イチローも着た「バカT」外国人はどれを選ぶのか中野で大調査!

特集

この夏、Tシャツをとことん楽しむ!

2017/06/05

イチローも着た「バカT」外国人はどれを選ぶのか中野で大調査!

街中でたまに見かける変な日本語Tシャツ、通称「バカT」。意味を知ってか知らずか外国人が着ていることが多く、そのギャップに思わずニンマリしてしまう。そんなバカTを1000枚以上取りそろえる『ハラジュクアイリー』の中野店にて、外国人がどんなバカTを選ぶのか調査してきた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

あのイチローや有名人も愛用者多数(?)「ハラジュクアイリー」にて潜入取材!

潜入したのはサブカルの聖地・中野ブロードウェイにある『ハラジュクアイリー 中野』
店内にはインパクトの強いバカTが所狭しと並ぶ
あのイチローもバカTを愛用(?)

日本語を大きくプリントした「バカT」は、あのイチロー有名アイドルたちが着用したことで話題を呼んだ。その魅力はなんといってもフレーズの面白さ。漫画やアニメの名言や、自虐&カミングアウト的なフレーズなど言葉のチョイスが笑いを誘う。そんなバカTを多数販売している『ハラジュクアイリー 中野』に潜入し、外国人がどれを選ぶのか調査してきた。

『ハラジュクアイリー 中野』の店舗マネージャー・中村誠人さん
店舗マネージャー・中村誠人さん
店舗マネージャー・中村誠人さん
「バカTはイチロー選手をはじめ、さまざまなタレントの方に着用していただいています。中野店ではお客様の2〜3割が海外の方日本人は言葉の意味でTシャツを選ぶのに対し、外国人は日本語をデザインとして見て選んでいる点が面白いですね。だから漢字を選ぶ方が多いんです」

日本語の意味はわからずとも、漢字の造形が気に入ってバカTを買っていく外国人が多いらしい。外国人はデザイン重視なのか? 日本に訪れた外国人は、はたしてどんなバカTを選ぶのか? 潜入調査スタートです!

\中野にいた外国人たちが選ぶ!/
1.スコットランド出身のイケメン男性
2.大のアニメ好き2人組
3.スペイン出身の美人女子大生
4.イギリス出身シンガー・ソングライター

【CASE 1】スコットランド出身(29歳・男性)

スコットランド出身のイケメンを発見

名前:スティーブ
年齢:29歳
出身:スコットランド(台湾在住)
職業:幼稚園の先生
好きな日本語:ダイジョウブ


1人目はスコットランド出身のイケメン、スティーブさん。現在は台湾で暮らし、幼稚園で英語を教えているという笑顔がすてきなナイスガイだ。今回は柔術の大会に出場するために来日し、見事優勝したそうだ。日本語はほとんどわからないというスティーブさんは、一体どんなバカTを選ぶのだろう?

バカTを物色するスティーブさん
スティーブさん
スティーブさん
「実は日本語はほとんどわからないんだ。台湾でも漢字は見かけるけど、同じ漢字でも日本語と中国語では意味が変わったりするでしょ? 極真空手のユニフォームに入っている漢字はかっこいいよね。あれは好きだな」

スティーブさんが選んだのはコチラ!

彼が選んだのは『腐女子』Tシャツ(2160円)

—— それを選んだ理由は?

スティーブさん
スティーブさん
「日本語は全然わからないから、選んだ理由は完全にデザインだよ。ブルーとピンクのカラーリングが気に入ったんだ」

文字の意味を教えると…

意味を知って笑顔がはじけるスティーブさん
スティーブさん
スティーブさん
「ボーイズラブが好きな女性だって? いいねー!! 面白い! そんな言葉をTシャツにするなんてユーモアがあって好きだよ。ぜひフジョシに着てほしいね!」

腐女子カルチャーに興味を持ったスティーブさん。文字の意味を教えると最初は驚いた様子だったが、まぶしい笑顔を見せてくれた。ありがとうございました!

【CASE 2】サウジアラビア出身(27歳・女性)、フランス出身(39歳・男性)

大のアニメ好きだという2人組を発見

(左)
名前:サラ
年齢:27歳
出身:サウジアラビア
職業:アーティスト
好きな日本語:サイコー!


(右)
名前:シリル
年齢:39歳
出身国:フランス
職業:アーティスト
好きな日本語:敬語全般(日本にしかない表現だから)


続いて男女の友達2人組を調査。サウジアラビア出身のサラさんとフランス出身のシリルさんは、アニメ好きが高じて日本に遊びに来たそうだ。漫画やアニメに出てくるフレーズやキャラクターの名前などは知っているが、日本語はほとんどわからないという2人。一体どんなTシャツを選ぶのか?

2人が真っ先に向かったのは…
サラさん
サラさん
「ねぇシリル、これはアレじゃない?」
シリルさん
シリルさん
「おぉ! さすが日本だね。何番にしようか迷うなぁ」

サラさん&シリルさんが選んだのはコチラ!

2人が選んだのは『湘北』(Tシャツ2700円、ユニフォーム3240円)

—— それを選んだ理由は?

サラさん
サラさん
「だって大好きな『スラムダンク』のユニフォームよ! これを選ぶに決まってるじゃない? 私とシリルは『スラムダンク』『キン肉マン』大ファンなんだから」
シリルさん
シリルさん
「お店に入ってすぐにこのユニフォームが目にとまったよ! まさか湘北のユニフォームが売っているなんて。やっぱり日本はクールだよ
大好きなスラムダンクのユニフォームにご機嫌な2人

2人には意味を教えるまでもなく、大好きなスラムダンクのユニフォームに上機嫌。湘北の7番といえば、人気キャラの宮城リョータ。そのチョイスも狙ってのことか、はたまた偶然か…。アニメ好きのサラさんとシリルさん、ありがとうございました!

【CASE 3】スペイン出身(22歳・女性)

日本が好きでスペインから遊びにきたというベルンさん

名前:ベルン
年齢:22歳
出身:スペイン
職業:大学4年生
好きな日本語:サクラ(初めて見た日本のアニメから)


3人目はスペイン出身のベルンさん。現在スペインの大学に通う4年生で、卒業後はファッションデザイナーになる予定だそう。日本のアニメと日本食が好きなことから、思い切って日本にやってきたという。まるでアニメの世界から飛び出してきたようなベルンさんは、どんなバカTを選ぶのだろうか?

どれにしようか迷うと話すベルンさん
ベルンさん
ベルンさん
「スペインでもイベントとかに行けば日本の文化に触れる機会はあるよ。“コスプレ”とか“おにぎり”とか。でもTシャツの文字はわからないよ〜」

ベルンさんが選んだのはコチラ!

彼女が選んだのは『ふざけてない』(2160円)
背面には“本気(マジ)です”とプリントされている

—— それを選んだ理由は?

ベルンさん
ベルンさん
「色とデザインかな。この流れるような文字がなんとなくかっこよかったから。文字の意味はわからないけど、モノトーンでクールでしょ!」

文字の意味を教えると…

あえて“ふざける”おちゃめなベルンさん
ベルンさん
ベルンさん
「ノージョーク? シリアス? マジメってこと? なんだか変な気分。だって私の性格とは真逆の言葉だから。私はふざけるし、楽しいことが大好きだからね! でもそういうギャップを楽しむものなんだね、このTシャツは。その発想が面白いと思うよ!

笑顔で対応してくれた明るい性格のベルンさんが、このTシャツを着ることで面白さは倍増! もはやツッコミ待ちの気配すら漂う。自分とは正反対の言葉をアピールするのもバカTの面白さ。そのユーモアを理解できるセンスを持つベルンさん、ありがとうございました!

バカTを見事に着こなしてくれました

【CASE 4】イギリス出身(28歳・男性)

ラストはイギリス出身のローランさん

名前:ローラン
年齢:28歳
出身:イギリス
職業:シンガー・ソングライター
好きな日本語:ドーゾ(手のジェスチャーも好き)


4人目はイギリス出身のシンガー・ソングライター、ローランさん。日本のアニメとグルメ、ファッションが好きで、今回の旅行では原宿にも行く予定だという。日本語はほとんど話せず、知っている言葉も少ないというローランさんは、はたしてどんなバカTを選ぶのか?

陳列されたTシャツを見渡すローランさん

ローランさんが選んだのはコレ!

彼が選んだのは『オラに元気を別けてくれ』(2160円)
背中には“元気玉作成中”の文字が入っている

—— それを選んだ理由は?

ローランさん
ローランさん
「日本語はわからないから色で選んだんだ。オレンジが目立っていたからね。書いてある文字もデザイン的に気に入っているよ。もちろん意味はわからないけどね」

文字の意味を教えると…

元気玉をつくるポーズをしてくれたローランさん
ローランさん
ローランさん
「なんだって? “ゲンキダマ”? その技はわからないけど『ドラゴンボール』は知ってるよ。ソンゴクウだろ。エナジーボールね、ポジティブな意味でいいんじゃない。悪くないよ!」

さすがに“元気玉”は知らなかったものの、漫画の『ドラゴンボール』は知っていたというローランさん。世界中で愛されるドラゴンボールのすごさを実感。ドラゴンボール関連のバカTは、“クリリンの事かー!!”など種類も豊富。元気を集めるという言葉が好印象だと話してくれたローランさん、ありがとうございました!

【さいごに】店舗マネージャー・中村さんからひとこと

あのイチローが着たTシャツ『かめはめ波撃てます』(2160円)
店舗マネージャー・中村誠人さん
店舗マネージャー・中村誠人さん
「外国人がどういう気持ちでTシャツを選んでいるのかわかって面白かったですね。やっぱりデザイン重視なんですね。ハラジュクアイリーにはまだまだ多くのバカTがあるので、ぜひ一度お店に足を運んでみてください。お待ちしております!」

ユーモアあふれるバカTはインパクト抜群。着ているだけでツッコミが期待できるTシャツはほかにない!? 多くの外国人は文字の意味を知らずに着ている場合も多く、日本人からするとその姿がたまらなく愛おしいもの。逆に日本人も英語の意味がわからず、とんでもないTシャツを着ている場合も…。でも、それらをひっくるめて笑って楽しむのがバカTの魅力。夏だしちょっとくらいバカになってもいいんじゃない?

ハラジュクアイリー 中野
住所:中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
電話:03-5318-5015
時間:12:00〜20:00

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/ハラジュクアイリー中野には、実際に外国人のお客さんが多く訪れていました。海外で“漢字がクール”という話はどうやら本当らしい。意味を知ってても知らなくても楽しめるバカTは、BBQなどイベント時に着ると気分が上がりそう。もちろんツッコミ待ちで!

取材・文=津田昌宏 撮影=秋山崇

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES