「ボクたちだって暑いんです!」水浴びを楽しむ動物を見に行こう

特集

大人もヒャッハー!ひんやり水遊び

2017/07/15

「ボクたちだって暑いんです!」水浴びを楽しむ動物を見に行こう

夏もいよいよ本番ですが、すでに暑さでぐったり……。猛暑にやりきれないのは動物たちも同じなんです! 動物園や水族館に住むアニマルたちは、暑さをしのぐため水浴びしたり、飼育員からの氷のプレゼントに喜んだり。ヒャッハー!と納涼を楽しむかわいらしい姿を愛でに、出かけませんか?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「日本、暑すぎー!」7月12日(水)リニューアルのサンシャイン水族館の屋外エリア「マリンガーデン」にも潜入します!

ヒャッハー!が見られるスポット

1.リニューアルした「サンシャイン水族館」(東京都)
2.ゾウさんが豪快水遊び!「名古屋市東山動植物園」(愛知県)
3.毛刈りで夏を乗り切るアルパカ「東京都恩賜上野動物園」(東京都)

水浴び、氷プレゼント、毛刈りまで! アニマルたちの納涼大作戦!

アニマルたちの気持ちよさそうな納涼“ヒャッハー!”姿を愛でる前に、まずは確認……。そもそも動物たちも私たちと同じように、この夏の暑さには耐えかねているのでしょうか? 動物研究家パンク町田さんにお話を伺いました。

\教えてくれるのはこの人/

昆虫から爬虫類、鳥類、猛獣などあらゆる生物を扱える動物の専門家で、動物作家のパンク町田さん。野生動物の生態を探るため世界中を探索した経験をもつ。著書『飼ってはいけない(禁)ペット』(どうぶつ出版)

ーーぐでぐでした動物たちの姿ってとても愛らしいですが、夏の暑さでヘバることもあるのですか?

パンク町田さん
パンク町田さん
当然、動物も夏は暑い。人間も動物ですから、人間が暑いのであれば他の動物だって暑いものです。暮らしている地域によって、どのくらいの暑さまで耐えられるかが変わってきます」

ーー動物たちは暑いからって、町田さんのように裸になって涼むわけにもいきませんからね……(上写真参照)

ホッキョクグマたちはみんなで仲良く、ぐで〜〜(写真:アフロ)
木の上で見事な“ぐで姿”を披露するレッサーパンダ(写真:アフロ)

ーーでも、動物たちが暑い日に水遊びする姿はとても気持ちよさそうで、それもまた格別にかわいいんですよね!

パンク町田さん
パンク町田さん
オラウータンは水遊びが好きですね。そもそも霊長類には泳いだり、水遊びが好きな動物は基本的に少ないんです。同じ霊長類のチンパンジーやゴリラなどは、水たまりや池に入ることはありますが、積極的に水遊びはしません。しかしオラウータンは泳いだりもする。雨期に泳げないと移動ができなくなってしまうことがあるから、泳ぎ上手になったのでしょう」
「ねぇ…、ねえってば! 寝てばっかりいないで、そろそろ働けば?」ニート問題は、ニホンザル社会でも深刻…だったりして(写真:アフロ)
パンク町田さん
パンク町田さん
「日本には海に潜ったり、温泉につかったりするニホンザルがいますよね。遺伝的には水遊びが苦手なはずなのですが、人間に近い彼らは、親や親戚が水に慣れ親しんでいる姿を見て育ち、いわば“文化”として水遊びに慣れ親しんでいるのです」
ライオンだって、たまにはぐうたらします。百獣の王の威厳はいずこに!?(写真:アフロ)

猛暑にゲンナリしてしまうのは、動物も人間も同じなんですね!

それでは、猛暑でヘバる姿から一転、動物たちがヒャッハー!とはしゃぐ姿を愛でに行きましょう。

1. リニューアルした「サンシャイン水族館」(東京都)

7月12日(水)にリニューアルオープンしたばかりの東京・池袋のサンシャイン水族館世界初を含む5つの新展示を取り入れ、より進化した天空のオアシスが誕生しました。こちらでももちろん、水遊びをヒャッハー!と楽しむ動物たちを見ることができます。

今回リニューアルしたのは「サンシャイン水族館」の屋外エリア「マリンガーデン」。夜にはロマンチックにライトアップされるのでデートにもオススメ!

世界初の展示! 草原ペンギンのヘタり顔にもキュン

ペンギンといえば、氷や岩場、水の中で暮らす姿をイメージしますよね。ところが、野生のケープペンギンが生息する南アフリカ・ケープタウンでは、草原の上にペンギンが暮らしているのです。そんな“緑の世界”をイメージして屋上に作り上げた世界初の展示がサンシャイン水族館に登場しました。

確かに、こんなペンギン展示は見たことない! 本来のケープペンギンの暮らしを垣間見ることができます
ケープタウンの草原をイメージした新しい住処にペンギンたちも大喜び!?
「ケープタウンに負けないくらい日本も暑いわねー。ね、一緒に水中に涼みに行かない?」

やはりペンギンも暑さには弱いため、サンシャイン水族館ではしっかり暑さ対策も行っています。

スタッフの坂東さん
スタッフの坂東さん
「東京の暑さは厳しいので草原にミストを出したり、床シャワーを行ったり対策をとっています。ペンギンは暑くてたまらない時、クチバシを開ける習性があるんですよ」

取材に訪れた7月上旬は、まだクチバシ全開の子はいませんでした。この時はまだ少し余裕があったようですが、暑さがピークを迎える8月が心配です......。

生まれて6カ月の赤ちゃんペンギンも、日本の夏の暑さの洗礼を浴びています

草原のすぐ隣に誕生した「天空のペンギン」という展示もまた世界初。幅12mの水槽を見上げるような作りになっていて、まるで大都会の空をペンギンが泳いでいるよう。つまり、草原でヘバっているペンギンと、水中でヒャッハーしているペンギン、両者のかわいい姿を観察できるというわけ!

水槽を見上げれば、翼を広げた“空を飛ぶペンギン”たち。草原ではかわいらしく歩いていたペンギンたちも、ひとたび水中に入れば俊敏に!
「水の中はやっぱり気持ちいい〜!」 こんなアングルから泳ぐペンギンを愛でることができるなんて!

「アシカのびちょびちょ大作戦!」って!?

「んー、アチ〜」とベロを出して夏バテ中なのは、アシカ(オタリア)のクゥちゃん(女の子)

夏限定で行われるパフォーマンス「アシカのびちょびちょ大作戦!」では、アシカのクゥちゃんが大活躍。とっても賢い女の子で、お客さんに水鉄砲をかけて涼しい気持ちにさせてくれる働き者です。

「暑い夏のお仕事はいつも以上に大変……でも私、頑張るわ!」(クゥちゃん)
スタッフの坂東さん
スタッフの坂東さん
「クゥちゃんはとてもマイペースでおっとりした性格。お客さんとの距離が近くてもあまり動じないんです」

サンシャイン水族館では、オタリアとカリフォルニアアシカの2種のアシカが暮らしていますが、みーんな芸達者なんだそう。

クゥちゃん、よ〜く狙いを定めて! 水鉄砲発射!!
クゥちゃんに水鉄砲をかけられて大喜びする取材班

クゥちゃん、暑い中、お仕事お疲れさまでした!

\ペリカンとカワウソの水遊びも!/

「マリンガーデン」に広がる30mの天空の通路には、モモイロペリカンたちが暮らしています。普段は見ることのできないアングルから、ペタペタ歩いたり、休憩したりするペリカンを心ゆくまで観察できるのです。

モモイロペリカンの「シュガー」(男の子)と「ペッパー」(女の子)
スタッフの坂東さん
スタッフの坂東さん
「ペリカンは、暑さを感じるとクチバシ下の袋が体温調整のために膨らむのです。今日はまだそれほどではありませんが、猛暑の時は、もっと大きくなるので注意して観察してみてください」

こちらの水槽で夏バテしているのは、コツメカワウソ

「アタイ、毛むくじゃらだし、暑くてもうダメかも」
「でも水槽内の水に入っちゃえば、あ〜涼しくて気持ちいい〜」
スタッフの坂東さん
スタッフの坂東さん
「ここに住んでいるのは、コツメカワウソの一家。お母さんのシュラと、ニコとマハロの姉妹です。どの子も好奇心旺盛で、いたずら好き!  草をむしって遊んだりするんですよ」

暑い時には、寝ているか水の中で遊んで過ごすという彼女たち。羨ましい限りです!

サンシャイン水族館
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上
アクセス 東池袋駅[6]から徒歩約5分、東池袋四丁目駅[出口]から徒歩約6分
電話:03-3989-3466
営業時間:【4月~10月】10:00~20:00、【11月~3月】10:00~18:00
※最終入場は終了1時間前(※変更になる可能性あり)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.ゾウさんが豪快水遊び!「名古屋市東山動植物園」(愛知県)

長いお鼻がシャワー代わり! 巨大なプールで夏を乗り切る

約60haの広さを誇る緑豊かな東山動植物園。約500種の動物が暮らすこちらで、アジアゾウのさくらちゃんは豪快な水浴び姿を見せてくれます。

水浴び大好きなアジアゾウのさくらちゃん(女の子)は2013年の1月生まれの4才
アジアゾウ飼育員の谷さん
アジアゾウ飼育員の谷さん
「さくらは無邪気で元気いっぱいの女の子。暑い日には運動場のプールで水浴びをしています。運が良ければ、ダイナミックな水しぶきが見られるかも!?」

\氷のプレゼントに大興奮なのは?/

カナダヤマアラシは実は木登り上手。それでも暑い夏は、ほぼ毎日氷をもらって地面でガ〜リガリ〜
カナダヤマアラシ飼育員の山岸さん
カナダヤマアラシ飼育員の山岸さん
「本当に暑い日は、氷の上に乗っかってすやすや寝ていることも。とても微笑ましい光景です(笑)」

\魅惑のセクシーポーズで水浴び/

水しぶきを大胆に浴びて、きわどいポーズを決めるオオアリクイのさん平君。グラドルもびっくりの爽快ショット!
オオアリクイ飼育員の武田さん
オオアリクイ飼育員の武田さん
「いつもはおっとりゆったりのオオアリクイですが、水浴びの時はいつもと違って活発な姿を見せてくれます。水浴びは暑い日に状況を見て行っていますが、14時以降が多いですよ」

東山動植物園では、8月4日(金)〜6日(日)、11日(祝)〜13日(日)、15日(火)限定で「ナイトZOO & GARDEN」を開催。特別に午後8時30分まで開園時間が延長(入園は午後8時まで)されます。ライトアップされた幻想的な動物園をお見逃しなく。

東山動植物園
住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
アクセス:東山公園(愛知県)駅[2]から徒歩約5分
電話:052-782-2111
営業時間:9:00~16:50(入場は16:30まで)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.アルパカは毛刈りで暑さ対策!「東京都恩賜上野動物園」(東京都)

アルパカの毛狩りは上野の夏の風物詩!?

東京都恩賜上野動物園は、東京の都心部にありながら自然とその景観を維持している都市型の動物園で、約350種の動物を飼育しています。その中からご紹介するのは、見るからに暑そうなモコモコ毛皮のアルパカちゃん。こちらは水遊びではなく、かなりド直球な特別ヒャッハー!です。

時期によって毛が生え変わることのないアルパカ。人間が刈り取らない限り、毛が伸び続けるんだとか。写真はモコ9才。臆病な性格の女の子です

この炎天下、毛皮を着たままでは、アルパカだって暑い! というわけで、毎年夏前には暑さ対策として毛刈りを行っています。

アルパカ飼育員の宮腰さん
アルパカ飼育員の宮腰さん
「アルパカは毛刈りをすると容姿が大きく変わってしまうため、アルパカと気付かないお客様もいらっしゃいます」

\毛刈りでさっぱりヒャッハー!/

毛刈り中のモコ。確かにモコって気が付かないかも……。でも、ずいぶんさっぱりして、見ているこっちも爽快です!
「体が軽〜くなってスッキリ! 涼しい〜」。ご機嫌に餌を食べるモコ
アルパカ飼育員の宮腰さん
アルパカ飼育員の宮腰さん
「夏の暑い時期には、開園直後の朝早い時間帯がおすすめです。動物たちの動きが活発ですし、朝一番に与えたエサを食べる様子も観察いただくことができます。ぜひちょっと早起きして、涼しいうちに動物園へお越しください」

8月9日(水)〜16日(水)の8日間は、開園時間を3時間延長する「真夏の夜の動物園」が開催。 日中には見ることのできない動物たちの知られざる姿を見られたり、園内の豊かな自然の中で夕涼みを楽しめます。期間中は飼育係によるスペシャルトークや、ゾウたちの巨大な運動場でその暮らしぶりを学べるイベントを開催するなど、この期間だけの特別な催しがいっぱいですよ!

東京都恩賜上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9-83
アクセス:JR上野駅(公園口)から徒歩5分、京成電鉄上野駅(池の端口)から徒歩4分、東京メトロ根津駅(2番出口)から徒歩5分
電話:03-3828-5171
営業時間:9:30~17:00(入館16:00まで)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/今回取材させていただいたサンシャイン水族館では、動物たちの愛くるしさにすっかり魅了されてしまいました。暑さにヘタッている顔にも、水遊びしてはしゃいでいる姿にも萌えましたね! 動物たちの魅力をあらためて感じた取材となりました。

「僕たちに会いに来てね〜! 待ってるよ!」

構成=城リユア(mogShore) 取材・文=おぜきめぐみ(mogShore) 撮影=斎藤ジン(サンシャイン水族館・一部提供写真)


\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES