大海原と大空を抱きながら優雅な船旅を。「太平洋フェリー」

2017/06/18

大海原と大空を抱きながら優雅な船旅を。「太平洋フェリー」

どこまでも続く水平線、オーシャンブルーの海、水平線から昇る太陽や満点の星空など船上でしか味わうことができない景色。移り行く景色を眺めながら、名古屋から行ける優雅にゆったりできる船の旅をご紹介します。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

こんな船に乗ってみたい!

大海原を行くフェリー。水平線から昇る太陽や満点の星空など、目の前に広がる大自然を堪能できます ※写真はイメージ

名古屋〜仙台(宮城県)〜苫小牧(北海道) の1330kmを結ぶ「太平洋フェリー」名古屋港から仙台までは1泊2日の21時間40分苫小牧までは2泊3日の40時間と、優雅な船旅をゆっくりと楽しめます。船内には、メイン、副菜を合わせ約30種類の中から、シェフが腕を振るった料理をバイキングスタイルで味わえるレストランをはじめ、毎晩プロのエンターティナーによるラウンジショーや、大海原を眺めて入浴できる展望大浴場などを常設し、その充実のサービスにより、船旅専門誌「クルーズ」「フェリー・オブ・ザ・イヤー」1992年から25年連続で受賞。目の前に広がる大自然の景色など、船上でしか味わえない旅の魅力が詰まっています。

青い海と空に映える白壁の船舶「いしかり」
記念の旅なら豪華なスイートルーム、フェリーらしさを味わうなら寝台を。プランに合わせて様々な客室タイプを選ぶことができます。写真は「いしかり」の特等客室(洋室)
ラウンジでは毎夜、無料ライブやピアノ演奏などのショーを開催。生の音に耳を傾けながら、華やかな時間を楽しみましょう

船上で豪華なランチを…日帰り3時間の伊勢湾クルーズ

名古屋港を昼の12:00に出港し伊勢湾を周遊する、3時間のクルーズを定期的に運航。レストランでの豪華バイキングやラウンジでの華やかなショーなど、贅沢な船旅を気軽に楽しめます。

レストランでの豪華バイキング

予約電話番号:052-582-8611(太平洋フェリー予約センター名古屋)
運航日:不定期※HPで要確認
料金:大人(中学生以上)6900円、小学生3000円、3歳以上未就学児1000円
※乗船料、バイキング代、ラウンジショー、参加料、展望大浴場入浴料を含む
※客室利用は別途有料

太平洋フェリー

予約電話:052-582-8611(太平洋フェリー予約センター名古屋)
※乗船日の2か月前の9:00から予約センター、インターネットで受付

住所:名古屋市港区空見町40(名古屋港フェリーターミナル)
アクセス:伊勢湾岸自動車道名港中央ICより車で約5分
電話:052-398-1023(名古屋港フェリーターミナル)
運航区間:名古屋~仙台、名古屋~苫小牧(仙台経由)
運航日:(名古屋~仙台・名古屋~苫小牧)隔日運航
(仙台~苫小牧)毎日運航
※1・2月は不定期運航
料金:(名古屋~仙台)片道大人¥7,200~、小学生以下¥3,600~
(名古屋~苫小牧)片道大人¥10,800~、小学生以下¥5,400~
※大人1名につき未就学児1名無料(添い寝に限る)
※料金は期間、船舶、客室、プランにより異なる
※詳細はHPでご確認ください

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES