友だち何人できるかな!? 編集女子2名「恵比寿横丁」の夜

特集

横丁はしご酒は大人のエンターテインメント(東京・名古屋・大阪版)

2017/06/08

友だち何人できるかな!? 編集女子2名「恵比寿横丁」の夜

おいしいお酒を楽しむだけでなく、出会いの場としても知られる東京・渋谷区の「恵比寿横丁」。「横丁に興味があるけどちょっと不安」という、飲みたい&出会いたいお年ごろの女性編集部員2名が、横丁デビューで体験した一夜の軌跡をお届けする。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

おいしい物と楽しい人との出会いが待っている(はず)

アーケードの通路の両脇にコンパクトな店舗が集まる

「恵比寿横丁」は、かつて「山下ショッピングセンター」と呼ばれていたアーケードの跡地を、さまざまなスタイルの酒場が入る横丁として2008年に再生したもの。ほとんどの店には壁がなく、客同士の距離感が近いことから「出会いのある横丁」として注目され、恵比寿駅から歩いて約2分という好立地のためか、夕方ともなれば大勢の男女でにぎわっている。

そこで今回は、「仕事どころで出会いがない」とお悩み中の女性編集部員2人を恵比寿横丁に投入し、そこで活動する流しのミュージシャン・パリなかやま氏にアレコレと指南してもらった。

\案内人はこの人/

パリなかやま

パリなかやま

ミュージシャン

\体験したお年ごろ編集部員はこの2人/

編集M(左)&編集Y(右)

編集M(左)&編集Y(右)

Yahoo!ライフマガジン編集部

\おじゃましたお店はこちら/
1軒目:「銀○(ぎんまる)」
2軒目:「きのこ」
3軒目:「でんらく」
4軒目:「スナック 訳あり」


1軒目:「銀○(ぎんまる)」

食材をアルミホイルで包んで焼いた料理がメインの店
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「お腹が減ってはなんとやら、ということで、まずはしっかり食べておくなら、アルミホイルで食材を包んで焼く料理がうまい『銀○(ぎんまる)』さんがオススメです。並びの『魚○』『肉○』も系列店なので、出前もしてもらえるんです」
編集M
編集M
「ちょうど横丁の真ん中くらいだから、全体の雰囲気をつかむにも良さそうです」
17時台とあって、席にも編集部員にもまだ余裕があった

まずは乾杯しよう!ということで、「恵比寿ジンジャーハイボール」(右、480円)と「桃酒ソーダ割り」(左、580円)をオーダーして酒盛りを開始する2人。

編集Y
編集Y
「おつまみもいってみよう! お腹の満足も大事だけど、できたらヘルシーなのがいいね」
アルミホイルで蒸し焼きにされたヘルシーな料理はシェアも楽しめるようボリュームも満点
店長・木下さん
店長・木下さん
「それでは『豚バラ肉のしゃぶしゃぶ焼き』(680円)と、『明太チーズじゃがバター』(680円)はいかがですか?」
編集M
編集M
「どっちもボリューム感があっておいしそう。豚のしゃぶしゃぶは野菜がたくさん食べられるのがいいですね」
編集Y
編集Y
「ところで、さっきからキレイなお姉さん2人組が通路を行ったり来たりしてますが……」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「おそらくナンパ待ち。男性客が『ここに座って一緒に飲みましょうよ』と誘うためのきっかけを作っているわけです」
今のところ女子会の範疇で進行する2人
編集Y
編集Y
「なるほど、女子力が高いとそんなテクニックが通用すると……」
編集M
編集M
「女性からアプローチするにはいったいどうすれば?」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「『お隣、空いてますか?』と、意中の相手の隣にグイグイ入っていくくらいの積極さがあってもいいと思いますよ。おや、あそこの男性2人組の隣が空いているようですね」
編集M
編集M
「行くべきですかね?」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「積極性も時には必要かと」
料理を交換し合うのも盛り上がるきっかけになる
M&Y
M&Y
「こんばんはー。隣にお邪魔していいですか?」
通りすがりのM山さん
通りすがりのM山さん
「どうぞどうぞ! よかったら『蛤のワイン蒸し焼き』を一緒に食べましょう」
編集M
編集M
「ありがとうございます! なるほど、気になる人がいたら、さり気なくおつまみをシェアすればいいんだ!」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「いいところに気がつきましたね。『奢ってもらって当たり前』では困りますが、料理を交換し合うと、話をするきっかけになりやすいですね」
M&Y
M&Y
「なるほど、その手は使えますね!」

銀○

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


2軒目:「きのこ」

「きのこ」はその名の通りキノコ料理の専門店
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「横丁随一のこだわりの店と言えば、キノコ料理専門店の『きのこ』さん。ここの料理はヘルシーなだけでなく、味そのもののレベルも高いんです」
ワインとキノコ料理で乾杯!
編集Y
編集Y
「キノコ料理って地味なイメージですが、ここのはおしゃれですよね」
編集M
編集M
「おしゃれな料理にはワインかな?」
きのこ店長
きのこ店長
「赤と白のワイン(各500円)をグラスでお出しするので飲み比べてみては?」
「森の仲間サラダ」(680円)はドレッシングにもこだわりが
編集M
編集M
「『森の仲間サラダ』は、エノキとマッシュルームに加え、レタス、プチトマトに特製ドレッシングがベストマッチ。ワインで正解だったね」
「牛肉とあわび茸のオイスター炒め」(880円)は香りと食感も楽しめる
編集Y
編集Y
「『牛肉とあわび茸のオイスター炒め』は赤ワインに合うなぁ。コリっとした食感とオイスターソースの香りが食欲をそそります」

\イケメン現る/

ややぎこちない合コンのようなものが始まった
勇気ある男性その1
勇気ある男性その1
「いま隣で飲んでるんですが、ここ空いてますか?」
M&Y
M&Y
「きたきたぁ….(小声)」
派手な声がけや露骨なナンパ待ちはNGだ
勇気ある男性その2
勇気ある男性その2
「ここはナンパ禁止の店なので、軽く乾杯だけさせてもらえますか?」
M&Y
M&Y
「はい、喜んで!(ユニゾン)」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「女性グループでゆっくり飲めるよう、露骨なナンパを禁止している店もあるんです」
編集M
編集M
「女性好みのヘルシーな料理を楽しみながら一息つけるので、はしご酒の真ん中に挟むにはぴったりの店というわけですね」

きのこ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3軒目:「でんらく」

おでんダシのいい香りが漂う「でんらく」
編集Y
編集Y
「19時を回ってお客さんがだいぶ増えてきました。外国の方もかなり多いですね」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「最近は海外からの旅行者が増えていますね。観光地として皆さん楽しんでいるようです」
編集M
編集M
「急に日本らしいものが食べたくなった!」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「それでは、京風おでんの『でんらく』さんに行ってみましょう。店長さんが女性なので、家庭的な雰囲気なんです」
小さなコの字型カウンターにおでん鍋が「でんらく」の目印
おでんは一個80円からとリーズナブル。季節のお新香(水なす:400円)も美味だ
でんらく店長
でんらく店長
「ポリフェノール入りで体に優しい『あずき茶割り』(480円)と、おでんの盛り合わせがおすすめですよ」
編集M
編集M
「おでんは塩気は控えめだけど、ダシがしっかり効いてておいしい!」
お隣のカップルさんを巻き込んで乾杯!
編集Y
編集Y
「あずき茶割りって初めて飲みましたが、ウーロン茶よりもクセがなくて好みです。それにしても、私もデートで来たいものです」
編集M
編集M
「なかやまさんで練習させてもらえば?」
熱々のしらたきを甲斐甲斐しく食べさせるY
編集Y
編集Y
「こうやってお近づきになるのはどうかな?」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「斬新ですが、積極性は評価できますね。でもそれくらいの心意気って、男女の出会いの場では発揮したもん勝ちじゃないですかね」
横丁に斉藤和義の『歌うたいのバラッド』が染み渡る
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「そんなお二人に1曲プレゼントさせてください」
編集Y
編集Y
「うれしい! 心に沁みるやつお願いします!」
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「それでは斉藤和義で『歌うたいのバラッド』。聴いてください」
M&Y
M&Y
「ステキ!」
颯爽と夜の恵比寿に消えて行くパリなかやまさん
パリなかやまさん
パリなかやまさん
「それではお二人とも楽しんでいってくださいね。グッドラック!」

でんらく

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


延長戦:「スナック訳あり」

横丁になじんだ2人は初体験のスナックに突入
編集M
編集M
「いやぁ楽しかったねぇ〜。ちょっと歌いたくなっちゃったから、この横丁唯一のスナックで打ち上げでもしようか」
編集Y
編集Y
「いいね! でも私、スナックって初めて……」
編集M
編集M
「私もだから大丈夫!」
「訳あり」スタッフの真琴さん
スタッフ・真琴さん
スタッフ・真琴さん
「うちは90分3500円で、指定のドリンクが飲み放題、カラオケ歌い放題っていうシステムですけどいいですか?」
編集Y
編集Y
「それ以外はかからないんですか?」
スタッ・真琴さん
スタッ・真琴さん
「普通に指定のお酒だけ飲んでいれば、追加料金はかかりません。お菓子系のツマミも食べ放題だし、スパークリングワインもありますよ」
スナック初体験をスパークリングワインで祝う
編集M
編集M
「それは安心ですね。じゃあスパークリングで乾杯しよう!」
スナックビギナーに優しくお作法を教えてくれる真琴さん
スタッフ・真琴さん
スタッフ・真琴さん
「お二人はスナックって初めてですか?」
編集Y
編集Y
「そうなんです。仕組みがよくわからないんですが、真琴さんに歌ってもらったりもできるんですか?」
スタッフ・真琴さん
スタッフ・真琴さん
「ふふ、もちろんですよ。リクエストは?」
編集M
編集M
「JUDY AND MARYで1曲!」
スタッフ・真琴さん
スタッフ・真琴さん
「オッケー!」
ジュディマリの「クラシック」を圧倒的な歌唱力で歌い上げる
編集M
編集M
「ポップだけど心に沁みるねぇ…。私の曲はモーニング娘。お願いします!」

\先攻・編集M:「シャボン玉」(モーニング娘。)/

いきなりアップテンポな曲を聞かせる豪腕っぷり
編集M
編集M
「助走なしでいきなり全開のやつ歌っちゃったよ」
編集Y
編集Y
「気迫ちゃんと伝わったよ。私はアニソンいっちゃおう!」

\後攻・編集Y:「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)/

アニソンの持ち歌が豊富な編集Y
編集M
編集M
「エヴァンゲリオンきたー!」
編集Y
編集Y
「人生『逃げちゃダメ』ってことだよね」
編集M
編集M
「わかる気がする」
何か手応えのようなものをつかんだ様子の2人
編集Y
編集Y
「もう自分というものを全部出し切りました」
編集M
編集M
「じゃあ、今日はこのへんでお開きにしようか」
再戦を誓って横丁を後にする
編集Y
編集Y
「だいぶスナックになじんだ気がします。ありがとうございました!」
スタッフ・真琴さん
スタッフ・真琴さん
「ウチはちょっと変わった店だから、あまり参考にならないけどね(笑)。次は彼氏も連れて遊びに来てくださいね」
M&Y
M&Y
「がんばります!」

訳あり

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

というわけで、女2人の恵比寿横丁の夜はつつがなく終了。ともすれば「ナンパ天国」という側面ばかり注目されがちな恵比寿横丁だが、実際には男女の垣根を超えて安心して楽しめる貴重な場所であることは間違いない。ちょっとした勇気と好奇心を持って、積極的に楽しむにうってつけの愉快な酒場なのだ。


取材メモ/純粋にお酒とおしゃべりの延長として出会いを楽しむ方が多い印象でした。

取材・文=杉山元洋/撮影=島本絵梨佳

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES