秋田ラバーに聞く! 絶対に行ってほしいおすすめスポット

特集

夏目前、今だけの秋田の楽しみ方

2017/06/18

秋田ラバーに聞く! 絶対に行ってほしいおすすめスポット

山や海など豊かな自然に恵まれた秋田では、四季折々の美しい景色が楽しめる。名物のきりたんぽをはじめ、比内地鶏や秋田牛、ハタハタなど、訪れたら必ず食べたいグルメもいっぱい。そんな魅力あふれる秋田のおすすめスポットを秋田を愛する方々に教えてもらった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

今、秋田に行くべき理由

これから夏に向けて、秋田では大規模な祭りが開催される。東北三大祭りのひとつに数えられる「秋田竿燈まつり」や、日本一の花火大会との呼び声が高い全国花火競技大会「大曲の花火」など、秋田の夏を彩る祭りは必見だ。

また、秋田を訪れたらぜひ立ち寄りたいのが温泉だ。ここには秘湯・乳頭温泉郷をはじめとする効能豊かな温泉がいっぱい。極上の温泉に入って旅の疲れを癒やして、秋田の郷土料理に舌鼓を打って…。そんな魅力あふれる秋田を愛する方々に絶対に行っておくべきスポットを尋ねた。

秋田を愛する3名に聞きました! 「私がすすめる、ココに行っておけば間違いない」スポットは?

トップバッターはこの方!

 

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

加藤夏希さん
加藤夏希さん
「田沢湖の『乳頭温泉郷』です。真っ白の温泉はもっちりとした肌質になるのはもちろん、万病の湯とも言われており、疲れた体を癒やしてくれます。温泉はたくさんありますが、ぜひ『乳頭温泉郷』を堪能してもらいたいです」
乳頭温泉郷最古の温泉「鶴の湯」。1638年には、秋田藩主第二代・佐竹義隆公も訪れたという名湯だ

乳頭温泉郷

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 秋田の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

加藤夏希さん
加藤夏希さん
「空気も水も食べ物もおいしい秋田が好き! 『きりたんぽ鍋』はもちろん、秋田には海と川があり魚介類も自慢ですが、実は最近は『秋田牛』がおすすめ! 秋田のおいしい水で作られたお酒を飲みながら、秋田のお米を食べて育った『秋田牛』を食べると最高です」
秋田の郷土料理・きりたんぽ鍋。寒い冬はもちろん、暑い夏にこそ食べたいスタミナ鍋だ 写真:ペイレスイメージズ/アフロ
黒毛和牛の新ブランド「秋田牛」。秋田の大自然の中で大切に育てられた秋田牛は、まさに極上の肉だ 写真提供:秋田牛ブランド推進協議会
加藤夏希さん

加藤夏希さん

女優・モデル・あきた美の国大使

お2人目はこの方!

秋田犬アイドルグループ・MOFU MOFU★DOGSのセンターを務める茂子さんに、グループを代表しておすすめスポットを訪ねた

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

茂子さん
茂子さん
『花の百名山』に数えられる北秋田市の『森吉山』は、季節によってさまざまな美しい花が楽しめます。花だけでなく、秋は紅葉、冬はスキーと1年中いろいろな表情を見せてくれます。特に冬はスノーモンスターと呼ばれる樹氷の観賞を手軽に、間近で楽しむことができます。また、小坂町にある『康楽館』は和洋折衷の日本最古の芝居小屋であり、4月から11月の間、ほぼ毎日芝居を楽しめます。私たちのMVの撮影は『康楽館』のメインステージで行われました」
「花の百名山」の森吉山では、初夏から秋にかけて約300種類の高山植物が楽しめる 写真:ペイレスイメージズ/アフロ
明治43年に誕生した「康楽館」。国の重要文化財に指定されている歴史ある建造物で、今もなお多くの人々に愛されている 写真:ペイレスイメージズ/アフロ

森吉山

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

康楽館

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 秋田の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

茂子さん
茂子さん
「豊かな自然に囲まれ、季節の移ろいがはっきりしており、四季にわたりさまざまな観光や体験が楽しめます。『きりたんぽ』『曲げわっぱ』をはじめとする名産品、たくさんの温泉や人の温かみを感じるほっこりとした文化、ゆったりと流れる時間が大好きです。クールジャパンがもてはやされている今こそ、ウォームジャパンを宣言します!」
日本の伝統工芸品・曲げわっぱ。こんなにオシャレなお弁当箱でご飯を食べたら、毎日のランチが楽しくなること間違いなし! 写真:アフロ
茂子さん

茂子さん

MOFU MOFU★DOGS

ラストはこの方!

あきた観光レディーを務める大澤なな子さんは、県内外でPR活動を行っているまさに秋田観光のプロ。そんな大澤さんだからこそ知るおすすめスポットとは?

Q1.ココは絶対行っておくべき! というおすすめのスポットを教えてください。

大澤なな子さん
大澤なな子さん
「私のおすすめスポットは『角館武家屋敷』です! みちのくの小京都と呼ばれる町並みは、名前の通り趣ある景観が広がっています。春には歴史を感じる重厚な武家屋敷通りにシダレザクラが華を添え、その美しさに思わず息を呑むほど。また夏、秋、冬もそれぞれ違った魅力的な表情を見せてくれます。通りでは人力車に乗ることができ、季節折々の様子を人力車から眺めるのも楽しみ方のひとつです」
穴場の観光スポット「角館武家屋敷」。武家屋敷が軒を連ねる小路を歩いていると、江戸時代にタイムスリップしたような気分が味わえる 写真:ペイレスイメージズ/アフロ

角館武家屋敷

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

Q2.他県の人に声を大にして伝えたい! 秋田の魅力とは、ズバリどんなところでしょう?

大澤なな子さん
大澤なな子さん
「心の温かい人々とおいしい食べ物が大好きです! 秋田の人は初対面でも家族のように接してくれて、ホッとして落ち着くんです。またおいしい食べ物といえばお米! お米をつぶして杉の棒に巻き付け焼いたきりたんぽで作る定番の鍋はもちろんですが、私は肉を巻いた『味噌たんぽ』も大好きです! 豚肉を巻いたきりたんぽに味噌を付けて焼いたもので、もちもちの食感とお肉と味噌の味が絶妙。ぜひご賞味ください! また、自慢といえばやっぱり東北三大祭り『秋田竿燈まつり』。このまつりは毎年8月3日~6日に秋田市で行われ、長い竹の竿に提灯を46個もつり下げた竿燈を額や肩、腰などで自由自在に操る差し手の演技は圧巻の一言です。日が暮れると280本もの竿燈が一斉に挙がり、約1万個の提灯(ちょうちん)が夜空を彩ります。提灯の灯がどこか儚(はかな)さを醸しつつも、夏の夜を楽しませてくれます」
青森の「ねぶた祭り」、仙台の「七夕まつり」と並んで東北三大祭りのひとつに数えられる「秋田竿燈まつり」。毎年130万人以上の観光客が訪れる秋田の夏の風物詩だ

秋田に行ったら必ず立ち寄りたい観光スポットを教えていただきました。みなさまありがとうございました!

秋田に行きたくなってきたあなたへ、便利な情報そろえました

 
秋田行きのツアーを検索

秋田行きのツアーを検索

Yahoo!トラベル

秋田に行きたい欲が高まってきたら、まずはお得なツアーをチェックしてみては?

ちょっとリッチな宿泊プランを探そう

ちょっとリッチな宿泊プランを探そう

一休.com

一休なら、心と体にやすらぎを与えてくれる、ぜいたくな旅行が見つかるはず。

クチコミ数の多い秋田の飲食店ランキング

クチコミ数の多い秋田の飲食店ランキング

Yahoo!ロコ

せっかく行くなら、おいしいグルメも忘れずに。みんなの口コミを見てみよう。

秋田の天気

秋田の天気

Yahoo!天気・災害

服装や持ち物を決めるのに必要なお天気は、ここから確認を。

秋田のおすすめ観光スポットについて聞いてみよう

秋田のおすすめ観光スポットについて聞いてみよう

Yahoo!知恵袋

どこに行けばいいか迷ったら、全国のユーザーに聞いてみるべし。

秋田についてもっと知りたくなったあなたに

 

全国で検索されたワードのうち、秋田県内から検索された割合が高いもの(その地域に根差した検索ワード)を編集部でピックアップしてみました。(集計対象期間:2017年5月30日〜6月10日)


秋田県内のニュースはもちろん、国内外のニュースを伝える新聞社「秋田魁(さきがけ)新報社」のこと。同社が提供している無料のスマホアプリ「さきがけMOBILE」は、秋田のニュースやイベント情報が満載。気になる記事を保存できるクリップ機能もあるので、上手に活用すれば、秋田の情報通になれるはず。

秋田のプロバスケットボールクラブ「秋田ノーザンハピネッツ」。今年5月15日、Bリーグ1部の残留をかけたプレーオフで惜しくも敗退した「秋田ノーザンハピネッツ」は、来季から下位のBリーグ2部で戦うことに。その後、スペインの闘将・ジョゼップ・クラロス氏をヘッドコーチとして招き入れるなど、Bリーグ1部への復帰を目指した挑戦は続いている。

「ABS秋田放送」は、日本テレビ系列のテレビ・ラジオ番組の放送局。今年6月1日より、radikoで同局のAMラジオ番組「ABSラジオ」の放送がスタート。「ABSラジオ」は秋田県内でのみ無料で聴けるが、有料サービスを利用すれば、県外でも聴くことができる。秋田のラジオ番組が全国どこにいても聴けるようになり、喜んだ方も多いはず。


取材メモ/祭り好きの僕が気になったのは、東北三大祭りのひとつに数えられる「秋田竿燈まつり」。真夏の夜空に約1万個の提灯(ちょうちん)が揺れる姿はぜひ見てみたいですね。この夏は秋田で決まり!

取材・文=樋口和也(シーアール)
写真=アフロ

合わせて読みたい

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES