この夏、行きたい“名古屋ならでは”のグルメなビアガーデン5選

この夏、行きたい“名古屋ならでは”のグルメなビアガーデン5選

2017/06/26

キンキンに冷えたビールが恋しいこの季節。屋外のビアガーデンで夜風にあたりながら楽しむのもまた一興。手羽先や味噌串カツ、どて煮など独特な食文化がある名古屋には、金のシャチホコに見られる派手好きな気質も手伝ってか、ビアガーデンも多種多様。中でも、今年話題になっている5軒を紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ど派手大好き! 名古屋のオススメビアガーデンはここ!

1.名古屋最古&専属アイドルに会える!
2.市場直結で鮮度抜群の魚介がウリ!
3.名古屋といえば、ビールにぴったりの手羽先!
4.雨の日も心配ご無用の全天候型ビアガーデン!
5.ゴージャス好きの名古屋女子御用達!


\名古屋最古&専属アイドルに会える!/

「ビアガーデンマイアミ」(栄)

名古屋最古のビアガーデンには人気専属アイドルのステージも!

現在は、名古屋三越栄店の屋上で営業中!

昭和38年、名古屋駅前の旧大名古屋ビルヂング屋上にオープンした「ビアガーデンマイアミ」。大名古屋ビルのリニューアルに伴い、平成25年からは名古屋三越栄店の屋上で営業を続けている。50年以上にわたって地元の人々に親しまれ、名古屋のビアガーデンの代名詞となっている。席数は400席で、事前予約可能。予約席が満席になっても、当日席も用意しているので安心だ。

食べ放題、飲み放題の2時間30分制で、11〜15時(土日祝のみ)が大人1名あたり3500円、15〜20時30分が4100円、20時30分〜が3400円 ※いずれも税込

メニューは牛や豚、鶏、魚介の鉄板焼きをメインに、焼きそばやお好み焼き、点心、揚げ物、ピザなど日替わりで60種類以上を用意。手羽先やどて煮、台湾カレー、あんかけパスタなどビールとよく合う名古屋めしもある。また、「なめらかプリン」が有名な愛知県のスイーツブランド「パステル」のオリジナルスイーツも工場から直送される。もちろん、これらはすべて食べ放題だ。

「名古屋のビアガーデンで唯一、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーの4社のビールをそろえています。各社4銘柄ずつ用意しているので、ビールだけで16種類。ぜひ飲み比べを楽しんでください」と山口太輔店長
アルコールは、ほかにもサワーやハイボール、カクテル、果実酒、ワイン、日本酒、焼酎などが揃う。ソフトドリンクやノンアルコール飲料も充実しているのでお酒がダメな人も十分楽しめる

マイアミでのもう一つの楽しみは専属アイドルユニット「マイちゃんアミちゃん」をはじめ、オリジナルユニット「SHALE SHALE」、大道芸人などのステージ。そのMCを務めるのが、金髪アフロ&ヒゲメガネ姿のDAISUKE。……ん? どこかで見たような顔だが(笑)。

DAISUKEの「アミーゴ!」の掛け声とともに、客もジョッキやグラスを持って乾杯!

会場が温まってきたところで、マイちゃんアミちゃんがステージに登場!

いつの間にかステージの前には人だかりが!

そして、曲に合わせて独特の動きを交えて熱心に声援を送っている。ひょっとして、これが“オタ芸”ってやつか!? 聞いてみると、年間200日以上も通い詰める熱烈なファンもいるそうだ。

彼らの熱気につられたのか、50代、60代のおじさんたちもステージ前に来て声援を送っていた

この夏は、歴史あるビアガーデンでジョッキ片手にアイドルステージも堪能してみる?

ビアガーデンマイアミ

住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋三越栄店屋上
交通:地下鉄東山線・名城線栄駅地下街16番出口からすぐ
電話:052-238-0051
時間:平日16:00~22:30、土日祝11:00~22:30
   ※11/1~12/17平日17:00~22:00、11:00~22:00
休み:無
期間:4/14(金)~12/17(日)
料金:食べ放題、飲み放題(2時間30分制)
   夏料金 ※5/12(金)~9/10(日)
   11:00~15:00 大人3500円、子供1000円
   15:00~20:30 大人4100円、子供1650円
   20:30~ 大人3400円、子供1000円

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


\市場直結で鮮度抜群の魚介がウリ!/

「柳橋ビアガーデン」(名古屋駅)

鮮魚の刺身や浜焼きが楽しめる全国的にも珍しいビアガーデン

柳橋中央市場は、三河湾や伊勢湾などで水揚げされた魚介をはじめ、地元産の野菜や肉などを扱う店が軒を連ねる“名古屋の台所”だ

名古屋駅からほど近い柳橋中央市場。その市場内の丸中食品センターの屋上にあるのが「柳橋ビアガーデン」だ。席数は600席と名古屋最大級。会場全面に屋根を設置してあるので、当日の天気や突然の雨などの心配は無用だ。

料金は、食べ放題&飲み放題(2時間制)で3900円。会場で利用できる800円分の金券が付く
 
鮮度抜群の刺身や大アサリ、ハマグリの浜焼きが評判だ

また、厳選した肉や有機野菜、串焼き、鉄板焼き、ご飯ものなど常時100種類以上のメニューを用意している。食べ放題のビュッフェコーナーとは別に有料コーナーがあり、その場で現金を支払うか、入場料の支払時にもらった金券が使用できる。

ドリンクは、サントリープレミアムモルツをはじめ、ワインやウイスキー、焼酎をベースとしたカクテルやソフトドリンクなど40種類以上がそろう
 

21:00以降の「夜割」(大人2900円)や日・祝の「家族割」(小中学生1000円、高校生1500円)、浴衣で来店すると500円オフの「浴衣割」(7・8月限定)など割引サービスも盛り沢山。名古屋駅からも近いので、デパートなどで買い物しがてら、ホッと一息つきに立ち寄ってみるのもおすすめだ。


柳橋ビアガーデン
住所:名古屋市中村区名駅4-15-2 マルナカ食品センター屋上
交通:JR東海道本線ほか名古屋駅ユニモール地下街11番出口から徒歩3分
電話:052-571-5545
時間:平日17:30~23:00(料理22:00 L.O.、ドリンク22:30 L.O.)
   ※土日祝16:00~、プレミアムフライデー15:30~
休み:無
期間:2017 4/21(金)~9/30(土)
料金:食べ放題、飲み放題(2時間制)
   大人3900円(800円分の金券付き)、子供2000円

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

\名古屋といえば、ビールにぴったりの手羽先!/

「鳥開総本家 伏見店」(伏見)

手羽先唐揚げ食べ放題&飲み放題!
名古屋の味をとことん堪能!

「手羽先唐揚げ」(1人前4本480円)

パリパリ食感の皮に包まれたジューシーな肉。甘辛いタレとコショウがきいた独特の味付けがクセになる手羽先の唐揚げ。言わずと知れた名古屋の居酒屋の定番メニューだが、「鳥開総本家」の「手羽先唐揚げ」(1人前4本480円)は、「からあげグランプリ」の手羽先部門で3年連続最高金賞を受賞した本物の味だ。たしかに他店よりも大ぶりで、噛むごとにジューシーな肉汁がジュワッと溢れる。

店構えも立派だ

伏見通を東に1本入った本重町通り沿いにある「鳥開総本家 伏見店」は3年前にオープン。その当初からビルの屋上でビアガーデンを開催している。

収容人数は24名。当日利用もOKだが、事前予約をおすすめ

ここが屋上のビアガーデンスペース。オフィスビルが建ち並ぶ伏見エリアでは初の屋上ビアガーデンとか。会社帰りに寄るにはぴったりだ。
ビアガーデンで楽しめるのは、コース料理。さまざまなコースを用意しているが、手羽先唐揚げやもも唐揚げ、焼き鳥など「鳥開総本家」の名物がひと通り堪能できるうえに、120分間の飲み放題も付く「ピリ辛鶏ちゃん焼き鍋コース」(3600円)がおすすめだ。

「ピリ辛鶏ちゃん焼き鍋」は、岐阜県下呂市や郡上市など奥美濃地方の郷土料理。ダム工事に従事していた労働者向けの焼肉店や食堂で出されていたことから、スタミナ料理として知られている
これが「ピリ辛鶏ちゃん焼き鍋コース」(3600円)の一部。ほかに枝豆やピリ辛きゅうりなどが付く。しかも、たった380円を追加するだけで手羽先唐揚げが食べ放題となる。これはかなりお得だ!
「ウチの手羽先は、タレにワインを加えてコクを出しているのが特徴です。また、もも唐揚げも『からあげグランプリ』のしょうゆダレ部門で最高金賞を受賞しました。ぜひ食べに来てください」(伏見店の赤尾公夫店長)

ビールに抜群に合う名古屋名物の手羽先と一緒にビアガーデンを堪能しよう!

鳥開総本家 伏見店

住所:愛知県名古屋市中区錦2-9-16
交通:地下鉄東山線ほか伏見駅1番出口から徒歩2分
電話:052-202-7277
時間:17:00~23:00(22:30 L.O.)
休み:日
期間:3月下旬~9月末 ※予約があればシーズン外でも可
料金:「ピリ辛鶏ちゃん焼き鍋コース」(手羽先食べ放題&120分飲み放題付き3980円)など

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


\雨の日も心配ご無用の全天候型ビアガーデン!/

ガーデンキッチンフラリエ ビアガーデン(矢場町)

まるで高級リゾート!? フカフカのソファ席で寛ぐ極上BBQ

 

ビアガーデンで心配なのは、その日の天候。今でこそ、雨天OKの全天候型のビアガーデンが増えているとはいえ、味気なさは否めない。そこでオススメしたいのが、矢場町の久屋大通庭園フラリエ(旧ランの館)内「ガーデンキッチンフラリエ ビアガーデン」。花や緑に囲まれたシチュエーションは都心にいながら、リゾート感を満喫できる。

巷のビアガーデンとは一線を画したこの雰囲気。全天候型でありながら、ゆったりとくつろげるソファ席が完備している。屋根付きのソファ席は、小グループ向けの4名席が12卓、団体用の10名席が2卓、計68席

料理は本格グリルで焼き上げるBBQ。牛肉と豚肉、鶏肉、ジャンボソーセージを盛り合わせたグリルプレートと玉ネギやレッドキャベツ、パプリカなど7種類の野菜がセットの「スタンダードBBQ」は、フリードリンク付きで4500円。

 
大アサリやソフトシェルシュリンプなど魚介を追加したり、肉を和牛ロースや信州豚骨付きロース肉、伊勢鶏にグレードアップしたコースも用意。ワンランク上のBBQが楽しめる

ビアガーデン中央にはバーカウンターがあり、これまた雰囲気抜群。

フリードリンクは、プレミアムモルツと香るエールの生ビール2種と赤白ワイン、サングリア、ハイボール、ソフトドリンクなど

雰囲気も抜群で全天候型のビアガーデンは、会社の打ち上げにもぴったり。幹事を任された際も知っておくと便利だ。

ガーデンキッチンフラリエ ビアガーデン

住所:愛知県名古屋市中区大須4-4-1 久屋大通公園フラリエ フラリエコート
交通:地下鉄名城線ほか矢場町駅4番出口から徒歩3分
電話:052-265-8227
時間:17:30~22:30 ※土日祝はランチ営業11:30~15:00もあり
休み:無
期間:10月末まで
料金:「スタンダードBBQ」4500円~

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


\ゴージャス好きの名古屋女子御用達!/

「丸の内アプローズスクエア名古屋」(丸の内)

女子のハートをくすぐるフォトジェニックビアガーデン

 

サラリーマンが会社帰りに行くイメージが色濃いビアガーデン。しかし、昨今では女性をターゲットにした店も少なくはない。料理の味は言うまでもなく、盛り付けや提供の仕方、インテリアや照明など細部にわたって女性を意識しているのが「丸の内アプローズスクエア名古屋」だ。それもそのはず、ここはガーデンウェディングができる人気の結婚式場なのだ。

白亜の大豪邸に一歩足を踏み入れると、そこはまさに別世界! 外国映画に出てくるような緑豊かなプール付きガーデンで優雅なひとときを過ごす**“女性にうれしい美アガーデン”**を提唱している

セレブな空間でゆったりと寛ぐ様子を写真に残すことができる「シンデレラフォトスポット」も用意。

この日、訪れていた岡本英里さん(左)と嶋田里菜さん(右)は、「いい記念になりますし、SNSで友達に自慢できます!」と、大喜び。フォトプロップスを片手にポーズ!

また、どこのビアガーデンでも見たことのない料理がズラリ。「ヘルシー&ビューティー」をコンセプトに、新鮮な夏野菜をはじめ、シェフこだわりの食材をふんだんに使っているのが特徴だ。

できたてにこだわり、炭火で焼いたグリル料理のほか、骨付き生ハムやローストビーフのカッティングサービスも

また、ドリンクはビールのほか、贅沢に、そしてお洒落に乾杯できるスパークリングワインや赤白ワインも飲み放題。アルコールが苦手な人も楽しめるように、ノンアルコールのドリンクも多数用意している。

樽に入ったスパークリングワインを自らサーブ!

これらの料理をプロデュースしたのは、料理長の青木俊道さん。彼はフレンチのシェフとして市内のホテルやレストランで腕を磨いた後、数々の店で料理長を歴任。現在、ここで料理長を務める傍ら、名古屋フランス料理研究会の副会長として、地元におけるフランス料理の発展に尽力している。

「ソースの味付けなど、フレンチがベースです。ひと手間もふた手間もかかった料理をお楽しみください」と青木料理長
 

2人に感想を聞いてみたところ、「キラキラとした空間に心ときめきました。自分へのご褒美になりました。明日から頑張ります」(岡本さん)、「料理の美味しさに感動しました。また来年もここで女子会がしたいです」(嶋田さん)とのこと。最後に耳寄りな情報を。通常5500円の料金が10名以上の利用で1人5000円になるグループ特典がある。しかも、1日限定1組でVIPルームの利用も可能。同窓会や社内の女性のモチベーションUPにぜひ!

丸の内アプローズスクエア名古屋

住所:愛知県名古屋市中区丸の内2-9-36
電話:052-218-6088
時間:毎週水曜~金曜18:00~21:00(2時間制)
   毎月最終金曜日(プレミアムフライデー)は16:00~
※週によっては休みになる曜日もあり
交通:地下鉄桜通線ほか丸の内駅1番出口から徒歩1分
【開催日】
6/30(金)
7/5(水)、7(金)、12(水)、14(金)、19(水)、20(木)、21(金)、26(水)、27(木)、28(金)
8/2(水)、3(木)、4(金)、16(水)、17(木)、18(金)、23(水)、24(木)、25(金)、30(水)
9/1(金)、6(水)、7(木)、8(金)、13(水)、14(木)、15(金)、22(金)、27(水)、28(木)、29(金)
休み:不定休
期間:9/29(金)まで
料金:大人5500円、小人(小中学生)2000円、小学生未満無料

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/専属アイドルのステージや手羽先食べ放題、非日常的なセレブ空間など、ビアガーデンも時代とともに進化していることを実感しました。この夏は取材ではなく、客としていろんな店をハシゴしようと思います。

取材・撮影・文=永谷正樹

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載