卓球美女・梅田彩佳と行く! 雨の日もうれしい妄想卓球デート

特集

“雨の日”を楽しく過ごそう!

2017/06/12

卓球美女・梅田彩佳と行く! 雨の日もうれしい妄想卓球デート

48年ぶりに優勝した混合ダブルスの吉村正晴選手、石川佳純選手をはじめ、メダルラッシュに沸いた「世界卓球」。今やブームになりつつある卓球を都内で楽しめる卓球バー・カフェを3軒ご紹介! 実際に、卓球好きの女優・タレントの梅田彩佳さんと一緒に楽しんでみた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

卓球大好き・梅田彩佳さんがオシャレ店で卓球をプレイ!

梅田彩佳さんが卓球リビングバー『RIBAYON』へ

今回、卓球バーに来ていただいたのは、AKB48を卒業した梅田彩佳さん。中学生のとき、卓球部に所属していたこともあり、テレビ東京の卓球番組に出演。卓球愛が再燃している。そんな梅田さん、デートとしての卓球にどういう印象を持っているのだろうか。

梅田彩佳さん

梅田彩佳さん

女優・タレント

梅田彩佳
梅田彩佳
「卓球デート、いいですよね。対戦相手として遊ぶのもいいし、卓球は共同作業を無理なくできるから、ダブルスでペアになってもいい。ダブルデートでもよさそう! 今、卓球教室で練習して真面目に取り組んでいる最中なので、遊びでできる卓球は楽しいだろうなぁ」

これは好感触。では梅田さん、いやデートなんですからあえて「梅ちゃん」と呼ばせていただきましょう。梅ちゃんと行く妄想卓球デート、はじまりはじまり〜。

\デートで楽しめる卓球バー・カフェ/
1.東京スカイツリーを眺められる隠れ家的サロンバー『RIBAYON』(蔵前)
2.4つの要素で満喫できる日本発の複合型卓球スペース『T4 TOKYO』(渋谷)
3.本格ドリップコーヒーが飲める卓球カフェバー『Lili HanaRe』(江戸川橋)

1.梅ちゃんも大満足! 雰囲気抜群の卓球バー『RIBAYON』(蔵前)

梅ちゃんとやってきたのは、リビングスタイルの卓球バー『RIBAYON』。オーナーがお酒を飲みながら体を動かせる店を作りたい、何がいいか考えたときに、ダーツバーはあるけど卓球バーはないとひらめき、開店した。

ローテーブルにクッションが置かれ、のんびりと過ごせる

店内は見ての通りのオシャレな空間。しかも靴を脱いで入るため、家感覚でリラックスして過ごせる。そんな店内の一角にあるのが……。

本格的な卓球スペース!

広々としたスペースに本格的な卓球台を配備。しかも、利用料金は一切かからないというから驚き。用具も置いてあってこちらも無料で利用可能だ。早速、梅ちゃんと卓球を対戦することに。

ジャ〜ン! 卓球日本代表と同じコスチュームにお着替え

梅ちゃんは自身の名前が入った日本代表ユニフォームを着用。しかも手にはマイラケット、靴は福原愛選手と同じモデルのシューズ、ミズノの「WAVE DRIVE Z」と、芸能界最強の卓球女子さながらの様相だ。これは手強そう。

卓球台に立ち、構える梅田さん。久々の遊びでやる卓球にテンションアップ!
梅田彩佳
梅田彩佳
「私、左利きなんです。右利きの方が相手だとやりにくいかも!」

卓球台で対峙する右利きの自分を見て、不安をのぞかせる梅ちゃん。なんか右利きでごめんなさい! 最初はやりづらそうにしていたが、慣れてきたのかラリーが続き、思いの外、熱戦に。

徐々に熱を帯びてきて、梅ちゃんの額に汗がにじむ
ビシッとスマッシュ!
見事に決まって、「イェーイ!」と大喜び。かわいい!

さすが、卓球教室でレッスンを受けているだけあって、スムーズな腕さばき。時間にして10分ほどだったが、汗をじんわりかくほど夢中になって楽しんでいた梅ちゃん。楽しんでもらえて何よりだ。さて、こちらの卓球スペースはいかが?

梅田彩佳
梅田彩佳
「卓球台の後ろも横もスペースが広くとられているので、やりづらさは感じませんでした。普段の練習と同じようにできましたし、すごくいいです。これが無料なんですよね。お店にある卓球スペースは有料が多いからうれしい!」

プレイヤーらしい視点で卓球スペースを絶賛してくれた。卓球台は1日1組限定で1時間独占できるプランもある。送別会や忘年会などの宴会で、確実に卓球を楽しみたい人にはもってこいだ。

卓球の合間に楽しみたい、充実のフードやドリンクメニュー

『RIBAYON』ではもちろん、料理やお酒を楽しめる。料理は、店長の堀脇大司さんが「金額以上のものを出したい」と胸を張るように、価格は安いがボリュームも満点なコストパフォーマンスの高いメニューを提供している。

店長の堀脇大司さん
豚しゃぶレタス鍋(1人前1000円)

店の定番メニューのひとつ。豚とレタスとほうれん草と具材はシンプルながら量はしっかり。タレはポン酢とニンニク醤油の2種類を用意。醤油は九州のものでコクと甘みがある。〆はうどんか雑炊で。注文は2人前から。

写真手前の「リバヨン焼きそば」(780円)、写真奥の「さつまいもスティック はちみつバター」(680円)

昔ながらのソース焼きそばの「リバヨン焼きそば」は、ちょっぴり甘めのソースでそのまま食べてもよし、上にのっている卵を崩して食べるもよし。2つの味を楽しめる。

「さつまいもスティック はちみつバター」は、女性人気の高い一品。さつまいもほぼ1本分を素揚げし、スティック状にカット。小皿になみなみと入れられたはちみつバターをつけていただく。スティック自体に塩がふられているので、そのまま食べてもおいしい。

豊富なウイスキーはグラス850円〜。写真中央の「メロンのフローズンダイキリ」(1300円)は、期間限定のフレッシュフルーツカクテル。写真右の「レモネードモヒート」(950円)はノンアルコールカクテル

同店の数ある魅力のひとつが、お酒を飲みながら卓球を楽しめること。特に力を入れているのがウイスキー。詳しいバーテンダーがいることもあって、常時70種類以上揃えている。

店長・堀脇さん
店長・堀脇さん
「ウイスキーのことを知るには、うちで飲むのがうってつけ。カウンターの方はウイスキー、テーブルで召し上がる方はフルーツカクテルを頼まれる方が多いです。ノンアルコールカクテルも8種類ありますので、飲めない方も気兼ねなくお越しください」
東京スカイツリーを一望できる席に座って実食

では、卓球を楽しんだ梅ちゃんにも店自慢の料理とカクテルを楽しんでいただこう。座っていただいたのは、隅田川と東京スカイツリーが見える窓際の席。

梅田彩佳
梅田彩佳
「いい席ですね。この雰囲気だと女子なら友だちというか好きな人と来たいだろうな。料理もコースだけじゃなくて単品で頼めるのも手軽でいいです。

このおいもさんもおいしい。はちみつバターと合います。『メロンのフローズンダイキリ』は、すごくメロンの香りがしますね。飲むとフレッシュでおいしい!」

料理もお酒も満足してもらってうれしい限り。この店の魅力はこれだけにとどまらない。日が暮れてくると……。

夜景が広がり、照明も暗くなり、ムード満点!

照明が落ちてムード満点。窓一面に広がるリバーサイドの夜景が美しい。これぞリビングバーの真骨頂。

梅田彩佳
梅田彩佳
「夜景がすごくキレイ! 照明が暗いのもいい。女性が美しく見える明るさですよね。女子としては、友だちとワイワイももちろんあると思うんですけど、やっぱり男性とふたりで窓際の席に座りたい。お酒もいっぱいあっていっぱい飲めて、お互い飲んでテンションが上がったら卓球をやって、帰りは隅田川の川べりを歩いて夜風を浴びながら帰る。超オシャレじゃないですか!」

うんうん、今のところこの(妄想)卓球デートは成功と見ていいだろう。さらに、カウンター席へ移動してしっぽり飲むとしよう。

カウンター席に移動して、カクテルをおかわり

カウンターに座る梅ちゃんの視線の先は、僕ではなく卓球スペースに。お酒を飲みながら卓球に興じるグループを見てうれしそうに微笑む梅ちゃん。あー、かわいいなぁ。

梅田彩佳
梅田彩佳
「楽しそうですね。お酒片手にやってるのがオシャレ。こういうお店に行って遊んでいただくことで卓球を身近に感じてもらえますよね」
おかわりで注文した「アメリカンレモネード」をゴクリ。「このお酒、2層に分かれてる! 不思議」と梅ちゃん

うれしそうに語る梅ちゃんを見ると、ホントに卓球が好きなんだなぁ、と思わずうっとりして仕事を忘れそうになる。いかんいかん。今回の卓球デート以外にも、雨の日デートについても聞いてみた。どんなところに行きたい?

梅田彩佳
梅田彩佳
「雨の日のデートははじめて質問されました! されたことのないことをされるとテンションが上がると思うんです。サプライズを重ねていけば、もっとテンションが上がります。

卓球だったら彼が全部ウェアとか買って揃えてきたらかわいいですよね。『梅ちゃんは全部持ってるから、俺も今日買って持ってきたんだ。一緒にやろう!』なんて言ったら最高。『本気やん!』って思いますよ。これは私限定のサプライズかな(笑)。下手でもOK。一緒にがんばって上手になれたらいいですよね」

では、反対にこんな雨の日デートはNGというのは?

梅田彩佳
梅田彩佳
みんなが行くような定番スポットに連れて行かれると、適当に選んだと思ってしまうかも。

だったら、スポーツ観戦がオススメ。卓球は室内で観られますから! 静寂のなかで観られるまれなスポーツ。観る方も神経が研ぎ澄まされます。でも得点が決まれば歓声があがるので静かなだけじゃないですよ。イチオシの選手は、同じ北九州市出身の早田ひな選手。伊藤美誠選手とのダブルスで活躍していますね。彼女には注目しています」

梅ちゃんを雨の日に誘い出すなら卓球デートまたは卓球観戦がベスト。もちろん、『RIBAYON』なら梅ちゃんに限らず、どんな女性にも楽しんでもらえるはず。料理×お酒×夜景のハイブリットな卓球バーを満喫しよう。

2.絶対ハマる日本初の複合型卓球型スペース『T4 TOKYO』(渋谷)

6月8日にオープンしたばかりの日本初複合型卓球スペース。「レストラン&バー」「ブランドショップ」「スクール」の3施設が集合。はじめて卓球をする人から本気で取り組む人まで、それぞれのスタイルで楽しめる。

JR渋谷駅ハチ公口から徒歩6分という好立地の場所にある

店を入ると最初に見えるのが、卓球ブランドショップ『VICTAS』。プロユースブランドの旗艦店で、ウェアやバッグはもちろん、世界ランキング11位の丹羽孝希選手モデルのラケットなどを販売している。

卓球台での試打が可能で、天井に付けられているカメラから球の動きや回転、速度を計測し、画面に表示。自分に合ったラケットが見つかること必至だ。

『VICTAS』。ガラス張りになっていて外からも店内の様子が見られる

『VICTAS』から奥へ進むと見えるのが『THE RALLY TABLE』。今、NYの卓球バー『スピン』にオシャレなニューヨーカーが常に集まっていて、世界中で卓球×料理が人気を集めている。
こちらは、トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュース。お肉を中心とした料理とお酒がいただけるイタリアンバールだ。

テーブルとカウンターのあるスタイリッシュな空間に黒いシックな卓球台を設置

卓球台は、食事をしている人であれば無料で利用できる。それまで店自慢の料理に舌鼓を打ちながら待とう。

卓球らしく、写真左上の「ピンポン・パンケーキ」(850円)や「ピンポンサワー(金柑)」(680円)といったピンポン玉に見立てたメニューを提供

料理は、東京で話題を集める世田谷の『TOKYO COWBOY』、奥渋谷の『CHEESE STAND』とコラボレーション。写真の「“TOKYO COWBOY” ローストビーフとトリュフリゾット」(2400円)をはじめ、和牛を使った肉料理が中心。シナモンの香りがクセになる「ピンポンサワー(金柑)」などのオリジナルカクテルとも相性抜群だ。

11時〜15時に提供されるランチメニュー

ランチメニューでも和牛の肉料理が食べられる。写真は「TOKYO COWBOYハンバーグプレート」(1600円)。粗挽きの和牛を使い、ひと口噛めばジューシーな肉本来のうま味がジュワリ。サラダ、スープ、ドリンクも付いて、おなかいっぱい。

奥には5名〜利用できるVIPルームが1室

なんとVIPルームも完備。1名1500円で2時間制。ミニ卓球台で卓球を楽しむことができる。これがなかなか難易度が高いそうなので、部屋を利用する際は必ず挑戦してほしい。TVモニターもあるので、卓球の試合をパブリックビューイング的に使っても楽しい。

卓球スクール『TACTIVE 渋谷店』の教室

地下1階にあるのが卓球スクールの『TACTIVE 渋谷店』。実業団選手など、一線級のコーチ陣が指導し、練習メニューは最新デジタルシステムで作成。地下にデンと構える“卓球虎の穴”だ。

iPadで動画撮影し、フォームをチェック。スイングの角度など細かく見ながら調整するため、効率のいいレッスンが行える。グループレッスンは2160円〜。台は3台あり、シャワー室も完備している。

驚くなかれ、これも卓球!

そして、驚きなのがこちら。『TACTIVE 渋谷店』のVIPルーム内にある(7月から一般公開予定)デジタル卓球アクティビティ「PONG!PONG!」。

卓球台にプロジェクションマッピングされたブロックを、リアルのピンポン玉を当てて破壊。その得点を競い合うという。ピンポン玉も光り輝き、なんとも異質。ここでしかできない新感覚の卓球を楽しむべし。最新鋭の卓球スペース、梅ちゃんの目にはどう映っただろうか。

梅田彩佳
梅田彩佳
「レストラン&バーをトランジットさんがプロデュースしているだけあって、かなりオシャレな空間ですよね。これはもう卓球がモテに走っています。卓球がモテようとしていますよ(笑)。
渋谷にあるから行きやすいのもポイント。料理もおいしそうだし、「PONG!PONG!」も気になります。ここに連れていかれたらテンションが上がるでしょうね」

T4 TOKYO
住所:東京都渋谷区神南 1-12-16 T s アジアビル
電話番号:03-6452-5743
営業時間:『The Rally Table』11:00〜23:00(年中無休 ※年末年始を除く)
『VICTAS』11:00〜20:00
『TACTIVE』10:00〜22:00
休み:『The Rally Table』年中無休 ※年末年始を除く
『VICTAS』火曜
『TACTIVE』火曜

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.マンツーマンレッスンもできるカフェバー『Lili HanaRe』(江戸川橋)

卓球のコーチを務めるオーナーが、自身のコーヒー好きも相まって卓球とコーヒーを融合したカフェバーを今年3月にオープン。

お店は閑静な住宅街の一角にある
中に入ると、立っても座ってもいいカフェスペースが広がる

カフェスペースの奥に行き、左手を見ると……。

オシャレな卓球スペース!

広々とした部屋に大会で使われる卓球台が1台。60分2000円で卓球台が借りられ、レンタルラケット、ボール込み。ソファであれば飲食でき(持ち込み不可)、ペット連れもOK!

もともと神楽坂で教室を持っているとあって、本格的なレッスンが受けられる。60分5500円〜で、全国大会出場の実績あるコーチがマンツーマン指導。HP上から予約できる。

店長の藤井健二さんと看板犬のモプくん
写真左は「ドリップコーヒー」(480円〜)。写真右は「水出しアイスコーヒー」(500円)。店内で飲む際は、ガラスジャーに入れてくれる

こちらに来たらぜひ注文したいのが、コーヒー。ホット、アイスともに3種類のコーヒー豆から選べ、テイクアウトも可能だ。

写真の「水出しアイスコーヒー」は、インドネシア産の豆。12時間かけて入れるアーシー(土っぽい)な香りに、チョコレートのような濃さがありながら、後味スッキリ。藤井さんいわく「コーヒー好きにオススメです」。

インドネシアの豆を使った「コーヒーゼリー」(300円)。+50円でバニラアイスをトッピングできる

数量限定で「コーヒーゼリー」も用意。コーヒーで使うインドネシアの豆を使い、デザート感覚で本格コーヒーを味わえる。

レッスン前に食べる人が多いという「ハムエッグホットサンド」(500円)

軽食メニューとして、ホットサンドイッチを3種類ラインナップ。1番人気は「ハムエッグホットサンド」。こんにゃくペーストが入った玄米パンに挟まっているのが、ハムエッグとサンチュ(サニーレタスの日もあり)。外カリッ中モチッとしたパンに、卵に絡むマスタードがピリッと利いていいアクセントになっている。

瓶ビールを6種類用意。500円〜700円

ビールからカクテルまでアルコール類も充実。イギリスの「Punk IPA」やドイツの「Warsteiner」といった海外のクラフトビールも揃える。

「ミックスナッツ」(300円)や「KISSチョコレート」(200円)のおつまみと一緒にお酒を飲みながら卓球を楽しむのも一興だ。梅ちゃん、こういうカフェバーで楽しむのもいいんじゃないですか?

梅田彩佳
梅田彩佳
「はい! 内装がオシャレで、インスタ映えしますね。パッと見た目から卓球ができそうなのがわからないし、サラッと店の奥に卓球台を置いてくれているから女性ひとりでも入りやすい。『RIBAYON』が友だち同士で来て遊ぶなら、ここはその場で知り合った人と『一緒にやってみる?』みたいな感じで遊べて仲良くなれる気がします」

確かに、女性ひとりでも入れるのはこの店の魅力のひとつ。もしデートで連れて行くなら、「ちょっとカフェで休憩しない?」と言ってさりげなく入り、「実はここ卓球できるんだよ」と言えばサプライズになって喜ばれるかも!


卓球を終えたあとの梅ちゃん。ほんのり汗をかいた姿もまたかわいい♪

『RIBAYON』で卓球を楽しんだ上に、遊べてレッスンも受けられる卓球バー・カフェを紹介したが、梅ちゃんは卓球デートを楽しめそうか最後に聞いてみた。

梅田彩佳
梅田彩佳
「卓球を遊べるところには、プライベートでほとんど行ったことがなかったので、今回知ったことで行ってみようと思いました。

デートで行くにしても、ただごはんを食べるのではなくて、友だちやカップルとかでも一緒にひとつのことをすると気持ちが高められるし、仲良くなれる。ある意味では相手の本音も見られますよね。あ、この人は負けず嫌いなんだなぁとか。ダブルスでサポートしてくれてキュンとするかもしれないし(笑)。卓球を通して相手の新たな面を知られるかもしれないですね」

デートを通じて、相手に本音が伝わる。男性諸君は男らしい一面を見せて相手をときめかせ、女性はかわいく振る舞って相手の行動をキチッと管理して、お互いの距離をグッと縮めてはいかがか。雨の日の卓球デート、悪くないぞ。

取材メモ/言葉の端々から感じる梅田さんの卓球愛に感激。そして、卓球がダーツバーのような“おとなの遊び”に昇華していたことに衝撃。温泉旅館で浴衣を来て楽しむものだったのに! 世界卓球の盛り上がりもあり、ブームになりつつある卓球。今やらないでいつやるの。

取材/ナンバケン(リベルタ) 撮影/小島昇、佐藤雄哉(T4 TOKYO) ヘアメイク/豊田千恵

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES