冷たいけどあったかい!? アイスの入った冷やしパン3選

特集

夏を涼しく! ひんやりメニュー大集合

2017/07/03

冷たいけどあったかい!? アイスの入った冷やしパン3選

うだるような暑さの続く季節、気温の上昇とは反比例してどんどん食欲がなくなっていく、なんて人も多いのではないだろうか?今回は夏バテでもペロリと食べられちゃう! そんなアイスの入ったひんやり冷やしパンを3つご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

食後のデザートは断然アイス派なライター、Rinaが冷やしパンを実食!

アイスは好きだけれど、パンは苦手! 少々の不安を抱えつつ取材に挑む

1日で3つもアイスが食べられる! ということで飛びついた私だが、実はパンが苦手だったことに取材当日に気がついた私。アイスにともなってパンを3つ食べなければならないというプレッシャーに少々笑顔もこわばる。

今回紹介する冷やしパンたちはそんな私の胃袋にどうアタックしてくるのだろうか?

\絶品冷やしパン3選はこちら!/
1. 温かいブリオッシュと冷たいアイスのコントラストが絶品!
 『ハンデルスベーゲン』(銀座)
2. コッペパンの人気店が世に放つ限定冷やしパン
 『イアコッペ』(上野)
3. メロンパンの食感とアイスがベストマッチ!
 『アルテリア・ベーカリー』(雑司が谷)


1.『ハンデルスベーゲン』(銀座)

アイス好きは必食! こだわりのアイス専門店で食べるホットサンド

平日は近隣に勤めているOLやサラリーマン、休日は家族連れなどで賑わっている

東急プラザ銀座の地下2階の一角にあるアイスクリームの専門店『ハンデルスベーゲン』。ショッピングの合間に気軽に立ち寄ることができるのもうれしい。アイス大好きな私が、一度行ってみたい! と思っていたお店だ。

アイスの専門店でいただける、絶品の冷やしパンとは?

1日限定20個のホットサンドは500円。冷たいアイスがとろりとパンに染み込む

『ハンデルスベーゲン』で食べられる冷やしパンはこちら!

“冷やしパン”というタイトルで取材をしているにもかかわらず、実はここの“冷やしパン”はブリオッシュで挟んだ「ホットサンド」なのだ。

アイスの入ったブリオッシュを焼く!? アイスが鉄板の上に乗せられている光景はなんとも不可思議だ

ワッフルを作る機械で表面を焼くことで、温かさと冷たさの絶妙なコントラストを味わうことができる。

いざ実食! 苦手なパンという存在に恐れを抱きながらも、アイスへの欲望にまかせてかぶりつく

ブリオッシュに挟むアイスのフレーバーは、お店に並ぶ数種類のアイスの中から好きなものを選ぶことができる。今回は、色も鮮やかな抹茶のアイスをセレクト!

口に入れた瞬間、普段私がパンに抱いていた「もそもそして食べづらい……」というイメージが一気に吹き飛んだ。温かいブリオッシュに冷たいアイスが溶け出してなんともジューシーなのだ。さっと焼かれたブリオッシュの表面も、程よい弾力でどんどん食べ進めてしまう。

『ハンデルスベーゲン銀座店」店長の細川さん。撮影の際は「目、開いてないよ〜!」とスタッフさんや広報さんからいじられており、スタッフ間の仲の良さがうかがえた
「店長をやっていると、いろいろな人との出会いで新メニューの開発につながったりして楽しいです」と語る細川さん。今夏には岐阜の酒蔵とコラボして、アルコールが入った大人なアイスも出るのだそう
Rina
Rina
「ブリオッシュにアイスが染み込んできてしっとりしていますね。パンが苦手な私でもすごく食べやすいです。このようなアイスを挟んだホットサンドをメニューに加えようと思った理由は何なんでしょうか?」
『ハンデルスベーゲン』銀座店・店長 細川さん
『ハンデルスベーゲン』銀座店・店長 細川さん
「実は、ホットサンドにアイスを挟むスイーツというのは昔からあるものなんですよ。それをうちで出しているアイスで作ったら、絶対においしいでしょ! ってことでお店のメニューに加えた、という感じです」
Rina
Rina
「私は抹茶のアイスをブリオッシュに挟んでもらったんですが、抹茶のほろ苦さとミルクの濃厚さがブリオッシュに負けていないですね」
『ハンデルスベーゲン』銀座店・店長 細川さん
『ハンデルスベーゲン』銀座店・店長 細川さん
「うちはアイスもお店で作って、出来たてを提供しています。濃厚な分、脂分が多いので、なかなかフレーバーの味が出しづらいんです。なので、抹茶などのフレーバーは他のお店に比べてたっぷり入っていると思いますよ」
一つ一つ丁寧に焼かれるホットサンド。同じ機械で、ワッフルコーンも手作りされている

『ハンデルスベーゲン』は常に定番フレーバーが6〜7種、3ヶ月程度で入れ替わる期間限定フレーバーが3〜5種と、アイスのラインアップが豊富。店舗ごとの限定フレーバーなどもあるのだとか。

もちろんその一つ一つがこだわり抜かれ洗練された味わいだ。そんな出来たてアイスを挟んだホットサンド、おいしくないわけがない!

ランチのデザートやショッピングの休憩にもぴったりなお手頃サイズの濃厚アイスホットサンド、銀座に立ち寄った際はぜひ試してみてはいかがだろうか?

Yahoo!ロコハンデルスベーゲン 東急プラザ銀座店
住所
東京都中央区銀座 5-2-1 東急プラザ銀座店 B2F

地図を見る

アクセス
銀座駅[C2]から徒歩約0分
日比谷駅[A1]から徒歩約2分
有楽町駅[A0(東側)]から徒歩約2分
電話
03-3575-5300
営業時間
営業時間 11:00~23:00 ラストオーダー 22:45
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


2.『イアコッペ』(上野)

今、注目度ナンバーワン! コッペパン専門店の懐かしくも新しい「あげパンアイス」

「上野の森さくらテラス」のエレベーター正面にある。コッペパンの懐かしさと店構えのおしゃれさのコントラストもおもしろい

上野駅の不忍口からほど近い、「上野の森さくらテラス」の3階にある『イアコッペ』。コッペパン専門店として、今人気が急上昇中! テレビなどで目にしたことがある人も多いのではないだろうか?

そんな今話題の専門店が期間限定で販売する冷やしパンとはいかに?

「あげパンアイス」は250円(税抜)。人気店だけあって早い時には13時頃に売り切れてしまうことも

『イアコッペ』が夏季限定でお届けする冷やしパンは何ともシンプル。揚げたコッペパンの間に小さなバニラアイスが4連で挟まれているのが可愛らしい。

アイスを挟んでいるだけではなく、パンも一緒に凍らせて提供されているのが特徴だ。

冷え冷えのパンを丁寧に紙に包んでくれる。保冷バッグもあるので、上野公園のベンチで陽の光を浴びながら食べるのもおすすめ
本日2つ目の冷やしパン! サクッと食べられそうなお手頃サイズ。おやつにもぴったりだ

自分の顔とパンを並べて大きさを表現しようとすると、どうもパンが小さく見えてしまうのが悲しい。手軽なサイズ感でも、揚げパンなので食べ応えは充分!

アイスとともに挟まれたコーンフレークがアクセントになり、サクサクとした食感も楽しめる。

店長の道又さん。「あげパンアイスは半解凍にして食べるのがおすすめです!」
Rina
Rina
「揚げパンと聞いていたので、結構重いのかな……と身構えていたのですが、思った以上にさっぱりしてますね。あと、結構塩気がガツンとあり、アクセントが効いていて甘いものが苦手な人でもペロリといけちゃいそうです」
『イアコッペ』店長 道又さん
『イアコッペ』店長 道又さん
「ゲランドの海塩という、少量でもキリッとした塩気のあるお塩を入れています。バニラアイスの甘さが引き立ちますよね」
Rina
Rina
「この凍らせた揚げパン自体もアイスのような感覚で、何個でも食べられてしまいそうです! ダイエット中は注意ですね」
『イアコッペ』店長 道又さん
『イアコッペ』店長 道又さん
パンも一緒に凍らせている、というのがポイントです。凍らせることで風味がさっぱりとするんです。これが、揚げパンが重くなりすぎずにおいしく食べ続けられる秘密ですね」
ショーケースに並ぶ色とりどりのコッペパンたちは、目も楽しませてくれる

『イアコッペ』はパンにこだわりあり!
こだわりのパンは、具材によって、プレーン、ブリオッシュ、全粒粉、ブラックカカオと4種のパンを使い分けている。あげパンアイスだけではなく、他のコッペパンも平均して17時前後には売り切れてしまうことが多いのだとか。

コッペパンのサンドとあなどることなかれ。ステーキの挟んであるコッペパンなどガッツリ系も取り揃えている。
お食事系サンドとあげパンアイスを買って、上野公園や動物園でのピクニックに連れて行くにもぴったりだ。

Yahoo!ロコイアコッペ
住所
台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 3F

地図を見る

アクセス
上野駅[JR山下口]から徒歩約1分
上野駅[7]から徒歩約1分
京成上野駅[正面口]から徒歩約1分
電話
03-5812-4880
営業時間
10:00~19:00なくなりしだい閉店
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


3.『アルテリア・ベーカリー』(雑司が谷)

アニメにも登場した、下町発のザクザク食感「アイスメロンパン」!

雑司が谷駅だけではなく、目の前には都電が走り、なんとも風情がある

雑司が谷駅から徒歩1分の「アルテリア・ベーカリー」。店外にも甘い香りをただよわせ、地元の人々がひっきりなしに誘い込まれている様子だ。

世代問わず愛されるメロンパンの専門店では、ボリューム満点の「アイスメロンパン」がいただける。

「アイスメロンパン」はどの味のメロンパンを選んでも一律380円! ちょっとだけお高めのメロンパンを選ぶとお得感が増すかも?

大きなメロンパンの間に挟まれたバニラアイス。

メロンパン専門店というだけあって、数種類あるメロンパンの中から好きな味を選んでアイスを挟んでもらえるのが特徴だ。
今回はスタンダートなプレーン、そしてオレンジフレーバーのメロンパンに豪快にアイスを挟んでもらった。

大きなメロンパンに負けないボリュームのアイスが挟み込まれる。このバニラアイスも10種以上ものアイスを試食して、一番メロンパンに合うものを選んだのだとか
本日3つ目の冷やしパン。最後に“本日ナンバーワンボリューム”な奴が胃袋に攻め込んでくる

3つ目の冷やしパンにこの大きさは厳しい! なんて思ったのもつかの間、メロンパンの表面のザクザクとした食感と、ちょっと懐かしさを感じるさっぱり系バニラアイスの甘さとベストマッチ!

ザクザクとした食感を楽しみたいなら表面にさいの目が入ったプレーン、ふんわりとした食感を楽しみたいならオレンジや紅茶フレーパーがおすすめだ。

『アルテリア・ベーカリー 雑司が谷店』の店長、茂呂(もろ)さん。「写真を撮るの、あと40秒だけ待ってね! そうしたら手が空くから」と、秒刻みでメロンパンを焼き上げるプロだ
「写真を載せるときは、格好よく修正しといてよ!」と気さくな茂呂さんと、自然と会話も弾む
Rina
Rina
「今日3つ目の冷やしパンなので、大きさを見たときは食べきれるかちょっと心配になっちゃいました。でも、表面の食感も面白いですし、中はふんわりとしていて……全部食べちゃいました(笑)」
『アルテリア・ベーカリー』雑司が谷店・店長 茂呂(もろ)さん
『アルテリア・ベーカリー』雑司が谷店・店長 茂呂(もろ)さん
「うちのメロンパンは、発酵の機械を使わないで、季節によって発酵時間を変えながら常温で発酵させているんです。おいしいメロンパンを作るこだわりの一つですね」
Rina
Rina
「そういえば、『アルテリア・ベーカリー』さんは、数多くのアニメにも登場しているとか」
『アルテリア・ベーカリー』雑司が谷店・店長 茂呂(もろ)さん
『アルテリア・ベーカリー』雑司が谷店・店長 茂呂(もろ)さん
「雑司が谷の商店街が、いろいろなアニメの舞台になっているので、ちょっとだけ名前が変わったりして登場していますね。最近だと『一週間フレンズ』とか『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』とか。特に『一週間フレンズ』は実写版映画の撮影もこの辺りで行われていたので、出演者の方々が、よくメロンパンを買いにきてくれていましたよ」
メープルや塩メロンパンなど、さまざまな味のメロンパンが並ぶ。手土産にも喜ばれそう!

もともとはメロンパンの移動販売からスタートしたという『アルテリア・ベーカリー』。

雑司が谷駅のすぐ隣、池袋の駅などでもたびたび移動販売をしているが、アイスを挟んだ「アイスメロンパン」が食べられるのは、やはり店舗に足を運んだ者に与えられた特権!

お店のすぐ横を通る都電と、メロンパンという取り合わせもどこか懐かしさを感じさせ、舌だけではなく、心にも“おいしい”を届けてくれるお店だ。比較的空いているという午前中〜昼間に訪れてみるのがおすすめ!

Yahoo!ロコアルテリアベーカリー 雑司が谷店
住所
東京都豊島区雑司が谷2丁目7-13

地図を見る

アクセス
鬼子母神前駅[出口]から徒歩約0分
雑司が谷駅[1]から徒歩約1分
雑司が谷駅[エレベータ]から徒歩約1分
電話
03-6912-6077
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

「夏の炎天下でパンなんて……。」

きっとそう考えてしまう人も多いはず。実際に私もそんな風に思っていた一人。しかし、今回紹介した、アイスを挟んだ冷やしパンたちはそんな既成概念をひっくり返してくれる逸品揃い。

一口食べれば誰かに教えたくなる、そんな冷やしパンを、この夏はぜひ試してみてはいかがだろうか?

取材メモ/「どうしよう、私、パン苦手だった……。」そんな不安を抱えて臨んだ取材。しかし、そんな私の背中を後押し、どころか想像をはるかに超えて食欲を刺激してくる冷やしパンたちに“いい意味”で完敗。たくさんの人に教えてあげたいけれど、手土産にできない時間限定なのもまた憎い!

取材・文=Rina Onodera(リベルタ) 写真=奥田晃司

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES