全国最大規模の「まちライブラリー@千歳タウンプラザ」がすごい

全国最大規模の「まちライブラリー@千歳タウンプラザ」がすごい

2017/06/07

全国に450以上もある「まちライブラリー」。その中でも北海道千歳市にある「まちライブラリー@千歳タウンプラザ」は広さや蔵書数が全国最大規模を誇り、昨年12月におよそ6000冊を準備してスタートしました。

びもーる

びもーる

寄贈された本を媒介にしたコミュニティ

ライブラリーのいたるところにおしゃれな椅子やテーブルが配置されていて居心地は最高

まちライブラリーと言ってもご存じの方は少ないかも知れませんね。まちライブラリーは、みんなに本を持ち寄ってもらうことを個人や団体が呼びかけスタートします。

本には寄贈者情報とメッセージが記入され、その本を読んだ人が感想を書き、次の方へと読み継がれていきます。やがて本を媒介にしたひとつのコミュニティが創られていくのです。

デザイン性の高いスペースで好きな本を片手にゆっくり過ごせる(飲食もOK)

「本を持ち寄ってみんなで育てるまちライブラリー」「本を通して人と人がつながる、本で人をつなぐ」

そんなコンセプトのもとに、スタッフと利用する市民とが一緒になって動くことで、まちライブラリーの輪は少しずつ広がっていきます。

みんなで作るまちのライブラリー、個人の発想もすぐに実現できる

まちライブラリーには図書館のような分類番号はなく、たとえば、文芸、子育て、歴史などのざっくりとした区分があるだけ。持ち寄られた本によって独自の本棚ができあがっていきます。

毎日の業務を運営するのはスタッフ6名+サポーター。サブマネージャーの久重さんは「利用してくれる人すべてがサポーターです。イベントを主催する人も参加する人もみんながサポーター。毎月のサポーター会議ではチラシやPOPをひとつ作るのも大切な役割として話し合っています。みんなにこの施設を活用してもらって、本当にやりたいことを実現したいのです」と語ってくれました。

利用者の方たちはびっくりするほど自由にのびのびと楽しんでいます。人が集まるとそこには繋がりが生まれますから。本を通し異世代や異業種の方々の交流の場としてもっともっとこの場所を活用してほしいです」とも話してくれました。

スタッフのお二人と、サブマネージャー(司書)の久重薫乃さん(右)

昼間は女性や高齢者の方々が語らいの場として利用する姿や元気な子どもたちの姿を目にします。夕方からは学生がおしゃべりを楽しんだり、熱心に勉強をする光景が見られます。

施設内にはカフェや食料品店もあり、まるで「箱の中の街」よう。ぶらりと訪れてお気に入りの1冊と出合う、まちライブラリーにはいく通りもの気ままな楽しみ方があります。

開放感にあふれたこの心地よいライブラリースペース。あなたは、どんな本と出会えるでしょうか。本との関わりを見つけに、この素敵なコミュニティに一度足を運んでみてください。

情報があふれるブラックボード。イベントに参加するときっと新しい発見があるはず

◆年会費無料・無期限、カード実費500円。貸出しは一人2冊を2週間まで。
開館時間:毎日 10:00~20:00(*ライブラリーは千歳タウンプラザの営業日時に準じます)
運営:一般社団法人まちライブラリー

イベント・お祭り・お出かけ情報 びもーる

イベント・お祭り・お出かけ情報 びもーる

http://bemall.jp

びもーるは地域のお祭り・イベント・お出かけ情報をたくさん集めたサイトです。 それぞれの地域で月1000件以上のイベントを掲載しています。 あなたの行ってみたいイベントもきっと見つかるはず!

この記事を書いたライター情報

びもーる

びもーる

びもーるは地域のお祭り・イベント・お出かけ情報をたくさん集めたサイトです。 映画、音楽、飲食、芸術、観光など月に1000件以上の情報を掲載中! さらにプレゼントやクーポンなどのお得な情報も満載です。 週末のお出かけや、アフターファイブのお楽しみがきっと見つかりますよ。

びもーる が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載