都内の舞台を巡る!「君の名は。」初のバスツアーに潜入レポ

2017/08/07

都内の舞台を巡る!「君の名は。」初のバスツアーに潜入レポ

2017年8月3日(木)より、映画「君の名は。」ゆかりの地を巡るバスツアー「君の名は。カフェバス」がスタート。なんとこちら、周遊しながら昨年好評を博した「君の名は。カフェ」のアレンジメニューが食べられるのだとか! ライフマガジンきっての「君の名は。」ファン・ライターKが潜入!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

映画「君の名は。」の舞台を巡る! 都内初開催のバスツアー「君の名は。カフェバス」とは?

人物の雰囲気はずいぶん違いますが、ここ、見覚えありませんか? 実は劇中で登場しているんですよ! くわしくはレポートをご覧ください

みなさんこんにちは、ライターKです。いよいよ夏も本番ですね〜。蝉さんもミンミンミンミン元気そう。私はというと、恋も仕事もうまくいかず眠眠打破をお供に毎日をのりきっています。そりゃこんな顔にもなりますよね。

すっかりパワーダウンしていると、ヤフーライフマガジン編集部のAさんから一本の電話がかかってきました。

編集Aさん
編集Aさん
「KさんKさん! 映画『君の名は。』の舞台を巡る都内初のバスツアー『君の名は。カフェバス』がはじまるそうなんです! Kさん去年、観た後に心が洗われた〜って泣いてましたよね」
ライターK
ライターK
「…」
編集Aさん
編集Aさん
「ちょっと最近やさぐれすぎですよ。バスツアー行って、瀧と三葉の純でまっすぐな心を分けてもらってください

ということで、「君の名は。カフェバス」へ乗車することに。「君の名は。」といえば、国内興行収入249億円を突破、今年4月には北米でも公開され人気を博しましたよね〜。岐阜県・飛騨と東京を舞台に繰り広げられる同作ですが、主人公の瀧(たき)と三葉(みつは)による切ないストーリーに心を打たれた人も多いのでは?

新海誠監督による「君の名は。」は、体が入れ替わった瀧(写真)と三葉が飛騨と東京にいながら思いを巡らせる物語。日本映画歴代ランキングは4位と瞬く間に日本の映画史に残る作品となった

バスツアーは約90分間、作品にゆかりのあるメニューを食べながら映画に出てきた都内の9スポットをまわるという内容です。そして編集Aさんによると、なにやらただのバスではないという噂…。楽しみですね〜。

「君の名は。」バスツアーはここがスゴイ

8月3日からスタートした「君の名は。」ゆかりのスポットを巡るバスツアー「君の名は。カフェバス」。バスも「君の名は。」仕様にデコレーション

●バスの車窓から物語ゆかりのスポットに浸る! 都内初のツアー
●瀧&三葉も食べた “あの一皿”を再現! 3つのできたてメニュー
●まるでカフェ! 日本に2台しかないレストランバス


作品ゆかりのメニューと周遊

日本に2台しかないレストランバスで行く!

「君の名は。カフェバス」は、日本に2台しかないレストランバス! 1階がキッチン、2階はテーブルを構えるカフェ仕様になっています

やってきました! 「君の名は。カフェバス」! こちらはなんと、日本に2台しかない2階建てのレストランバス。1階に本格的なキッチンが入っており、バスに乗りながらできたてのカフェメニューが食べられるんですよ〜。そして車内には、作品中の名シーンがデコレーションされています。

いざ中へ!
2階はバスの車内とは思えない雰囲気! カフェのような造りにびっくりしました〜。主人公の瀧くんとヒロインの三葉も一緒に旅します
窓の上には名シーンの数々が。どの場面だったかな〜と思い出すのも楽しい!
ライターK
ライターK
「ここ、本当にバス!? ゆったり食事しながらなんて、なんとも贅沢ですね〜」
ほとんどのシートが4人がけ。テーブルもドリンクがこぼれないように、ちゃんとホルダーになっているんですね。そして後ろには瀧くんが! ちっ近い…!
ライターK
ライターK
「シートもゆったり。……あっ!!」
!!!!
三葉も!
そして、ブレザーを着た瀧くんも!
後方では、三葉が景色を楽しんでいました
ライターK
ライターK
「登場人物たちと一緒に旅できるんですね〜! 写真もOKとのことなので、旅の思い出をバシバシ撮影しちゃいましょう。今日はプレスデーということで、ちょっと短めのコースとのこと。本番のツアーは、この9カ所ですよ〜!

「君の名は。カフェバス」運行ルート

\集合は東京駅鍛冶橋駐車場/

こちらが「君の名は。カフェバス」運行ルート!
時間は9:00、11:30、15:00、17:30発の4便(最小催行人数15人)。通常は東京駅鍛冶橋駐車場ですが、今日はプレスツアーのため1スポット目の絵画館集合でした! 行ってきま〜す!
ライターK
ライターK
「今日は絵画館で集合ということで、バスに乗る前にちょっと寄り道しました」

♦︎1.絵画館

瀧が通う通学路の中で出てきた絵画館。仲良しの高木に肩を組まれてドキッとしている瀧(三葉)、かわいいですよね〜! せっかくなので、私もなりきってみました!

瀧(中身は三葉)の同級生、藤井司(右)、高木真太(真ん中)との通学路のシーン。バックには神宮外苑の緑と絵画館が
もう10年前になる高校生活を思い出し、ちょっぴりテンションアップ
ライターK
ライターK
「行ってきま〜す!」

まずは「君の名は。」ゆかりのメニューが登場

「君の名は。カフェ」で人気だった3品がカムバック!

メニューはこちらの3品セット。右から「瀧と入れ替わった三葉も思わず写真を撮りたくなったパンケーキ」、「『お前は誰だ?』アイスラテ」、「司と高木からもらったタマゴサンドとコロッケで作るコロッケパン」

乗り込むとさっそくメニューが出てきました。出されるのは、昨年開催された「君の名は。カフェ」の人気メニューをバスツアー用にアレンジしたもの。……おやっ?

ちっちゃなパネルになった三葉がやってきました! 何か気になっている様子ですね〜※こちらのミニパネルは車内で貸りることができます
三葉の目線の先にあったのは「『お前は誰だ?』アイスラテ」! 「君の名は。カフェ」で人気だったホットラテがアイスになりました。三葉(に入れ替わっている瀧)が三葉宛てに書いたメッセージが描かれています
おっ瀧くんも! 「わっ! うまそう!」って声が今にも聞こえてきそうです※こちらのミニパネルは車内で貸りることができます
「瀧と入れ替わった三葉も思わず写真を撮りたくなったパンケーキ」は東京に憧れていた三葉(見た目は瀧)が司&高木と訪れたカフェで食べたもの。こちらは車内で食べやすいよう薄焼きに。スマホオンスマホでパシャ!
「司と高木からもらったタマゴサンドとコロッケで作るコロッケパン」。3人の友情が垣間見えた学校での一幕! まさに青春ですよね〜! カフェバスバージョンはピタパンから食パンに変更しより原作に近くなったそう
1人につき1枚、オリジナルコースターももらえますよ!(絵柄はランダム)
ライターK
ライターK
「どれも再現度高し! そしてなにより、できたてなのがいい!」(おいしそうな品々を前に元気復活)
車窓をバックにスリーショット

「君の名は。カフェバス」にはまだまだ秘密が!

そして「君の名は。カフェバス」は、もちろんガイドさんによる解説付き! バスが動き出すと、なにやら後方へ移動するガイドさん。いったい何を……?

「今日は車窓から『君の名は。』の舞台をお楽しみいただきます。しっかりと目をこらしてお楽しみくださいね!」(ガイドさん)
どこに向かうんだろう〜……あれっ!?
後ろに移動したと思ったら、ずんずんずんずんと前に向かってくるガイドさん
ふわ〜っ! 気持ち〜! そう、実は「君の名は。カフェバス」は天井が全開になるオープントップバスなのです。割とじめっとした日でしたが、爽やかな風で一気に涼しくなりました。いや〜、開放的〜!
ガイドさん
ガイドさん
「車内が涼しくなったところで、2カ所目の信濃町駅前陸橋が見えてきます」

♦︎2.信濃町駅前陸橋

信濃町駅前陸橋は、瀧が三葉に電話をかけたり東京に出てきた三葉が瀧に電話をする際など、大事なところでたびたび登場します
ここですね〜!
ばっちり見えました〜! 今度から、私も大事な電話はここでしようかな(つながらないかもだけど)
窓からだけでなく、ちょっと目線を上に。より臨場感がありますよ〜
ライターK
ライターK
「席は2階なので、目線が近い近い!

♦︎3.信濃町駅前交差点

続いては信濃町駅前交差点。お話も中盤にさしかかるころ、ついに瀧が三葉に電話をかけます。そこで見える景色がこちらです!
ドコモタワー、改めて見ると存在感がありますね〜。当たり前の景色も、「君の名は。」の映像を通すとまた特別に感じます
当たり前のモノゴトこそ、実は大切だったりする。これ、忘れがちですよね〜。は〜、会ったことがなくてもお互いを思いやれる2人の関係、素敵だな〜

♦︎4.四谷四丁目 交差点

クライマックスで映る四谷四丁目 交差点。写るのは一瞬なので、ぜひDVD・ブルーレイで再度チェックしてみてください(7月にレンタルも開始されましたよ)
バスも通るのは一瞬! ガイドさんの声に耳を傾けて、撮影の準備を
ガイドさん
ガイドさん
「みなさん! 新宿エリアに入りました! 左側をご覧ください。5番目の新宿ユニカビジョンが見えてきます」

♦︎5.新宿ユニカビジョン

夕暮れから夜に移り変わる冒頭のシーンでは、東京を代表するターミナル駅のひとつ、新宿の街が
バスが走る位置はなかなかいい距離感!(パシャパシャ) 
信号待ちの間は、瀧くんとの自撮りタイム♪※走行中は立ち上がれないので、席の近くにいる人と旅を楽しみましょう

次から次へとスポットが登場して、飽きませんね〜! 何よりブウウウウウンと走るバスの速度と吹き抜ける風が、物語のスピード感とリンクするんですよね〜。だからいっそう「君の名は。」の世界に入り込んだような気持ちになるのかも。

♦︎6.新都心歩道橋下 交差点

こちらはオープニングの一幕。瀧のバックにそびえるのは新宿の高層ビル群
若干角度は違いますが、ブレザーを着た瀧くんでリアル再現が実現!
こんな開放的なカフェ、ほかにはないですよね〜! オープントップなので風が気持ちよく、バス特有の嫌な揺れも不思議とあまり感じないんです
ガイドさん
ガイドさん
「正面に新宿警察署裏 交差点が見えてきました。実はここが、一番忠実に再現されているそうなんですよ

♦︎7.新宿警察署裏 交差点

東京の街に朝日が昇るこのシーン、見覚えがあるはず!
冒頭から30分ほどたったころ、RADWIMPSの「前前前世」がかかると同時に映し出されているのが、ここ!(ちなみにライターKは挿入歌のスパークルも同じくらい好き)写真:アフロ
迫力ありますね〜。みんなで行くバスの旅、楽しいな〜
「もうすぐ次の場所が見えてきます」との案内に、スマホをスタンバイ! ガイドさんがいないと見逃しそう

♦︎8.新宿駅南口

瀧と入れ替わった三葉が、あこがれの東京に胸を踊らせる場面。まさに大都会・東京を象徴する景色ですよね〜!
バスからだと少しアングルは変わりますが、比べてみるとほぼそのまんま! 写真:Natsuki Sakai/アフロ
ライターK
ライターK
「さて、新宿エリアを抜けるといよいよ最後ですよ〜!」

♦︎9.四ツ谷駅

最後にやってきたのは瀧と奥寺先輩が待ち合わせしていた四ツ谷駅。奥寺先輩とのデートは見てるこっちもドキドキしました
ちなみに、キービジュアルで瀧と三葉が立っていたあの階段がある、須賀神社もこの近くです。希望すればここで降りることもできますよ※ツアー中は降車しないので、降りなければこのアングルで撮影できません
ライターK
ライターK
「瀧の甘い思いでに浸ったところでツアーは終了! 効率よく都内の舞台をまわることができて、大充実でした! 『君の名は。』は、ハラハラする展開と心がきゅっとする挿入歌、そしてふと、瀧&三葉は私たちの側で本当に暮らしているんじゃないか? と感じる距離感が、何度も観たくなる理由なのかもしれません。帰ったらもう1回観よっと」
バスツアーから帰還し、すっかり心が洗われた様子のライターK。目に光が宿っていますね、めでたしめでたし。(by編集A)

取材メモ/ツアーレポート、楽しんでいただけましたでしょうか? まだまだ「君の名は。」熱は冷めませんね〜。ライターKもすっかり心が洗われたので(原稿書きながら6回目を鑑賞中)、気持ち新たに我が道を歩もうと思います。せっかくの夏ですから、ちょっとした気分転換に物語の世界へワープしに行きましょうよ。オープントップバス、涼しいですよ〜!!

■「君の名は。カフェバス」
期間:開催中〜9月29日(金)
時間:9:00、11:30、15:00、17:30発(計4便、最小催行人数15人)※所要時間約90分
料金:1人5800円
席:25席
予約:webにて要事前予約
※天候や道路状況により、スケジュールの変更・催行中止になる場合があります
※バスにはトランクなど大きい荷物の収納スペースはありません。手荷物のみで乗車してください
※相席、また座席はランダムのため、4名様以上でお申し込んだ場合、席が離れる可能性があります。
※車内の「君の名は。」装飾物には手を触れないようお願いいたします
※トイレ休憩はありません。予めご了承下さい

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材・文=金城和子、撮影=三佐和隆士 ©2016「君の名は。」製作委員会

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES