達人に聞く! “天国級名店”に出会うための横丁はしご酒3か条

特集

横丁はしご酒は大人のエンターテインメント(東京・名古屋・大阪版)

2017/06/08

達人に聞く! “天国級名店”に出会うための横丁はしご酒3か条

夜風が心地いい季節になると、無性にはしご酒がしたくなるもの。そんな気分にぴったりなのが、さまざまな酒場が路地に寄り集まった「横丁」と呼ばれる場所だ。温かみとカオス感にあふれた横丁飲みを、「酒場人」の監修を手がける“飲ん兵衛日本代表”のパリッコさんと一緒に体験した。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\案内するのはこの人/

パリッコ

パリッコ

「酒場人」監修者

昭和情緒と平成の群像が共存する“はしご酒天国”

赤ちょうちんに灯りがともると、人々が酒を酌み交わしはじめる横丁酒場。戦後の闇市時代から脈々と続く昭和情緒あふれる酒場は、かつて中年男性中心の社交場だったが、今ではアミューズメントとして楽しめる新店も増えたことで、老若男女問わず人気を集めている。

そんな魅力的な空間で、酒場から酒場へと軽やかに飲み歩く極意を伝授してもらいに、パリッコさんの“ホーム横丁”である東池袋の「美久仁小路(みくにこうじ)」に繰り出した。

高層ビルのふもとに昭和情緒がいまなお残る

「美久仁小路(みくにこうじ)」ってどんな場所?

入り口のオレンジ色のアーチが目印

青江三奈が歌った昭和歌謡のヒット曲「池袋の夜」にも登場し、戦後の闇市時代からにぎわっていたという「美久仁小路」。超高層ビル「サンシャイン60」を間近に望む約60m程度の一本道で、居酒屋、バー、沖縄料理店、小料理屋など、24軒の飲食店が軒を連ねる。路地裏の光と影に寄り添う名酒場の数々は、“はしご酒の天国”として注目されている。

\はしご酒で巡った美久仁小路の酒場はこちら!/

1軒目:「大衆酒場 ふくろ 美久仁小路店 」
2軒目:「しょうちゅうざんまい」
3軒目:「スナック パントマイム」


1軒目:「大衆酒場 ふくろ 美久仁小路店 」

「ふくろ」は夕方から客足の途切れない名居酒屋だ
パリッコさん
パリッコさん
「横丁のはしご酒は飲み物や料理に加え、雰囲気も一緒に楽しむもの。ですから他人に迷惑さえかけなければ、『こうすべき』と難しく考えなくてもいい。今日は一緒に飲みながら、自分が普段意識しているコツのようなものをお話しさせてください」

——1軒目はどんな店が良いのでしょうか?

パリッコさん
パリッコさん
「『赤ちょうちん』と呼ばれる、大衆的な居酒屋が手堅いです。しかも、歴史が刻まれたような少々古い店が好きですね。老舗には、『味』『雰囲気』『客さばき』のすべてに、横丁飲みに欠かせない安定感と包容力があります」
「コの字型」のカウンターは正統的居酒屋の証。安心して飲めるせいか、この日は女性客も多かった

——「コの字」形のカウンターには一人飲みの方も多いですね。

パリッコさん
パリッコさん
「コの字カウンターは、向かい側のお客さんとは適度に離れていますが、店員さんとは密にコンタクトを取りやすいので一人でも安心です。常連の指定席が決まっていることがあるので、『ここに座っていいですか?』と確認するとスマートです」

——いよいよオーダーです! やはり1杯目はビールから?

パリッコさん
パリッコさん
「そこはもう好き好きでいいと思います(笑)。老舗酒場には、着席と同時に冷酒を引っ掛ける境地に達した達人も珍しくないですが、私はホッピーが大好きなので白ホッピーをお願いします!」

\パリッコさんオススメの一杯目!/
ホッピーセット(470円)

ホッピーは「なか」の焼酎が緑のガラス徳利で提供される

——焼酎がグラスにあらかじめ入ってないのは珍しいですね。

パリッコさん
パリッコさん
「濃さの加減ができるのがいいですよね。それと、この徳利の形をしたカワイイ瓶を愛でるというのも楽しみなんです」
今回は取材ということで小上がりのテーブル席で乾杯!

——食べ物はまだ頼まないんですか?

パリッコさん
パリッコさん
「ここのお通しは、手間をかけたおいしい物がしっかりとした量で出てくる。だから慌ててつまみを頼む必要がないんです。ですから、お通しのおいしさは店の良し悪しを測る基準にもなるわけです」
この日のお通しは鶏肉とキュウリの和物
まずは白ホッピーで喉と情緒を落ち着かせる
パリッコさん
パリッコさん
「あ〜、やっぱりホッピーはおいしいなぁ(笑)。最初はポテサラなど、すぐに提供されるメニューを頼むのが王道ですが、しっかりしたお通しのおかげで、圧倒的スムーズさで即乾杯ができます。喉を潤して料理をつまめば、お腹も情緒も余裕を持って次の一手に挑めるわけです」
黒板で旬の食材や当日のオススメ料理をチェックしよう

——最初のオーダーってかなり迷います。でも、はしご酒をするつもりなら、1軒目で満腹になるのも考えものです。

パリッコさん
パリッコさん
「ですから欲望に忠実に、一品目で自分が食べたい“本命”を攻めてしまってもいい。たいていのお店は、手書きの黒板にその日のオススメを載せているので、まずは黒板をチェックしましょう」

——黒板の「こしあぶらの天ぷら」って何ですか?

\パリッコさんが黒板から選んだ料理はこれ!/
「こしあぶらの天ぷら」(430円)

山菜の「こしあぶら」の天ぷら。晩春から初夏にしか味わえない旬の一品
パリッコさん
パリッコさん
「旬まっさかりで、山菜の女王とも呼ばれる『漉油』という山菜の新芽……だったかな?(笑)」

——さわやかな香りとサクサク感が素晴らしいです! 

パリッコさん
パリッコさん
「山菜のメニューが黒板に登場すると、『春が来たんだなぁ』と実感します。いかにも飲み助らしい春の迎え方です。値段も手ごろなので、知らない物を見つけたら積極的に体験したほうが楽しいですよね」

\パリッコさんが選んだ定番料理はこれ!/
ハムカツ(380円)

カラリと揚がったハムカツはどんな飲み物にも合う

——なぜハムカツを選んだのですか?

パリッコさん
パリッコさん
「ハムカツはどんなお酒にも合う優等生。特に『ふくろ』のは一人で無理なく食べ切れる量なのでよく頼みます。ハムを半分に切ってから揚げるので、断面まで衣でカバーされたサクサク感が格別なんです!」
味のある内装と客の発するざわめきが心地いい

——2軒目に移動するタイミングは?

パリッコさん
パリッコさん
「まだ飲み足りないなぁというタイミングですね。長居せずに腹八分目で飲み物とつまみが同時に食べ終える注文ができると『今日は粋に飲むことができたぞ』と、いい気分になれます」
手ごろな価格で知らない味に出会えるのが横丁酒場の魅力。気になったものは積極的に挑戦したい

大衆酒場 ふくろ 美久仁小路店

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2軒目:「しょうちゅうざんまい」

古民家を改装した、焼酎飲み放題の店
パリッコさん
パリッコさん
「2軒目はここ、『しょうちゅうざんまい』です」

——今コンビニで何を買ってきたんですか?

パリッコさん
パリッコさん
「後で説明しますので、とにかくお店に入りましょう!」
立ち飲みスタイルの1階には、所狭しと焼酎の一升瓶が並べられる
店長・田中成美さん(以下、田中さん)
店長・田中成美さん(以下、田中さん)
「いらっしゃいませ! まずはシステムをご説明しますね。500種類以上の焼酎を、1時間飲み放題1500円(税別)でお楽しみいただけます。延長は10分毎に100円(税別)。梅酒などの果実酒も多数用意しているので、焼酎が苦手なお連れさんでも大丈夫なんです」
パリッコさん
パリッコさん
「焼酎好きの夢が実現しちゃった形ですね」
田中さん
田中さん
「カウンターの後ろの棚にあるプレミアム焼酎のみ、1杯300円(税別)いただいてます。割り水やチェイサー用のミネラルウォーターは100円(税別)です」
パリッコさん
パリッコさん
「それでも、激安である事実は揺るぎません!」
さっそく飲み放題スタート!

\迷ったらオススメの焼酎3種/
「いも麹芋」「不二才」「㐂六」

左からスタッフの飯塚さん、「いも麹芋」「不二才」「㐂六」、店長の田中さん
パリッコさん
パリッコさん
「特に人気の銘柄ってありますか?」
田中さん
田中さん
「とにかく種類が多いので、飛び抜けた銘柄はないですね。皆さんに飲みやすいと好評なのが、芋が原料の『いも麹芋(国分酒造)』『不二才(佐多宗二商店)』『㐂六(黒木本店)』あたり。ボトルに特徴を記載したカードを下げているので参考になるかもしれません」

階段を登るとそこは天国だった

2Fにも一升瓶の焼酎がどっさり!
パリッコさん
パリッコさん
「じっくり飲むなら、お座敷の2階が居心地いいです。この店はもともと古民家で床は畳張りのため、おばあちゃんの家にいるみたいにリラックスできます」
田中さん
田中さん
「築60年以上の古民家をリノベーションしたと聞いています」
「アナログレコードをチェックする時のようなワクワク感が押し寄せてきます!」
パリッコさん
パリッコさん
「好きなだけ一升瓶を手にとって選べるって楽しすぎますね。ひとりで脳内の自分と対話しながら選ぶのも悪くないですが、気の合う友だち2〜3人とワイワイ好みを語り合うと楽しそうです」
田中さん
田中さん
「誰と一緒に来るかってけっこう大切ですよね(笑)」
芋・麦・黒糖と、素材の異なる銘柄を如才なくセレクト
パリッコさん
パリッコさん
「まずは、芋の『干しいも(松井酒造)』、黒糖の『妖怪焼酎(竜宮)』、麦の『博多の屋台(霧島酒造)』を選抜しました。ということで飲みたい焼酎が多すぎるので、ちょっと長居してもいいですか?」

——もちろんです。でも、さっきは「はしご酒は短時間での移動が粋」だと……。

サンシャイン60を間近に望む焼酎天国
パリッコさん
パリッコさん
「粋に飲みたいのは山々なんですが、1軒目で上手に飲めたご褒美に、少し羽根を伸ばすことを自分に許可してもいいはず。横丁はちょっとくらい飲みすぎがいいんです!」

——ここぞという店が見つかったら、華麗な方向転換も必要です。

パリッコさん
パリッコさん
「じゃあここで終電まで飲んじゃいましょうか?」

——最初に「はしご酒3か条」と言い切ってしまったので、それはちょっと困ります。

お待ちかねのおつまみが到着!
田中さん
田中さん
「お待ちどうさまです。『合鴨ロース』『甘酢らっきょ』『ささみの燻製』になります。おつまみは全品300円均一(税別)です」
パリッコさん
パリッコさん
「盛りがよくて太っ腹だなぁ。3品で900円ってもう最高じゃないですか!」

——そろそろ、コンビニで何を買ったか教えてくれませんか?

ややドヤりつつコンビニ袋を取り出すパリッコさん
パリッコさん
パリッコさん
「実はこのお店、つまみを持ち込めるので、チーズなどの開けるだけで食べられる物を買ってきました。アーモンド入りがお気に入りなんですが、売り切れなので今日はプレーンで勝負です」
一気に家飲み系ビジュアルに移行するちゃぶ台の上
パリッコさん
パリッコさん
「いいぞいいぞぉ、完全に自宅飲みのくつろぎ感を超えてます。横丁の2階最高! 今度は何を持ち込もうかなぁ」

——早くも次回の計画ですか(笑)。

旅情をも感じさせる2F席からの眺め(酔っ払って落ちないようご注意)
開け放った窓から横丁の雰囲気が立ち上る
パリッコさん
パリッコさん
「今まで、これは面白いっていう持ち込みはありましたか?」
田中さん
田中さん
「出前は普通にありますけど、築地で買った魚介類とカセットコンロを持ち込んで、鍋パーティをした方も。もちろん持ち込み料は不要なので、飲み放題料金だけでOKです」
パリッコさん
パリッコさん
「それは自由すぎですね! 逆に何が駄目なのか聞きたい(笑)」
田中さん
田中さん
「楽しく焼酎を楽しんでいただければそれでいいんです!」
我慢ばかりしていては酒場の深みに辿りつけない。でも他人に迷惑をかける行動は慎むこと

しょうちゅうざんまい

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3軒目:スナック パントマイム

帰り客の見送りに出てきた美人ママと遭遇
パリッコさん
パリッコさん
「散々粋な飲み方を語っておいて、こんなにフラフラになってすみませんれす。でもほんと美久仁小路って楽しいれすねぇ〜」

——語尾がやや不安定になってきましたが、仕上げの3軒目はどこにしましょうか?

パリッコさん
パリッコさん
「お酒の勢いを借りて、知ってはいたけど今まで入る決心がつかなかった『スナック パントマイム』に行ってみようと思います!」
スナックと言えばウイスキーの水割り!
パリッコさん
パリッコさん
「ちょっと一杯飲ませてもらえますか」
千世美ママ
千世美ママ
「いらっしゃいませ。ウチは1時間2000円で歌い放題、フリードリンク+おつまみつきの『お気軽コース』があるので、1時間だけでも大丈夫ですよ」
パリッコさん
パリッコさん
「スナックのお会計システムはお店によってさまざまなので、最初に聞いてみちゃうのがいいと思います。こちらのように時間で決まっていると安心ですね」
まずはママと乾杯。店内は全10席のカウンター
千世美ママ
千世美ママ
「お飲み物はどうされます?」
パリッコさん
パリッコさん
「スナックと言えばウイスキーというイメージがあるので、水割りをください」

——ぐっと薄めでお願いします。

店内の空気にシンクロし始めるパリッコさん
パリッコさん
パリッコさん
「ウイスキーに興味があるけど、とっつきにくいという方も多いはず。だからスナックでは水割りを気軽に飲んでみるのもいいかもしれないです」
いつの間にかマラカスを手にカラオケへの参戦を匂わせる
パリッコさん
パリッコさん
「自分が酒場に通い始めたのは、飲み物や食べ物への興味がきっかけ。次に建物の風情を楽しむようになり、今では人への興味が一番大きくなりました」

——お客さんもメニューと同じように、その店ならではの個性と魅力がありそうです。

パリッコさん
パリッコさん
「最高の店や人に出会うための正解はまだわかりませんが、未知の店に飛び込む勇気を持つことが第一歩。そういった意味でスナックは、酒飲みの到達点のひとつだと思うんです」
慣れた手つきでマイクを握り、オザケンを歌い上げるパリッコさん
パリッコさん
パリッコさん
「あー、ここは本当に居心地がいいですね。入ってよかったなぁ。1曲歌わせてください!」
常連S社長
常連S社長
「お兄さんたちは取材? 俺も若いころは銀座で遊んだけど、この20年くらいはこの店が一番心から落ち着いて飲める。ゆっくり楽しむといいですよ」
パリッコさん
パリッコさん
「ありがとうございます! 常連さんに声をかけてもらえると一気に和めます。スナックってお客さんとの距離感が近いので会話をするのが楽しみなんですが、こちらからは話しかけないようにしているんです」

——どうしてですか?

パリッコさん
パリッコさん
「酒場に来る理由は人それぞれで、人とのつながりを求めている人もいれば、ひとり静かに飲みたい人だっているはずですから。僕は適度に話しかけてもらうのは大歓迎です」
波長の合う常連さんとの出会いはスナック飲みの醍醐味
千世美ママ
千世美ママ
「それはそうね。ウチは気軽に飲んで、歌って、おしゃべりしてもらうための店だから、相手のことを尊重してもらえばお客さん同士でコミュニケーションを取るのは大歓迎」
常連S社長
常連S社長
「肩書や年齢のことは忘れて、みな平等になれる場所とわきまえて楽しめばいいんですよ」
パリッコさん
パリッコさん
「なるほど、酒場の先輩の言葉は心に染みます。ここのフードでお気に入りを教えてもらえますか?」
常連S社長
常連S社長
「ママの手作り料理はどれもおいしいけど、しっかり食べたいなら焼きソバがオススメ。つまみなら、ぜひハムエッグを味わってほしいね」

\常連S社長のイチオシおつまみ!/
ハムエッグ(800円)

たっぷりベーコンに目玉焼きが2つのオーソドックスなスタイル
千世美ママ
千世美ママ
「自分で言うのもなんですが、愛情を込めて作っているのでおいしいわよ」
パリッコさん
パリッコさん
しみじみとおいしいですね…。バターの香りとベーコンの塩加減が絶妙です!」
常連さんのアドバイスは即実行すべし
常連S社長
常連S社長
「醤油を少し垂らすと香りがよくなるよ」
パリッコさん
パリッコさん
「あ、ホントだ。醤油とバターの組み合わせが水割りに合いますね〜。波長の合うママさんや常連さんに出会ったら、流れのままに身を任せると自然といい体験ができますね。いいママのいるお店には、いい常連さんが必ずいらっしゃいますから」
居心地がよすぎるせいかスリープモードに入る達人
常連S社長
常連S社長
「言いたいことをはっきり言うので『パントマイムのママは毒舌だ』なんて言う人もいるけどね(笑)。でも、言葉に愛があるから女性客も多いんだよ」
千世美ママ
千世美ママ
「一人きりの店なので、手の届く範囲で責任をもって、自分のやりたいようにやってるだけ。横丁にこういう店が1軒くらいあってもいいかなって」
パリッコさん
パリッコさん
「立場を超えてはっきり物を言ってくれる人って、社会人にとっては宝物です。ママや常連さんみたいな人に『あいつは飲み方が上手だ』と思われるよう、もっと酒場に通いたいですね」
いい店には自分より年季の入った酒飲みがいるもの。常連の生み出すグルーブには積極的に乗っかろう

スナック パントマイム
住所:東京都豊島区東池袋1-23-4 美久仁小路
電話:03-3971-5638
営業時間:19:30~25:00
定休日:日曜・祝日

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


お家に着くまでがはしご酒です

満面の笑みで横丁を後にするパリッコさん。でも駅はそっちじゃないです

パントマイムの千世美ママの終電コールで目を覚ますパリッコさん。横丁には朝まで楽しめる店も多く、楽しすぎてつい終電を逃しがちだが、次の日に残らない程度でお開きにするのが粋というもの。

「自分流の横丁の楽しみ方を長々とお話しましたが、ほかの方に迷惑をかけずにお酒を楽しく飲めればそれでいいんですよ」と、帰り際に話してくれたパリッコさん。美久仁小路は、歴史のある店や新しい店に加え、一見入りにくいけど安らげる店など、バリエーションに富んだはしご酒を楽しめる、宝石箱のような横丁だった。


取材メモ/美久仁小路は「ここは内緒にしておきたいなぁ」とつぶやいてしまうような魅力いっぱいの店ばかりでした。

取材・文=杉山元洋/撮影=伊原正浩

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES