「築地銀だこ」スタッフが、タコパで実践する“たこ焼レシピ”

特集

今日は「たこ焼きの日」。たこ焼きが食べたい!

2017/08/08

「築地銀だこ」スタッフが、タコパで実践する“たこ焼レシピ”

てりやきソースと新鮮たまごサラダをトッピングした「てりたま」や、「チーズ明太子」など。ユニークなフレーバーも販売する「築地銀だこ」。「家庭でできる、アレンジたこ焼を教えてほしい」というお願いに、とびきりのおいしさで応えてくれました。ぜひたこ焼パーティ(タコパ)で試してみよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\教えてくれるのは、この2人!/

「築地銀だこ」を運営する株式会社ホットランド広報室の丸山美嘉さん(左)と人事本部・教育部マネージャーの小林秀樹さん(右)。今回のために、いろいろ試作もしてくださったそう。ご協力、ありがとうございます!

まずは「築地銀だこ」の「基本の焼き方」を教わる

こちらは築地本店でのみで購入できる「ぜったいうまい!! たこ焼」(550円)。国産の天然真だこを使用し、国産の鰹節をその場で削って提供するなど本店のこだわりが詰まっている!

アレンジたこ焼の作り方を学ぶ前に、まずは「築地銀だこ」の「たこ焼」の焼き方、その基本を伝授いただく。家庭用のたこ焼器のため、お店さながらとまではいかないが、表面がパリッ、中がトロッとした、あの独特の食感は、ぜひ食卓でも再現してみたい。

たこ焼器にひくための適量のサラダ油も用意! 今回使用した粉は「築地銀だこ ぜったいうまいヒミツのたこ焼粉」、たこ焼器は「築地銀だこ たこ焼器」を使用。ともにインターネットサイトなどで販売している

1.油をひく

 
小林さん
小林さん
「凹みに油を入れます。パリッと仕上げるために、凹みの1/3くらい入れ、分量は多めに。そして、たこ焼器は常に高温を保ちましょう。表面がよく焼けることで、千枚通しで返しやすくなります」

2.油引きを使って、油を延ばす

 
丸山さん
丸山さん
「なお『築地銀だこ』では、体にやさしいコレステロールフリー(=0ゼロ)のヘルシーオイルを使用しています」

3.ネタ(生地)を流し込む

 
小林さん
小林さん
凹みの半分くらいまで注ぎましょう」

4.たこを入れる

 
丸山さん
丸山さん
「『築地銀だこ』では、独自の手法で塩もみし、一つ一つ丁寧に手切りしたたこを各店舗に届けています」

5.天かす、紅しょうが、ネギの具材を投入する

 
小林さん
小林さん
「たことネタだけでなく、天かす、紅しょうが、ネギも味の決め手です」

6.表面の焦げ色を見る

 
小林さん
小林さん
「千枚通しで軽く返して、表面がきつね色になっていることを確認します」

7.ネタを再度、注ぎ込む

 
小林さん
小林さん
「凹みにさらに流し込むイメージで、丁寧に入れていきます。最終的に、たこ焼器の全面がネタでいっぱいになるくらい入れて構いません」

8.再度、ネタの焼き色を確認する

 
小林さん
小林さん
「焼きが進むことで、ネタの表面に凹みの輪郭が浮き上がってきます。千枚通しで縁(フチ)を持ち上げて、固まっているのが確認できたら、そろそろ返すタイミングです」

9. 千枚通しを使って、凹みの輪郭に切れ目を入れる

 
小林さん
小林さん
「千枚通しは2本使った方が、効率的です」

10.ひっくり返す

 
小林さん
小林さん
「持ち上げて返したら、はみ出た生地は凹みの隙間に、たたくように入れ込んでいきます。そして、2本の千枚通しで、リズムよく返していきます」

11.返してから、さらに2、3分焼く

 
小林さん
小林さん
「焼き上がるのを待つ間、あまり千枚通しでたこ焼を触らないほうが、おいしく仕上がります」

12.完成

だしの利いた生地なので、そのままでもおいしい。たこの旨味も存分に味わえる。家庭用のたこ焼器のため、「築地銀だこ」店頭の味わいそのままとはいかないが、表面がパリッ、中がトロッとした食感に仕上がっている

\ソースをかけたバージョン!/

こちらは上のものにソースなどトッピングを施したもの。コツさえつかめば、家庭でもここまで美しく仕上がる

基本を学んだところで、いよいよアレンジたこ焼に挑戦!

「築地銀だこ」の基本の焼き方を応用して、今度はたこ以外の具材に挑戦。いずれも編集部の要望に応じて、小林さんと丸山さんが試作を重ねて、提案してくださったものだ。<おつまみ編>と<デザート編>の2部構成でお送りする。

<おつまみ編>
\使うのは、この食材!/

用意したのは、右から時計回りに、長ネギ、ウインナー、納豆、うずらの卵
 

1.長ネギは白い部分を1口サイズに切り、フライパンで表面を焼いてから入れる

 

2.ウインナーもカットして、凹みに。納豆も適量を入れる

 

3.うずらの卵は、そのまま割り入れる

 

4.あとは基本の焼き方で焼き上げる

 
小林さん
小林さん
「天かす、紅しょうが、ネギを加え、生地も再度注ぎます。具材によって火入れ時間は異なるので、そこは注視して、焼き上げましょう」

\<おつまみ編>完成!/

右奥から時計回りに、長ネギ、納豆、ウインナー、うずらの卵
 
丸山さん
丸山さん
「長ネギには醤油が合いますね。焼きネギの香ばしさが映えます。ウインナーはお子さんにも喜ばれそうな一品。ケチャップを添えるのも、いいかもしれません」
小林さん
小林さん
「納豆も、醤油に合わせるのがいいです。納豆の独特の旨味が生地と好相性。うずらの卵は、黄身の濃厚さ、白身の淡泊な味わいが際立ちます。そのまま食べても、醤油でも、生地とうまくなじみます」

<おつまみ編>の品々は、いずれもビールやハイボールを呼ぶ味わいだ。たこ焼パーティでお披露目したなら、きっと好評、皆の杯も進むことだろう。次に<デザート編>のレシピを教えていただく。

<デザート編>
\使うのは、この食材!/

右奥から時計回りに、モッツァレラチーズ、切り餅、みたらし団子、チョコレート
 

1.チョコレートはカットして投入

 

2. モッツァレラチーズも、一口サイズに切って入れる

 

3.切り餅も、一口サイズに

 

4.みたらし団子は串から外して入れる

※タレのついている面を下にして入れると焦げにくい

5. 「モッツァレラチーズ」「みたらし団子」「チョコレート」には天かすだけ、「切り餅」には天かす、紅しょうが、ネギを入れる

 
小林さん
小林さん
「モッツァレラチーズ、みたらし団子、チョコレートには天かすだけで十分。その方が具材の味わいが映えます。切り餅にはネギと紅しょうがを加えた方が、より風味が増すでしょう」

\<デザート編>完成!/

右奥から時計回りに、モッツァレラチーズ、チョコレート、みたらし団子、切り餅
 
丸山さん
丸山さん
「モッツァレラチーズは、口の中でチーズの酸味が広がります。単品で食べてもいいですが、サラダの上にのせるとクルトンの代わりにも。『たこ焼サラダ』の完成です。そして、みたらし団子いいですね。団子をそのまま入れてしまう。自分たちのアイデアですが、われながら、良い組み合わせを思いついたな、と感心します(笑)。食感は柔らか。タレの焦げた風味も香ばしいです」
小林さん
小林さん
「チョコレートはまさしくデザート。生地の塩気が、よりチョコレートの甘味を引き立てます。切り餅は天かすだけでなく、紅しょうがとネギを加えました。切り餅自体に味は付いていませんが、そのぶん、生地の味わいをうまく受け止める具材です」

どうして皆が、たこ焼に魅せられるのか。きっと気軽につまめる気安さ、わいわい囲んで焼くのも楽しいからだろう。「築地銀だこ」の丸山さんと小林さんの“たこ焼愛”を通し、そのおいしさ、エンターテインメント性を、改めて思い知った次第だ。

8月にタコパの予定がない学生は、金曜の「築地銀だこ」を狙え!

「築地銀だこ」のたこ焼(ソース4個入り)。これがタダでもらえるなんて、日本列島全体でたこ焼パーティと言っても過言ではあるまい

SoftBankのスマートフォンユーザーを対象に、毎週金曜日にオトクなクーポンがもらえるSUPER! FRIDAY。その豪華さから、毎回話題となるが、今月8月は「築地銀だこ」で実施! 25歳以下の学生に限り、「築地銀だこ」のたこ焼(ソース4個入り)を1点無料でもらえる。2017年8月の4日、11日、18日、25日の金曜日限定だ。タコパの予定がない人はもちろん、タコパの手土産として持っていって、プロの味と食べ比べるのもありかも!?

\築地本店はコチラ/

築地銀だこ 築地本店
住所:東京都中央区築地4-7-5 1F
電話番号:03-6278-8889
営業時間:9:00~19:00
定休日:無休(施設の定める休日に従う)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/「たこ焼は外で食べるもの」と思っていたので、関西出身なのに、実家にも自宅にも、たこ焼器がない私。その深遠なる世界、恐れ入りました。今すぐにでも、たこ焼器、買います!

取材・文=岡野孝次 撮影=原 幹和


\プロの味を確かめにいくなら/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES