北関東3県「メガ盛り焼きそば」聖地巡礼の旅

特集

メガ盛り&食べ放題で夏を乗り切ろう!

2017/08/02

北関東3県「メガ盛り焼きそば」聖地巡礼の旅

北関東の焼きそばが熱い。B級グルメの代表選手である焼きそばだが、北関東の焼きそばは、安くておいしくてさらにお腹いっぱいになるメニューとして、日本全国から熱視線を集めている、北関東の栃木・群馬・埼玉から3つのメガ盛りをご紹介しよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

北関東の焼きそばはとにかく量が多い

「北関東の焼きそばがヤバいらしいです」と妙齢の担当編集(女性)が若者のような口調でメールをしてきた。北関東、焼きそば。なんだかノスタルジーを誘うキーワードではないか。さっそく行ってみよう。

\個性あふれる3つの焼きそば/
1.決め手は二つの食感「焼きそばキング」(栃木県宇都宮市)
2.うまさの秘密は色にあり「岩崎屋」(群馬県太田市)
3.タレに入れ継ぎ足した味「和楽」(埼玉県白岡市)

1.「焼きそばキング」

宇都宮駅から車で10分ほど

北関東を代表するグルメシティ宇都宮。宇都宮といえば餃子が有名だが、焼きそばも負けてはいない。宇都宮焼きそばの特徴は、その麺にあるという。太くモチモチの麺にこってりとしたソース。具材や味付けは店によって個性が異なるが、多くの専門店が元気に営業しており、焼きそばがこの街にしっかりと根付いていることがよくわかる。

壁に貼られているのは過去に行われていたメガ盛りチャレンジ成功者の写真だ

宇都宮の有名店「ばそき家」で修行を積んだ店主が6年前にオープンして以来、あっという間に人気店の仲間入りをしたこちら。味はもちろん、大盛りの量の多さでもよく知られ、わざわざ県外からも足を運ぶ客も多い。さっそくいただくとしよう。

一度に大量の麺を調理する

入っている具材は、豚ひき肉・キャベツ・もやしの3つ。最初にひき肉と麺を炒める。野菜は水分が出るため、別で炒めて最後に混ぜあわせる。そして、一度に大量に作って、注文のたびに温める。「効率重視です」と店長の伊藤さんは笑うが、こうすることでさらに麺に味が染み込むような気もする。

大量のもやしとキャベツ
野菜を炒めて麺と合わせる

麺はところどころを焼き付けるようにして炒めている。理由を聞けば、こうすることで普通の麺とカリッとした食感の二つを楽しむことができるのだという。

濃い茶色が固くなった麺である

麺に合わせる甘めのソースは特注だ。なんども試行錯誤を重ねて今の味にたどり着いたというが、宇都宮の店にはきっとそれぞれ店で違ったソースがあり、それぞれの物語を持っているに違いない。それだけで本が書けそうだ。

間もなく出来上がりである

店中にソースの香ばしい匂いがする。調理する手さばきに迷いはなく、おいしそうな焼きそばが着実に仕上がっていく。店主の伊藤さんは朴訥とした人柄ながらも、自分の作る焼きそばに対して、時折強烈な自信をのぞかせる。期待は高まるばかりだ。

お待たせしました。こちらが「焼きそば2キロ」(2000円・税込)

メガ盛りと呼ぶにふさわしい焼きそばの出来上がりである。この店の焼きそばは、量が多いだけではなく、その味わいも素晴らしいと評判だ。濃厚ながらもフルーティーなソースが、モチモチの麺によく絡んでいるのがよくわかる。

4~5人でシェアするのにちょうどいい

しかし量が多い。2キロということは、大きなペットボトルと同じ大きさである。そういえば大量の水を飲んで痩せたという韓流スターがいたが、この焼きそばは、食べたらそのぶん身になるに違いない。グルテンマックス。ああ、うまそうだ。

思わず笑みが溢れる編集Y女史。さては彼女、食べきるつもりである

箸で麺をたぐり、少し持ち上げる。するとソースの香りが鼻腔を刺激する。お腹がぐうと鳴る。ソースは魔法の調味料だ。閑古鳥が鳴く店は、今すぐ店の前でソースを焦がしてほしい。あっという間に人が集まってくるに違いない。

ソースがつややつやしている

ソースの香りと同時に、麺の食感が五感を楽しませてくれる。油をまとった麺が舌の上からするっと口中を移動する。ソースと肉の旨味をまとった麺を慌てて噛み締める。確かに麺の2つの食感の違いがよくわかる。焼き付けた固い麺を噛み締める。するとだんだん柔らかくなって、ひき肉、野菜と渾然となり、口の中でハーモニーを奏で出す。

これはおいしい

「おいしい、おいしい」と言いながら、食べていた編集Yだが、だんだん無口になって、ついには箸の進みが止まった。大学では空手部に所属し、あらゆることを根性で乗り越えてきた彼女だが、30代も後半戦、根性だけではどうにもならないこともあると学んだようだ。

というわけで残ったぶんはテイクアウトしました

お腹いっぱい焼きそばを食べたい。幼き日の縁日で描いた夢は、30年後にこの店で叶った。さあ次の店に行こう。

ランチタイムはテイクアウトの注文も多い
Yahoo!ロコ焼きそばキング
住所
宇都宮市花房3-3-36 カドリーコーポ 1F

地図を見る

アクセス
南宇都宮駅[北口]から徒歩約7分
東武宇都宮駅[西口]から徒歩約19分
鶴田駅[出口]から徒歩約27分
電話
028-637-7723
営業時間
11:00~19:30
定休日
月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

2.「岩崎屋」(群馬県・太田市)

太田焼きそばは、全国的にも有名である

太田市周辺は焼きそばのお店は昔から多い。聞けば戦後に近くにすばるの工場があったことから、全国から多くの労働者が集まり、その結果、この地域に焼きそばの文化が流入し、時間とともに上州焼きそばとして根付いたらしい。

「岩崎屋の」始まりは屋台であった

屋台でスタートしたこの店だが、創業から50年以上経った現在でも、当時からほとんど味は変わっていない。麺は太麺、具はキャベツのみ。オリジナルの真っ黒なソースは、ウスターソースをベースに独自に調合したものだ。

麺に水を入れて蒸すこと12分

太麺にソース、具はキャベツのみ。それが群馬県太田市の焼そばだ。現在市内には50以上の店があるという。

麺に真っ黒なソースをかけると蒸気とともにソースの香りが広がる

こちらの店では大盛りメニューの呼びからがユニークだ。「大」、「特大」、「ジャンボ」の上は、「名はない」と続く。最大は「特に名はないの上」。よく意味はわからないが、とにかく大きいらしい。オーダーをすると店員さんは厨房に向かって「の上」と叫んでいた。略すということは、それなりにオーダーがあるということか。

こちらがメニュー

待つこと15分。ようやく、お待ちかねのメニューが到着した。店内は家族づれなどで賑わっていたが、注文の品が運ばれてくると、一斉にお客さんの注目が集まったのがわかった。なぜならでかいのだ。

「特に名はないの上」(2200円・税込)

昼下がりの店内で、こじらせ編集者が、メガ盛りの焼きそばを目の前にして微笑んでいる。他の客席からは「もしや彼女はフードファイターでは」といった空気さえ漂っている。

でもフードファイターではないので驚いています

上州焼きそばのもう一つの特徴。それは、上にめいいっぱいかけられた青海苔である。フルーティーなソースに、香り豊かな青海苔が合わさると、「これぞ焼きそば」といった趣になる。

太田市の西に位置する榛名山のようにも見える

先先代が開発したという秘伝のソースはさっぱりしている。なんでこんなに黒いのかと質問したところ、「目立つと思ったんじゃないの」とおかみさん。メガ盛りの焼きそばは、普通であれば運ばれてきた途端「多い!」と驚くが、こちらの焼きそばは、「黒っ! あ、そして大きい」となった。それくらいのインパクトがある。

口に運んだ瞬間、ソースの味わいがガツンとくる。誤解を恐れずに言えば、この焼きそばの主役はソースだ。ソースが主役なら、モチモチした太麺は、うーん、おいしい。ならばダブル主役か。ドバッと惜しみなくかけられた青海苔がいい味を出している。こちらが名脇役といったところか。ソースはいつまで口の中に余韻を残すことなくさっぱりした後味で、これならいくらでも食べられそうだ。

青海苔が歯についたわけではない

トータル2.7キロの巨大焼きそば、やっぱり食べきることはできなかった。前の店で学んだのか、Y女子は澄ました表情で持ち帰りのお願いをしていた。こういった振る舞いがスマートにできるようになるのであれば、歳を重ねるのも悪くない。

3代目にあたる息子さんが調理場で腕をふるっている

お会計の最中、「わざわざ遠いところまでありがとうね」と女将さんは恐縮していた。その様子を見ていたら、太田市の人々にとって、焼きそばは生活に根付いた日常的なものなのだろうと改めて感じた。おいしい焼きそばが身近にある暮らし、それはとても幸せなことではないか。

焼きそばをシェアする家族。これが正解であった
Yahoo!ロコ岩崎屋
住所
太田市寺井町697-8

地図を見る

アクセス
治良門橋駅[出口]から徒歩約6分
三枚橋駅[出口]から徒歩約34分
藪塚駅[出口]から徒歩約52分
電話
0276-37-0258
営業時間
11:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日
火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

3.「和楽」(埼玉県・白岡市)

夜は居酒屋として営業している

埼玉県に白岡という場所がある。人口5万人程度の小さな街だが、そこに全国のフードファイターを唸らせるメガ盛りの焼きそばを出す店があるという。それも、単に量が多いだけではなく、味もかなりのものなのだとか。さっそくオーダーしてみよう。

厨房に入ると2つの中華鍋が用意されていた。一つでは作れないらしい

こちらの特徴は麺にある。店の近所で作られた自家製麺を使用しており、埼玉県産の粉を使うなど、地産地消をモットーにしているのだ。この店で作られたオリジナル麺は、白岡市のふるさと納税の返礼品にも選ばれるなど、街を代表する名物となっているという。これまた期待が高まる。

茹でたモチモチの生麺にニンニクのきいたソースを吸わせる

麺は水分を多く含んでモチモチしている。そこに秘伝のソースを合わせる。ソースにはコクを与えるために、うなぎのタレが入っているという。

野菜を合わせてそろそろ完成。奥の鍋でも同じ工程を行う

そして完成である。麺が2キロ、野菜も2キロ、総重量4キロオーバー、本日一番の大物である。

「ジャンボ焼きそば」(5000円・税込)注文は事前予約が必要だ

こちらのジャンボ焼きそばは20分(女性25分)で完食すれば1万円が賞金としてもらえる。それを目当てに、全国から大食い自慢やユーチューバーたちがわざわざやってくるという。完食する人もいるらしい。

これはでかい。あまりの重さに腕がプルプルする

モチモチの太麺に、こくとパンチのきいたおいしいソース。「ソース焼きそば」はつねに5本の指に入るお店の人気メニューとあって、どんどん食が進んでいく。たっぷりかかった鰹節と、大量の紅生姜が素晴らしいアクセントとなっている。

15分食べ続けたが最初と比べてもほとんど変化がない

人間はおいしいものを前にした時に「いくらでも食べられる」と言うことがある。だが、今後は間違ってもその台詞を言わないようにしようと思った。総重量は4キロオーバー。有名フードーファイターは完食したというが、こちらはどうやって持って帰ろうかと、食べる前から思案していた。こうやって人間は成長していくのだ。

Yahoo!ロコ和楽
住所
白岡市篠津1924-3

地図を見る

アクセス
白岡駅[出口2]から徒歩約15分
新白岡駅[出口1]から徒歩約30分
電話
0480-92-8064
営業時間
11:00~15:0017:00~22:00
定休日
月曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

メガ盛り焼きそばを注文して気がついた。それは、食べ続けていても、麺があまりのびないのだ。だからか、テイクアウトの客も多い。その結果焼きそばが、食卓にお馴染みとなって、街のDNAとして根付いていったのだろうか。焼きそばはその土地に根付いたソウルフード。そして、メガ盛りはお腹いっぱい食べてほしいという、おもてなしの心なのであった。

取材・文・撮影/キンマサタカ(パンダ舎)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES