車内で古都の味。京都駅「京老舗の味 京お弁当」人気弁当10選

車内で古都の味。京都駅「京老舗の味 京お弁当」人気弁当10選

2017/06/14

京都へ出張に来たのに、バタバタして和食にありつけなかった。そんな時に便利なのが、京都駅東海道新幹線改札内の「京老舗の味 京お弁当」。新幹線車内で京都らしい食が楽しめる。地元民なら、日常の味をサクッとテイクアウトするのはどうだろう。使い勝手の良さが魅力だ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

京都らしい和のお弁当もよし! ローカルに人気の肉系弁当も好評

出張から帰る時も、旅に出る時も。往復とも予約した新幹線に乗る間際は、案外バタつくものだ。「せっかく仕事で京都に行ったのに、和食にありつけなかった」。東京にいれば、よく知人から聞くボヤキだが、最後まで諦めるのはやめよう東海道新幹線改札内の「京老舗の味 京お弁当」で、手頃な和の弁当が買えるからだ。

「せっかくの京都出張だったのに、駅と取材先の往復だけで、和食が味わえなかった」と嘆くライターK。後ろ髪を引かれながら京都駅の新幹線改札をくぐり、ちょっと元気なさげだ
が、振り返ったら、そこは「京老舗の味 京お弁当」。和の弁当が売っている!
「京老舗の味 京お弁当」の店長・奥村亘さん。スタッフは皆、キビキビしながらも柔和さあふれる接客ぶりだ

そんな「京老舗の味 京お弁当」の売れ筋弁当を10商品、挙げてもらった。やっぱり京都らしい和のお弁当ばかり?と思ったら、寿司に焼肉、鶏カツ弁当まで。いい意味で期待を裏切る(地元民にすれば、案外想定の範囲内かもしれない)、バラエティーに富んだラインアップだった。ライターKの写真説明を交えながら、紹介していこう。(※価格は他のページと同様、断りがない場合は全て税込表記)

1. 鰆の西京焼きと京のおばんざい(1190円) <フードシステムズ>

京都らしいおばんざいと西京焼

「昔から京都の一般家庭で親しまれてきた総菜のことを指す言葉『おばんざい』。鰆の西京焼が加わることで、より京都らしいお弁当になっています」

海から遠い古都・京都で、魚の保存性を高め、よりおいしく食べるために生まれた調理法が西京漬。家庭から料亭まで、伝統料理として地元では幅広く親しまれる味わいだ。お弁当の中央にあるのが、秋から春が旬の鰆を西京味噌に漬け込み焼き上げた「鰆の西京焼」おばんざいに加え、ご飯にはちりめんじゃこやタケノコがまぶされ、より京都らしい一品に。

「野菜のおばんざいに鰆の西京焼が加わった、京都らしいお弁当。湯葉も入っています。左手前のご飯には、きざんだタケノコもまぶされ、細部までこだわりがあるのがいいですね」

2. 手づくりおばんざい(1190円) <フードシステムズ>

京都の家庭の味を彩り鮮やかに

「右奥に盛り込まれた湯葉からも、これまた京都らしさが見て取れます。どのおばんざいも、丁寧に手づくりされたものです」

野菜に加え、鰆に鶏肉、牛肉、卵焼きも入った、多品種のおばんざい弁当。京都の家庭的な味わいを、ちょこちょこつまみたいという人におすすめだ。旬の山のもの、海のものをとりあわせた彩り豊かなお弁当は、京の香りが伝わる季節のご飯ということもできるだろう。

「彩りの豊かさに、どれから食べようか迷います。ご飯の量が控えめなので、おばんざいをたくさん食べたいという人にもオススメですね」

3. 御旅(1650円)<田ごと>

手頃な価格で京料理の味

「包紙には、京都の観光名所のイラストが描かれています」

京料理「田ごと」の折詰弁当。海老、南瓜(かぼちゃ)、人参、小芋などの煮物を丁寧に中央部に盛り込み、サーモンの味噌漬でおいしさのアクセントも加えて、色彩豊かな折詰に仕上げている。ひろうす、信田巻煮などからも、かみしめるたび、上品な出汁があふれる。手頃な価格でありながら、京料理の味わいを楽しめる一品だ。

「左奥にある『そばの実となめこ』。なめこのしっとりした食感に、そばの実が変化を与えていますね」

4.花六角(1300円)<ハトヤフーズ>

彩り鮮やかな六角二段弁当

「和の絵柄の六角形の二段重です」

2種類のご飯に、和のおかずもふんだんに盛り込まれた六角二段弁当。天ぷらは南瓜、海老、いんげん、煮物は高野豆腐、小茄子、ふき、赤丸天、梅人参が入り、他にも鮭塩焼き、鴨ロースなどが彩りを添える。ご飯はちらし寿司と山菜ご飯。三色だんごまで付き、ちょっとした“和のコース”ともいえる内容だ。

「上段には和のおかず、下段にご飯などが収まっています」

5. 手鞠寿司(930円)<花洛>

抹茶塩でいただく外見もかわいいお寿司

「風呂敷の緒をゆるめるところから、楽しみは始まります」

1977年創業。職人がさばき握る回転寿司店「寿しのむさし」は、今では訪日外国人までもがその名を知る人気ぶり。その手毬寿司セットがこちらだ。ふろしきで包んだ演出も楽しい、折り詰めのフタを外すと、見目も麗しく、彩りも鮮やかな手毬寿司が。湯葉のお寿司、また抹茶塩を添えるなど、京都らしい仕掛けもあふれた一箱だ。

「左手前から時計回りに、えび、鯛、サーモン、炙りいか、いくら、穴子、合鴨、湯葉。真ん中にあるのは玉子です」

6. ばら寿司1人折(918円)<とり松>

京都府北部に伝わる伝統の味

「京丹後地方にのみ古くから伝わるとされる、ばら寿司だそうです」

京都府京丹後市網野町の日本料理・寿司「とり松」のばら寿司。古くから京丹後地方にのみ伝わるとされる寿司で、こちらの店では、さばを独自製法で炒り炊きにして「おぼろ」に。これをかんぴょうとともに、折に詰めた寿司飯の上にのせ、さらにすし飯を重ね、さばのおぼろ・かんぴょう・タケノコ・錦糸玉子・しいたけ・かまぼこ・青豆・ショウガを盛り付けて仕上げる。さばのおぼろが味わい深く、くせになる食体験だ。

「甘酸っぱい寿司飯にさばのおぼろが絡まる風味は、他では食することができないものといえます」

ここからは肉系の人気弁当が登場。和食のイメージが強い京都だが、実はローカルは「大の牛肉好き」という人も多い。昔から京都では「肉」と言えば牛肉を指すため、とくに牛肉の食文化が発達していると言われ、こちらのお店でもビーフ人気は根強い。他には鶏肉のお弁当もラインアップしている。

7. 弘の豪快姿焼弁当(1100円)<ミートショップヒロ>

美味しさに食の安全への気配りも添えて

「清楚なイメージのパッケージ。この中に、迫力ある牛の一枚肉が鎮座しています」

京都三条に本店を構える黒毛和牛専門店「ミートショップヒロ」のお弁当。京都はもちろん全国各地から目利きした、最高品質の黒毛和牛を一頭買いして販売する同社。こちらのお弁当にも使用牛肉の認定証が添えてあり、産地、出荷者、血統のほか、トレサビリティまで印字されている。消費者が牛の個体識別番号検索までできるように、という食の安全への徹底ぶりだ。もちろんご飯を埋め尽くす一枚肉は柔らかくジューシー。おいしさと食の安全を並存せんとする、京都の牛文化の進化が感じられる。

「牛肉の豪快な味わいに、ニンニクと白ゴマの風味がアクセントを加えています」

8. 京都緑黄色野菜すき焼御膳(1340円)<ライトハウス>

牛肉と野菜の旨味がはじける

「野菜と肉のおいしさが詰め込まれた一箱です」

ご飯のうえに黒毛和牛のすき焼き、加えて緑黄色野菜が色とりどりにちりばめられている。メインの黒毛和牛にたどりつくまでにタケノコやしいたけ、ふきなどの野菜に舌鼓。また「御膳」という名前がつくだけに、チキンロールや卵焼きなど、おかずが添えられているのも、このお弁当の楽しみの一つだ。黒毛和牛のすき焼きも、肉の旨味が濃く食べ応え十分。たくさんの食材が摂取できるのもうれしい。

「彩りがよく、目にも美しいですね」

9. 近江牛弁当(1160円)<沙羅>

近江牛のおいしさをかみ締めて

「よく見ると、パッケージには牛の絵が描かれています」

京都に隣接する滋賀県は、日本三大和牛の産地とされる近江牛で名の知れた場所。その近江牛の甘辛い焼肉はご飯の上に。その柔らかさ、かみしめるほどに味わいが増していく。またすき焼きの中にも近江牛。他にもポテトコロッケやポテトサラダ、ちくわ天ぷらなどおかずも充実している。“冷めてもおいしい”が自慢の近江米「しきゆたか」が食せるのも楽しみのひとつ。

「たとえ近江牛の焼肉ののったご飯を食べ尽くしても、まだ左手前にゴマのかかったご飯が。これと他のおかずで楽しめます。左奥は近江牛も入ったすき焼きです」

10. ふわふわ卵の鶏カツ弁当(1134円)<ロマンライフ>

柔らかな鶏もも肉の旨味をご飯とともに

「見るからにボリューム満点。鶏カツ弁当の下には、カレー風味のキャベツがしのばせてあります」

京都・祇園花見小路に本店がある鶏料理店「侘家古暦堂(わびやこれきどう)」のジューシーな鶏カツ弁当。柔らかな肉質の鶏もも肉をカラッと揚げて。カツの下にはカレー風味のキャベツが敷き詰められてあり、玉ねぎのソテー、鶏そぼろ、マイルドな甘さ漂ういり卵も入っている。食欲をそそる味わい。ボリュームも満点だ。

「柔らかな肉質の鶏もも肉を揚げています」

和食からお肉の弁当まで。「京老舗の味 京お弁当」では約40種を取り扱い、そのラインアップは幅広い。今回はゆっくり京料理を堪能できなかったから和の弁当をという関東人もいれば、いつも通りお肉をメインでという地元民も来訪する。あなたも、その時の“京気分”に応じて、使い分けてみては。それを受け止める懐の深さが、古都・京都の魅力だ。

「京都駅の東海道新幹線改札内にある『京老舗の味 京お弁当』。京都を離れる前に最後のごちそうを、と次々とお客さんが来店します」

取材メモ/せっかく京都に出張へ行っても、なかなか和食にありつけないこともある。「帰りに京都駅近くのデパ地下で和弁当を」と思っても、それすら無理なことも。そんな時に便利なのが、新幹線改札内の弁当店だ。もちろん出発の間際まで弁当選びに興じられるが、くれぐれも乗車予定の新幹線に乗り遅れないよう、気をつけて。

「京老舗の味 京お弁当」
住所:京都市下京区東塩小路高倉町8-3 京都駅東海道新幹線改札内
電話番号:075-693-5560
営業時間:7:00~21:00
定休日:なし

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・文=岡野孝次 撮影=ナリタナオシゲ 写真提供=「田ごと」、「沙羅」


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載