プロサーファー河村正美さんに聞く、スローに楽しむ鵠沼海岸

特集

この夏、湘南で遊ぶ!

2017/08/12

プロサーファー河村正美さんに聞く、スローに楽しむ鵠沼海岸

湘南といえばサーフィンですが、日本での“発祥の地”は鵠沼海岸って知ってました? ここではサーフィンだけでなく海を楽しみ、フラやウクレレなど南国のカルチャーを楽しむ陽気な雰囲気があります。そんな湘南での過ごし方の極意を、プロサーファー・河村正美さんにお聞きしました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

今回案内してくれる人

河村正美さん
(プロサーファー/シェイパー/ミュージシャン)

 

生まれも育ちも鵠沼という生粋の湘南育ち。19歳で知人の影響でサーフィンを始める。1993年JPSA公認プロロングボーダー。2002年にはJPSAグランドチャンピオンのタイトルを43歳にして手中に収める。多くのサーファーからリスペクトされ信頼される。通称「マミさん」

まずは車を置いて、自転車に乗ろう。

マミさんの拠点は江の島の見渡せる鵠沼海岸

集合場所に指定された鵠沼海岸に、ラフなファッションで現れた河村正美さん、通称・マミさん。もう登場した瞬間から、雰囲気があります。思わず口に出た言葉は、信じられないくらい普通の質問でした。

――サ、サーフィンは毎日されてるんですか?

マミさん
マミさん
いやー、そうでもないよ。自転車ですぐに海に来れる場所に住んでるからそんなにガツガツとやらないかな。

――今日も自転車ですもんね。

マミさん
マミさん
今は波情報のサイトでライブを見て、いい波そうだったら自転車に板を載せて、いい波が立ってるところに移動して乗る感じだからね。自転車の方が波の様子を見て移動しやすいからね。

――自転車に板を載せて移動ですか?

マミさん
マミさん
うん。このボードラックに板を載せるんだ。これは湘南仕様だと思うよ。昔、千葉では見かけなかったからね。今でこそ商品化されているけれど、昔はお手製だった人も多いと思うよ。
マミさんの自転車。「みんな俺のだって知ってるから鍵かけなくても盗まれないよ」
マミさん
マミさん
県外から来るサーファーとか、海の横の駐車場に止めて移動するでしょ? あれ勿体ないと思うんだ。例えば自転車を積んできて鵠沼商店街の方で車を止めて、それで波チェックして移動するといいと思うんだよね。海岸近くの駐車場よりはるかに安いし、人力で動くことが大切だと思うんだ。車だとあっという間に過ぎてしまうことも、歩くスピードに近い速度で風を感じながら移動することで、見逃さないことがたくさんあるから。
日本中のサーファーが憧れるマミさんのライド

――自転車で移動って疲れませんか?

マミさん
マミさん
全然!波を見ながら景色を見ながら、ちょっと寄り道をして人と話しながら移動するから全く疲れない。
馴染みの店の馴染みのスタッフと「波トーク」

――地元ならではですよね。

マミさん
マミさん
そんなことはないよ。こうやって自転車を押して、ちょっとサーフショップを覗いて話をする。また次も自転車で来て店に寄る。それだけで、どこから来ても観光って感じではなく、街に溶け込んでいく。例えば海を出たらすぐ近くのお店に飛び込んで寄り道をしてみるのもいい。

ここ『warnm up』はサーフボードロッカーがあるから、自分の道具を預けておけば手ぶらで身軽で来られる。レンタルもあるから、サーフィンをやりたいときに気軽にできるしね。こういうお店を自分で見つけるとどんどんこの街に溶けこんでいくでしょ。
サーファーのたまり場になっているので、いろいろ情報交換をしています
Yahoo!ロコWarm Up湘南サーフィンスクール
住所
神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-3-20 1F

地図を見る

アクセス
鵠沼海岸駅[出口]から徒歩約11分
湘南海岸公園駅[出口]から徒歩約12分
鵠沼駅[出口]から徒歩約13分
電話
0466-33-5357
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

マミさん提案
「鵠沼海岸を自転車でまわってみよう」

波に乗りながらめちゃくちゃハッピーそうなマミさん。こんなオトナの日常、ちょっと覗いてみたいと思いません?

というわけで、今回は鵠沼海岸で生活をするマミさんの日常に密着することにしました。

「せっかくだからみんなで自転車でまわってみよう。うちの自転車を貸すから」というマミさんのお言葉に従い、自転車で鵠沼海岸を移動しつつ取材することに。

取材チームにチャリを貸してくれたマミさんは、スクーターで先導

まずマミさんが案内してくれたのは「蕎麦処 やぶ茂」さん。

地元で知らない人はいない「やぶ茂」さんはマミさん行きつけの店です
マミさん
マミさん
ここは創業60年の老舗のお蕎麦やさんです。
おかみさん
おかみさん
老舗じゃないわよ(笑)。この鵠沼はかつては東京などから避暑にくる別荘地で、うちは蕎麦屋なんだけどまるで海の家のようにかき氷やチャーハンも売ってたの。そのころは海のいえなんてなかったから。
マミさん
マミさん
そして、僕が初めて大学生のとき板を買うために必死にバイトしたところでもあるんだ。  
やぶ茂にあるほとんど全てのメニューを食べてるマミさん。今日は何にしようかな。

オススメメニューは「しらす小丼もりそばセット」。「波乗りの途中でも、蕎麦ならもたれず体が重くならなくていいんだ」とマミさんは笑顔で言います。

「もちろん蕎麦もうまいけど、このしらす丼が激ウマなんだよね」
おかみさん
おかみさん
うちのしらすは片瀬の「浜野水産」さんの釜揚げしらすを使っているの。色々食べ比べたけれど、ここのが一番一匹一匹プリプリっとしていて塩加減や茹で加減が絶妙。ふっくらして、甘みもあるのでいくらでも食べられてしまうの。
浜野水産の釜揚げしらすは地元でも大人気。他にはない粒のそろった釜揚げしらすは遠方からのリピーターも多い
マミさん
マミさん
軽く呑みたいなら「そば割り」がおすすめ。蕎麦焼酎を自分で好きな量をコップに入れて蕎麦湯で割る。次の朝早くから海へ出るときはこれが最高!蕎麦がいいのか次の日の朝もお酒が残らないんだ。
丸々2杯楽しめて700円のそば焼酎。なんだかお得!
おかみさん
おかみさん
そうそうマミさん、こんなものが出てきたのよ。
1984年7月に刊行された鵠沼の貴重な写真集です
おかみさん
おかみさん
このページ、なんと私も写ってるのよ。
「あ、おかみさんがスクーターに乗ってR134(国道134号)を走ってる!」
マミさん
マミさん
R134もこんなんだったんだよね。
おかみさん
おかみさん
ここは昔は東京から避暑へ来る人でごった返してたものね。映画監督とか作家さんとか女優さんとか。そういう方たちが昔から御用達のお店もまだたくさんあったりするのよ。鵠沼はサーフィンを始めスポーツも食も楽しく健康に過ごすため色々な文化が集まって育ってきた場所。色々と巡って自分のお気に入りのお店をみつけて欲しいと思うわ。
Yahoo!ロコそば処鵠沼やぶ茂
住所
藤沢市鵠沼松が岡3-27-16

地図を見る

アクセス
鵠沼海岸駅[出口]から徒歩約4分
鵠沼駅[出口]から徒歩約14分
湘南海岸公園駅[出口]から徒歩約16分
電話
0466-22-5371
定休日
月曜日、月末が水曜日の場合
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

大正時代の燃料問屋をリノベーション。江ノ電が見える食堂

隠れ家的な炭火焼のレストランはマミさんお気に入りの一軒

続いてマミさんが連れてきてくれたのは江ノ電 湘南海岸公園駅から徒歩2分、『炭焼き ミンナミ食堂』。ご子息の河村海沙プロを含め家族ぐるみでおつきあいのあるサーファーの天谷さんが経営する定食屋さんです。天谷さんは鵠沼商店街の人気店「鵠」で店長をした後、地元片瀬でお店を出して恩返しをしたいと言って夢を実現されたそうです。

店内に入り、プロとして活躍されている息子さんについて伺ってみました。


——息子さんは、やっぱりお父さんの背中をみて尊敬して後を追ったんでしょうね。

マミさん
マミさん
とんでもない!僕は何もしていないし、むしろ僕の方が彼をリスペクトしてる。自分で決めて自分で挑戦し続けていることにすごいなと尊敬するよ。こちらの店の天谷くんも「鵠」で自分を鍛えて自分お店を出してこんな短期間で成功している。この土地で育った若いサーファーたちには僕らのほうがリスペクトしているんだ。彼らは誰に対しても変わらない。大きな海で色々経験しているからだと思うね。
1階がキッチンで2階が客席という造り

こちらは大正時代からある燃料問屋さんの半分をリノベーション。木造の温かみと窓いっぱいから入る湘南の太陽の光が時間を忘れさせます。何と言ってもここは人気の高い”江ノ電が見える”お店。海から歩いて10分以上かかるが、ここを目当てに来る女性観光客も多いそうです。

天井が高く、なかなか風情のある建物
マミさんは江ノ電が見えるお気に入りの席で。ご満悦です
マミさんが注文したのは国産牛のハンバーグ定食。1480円(税別)納得のゆく素材をつかい手作りにこだわる
ちなみにこちらはアジの塩焼き定食1200円(税別)。炭火でじっくりと焼き上げるアジはふわふわっとやわらかい
マミさん
マミさん
いつもここの席に座るんだ。江ノ電がどちらから来るかすぐ見えるからね。鵠沼は川にも囲まれているんだけど、川のそばにも色々ないいお店があるよ。
そろそろ走らなくなるかも?カール電車も走ります

オープンからまだ1年と3ヶ月しか経っていないというミンナミ食堂。しかし、その佇まいのせいか、もっと昔からあったような雰囲気。定食屋さんなのに、カフェ利用の人、お弁当を買いに来る人が、やっぱり自転車で乗り付けます。

店長の天谷さんと談笑するマミさん。「マミさん、今日も(波に)乗ってきたんですか?」(天谷さん)

——お客様が途切れませんね。

マミさん
マミさん
地元つながりでもあり、海つながりでもある人が口コミで繋がってここへ来る。たとえ、トリップで来てもここへ惹きつけられて来るのであれば誰でもウエルカム。裏道にはこんないいお店がたくさんあるから、自分の歩くスピードで感じることが大切なんだよね。
きっちり12分間隔で走る江ノ電。単線だから必ず同じ場所で列車がすれ違う
Yahoo!ロコ炭焼き ミンナミ食堂
住所
藤沢市片瀬4-16-26

地図を見る

アクセス
湘南海岸公園駅[出口]から徒歩約2分
湘南江の島駅[出口2]から徒歩約5分
江ノ島駅[出口]から徒歩約5分
電話
0466-76-7110
営業時間
火曜日~金曜日11:00~19:00土曜・日曜日11:00~21:30
定休日
月曜日定休 第一・第三 火曜日休み
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

ふらっと寄ったカフェでひとやすみ

続いて訪れたのは江ノ電湘南海岸公園駅から徒歩30秒にある「Goodman Coffee」。たまたま店の前を通りかかったときにマミさんが取材班を呼び止めます。

マミさんの馴染みの店ではないようですが…
マミさん
マミさん
ちょっとこの店寄っていこうか。多分ここ、奥さんが珈琲豆を買ってくるお店なんだよね。ドリンクインができるのかな? 聞いてみよう。
入ってみてびっくり。店内には、中南米を中心に世界各国のコーヒー豆が並んでいます

こちらのお店、珈琲豆も購入できるコーヒースタンドでした。テイクアウトもできるし、この場でも飲めるシステム。店長の三塚さんによると、今の季節のオススメは「ドラフト イルガチェフェ トニック」。ワインの風味がするエチオピアイルガチェッフェという豆を使い、特別な手法で、珈琲で泡を作り乗せて仕上げているそうです。

マミさん、もちろんそのオススメのコーヒーをオーダー。

泡立つコーヒーはまるでピルスナーのよう。「僕はどちらかというと紅茶派なんだけど、これは美味しいね」

しばし、珈琲ブレイク。湘南海岸公園駅から徒歩30秒。珈琲を手に散歩を楽しんだり、海から駅へ戻って来る人の休憩場にもなっているそう。

マミさん
マミさん
こうやって自転車でまわってみると住んでいても気がつかなかった発見をするよね。
「そもそも鵠沼は道が狭いから車で移動するより自然と自転車になる(笑)」
Yahoo!ロコgoodman coffee
住所
藤沢市片瀬4-10-20

地図を見る

アクセス
湘南海岸公園駅[出口]から徒歩約1分
湘南江の島駅[出口2]から徒歩約8分
江ノ島駅[出口]から徒歩約8分
電話
0466-53-9343
営業時間
09:00~19:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

マミさんに会える火曜日限定BAR「Mami’sBAR」

マミさんと直接お話ししたい人には必見。特に宣伝もしていないので、口コミで広がっている特別な時間があります。それがここ「デイズ鵠沼」で火曜日夜限定のMami’s BAR!

鵠沼海岸商店街にある無国籍料理の店「デイズ鵠沼」は地元のサーファからファミリーまで幅広い客層でにぎわっています。

地元民にも愛される無国籍料理の店『デイズ鵠沼』で週一回、火曜日の20:30から開いている「Mami’BAR」。なんとこの“週一限定のバー”ではマミさんお手製の「特製担々麺」と「釜揚げうどん」が食べられるといいます。

マミさん自らお料理を運んできてくれました
マミさんお手製の「特性担々麺」。マミさんが研究を重ねに重ねた豆乳ベースの担々麺です
マミさん
マミさん
昔、東京の巣鴨に美味しい担々麺のお店があって、よく通ってたの。久しぶりに行ったらそこは無くなっていて、暖簾分けのお店が池袋にあるって聞いて行ったら味が違っていてがっくり。それなら自分でつくっちゃえって、2年かけて研究してできたのがこれなんだよね。鶏がらから出汁をとるところから始め、八角やらシナモンやらを入れて3~4時間煮込んでスープをつくっているんだ。
「マミさん、マジ美味かったっす~」と速攻で食べきったカメラマン中村。「でしょ、これ食べたら他の担々麺食べられない(笑)」(マミさん)
「特性担々麺」と一緒に提供されるラー油もマミさんの手作りです
マミさん
マミさん
麺を食べ終わった後は、残りのスープにジャスミンライスを入れて担々麺おじや風にするとおいしいよ。
担々麺を食べた後のオススメの食べ方をマミさんに聞いて即ジャスミンライスをオーダーするお客さん
マミさん
マミさん
ここデイズ鵠沼さんはランチとティータイムとディナーの時間の区切りなく営業してて、常連さんの中にはここの一押しのソフトクリームだけ買って海へ向かう人もいるんだ。湘南鵠沼海岸はカルチャーや歴史やスポーツ文化がぎゅっと凝縮されている場所で、幅広く楽しめる街。何より人と触れ合える場所だと思うな。ただ海へ来て帰ってしまうのではなくて、ちょっと足を伸ばして色々知ってもらうと、さらに何度でも来たくなるような楽しい過ごし方が見つかると思うよ。
Yahoo!ロコDays 鵠沼
住所
神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-7-7 都ハイム1F

地図を見る

アクセス
鵠沼海岸駅[出口]から徒歩約4分
鵠沼駅[出口]から徒歩約15分
湘南海岸公園駅[出口]から徒歩約17分
電話
0466-61-0085
営業時間
OPEN 11:00~ L.O.23:30 Lunch 11:00~16:00 L.O. Dinner 17:30~23:30 L.O. (土 日 祝 は 16:00~ )
定休日
毎月 第一 月曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

平日でもゆったりとした時間が流れる鵠沼海岸。ここだけではなく湘南の海の近くには笑顔とこだわりのお店が溢れているとマミさんは教えてくれました。人と触れ合って住んでいるように旅をする、それが湘南を楽しむなのかもしれません。ぜひ、歩く速度で海から街中へ入って、お気に入りの場所を探してみてはいかがでしょう?

自分の足でゆったりと周る、それが湘南を楽しむ秘訣です

取材・文/松村由美子
撮影/中村好弘

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES