「ガルパン×J2水戸」がコラボ!スタジアム&聖地に行ってみた

特集

毎日がアニメでちょっと楽しくなる。

2017/06/07

「ガルパン×J2水戸」がコラボ!スタジアム&聖地に行ってみた

なぜかアニメ作品とのコラボが盛んなサッカーの明治安田生命J2リーグ。中でも水戸ホーリーホックはアニメ『ガールズ&パンツァー』とユニフォームスポンサー契約まで締結中! ガルパンのゲーフラが名物のスタジアムの様子や、周辺のガルパン関連スポットもご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

2014年からクラブとスポンサー契約! スタジアムには巨大フラッグ&ゲーフラも登場

アニメ作品とコラボした実績のあるクラブが協力し、2015年から「アニ×サカ!!」なる地域振興企画が盛り上がっているサッカーJ2リーグ。今回は『ガールズ&パンツァー』(以下:『ガルパン』)とのコラボで知られる水戸ホーリーホックのホーム、ケーズデンキスタジアム水戸を訪問。ガルパンに関連するものを中心に、大分トリニータを対戦相手に迎えた試合当日の様子をライター・古澤がレポート!

水戸ホーリーホックのホーム・ケーズデンキスタジアム水戸。隣の小吹水源池公園では、試合中も釣りをしているサポーターがいたりと、何とものどかな環境

2013年のコラボマッチ開催をきっかけに、2014年からはスポンサー契約も結んでいる『ガルパン』と水戸ホーリーホック。なお『ガルパン』は、戦車同士の実戦が女性の武道として競技化された世界が舞台の作品。その主人公の通う女子高が茨城県大洗町にあり、大洗町が水戸ホーリーホックを支援するホームタウン推進協議会に加盟していたことが、コラボのきっかけとなりました。

『ガルパン』とのコラボグッズはレプリカユニフォームほか複数あり。ユニフォームには、背中に『ガルパン』の主人公が所属する「あんこうチーム」のイラスト、左袖には彼女らの通う「大洗女子学園」の校章が入る

\僕がレポートしてきました/

ライター古澤
ライター古澤
音楽とかサッカーとか本とか演劇とかがあればだいたい幸せな独身三十路男

まずスタジアムのメインゲート近くでひと際目を引くのが、「あんこうチーム」の5人が大きく描かれた7×10mの巨大なフラッグ。この日はガルパン好きの水戸サポーターのみなさんに集まっていただき、その前で記念撮影!

ガルパン好きの水戸サポのみなさん。手に持っているのは『ガルパン』のゲーフラ(サポーターが観戦時に両手で持つ旗)だが、「ガルパンに関係ないのも一部混じってます(笑)」とのこと。そんなユルさも水戸の魅力!

秀逸なネタが隠された
「にしがやどのー!」のゲーフラ

右下に描かれているのは、戦車マニアのキャラ・秋山優花里。中継でもたびたび抜かれる水戸名物のゲーフラだそうだが、そのワケは?

「にしがや」とは、水戸ホーリーホックの西ヶ谷隆之監督のこと。秋山優花里は、主人公の西住みほのことを「西住殿」と呼ぶことともひっかけたゲーフラなんだそう。

左は清楚で古風な五十鈴華、右は女子力高めのキャラ・武部沙織のゲーフラ

この日は10人ほどのガルパン好きのサポーターに撮影の協力をいただきましたが、ガルパン好きの水戸サポ仲間は合計20人ほどいるそう。なお「水戸サポが先で後にガルパン好きになった人」「ガルパン好きで、後から水戸サポになった人」の割合は半々程度。茨城県外からスタジアムに通う人も多く、「水戸サポになってから茨城に引っ越した」という人が複数いたのが凄い! サッカー×アニメのコラボが地域振興にまでつながっているのが面白いです。

ケーズデンキスタジアム水戸の収容人数は約1万2000人。陸上トラックはあるが、コンパクトでどの席からも試合が見やすいスタジアムだ

このスタジアムは、ホームのゴール裏が芝生席。シートを敷いて試合を見ている家族連れもいて、のんびり観戦したい人には魅力的な環境だと思います。

サポーターの人数に対する
ゲーフラの数はJリーグ屈指!?

コアサポーターが陣取るバックスタンド側のホーム自由席

サポーターいわく、「『ガルパン』のゲーフラに限らず、サポーターの人数に対するゲーフラ率が高く、ゲーフラの内容も自由(笑)」とのこと。このいろんなゲーフラがゴチャ混ぜなカオスな雰囲気も、水戸サポの魅力だと感じました。でも皆さん応援はアツい!

そして、取材に訪れた日は、水戸ホーリーホックのマスコットキャラクター・ホーリーくんの誕生日イベントも開催。周辺市町村のご当地キャラ/パートナー企業のマスコットキャラクターが大集合しましたが、その中には『ガルパン』のボコられグマ(通称:ボコ)の姿も!

誕生日を迎えたホーリーくんと記念撮影するボコ
喧嘩っ早いのに猛烈に弱く、包帯や絆創膏、縫い目などが体の随所にある痛々しい姿がトレードマークのボコ。なお後ろにいるのは、全身をシラスで覆われた大洗町のマスコット・アライッペ

この日もサポーターの前で転倒し歓声と爆笑を浴びていました。ガルパンをさほど知らなそうなサポーターの人からも、「ああいうキャラなのかー」という声が上がっていたので、ガルパンに興味を持つきっかけになったかもしれないですね!

地産地消のスタジアムグルメも豊富!

地産地消のグルメが多いのもケーズデンキスタジアム水戸の魅力。こちらのポケットファームどきどきはJA全農いばらきの運営。茨城県の常陸牛&ローズポークを使った「ゴッドバーガー」はスタジアム名物の一つ
こちらは霞ヶ浦市から出店する「株式会社安部」の白魚 氷冷水茶漬け(500円)。大量のシラスが入っていて、屋外観戦の熱さにやられがちな夏には最適なスタグルだ
こちらは霞ヶ浦のナマズと、市内で前日に収穫して朝に揚げたレンコンを使ったフィッシュ・アンド・チップス(500円)。レンコンは自然の甘さを感じる優しい味で、ナマズは濃厚な風味でパンチの効いた味わい

いずれもサポーターの方からオススメしてもらったスタジアムグルメです。「JAのお店はどこも美味しい」「氷冷水茶漬けにフィッシュ・アンド・チップスをかけて食うとウマい!」という声も聞きました。

「株式会社安部」の店員さんたち。大量におまけをしてくれて、「ねえ、今は勝ってるの? 今日は私が選手に挨拶したから絶対勝つわよー」と話しかけてくれたりと、とても気さく

そして肝心の試合はというと、キャプテンでエースの林陵平のゴールも決まり、水戸が2-0で完勝! サポーターの前では恒例の勝利のラインダンスも披露しました。

ホーリーくんもラインダンスに参加。この日はベンチに入っていたキーパーの小泉勇人が1人前に出てキレキレのダンスを披露。サポーターが大いに湧いた
こちらは背番号9番の萬代宏樹選手のフラッグなのだが……

『ガルパン』はバンダイビジュアル製作のアニメということで、萬代(ばんだい)宏樹選手が水戸に加入した時は話題を呼びました。本人もオフィシャルサイトの自己紹介で「好きな漫画・アニメ・本:バンダイビジュアルのアニメ」とネタにしています(笑)。今年はまだ途中出場のみですが、活躍を期待したいです!

Yahoo!ロコケーズデンキスタジアム水戸
住所
茨城県水戸市小吹町2058-1

地図を見る

アクセス
赤塚駅[南口]から徒歩約58分
電話
029-241-8484
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

試合の前後に巡りたい
大洗町のガルパン関連スポット

『ガルパン』の舞台となった茨城県大洗町は、ケーズデンキスタジアム水戸から車で30分ほど。スタジアム最寄りの水戸駅からは電車で約15分とほど近い場所にある。『ガルパン』関連の施設が複数あるので、スタジアム観戦と一緒にぜひ足を運んでみてほしい。この日も各施設で「ユニフォームを着たサポーターの方がさっき来ましたよー」という声を聞きました。

大洗駅にはガルパンの顔ハメ看板が。大洗駅を含む大洗鹿島線では、ガルパン仕様のラッピング電車も運行している。先ほどからたびたび表示されている僕の顔写真もここで撮りました!
こちらは大洗駅の改札前にある大洗駅インフォメーションセンター。観光地図やパンフレットを置いている観光案内所なのだが……
中はガルパン関連の展示でギッシリ! そこに混じって手書きのグルメマップや釣具店のチラシなどが置かれているのも、何とものどか。ガルパン関連の街巡りをしたい人はスタッフに相談してみよう

置かれているプラモデルやグッズなどは、ファンの方が自作したもの、寄贈したものも多いんだそう!

インフォメーションセンター目の前の売店では『ガルパン』関連のお土産も多数!

大洗駅

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

地上約50メートルの空間で
ガルパン喫茶が営業中

大洗港内の港中央公園に1988年10月に開業した大洗マリンタワー。高さ55mの展望室から、大洗港の様子を一望できる町の象徴の一つ。

最上階のフロアが展望台になっている大洗マリンタワー

なお、大洗町は東日本大震災の被害も受けた地域。マリンタワーの展望台の一つ下の、高さ50mのフロアは、震災後は物置のような状態になっていたそうですが、そこに開業したのが“ガルパン喫茶”「Panzer Vor」 (パンツァー・フォー)。

店内の壁面にはガルパンの巨大イラストが複数!
高さ約50mで眺望も抜群!

ミリタリー要素満載のアニメにちなんで、高性能の双眼鏡やスコープも複数用意されていて、遠くの船の上で作業している人の動きまでハッキリ見えて面白かったです。どれも無料で利用できます。

作品に登場する九七式中戦車(チハ)が呼び鈴に。わざわざプラモデルを改造し、時間と手間と費用をかけて作ったが、音が小さいのが玉に瑕(笑)
アニメ関連のメニューも複数。アンツィオ屋台の鉄板ナポリタン(850円)は作品中にも登場した料理。平打ち太麺のナポリタン×スクランブルエッグ×チーズという濃厚すぎる組み合わせで食べごたえも抜群!
『ガルパン』のキャラ・ローズヒップのパネルも店内に置かれている同店。ローズヒップのアフォガード(800円)も名物。バニラアイスに濃縮したローズヒップティーをかけていただく※バッジのおまけ付き
お店から見えるさんふらわあ号はアニメの中にも登場。停泊している日としていない日があるので、見られたらラッキー!
Yahoo!ロコ大洗マリンタワー
住所
茨城県東茨城郡大洗町港中央10

地図を見る

アクセス
大洗駅[出口]から徒歩約13分
常澄駅[出口]から徒歩約50分
那珂湊駅[出口]から徒歩約62分
電話
029-266-3366
営業時間
9:00~21:00 ※季節により異なる
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

展示品も販売グッズも豊富に用意
大洗ガルパンギャラリー

そして『ガルパン』関連のグッズを豊富に取り揃え、『ガルパン』と大洗町の関わりの深さについても知ることができるのが大洗ガルパンギャラリー。

もともとすぐ近くのアウトレットモール内で営業していたが、今年4月27日から現在の場所に移転して営業
ホビー誌に掲載されたジオラマ模型や、作品関連の資料、書籍、『ガルパン』と水戸ホーリーホックのコラボアイテムなどを展示
物販コーナーには、ここ以外の場所では買えない『ガルパン』公認グッズも複数。地域のお店や業者とコラボした商品の多さから、大洗町と『ガルパン』の関わりの深さが窺い知れる

日常使いしやすいものとして、タオルやTシャツが売れ筋だそう。若い女性から年配の方まで、お客さんの層が幅広いのも印象的でした。

大洗ガルパンギャラリー

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

また、大洗ガルパンギャラリーのスタッフの田中隆二さんに話を伺ったところ、ファンの中には大洗町に週1以上のハイペースで訪れている人も多数いるそうです。移住までしてしまった人も30人以上はおり、実は田中さんもそんなファンの1人!
「よく言われるのは、ガルパンのファンは大洗のファンになるということ。町の中央の商店街にはキャラクターの等身大パネルも置かれているので、そこのお店のおじいちゃん、おばあちゃんと仲良くなる人も多いんですよ」(田中さん)

商店街のお店の前には、このようにキャラクターの等身大パネルが設置されている。街を歩いて巡りながら『ガルパン』の世界を楽しむことができる

大洗町、『ガルパン』、水戸ホーリーホック、そしてそれぞれのファンの人達が一体となって地域を盛り上げているこの周辺。興味を持ったものをきっかけに、ぜひ足を運んでみてください。入口はアニメでもいいし、サッカーでもいいし、町のお店でもオッケーですよ!

ちなみに最新作『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話は、12月9日より劇場上映スタート。心して待とう!

取材・文/古澤誠一郎 撮影/原 幹和

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES