節の魚介類が豊富に使われている。初夏の時期なら、サバ、イワシ、カスベなどが産地から直送されてくる。

メイン、ピレネー産仔羊(こひつじ)背肉のロースト。18年ぶりに解禁になった、フランス産の子羊。ようやく柔らかい仔羊のあの味が復活した(コースにプラス1000円)
ワインコース3種の一例。テーマは子羊に合わせて。右からブルゴーニュ、サン・ジョセフ(シラー)、ボルドーのシマール。1800円でグラス各70cc前後。さまざまな味が楽しめる

中目黒といえば桜とクリスマスという年2回の、大きなイベントがある。「その時期は2週間ぐらい息つく暇もないくらい。でも、もう毎日満席を二人で対応するのは今年限りですね。来年には店を改装して、カウンター席を作って二人でも無理のない店にしたいと思っています」。

少しでも長く仕事を続けていくために、二人は次のスタイルを考え始めている。

Yahoo!ロコオー・コアン・ドゥ・フー
住所
東京都目黒区上目黒2-7-2

地図を見る

アクセス
中目黒駅[正面出口]から徒歩約2分
代官山駅[正面口]から徒歩約10分
祐天寺駅[東口]から徒歩約13分
電話
03-6412-8212
営業時間
[月] 18:30~23:30[火・木~日] 11:30~14:30 18:30~23:30
定休日
水曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES