「ビール女子」が行く!“女子会でオススメ”のビアガーデン3選

特集

さあ、ビアガーデンで乾杯だ!

2017/06/26

「ビール女子」が行く!“女子会でオススメ”のビアガーデン3選

女性に向けてビールの情報を発信しているウェブサイト『ビール女子』のメンバーが、飲むだけではなく、景観や料理も楽しみたいおしゃれな女子たちに向けて都内でオススメのビアガーデンを厳選してご紹介。この夏、女子会するならここ!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「ビール女子」に聞く! 今行くべきビアガーデンと、ちょいアゲテクニック

女の子だって楽しくビールが飲みたい! だけど、ただ飲むだけじゃやっぱり物足りない。そんな、おしゃれ女子たちのわがままにも応えてくれるビアガーデン選びのコツや楽しみ方を、ビールの情報を発信している、構成員も全て女性という「ビール女子」に聞いてみた。今回はそのメンバーである3人に、この夏、女子会にうってつけなビアガーデンを3軒セレクトしてもらった。

\そもそも『ビール女子』って?/

『ビール女子』

『ビール女子』

ビール好き女子のためのウェブメディア

\案内してくれるのはこちらの3人/

最近はクラフトビールにハマっているという『ビール女子』のメンバーたち。この美女3人がビールをがぶがぶと飲んでいるシーンは、とてもじゃないが想像できない
大田奈津美さん

大田奈津美さん

菅野有希子さん

菅野有希子さん

高橋里奈さん

高橋里奈さん

\そんな彼女たちに聞くビアガーデン女子会のお店選び3つのポイント/
1.おしゃれなフードメニュー
「ラ・ソフィッタ」
2.写真映えする会場
「ルガル・ア・アモール」
3.豊富なビールの種類
「CRAFT & Romance」

今回は上記3つのポイントを押さえた、都内のビアガーデン3軒を『ビール女子』のメンバーに紹介してもらおう。


\料理がおしゃれなビアガーデン/

1.ラ・ソフィッタ(渋谷)

ピッツァにワインにチョコレートフォンデュ! 華やかなイタリアンビアガーデン

階段を上がる前からワクワクが抑えられない「ビール女子」たち。店舗はスペイン坂の途中にひっそりと構えられている

お酒が好きな女子の中には、イタリアン好きも多いはず。JR渋谷駅から5分ほど歩いたところにある「ラ・ソフィッタ」は、そんな女性たちにオススメしたいイタリアンレストランだ。カジュアルにイタリアンを味わえるお店として、20代のグループやカップルといった若い層を中心に支持されている。こちらでは、8月31日(木)までの期間限定(場合により延長)で「女子会ビアガーデンコース」(4000円)を注文できる。専用のコースまで用意されているあたり、まさに女子会にうってつけのビアガーデンなのだ。

オープン席は木材を基調とした親しみやすい雰囲気。開閉テントがついているので、天気も気にならない
左から白ワイン、赤ワイン、カンパリオレンジ、カシスソーダ、オレンジジュース、グレープフルーツジュース。ビールの苦手な女子にも嬉しいドリンクがそろう

コースには生ビールやワイン、カクテルなどの飲み放題付き。ワインは、料理に合うものを手頃な価格で提供するためにイタリアから直輸入している。

\フードメニューはおしゃれなイタリアン/

「女子会ビアガーデンコース」は、メインとなる色彩豊かな4品のイタリアン料理にデザートのチョコレートフォンデュがついたプランだ(写真は3人前)

フードメニューには海老のトマトクリームソーススパゲティーのほか、前菜にはイタリアのサンダニエーレ産の生ハム、サラダは能登半島産の有機野菜からつくるという食材へのこだわりっぷり。特にハーフ&ハーフ(マルゲリータ&クワトロフォルマッジ)の窯焼きピッツァの生地には、ドイツから輸入した小麦由来の天然酵母を使っている。この生地でミラノピッツァを提供しているお店は日本でも珍しいのだという。デザートのチョコレートフォンデュもイチオシだ。

チョコレートフォンデュがデザートとして付いているのは女子会ビアガーデンコースのみ!
料理とビールが出揃ったところで、ひとまずはビールで乾杯。ジョッキ同士のぶつかる音が、女子会開始の合図だ

——突然ですが、ビールを飲む時のマイブームがあれば教えてください。

高橋さん
高橋さん
ちょっとした工夫なんですけど、ワイングラスにビールを注いで飲むのがマイブームです。ビールジョッキよりも飲み口が薄いせいか、いつもよりリッチな気分になれて、オススメします。
大田さん
大田さん
私はビールにどんなおつまみが合うのか、いろいろな組み合わせにチャレンジするのを楽しんでいます。いいペアを発見したらほかの人にも教えて、その感動を共有したくなります(笑)。
菅野さん
菅野さん
意外な組み合わせを見つけられたら嬉しいですよね。私が最近思ったのが、柑橘風味のビールとお刺身の相性がいいこと。これはぜひ試してほしいです!

\女子会のちょいアゲテクその1/
食物繊維を最初に食べるべし!

ついつい好きなものから食べたくなるが、気持ちを抑えてサラダから食べよう
大田さん
大田さん
野菜などに含まれる食物繊維の中には、腸内における糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれたり、血糖値や血中のコレステロール値の上昇を緩やかにしてくれるものがあります。また、満腹感を得やすくもしてくれるので、食べ過ぎの予防にもなるんですよ。なので、初めに摂取するのがオススメです。

食べ物に関する知識もバッチリ押さえているのは、さすが「ビール女子」だ。食物繊維の働きをわかりやすく解説してくれた。食べ方については、基礎代謝が上がると言われているお肉とビールの相性もいいようだ。

ビールが進む! 食が進む! おしゃれなイタリアンを前に、自然と会話も弾む
高橋さん
高橋さん
女の子が好きそうな、しかもお酒にも合う料理が揃っています! 特にピッツァは生地がとても柔らかくて、風味豊かなチーズとアルコールの相性も抜群。どの料理もシェアしやすい大皿料理というのも嬉しいですね。
みんなでつつけば楽しいチョコレートフォンデュ。鍋で温められたトロトロのチョコがフルーツに絡む光景だけで、女子たちから歓声があがる

——『ビール女子』はイベントの企画や運営もしているようですけど、例えばどんなイベントをしているんですか?

菅野さん
菅野さん
最近では、ホップ体験やテイスティングなどを通してクラフトビールについて学ぶイベントを、ほかのコミュニティとのタイアップで開催しましたね。
大田さん
大田さん
ほかにも、ビールを片手にBBQをしたり、冬にはこたつでのビールの楽しみ方を実演するイベントもしました。「ビール×◯◯」という図式で、ビールとほかの要素を結びつけたものが多いですね。いろいろな切り口から、ビールの魅力を伝えられたらと思います。
終始女子会ムードに包まれたテラス席

ラ・ソフィッタ
(プランは8月31日まで提供 ※場合により延長)

住所:東京都渋谷区宇田川町16-12
アクセス:JR渋谷駅「ハチ公改札口」から徒歩5分
電話:03-3496-5003
営業時間:平日 ランチ 11:00~15:30(LO15:00)
        ディナー 17:00~23:30(LO23:00)
     土日祝 11:00~23:30(LO23:00)
定休日:なし
プラン :女子会ビアガーデンコース飲み放題120分制(LO30分前)1名4000円、ビアガーデンスタンダードプラン飲み放題120分制(LO30分前)1名4500円 ほか

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


\写真映えするビアガーデン/

2.ルガル・ア・アモール(町田)

映像ショーと音楽が楽しめる新感覚ビアガーデン

南米リゾートを意識したという空間。夜は照明でエキゾチックな雰囲気に

小田急線町田駅から徒歩1分のところにある「町田モディ」の屋上で行なわれている「ルガル・ア・アモール」は9月30日(土) まで行なわれているビアガーデン。ビアガーデン+南米リゾート=ビアリゾートという新しいコンンセプトを打ち出している。会場には、テーブル席やソファ席、カップルシートが設けられ、大人数でも恋人同士でも利用しやすい。

入り口には巨大なペインティングが。さっそく記念撮影を始める「ビール女子」たち。カップルがこの壁を背景に写真を撮れば、関係が長く続くというジンクスもあるそう
高橋さん
高橋さん
ペインティングが思いのほか大きくて、うまく写真に収めるのが難しかったです(笑)。デザインもすごくロマンチックで、まるで海外に来たみたい。
今回は、こちらのハイカウンター席のプラン(4500円)で南米気分を。ビールをはじめとするドリンクの飲み放題も含まれている。今回はリゾートらしくスパークリングワインで乾杯
菅野さん
菅野さん
会場のインテリアや照明の色使い、BGMとして流れるクラブミュージックが、本当にリゾートにいるような気分を味あわせてくれます。10階建デパートの屋上なので、晴れた日は夕焼けや夜空もきれいなんですよ。
続いて料理も登場。「ビール女子」たちも声を上げて盛り上がる
料理は丁寧に盛り付けられながらも、品数も多くボリュームたっぷり。シェアしながらいただくのにもってこいだ(写真は3人前)

南米リゾートをイメージしたフードメニューには、南米料理が多くそろっている。グリルされた肉をトルティーヤに乗せて食べるファヒータや、米を使ったケイジャン料理であるジャンバラヤなど、具材のバリエーションが豊かでカラフルな料理が並ぶ様子は、見た目にも楽しい。

大田さん
大田さん
南米料理は気温が高い地域の食べ物だけあって、暑い今の季節にもぴったりです。料理がおいしいとお酒も進みますね。
「ビール女子」たちはファヒータを気に入ったご様子。バーベキューソースで味付けされた肉、アボカド、サワークリームなどを、丸くて平べったいトルティーヤに乗せていく
高橋さん
高橋さん
自分で具を乗せて、生地を巻いて食べる、というようなアクションがある料理だとみんなで盛り上がりやすいですよね。
カウンター席でもセルフィー。華やかなムードの中、お酒と料理を堪能する

\映像ショーが見所!/

照明が降りるのを合図に、巨大スクリーンにプロジェクターで映像が映し出される。メッセージと共にメローなミュージックが流れる

映像ショーはほかではそう見ることのできない「ルガル・ア・アモール」の目玉イベント。19:30と21:30の2回行われ、事前予約によってそれぞれ7組、1日計14組限定でメッセージを流してもらうことができる。

しばらくスクリーンに釘付けになる「ビール女子」たち。映像ショーは10分ほどで終わり、照明が戻ると自然と会場から拍手がわき起こった
菅野さん
菅野さん
映像も音楽もとても美しくて、ついつい見入ってしまいました。ましてや流れるメッセージが自分に向けられたものだったら、感動も一層強かったと思います。

\女子会のちょいアゲテクその2/
屋根がないビアガーデンへ行く時は持ち物に気を遣うべし!

今後は夜もじめじめと蒸し暑くなる日が増える。汗拭きシートは必携アイテムだ
高橋さん
高橋さん
屋根がないビアガーデンでは、持ち物が大切! 特にこれからの季節は、昼夜問わずに汗拭きシートは必須です。ほかにも、日中なら日焼け止めクリーム、草木に近い場所では虫除けスプレー、急な雨に備えて折りたたみ傘。行く場所や時間を考慮して備えて、不安要素をできる限り取り除くことが、結果的にビアガーデンを楽しむことにつながるんです!

屋外では服が汚れる心配もあるので、汚れの目立つ白いボトムスは避けるといったことも有効だ。

みんなで仲良く汗拭きタイム。シェアできるものは、グループ内に1人持っているだけでも安心だ。スッキリしたらまた乾杯〜!

まさに南米のリゾート地にいるような感覚が楽しめる「ルガル・ア・アモール」。写真映えしそうな景色や料理が盛りだくさんだ。晴れた日にはきれいな夕焼けも眺められるので、日没前に来店するのがベスト。料理はもちろん、映像ショーやBGMなどで演出される非日常感が、日頃のストレスを忘れさせてくれる。ただし、汗拭きシートは忘れずに持っていきたい。

ルガル・ア・アモール(9月30日まで営業)

住所:東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ屋上
アクセス:小田急小田原線町田駅「西口」から徒歩1分
     JR横浜線町田駅「北口」から徒歩3分
電話:042-812-2580
営業時間:6月 平日 17:00〜23:00(LO22:00)
     6月土日祝 13:00〜23:00(LO22:00)
     7~9月 16:00〜23:00(LO22:00)
定休日:なし
プラン:VIPシートコース飲み放題120分制1名5000円、テーブル・カウンターコース飲み放題120分制1名4500円 など

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


\ビールの種類が豊富なビアガーデン/

3. CRAFT & Romance(吉祥寺)

日替わりで31種類のビールを飲める

ビルの7階にひっそりと構えられた開放的なテラス席。隠れ家的ビアガーデンが楽しめそうだ

吉祥寺に2016年3月にオープンした「CRAFT & Romance(クラフト & ロマンス)」には、夏の間だけ屋外席が設けられている。7階という高さにあるので、遮るビル群のない気持ちいい空を仰ぎながら、ビールと料理を味わうことができる。

\ビールの種類が豊富!/

「テイスティングセット」(1050円・税抜)は対象のビールから3種類選ぶことができる。写真は左から「湘南ビール チョコレートポーター」「うしとらブルワリー 濃ゆいピルス」「城端ビール グレートブルー」

大手ブランド3種(レギュラーサイズ550円・税抜)+クラフトビール27種(スモールサイズ500円・税抜、レギュラーサイズ800円・税抜)+サイダー1種(スモールサイズ500円・税抜、レギュラーサイズ800円・税抜)の計31種類のビールとサイダーが飲める。ドリンクメニューではそのほか、グラスワインやカクテル、約70種類のボトルワインを取りそろえている。

店内には31ものタップがズラッと並んでいる。ビール好きなら思わず拝みたくなるような光景だ
高橋さん
高橋さん
このお店のクラフトビールとサイダーは定番からちょっとした変わり種まで、日替わりで仕入れられているので、とても1回では網羅できないほどの種類が飲めるんです! なので、せっかくですし、飲んだことのないものにもチャレンジしてほしいです。たくさんの種類を飲みたい人には「テイスティングセット」もオススメ。飲み比べる時は、味わいの違いがわかりやすいように、基本的に味が薄いビールから飲みましょう。

\女子会のちょいアゲテクその3/
ビールは料理とのペアリングを楽しむべし

オニオンスライスやサーモンマリネなど全体的にさっぱりとした味付けの「前菜の盛り合わせ」(1280円・税抜)に合わせたいのは、優しく爽やかなテイストの「ハーヴェストムーン ベルジャンスタイルウィート」
菅野さん
菅野さん
ビールをより楽しむためには、やはり料理とのペアリングは欠かせません! 相性が良ければ、ビールも料理も一層おいしく感じられるはずです。サラダにはホワイト、スイーツにはスタウトといったように、ぜひいろいろな組み合わせにチャレンジしてください。よくわからないうちは、お店の人にビールや料理の特徴を教えてもらいましょう。
トマトやチーズなどでしっかりした味わいの「米ナスのピッツァ」(1230円・税抜)には、「大山Gビール IPA」の柑橘風味がマッチする

——最近ハマっているビールは何ですか?

大田さん
大田さん
今スコットランド産のモルトを使用したIPAにハマっているので、ぜひ飲んでみてほしいです。ホップが強いので少し苦めですけど、グレープフルーツの香りあふれる、長く爽やかな余韻が感じられます。
菅野さん
菅野さん
私は和素材の柚子と胡椒を使ったホワイトビールに注目しています。ほかのビールでは味わえないスパイシーで個性的な風味は、女性にも人気が高いです。和食にも合うので、日本酒と入れ替えて飲んでみると楽しめます。
高橋さん
高橋さん
私が最近印象的だったのが、キャラメル麦芽を使った甘みのあるビールに急冷させたエスプレッソを混ぜ合わせた飲み物です。ビールの苦みとエスプレッソの酸味が絶妙に絡んだ、大人な味わいがクセになります。
来店の度にビールのラインアップが変わり、前菜やピザ、パスタにも季節ごとのメニューが出てくるので、毎回違うペアリングを楽しむことができる

CRAFT & Romance

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-3 吉祥寺ピアット 7F
アクセス:吉祥寺駅「公園口」から徒歩2分
電話:0422-24-6170
営業時間:月~金 ランチ11:00~14:30(LO14:00)
         ディナー17:00~24:00(フードLO23:00、ドリンクLO23:30)
     土日祝 11:00~24:00(フードLO23:00、ドリンクLO23:30)
定休日:1月1日

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


眺めているだけで、ビール愛とビアガーデンの楽しさがひしひしと伝わってくる3人でした

少し知るだけでも楽しみ方が大きく広がるビールの世界。「ビール女子」たちが紹介したビアガーデンで、気になるところがあったら要チェックだ。ちょいアゲテクを実践して、これからの季節のビアガーデン女子会をより良いものにしてみてはいかがだろうか。

取材メモ/女子会にオススメのビアガーデンを案内してもらったわけですが、男の僕でも行きたくなるようなお店ばかり! 今度「ビアガーデン男子会」でも開こうかな?

取材・文=山下俊太(Roaster)/撮影=栗原大輔・藤井由依(Roaster)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES