残暑厳しい名古屋を乗り切ろう! 本場のカレー店オススメ3選

2017/09/13

残暑厳しい名古屋を乗り切ろう! 本場のカレー店オススメ3選

名古屋で住宅地として人気の高い名東区と星ヶ丘で、本場のカレーが味わえるおすすめの3軒をピックアップ!

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

本場のカレーを堪能!

名古屋で住宅地として人気の高い名東区星ヶ丘で、本場のカレーが味わえる3軒をご紹介!

\紹介するのはこの3軒!/

1.BISHNU(ビシュヌ)
2.BHANCHA GHAR(バンチャガル)
3.Karnataka(カルナータカー)

1.BISHNU(ビシュヌ)

アットホームな雰囲気が魅力! 地元で愛されるネパール料理店

スパイスが効いた約30種の自家製カレーは、甘めのナンと好相性です。ネパール出身のオーナー・ラムさんの朗らかな人柄から、彼に会いに来るリピーターも多いとか。料理の辛さや味が相談できるなど、嬉しい気遣いも。本格的な味をリーズナブルに楽しめるランチタイムもオススメ!

ランチタイムで人気の「Bセット」(850円)

チキンカレーかキーマカレーのどちらかを選べます。

外観

明るい雰囲気の外観が好印象。本郷駅よりすぐの好立地です。

ネパール出身のシェフの皆さん

笑顔が素敵なネパール出身のシェフたちによる おもてなしをぜひ。

BISHNU(ビシュヌ)

住所:名古屋市名東区本郷2-167 CIマンション第2本郷 1F
電話番号:052-777-9002
定休日:無休
営業時間:11:00~15:00(LO14:30)17:00~23:00(LO22:30)
駐車場:なし
アクセス:地下鉄東山線本郷駅2番出口より徒歩すぐ

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.BHANCHA GHAR(バンチャガル)

上質な食材にこだわって作るリッチなインドカレーが自慢

星ヶ丘駅より徒歩2分という好立地で、多くの女性客で賑わいます。スパイスやチーズを始めとする食材には、厳選した上質なものを使用。シェフが30年以上も作り続けてきたインド&ネパール料理の味をぜひご賞味あれ。季節に合わせて花を取り替えるなど、店内には何度足を運んでも飽きの来ない工夫が。

夜の人気No.1メニューは「LAXMI SPECIAL SET」(1800円)

イチオシは手作りナンとこだわりのカレー。700円~のランチも人気です。

ネパール出身のスタッフの皆さん

ネパール出身のスタッフさんたちが丁寧に対応してくれます。

内観

天井が高く解放感がある店内は、オレンジを基調にした鮮やかな空間。

BHANCHA GHAR(バンチャガル)

住所: 名古屋市千種区星ヶ丘元町15-27
電話番号:052-781-3378
定休日:無休
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
駐車場:なし
アクセス:地下鉄東山線星ヶ丘駅5番出口より徒歩2分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.Karnataka(カルナータカー)

これぞ本場の家庭料理! 南インドの味をそのまま再現

「インドはベジが基本」という店主の言葉通り、野菜と豆を中心に作られたプレートメニューが名物。通常のセットには小麦粉を使用せず、できる限り本場の味に近づけています。

お好みのカレー3種とドーサが味わえる夜の定番「Aセット」(1480円)昼は(1200円)とおトク!

現地ではナンよりも一般的と言われる「ドーサ」などの珍しいインド料理に出合えるのも魅力。一度食べたら癖になる味にぜひトライしてみて。特製スパイスで本場の味を再現したという「チャイ」(300円)もおすすめです!

スパイス

日本では珍しい10種類以上の豆がカレーに使用されています。

内観

1階はインドの屋台風。2階はくつろげるお座敷になっています。

外観

駐車場は店舗前に2台、第2駐車場に4台完備しています。

スパイスが夏バテした身体に染みる~! ぜひ、本場のカレーでまだまだ続く残暑を乗り切りましょう!

Karnataka(カルナータカー)

住所: 名古屋市名東区豊が丘1809
電話番号:090-1863-1135
定休日:月曜、第1・3火曜定休、不定休
営業時間: 11:00~14:00 17:30~21:30(LO21:00)
駐車場:6台
アクセス:地下鉄東山線藤が丘駅1番出口、または東部丘陵線リニモ藤が丘駅3番出口より徒歩13分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

発売日などを入力

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES