唐揚げ、たこ焼、寿司。専門店のお得な食べ放題に行ってみよう

特集

メガ盛り&食べ放題で夏を乗り切ろう!

2017/08/02

唐揚げ、たこ焼、寿司。専門店のお得な食べ放題に行ってみよう

好きなものをお腹いっぱい食べるのは太古の時代からの人類の夢であるが、食べ放題には安かろう悪かろうのイメージもつきまとう。だったら専門店がお届けする「味はお墨付き」の、食べ放題に行けばいいではないか。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「味に自信あり」の専門店が提供する食べ放題の旅

好きなものをおなかいっぱい食べたい。寿司、たこ焼、そして唐揚げ。その夢は「食べ放題」で叶えよう。

\ココ、行ってみよう/
1.みんな大好き「たこ焼」
2.お酒と一緒に「唐揚げ」
3.大人の贅沢「寿司」

1.「築地銀だこハイボール酒場 池袋西口店」(池袋)

たこ焼食べ放題&ドリンク飲み放題/60分・2000円!

店の前には大きなのぼりが

たこ焼、それは甘美な食べ物である。ソースの甘い香り、鰹節の豊かな風味、それは夏の祭りを思い出させる。遠くから鉄板と油の匂いがすれば反射的にお腹が空く。お腹いっぱい食べたいと思っていたあの頃。だけどお小遣いは限られている。そうやって後ろ髪を引かれ続けたまま、気がつけば40年近くが経った(著者の年齢です)。そんなたこ焼を腹一杯食べられる店があるという。

社員は焼き方の研修を受けている。今回は店長が焼いてくれた。その腕前は確かだ

「銀だこ」は言わずと知れた、たこ焼チェーンであるが、近頃では「築地銀だこハイボール酒場」と銘打って、たこ焼きの他にも一品つまみを充実させるなど、「ちょい飲み」ニーズに応えるべく、素晴らしい飲み屋に変化し続けていることをご存知だろうか。

「舟」と呼ばれる容器に素早く乗せていく。その手際は美しい

たこ焼をつまみに、ビールやハイボールを傾ける。手軽に食べて飲めるとあって、夕方以降は連日スーツ姿の社会人で賑わっている。これからさらに飲みに行くのかもしれないし、家族が待つ家へ帰る前の、贅沢なひと時かもしれない。家族へのお土産はもちろんたこ焼だ。

いつだってアツアツを席まで運んでくれる

安くてうまい銀だこはサラリーマンの味方であるが、中でも「銀だこ池袋西口店」では、唯一食べ飲み放題を実施しているさらに素晴らしい店舗なのだ。こちらで用意されているのは、60分・2000円(税込)でたこ焼食べ放題&ドリンク飲み放題、という大人と子供の夢が融合したかのようなプランだ。これは現実だろうか。

さっそくオーダー。ハイボールを合わせよう

看板メニューのたこ焼は、焼き上げた後に「仕上げ油」をかけることで、一口目の「パリッ」とした皮の食感、「トロッ」と溢れる中身、そして「プリッ」としたタコの食感、その3つを同時に楽しむことができる。だから多少熱くても、ぜひ一口で頬張っていただきたい。フーフー冷ましたって、きっと熱いに違いない。でも大丈夫、そのためにハイボールを頼んだのだから。

上から時計回りに「てりたま」「ねぎだこ」「たこ焼」「チーズ明太子」

王道の「たこ焼」の他に3種の変わり種もオーダーできる。たこ焼の注文は4個か8個ずつ。少しずついろんな味を楽しむか、一番好きな味を楽しみ続けるか、それはあなた次第だ。時間はまだまだある、一杯飲んでから考えればいい。それこそが食べ放題の魅力なのだから。

築地銀だこハイボール酒場 池袋西口店

住所:豊島区西池袋1-22-4
アクセス:池袋駅[12]から徒歩約0分
池袋駅[C9]から徒歩約1分
池袋駅[東武地上階段口]から徒歩約3分
電話:03-5957-5061
営業時間:[平日・祝前日]1F 15:00~翌2:00(L.O.翌1:30)B1F 17:00~翌2:00(L.O.翌1:30)[土曜]1F 12:00~翌2:00(L.O.翌1:30)B1F 17:00~翌2:00(L.O.翌1:30)[日曜・祝日]1F 12:00~23:00(L.O.22:30)B1F 17:00~23:00(L.O.22:30)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.「めっちゃらんまん食堂」(中目黒)

唐揚げ食べ放題&ドリンク飲み放題/120分・2500円!(税込)

再開発されたおしゃれな中目黒高架下にある

たこ焼への愛をとうとうと述べた後に、唐揚げの話をするのも恐縮だが、私は唐揚げが何よりも大好きな食べ物だ。個人的な話をすると、最後の晩餐はうなぎの予定だが、「すいません唐揚げに変更で」と言われても、快諾してしまうくらい、好きな食べ物なのだ。

メガネがオシャレな店長の長谷川さん。どこのメーカーですか?」と聞いたら「安物ですよ」と謙遜していた

だが、総菜屋で買うと安くない。食べたいだけ買うと結構な値段になる。家で作ると油を大量に使うし、キッチンが汚れる。何よりも子供達がわんこそばよろしく、揚げたてを横からかっさらっていくものだから、私の腹にはほとんどおさまらない。「ああ、唐揚げが腹一杯食べたい」とずっと思っていたのだ。

ほら、これが食べ放題

そんな夢を叶えてくれる店を見つけてしまった。だが、食べ放題と言っても、きっと高いに違いない。だってここは中目黒だし、再開発が終わったばかりのオシャレな高架下に店を構えている。120分・2500円(税込)と聞いたときは、妥当だと思った。それくらいだろうな、という予想とぴったりであった。しかし、これにはドリンク代も含まれているというではないか。

まずはこちらから。1人前10個からスタート。写真は3人前

唐揚げが食べ放題で、お酒も飲み放題。食べ盛りの青春時代なら、まずは駆けつけ5杯ドリンンクをオーダーして元を取ろうと思っただろうが、今は分別のある大人なので、そんな頼み方はしない。いろんな味付けを楽しみながら、ゆっくり食べることにしよう。

味付けの人気はベーシックな塩、醤油だという

一晩下味につけて寝かせた肉は柔らかくジューシーだ。衣は片栗粉だけと極めてシンプルで、逆に飽きがこない。さらにプラスアルファのトッピングをすることで、色々な味付けを楽しむことができる。確かにコチュジャン味の唐揚げは、韓国のヤンニョムチキンを思わせる味付けで、酒が進むことこの上ない。なんとも罪な店に出会ってしまったようだ。

フローズンのレモンサワーは絶品です
Yahoo!ロコめっちゃ らんまん食堂
住所
目黒区上目黒3

地図を見る

アクセス
中目黒駅[正面出口]から徒歩約1分
代官山駅[正面口]から徒歩約10分
祐天寺駅[東口]から徒歩約12分
電話
03-6303-3923
営業時間
11:30~15:00 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.「神楽坂すしアカデミー」(神楽坂)

寿司食べ放題/90分・2980円!

飯田橋駅から早稲田通りを上ると善国寺が見えてくる

神楽坂は大人の街だ。一歩裏通りにはいれば、人がすれ違うのがやっとの細い路地や、隠れ家のようにひっそりと営業する店がある。大人をワクワクさせてくれる刺激的な街にはいい店がたくさんある。40歳も目前だが、私も大人になったら訪れたいとかねがね思っていた。

毘沙門様の手前を左に折れる。地下に続く階段が店の入り口だ

そんな大人の街に足を運ぶ機会がようやく訪れた。目的は神楽坂に5年前にオープンして以来、変わらぬ人気を誇る「神楽坂すしアカデミー」だ。店の母体はすし職人の養成学校とあって、この店は学生の実技研修の場としても活用されており、人件費を抑えることで安く料理を提供できることを売りにしている。

その日のオススメはこうして掲示される。ネタは毎朝築地まで仕入れに行っている

目玉は90分・2980円(ランチタイム価格・税抜)の食べ放題だ。人気のいくら、中トロなどを始めとするメニューが、どれでも食べ放題とあって、連日多くの客で賑わっている。カップルも多く、会話もそっちのけで無言で寿司をほうばる姿はなんだか微笑ましい。

卒業してまだ7カ月の若者を手前のベテラン講師が教えている

注文が入ると職人が握り出す。若者のスピードは熟練の職人には劣るが、困ったときは横のベテラン講師がすかさずフォローする。前途洋々の若者の必死の姿にエールを送りつつ、注文を待つ。

こちらが2人前。一度に10貫ずつオーダーできる

発展途上の若者が握るすしを堪能する。寿司職人の熟練度は握りの速さや、シャリの固さに出るという。だが、ネタは新鮮だし、若者が一生懸命握った寿司は間違いなくうまかった。というより、額に汗して働く若者の姿を見ているだけで、いくらでも酒が飲めそうな予感さえする。ああいけない。歳をとると涙もろくなって困る。

お運びさんも学生。彼女は海外での就職を夢見て学校の門を叩いたという
Yahoo!ロコ神楽坂すしアカデミー
住所
東京都新宿区神楽坂3-6-3 ヒルトップビル B1F

地図を見る

アクセス
飯田橋駅[B3]から徒歩約3分
牛込神楽坂駅[A3]から徒歩約3分
飯田橋駅[JR西口]から徒歩約5分
電話
03-6265-0047
営業時間
11:30~22:30 (LO 22:00)[ランチ]11:30~14:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


好きなものをお腹いっぱい食べる。これ以上の幸せがあるだろうか。子供の頃思い描いた夢は、食べ放題の店で叶う。多少食べ過ぎても、後悔はない。ああ。大人って楽しいなあ。

取材・文/キンマサタカ(パンダ舎)
撮影/木村雅章

\関連記事/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES