犬養裕美子のお墨付き!定食、ときどき酒の肴「ごはん なる川」

特集

8月の連載記事まとめ

2017/08/27

犬養裕美子のお墨付き!定食、ときどき酒の肴「ごはん なる川」

“アナログレストラン”はレストランジャーナリスト犬養裕美子が選ぶ「いい店」。作り手がその場できちんと料理をしていること。小さくても居心地のいい空間とサービス、かつ良心的な値段。つまり人の手、手間をかけた「アナログ」で「アナ場」な店。32回は市ヶ谷<ごはん なる川>だ。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

プロが作る家庭料理は食べ方自由自在

食べることが大好きな人が作る料理はおいしいに決まっている。食べることがどれだけ大切かを知っている人が作る料理は、シミジミありがたい。市ヶ谷の「ごはん なる川」は、その両方だ。成川照美さんの親ゴコロから生まれた、ちょっと珍しい、いい店なのである。

「ごはん なる川」の玄関は、来る人を優しく受け止めてくれる温かさがある

「8年前にこちらに引っ越してきてがくぜんとしました。ラーメン屋と居酒屋ばかり。昼も夜も、普通の定食が食べられる店がない。これじゃ、いい仕事はできないと思って」という成川さん。実は編集プロダクションの社長。社員がコンビニおにぎりやサンドイッチを食べているのを見て、これはよくないと思った。

成川照美さん。実は66歳! とても信じられないほどお肌はピカピカだ。お店では日常の素材で料理を出しているが「夏はハモ、冬はクエなど特別な素材を仕入れて限定鍋もやります!」

「私はバブルも経験しているし、仕事柄おいしい店も評判の店もたくさん経験してきました。やっぱり基本は食なんです。体を作っているのはもちろん、ココロも支えてくれるじゃない。いい仕事するなら、きちんと食事をとらなくちゃ」と成川さん。

店内に入るとカウンター席があり、左手は丸テーブル。こそっと精米機が置いてある
奥のテーブル席はカフェ風。元は倉庫だった場所を店に直した

それにしても「だからお店を出そう」という心意気には拍手するしかない!「料理は好きだけど、プロの料理とは違うから」。とんでもない! 毎日食べたくなる立派な料理のプロ、だ。

昼は定食、夜はつまみとお酒も楽しめる大人のごはんや

昼の定食は1000円で、メインのおかず(タルタルチキン南蛮、豚のしょうが焼き、銀しゃけ 甘塩焼き【月火金】、サバ【水木】)に、小鉢2皿、ご飯とみそ汁、それに香の物という布陣。小鉢2皿は煮物と野菜でバランスよく。

タルタルチキン南蛮。夜は900円。宮崎の名物料理でおなじみ、チキンの唐揚げにタルタルソースをたっぷりかけて食べる。〆(シメ)のご飯セット600円は小鉢2皿、ご飯、みそ汁、香の物。昼はセットで1000円

昼夜人気ナンバー1は、タルタルチキン南蛮。「うちは前日に、鶏に酒とカツオダシを漬け込んでおきます。そして朝、塩とこしょう、ニンニクを加えます。つけ汁には橙(だいだい)の絞り汁、タルタルには自家製ピクルスを入れるんです」と成川さんのこだわりが光る一品だ。

夜は夜で、アラカルトが大充実。3ページのメニューにわたり、前菜&おつまみ(グリーンアスパラ 柚子こしょうマヨネーズ和え600円、しらすとピーマンのチーズ焼き2個600円、大根のカルボナーラ900円など)、肉料理(豚キムチ800円、牛肉とエリンギのオイスターソース炒め1100円など)、魚料理(ししゃもの素揚げ600円、干物600円~)などの一品料理がズラリと並ぶ。

テーブルにあるメニューだけでも選択するのに悩むが、やっと決まったと顔をあげると「今夜のおすすめ」が目に入る……。また悩むことになるので、最初に壁のメニューから見ておくこと
ゴーヤサラダ550円。ゴーヤが苦手だという成川さん。「苦味よりすっきりした味をいかして、玉ネギとツナと和えたサラダ」だそう。ポイントはツナ缶の油もいっしょに合えること

お酒だって、ワイン、焼酎、日本酒、ビールなどなんでもございだ。「好きなように食べて飲めるのがいちばん」ということで、一人客もいれば、近所のご夫婦、仕事帰りのOLもいる。みんな、成川さんの料理がひと味違うことを知っている。

焼酎の人気は、屋久島の「三岳」650円。大分の「麻生富士子(あそうふじこ)」650円
日本酒は、和歌山・純米「黒牛」1合750円、新潟・純米吟醸「鶴齢(かくれい)」1合850円
ワインは左から、スペインの泡「クアトロ・カヴァ・シルバー」4200円、チリのカベルネ「ウンドラーガ・カベルネ・ソーヴィニヨン」3600円、フランスの白「ドメーヌ・ドゥ・セッレット」3600円

そのひと味とは……、和歌山県出身の成川さんはかんきつ類の絞り汁を惜しげもなく、隠し味に使う。揚げ物、焼き物など、脂の多い素材には、ほんの少しかけるだけですっきり軽くなる。カボス、橙、すだちやレモンなどをチャッと絞る。「香りがいいし、なんとなく気持ちもさわやかになるでしょ」。お酒もごはんも同時にすすむ。

脂ののったイワシの梅干し煮700円。「最近の若者は煮魚が苦手みたい。おいしいのに売れない。悲しくなっちゃう」と成川さん。魚のうまみと梅干の酸味が絶妙の調和。サバやアジのバージョンもあり

成川さんの料理なら夏バテ知らず。食欲がないと思ったら、試しに足をはこんでみてほしい。イワシの梅干煮(700円)なんて、たちまちごはんが食べたくなる味だから! 今日の疲れを取り、明日の活力を生むのは、やっぱり食事から。

Yahoo!ロコごはん なる川
住所
東京都千代田区九段南4-7-22メゾン・ド・シャルーB101

地図を見る

アクセス
市ケ谷駅[A3]から徒歩約1分
市ケ谷駅[JR出口]から徒歩約5分
市ケ谷駅[7]から徒歩約7分
電話
03-3262-1303
営業時間
11:30~14:00(L.O.)、17:30~21:00(L.O.)
定休日
毎週土曜日、毎週日曜日、祝日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES